SharePoint Designer 2013 でのディクショナリ アクションについてUnderstanding Dictionary actions in SharePoint Designer 2013

辞書変数型とは、SharePoint Designer 2013で使用可能な SharePoint ワークフロー プラットフォームの新しい変数の種類です。The Dictionary variable type is a new variable type in the SharePoint Workflow platform that you can use with SharePoint Designer 2013.

辞書変数型についてUnderstanding the Dictionary variable type

ワークフローは期待どおりの結果を出す一連のアクションです。ワークフローの作成時は多くの場合、ワークフローの他の部分で使用できるよう値を変数 (ストレージ コンテナー) に保存します。A workflow is a series of actions that perform a desired outcome. As you build a workflow you often need to save values in a variable (storage container) to use in other parts of the workflow.

変数の作成時は、どのようなデータの種類が変数に格納されるかをワークフロー エンジンに通知しておく必要があります。たとえば、従業員の名前を変数に保存するとします。従業員の名前は文字列なので、 String 型の変数を作成します。そうしておくとワークフローで従業員の名前 (John Doe など) を変数に格納することができます。When you create a variable you need to tell the workflow engine what type of data will be contained in the variable. For example, you might want to save the name of an employee in a variable. The name of an employee is a string of characters so you would create a variable of type String. The workflow could then store the name of the employee, such as "John Doe," in the variable.

図 1: 文字列変数Figure: A String variable

文字列変数

SharePoint Designer 2013には 辞書という名前の新しい変数型が実装されています。 辞書変数型は他の変数のコレクションを保持するためのコンテナーです。たとえば、ワークフローで、従業員の住所や誕生日など、名前以外の項目を格納する必要があるとします。 辞書変数を使用しない場合は、スタンドアロン変数を複数作成する必要があります。このような場合はワークフローのロジックでの構成や操作が困難になります。 辞書変数を使用すると、複数のデータ ポイントを単一の変数に格納できます。SharePoint Designer 2013 has a new variable type called Dictionary. The Dictionary variable type is a container designed to hold a collection of other variables. For example, your workflow might need to store more than just the name of the employee. It might also need to store his address and birth date. If you do not use the Dictionary variable you will have to create multiple stand-alone variables. This can quickly become difficult to organize and difficult to work with in the logic of the workflow. A Dictionary variable allows you to store multiple data points in a single variable.

以下の図にこの概念を示します。The figure illustrates the concept.

図 1: 辞書変数Figure: A Dictionary variable

辞書変数

辞書変数型を使用するワークフロー アクションWorkflow actions that use the Dictionary variable type

ワークフローは、ワークフローの処理時に実行される複数のアクションから構成されます。SharePoint Designer 2013には、多種多様なアクションが含まれています。たとえば、電子メール メッセージ送信アクション、リスト アイテム作成アクション、ワークフロー履歴へのメッセージ登録アクションなどです。A workflow consists of multiple actions that are executed as the workflow is processed. SharePoint Designer 2013 contains many different actions. For example, there is an action to send an email message, create a list item, and log messages to workflow history.

次の 3 つのアクションは、 辞書変数型用に特別に設計されたアクションです。The following are the three actions specifically designed for the Dictionary variable type.

  • 辞書を作成するBuild Dictionary

  • 辞書内のアイテムをカウントするCount Items in a Dictionary

  • 辞書からアイテムを取得するGet an Item from a Dictionary

次の図に示すように 辞書 変数型用のワークフロー アクションは [ アクション] ドロップダウン リストにあります。The workflow actions for the Dictionary variable type can be found on the Action drop-down list, as shown in the figure.

図: 辞書アクションFigure: Dictionary actions

辞書アクション

[辞書を作成] アクションを使用して変数を作成するCreate variables with the "Build Dictionary" action

[ 辞書を作成] アクションを使用して 辞書型の変数を作成することができます。辞書の内容を入力し、変数リストで辞書の名前を指定します。You use the Build Dictionary action to create a variable of type Dictionary. You enter the contents of the dictionary and then specify the name of the dictionary in the variable list.

図に [ 辞書を作成] ダイアログ ボックスを示します。辞書に 3 つの変数 (文字列、整数、日付/時刻) が追加されていることに注目してください。The figure shows the Build a Dictionary dialog box. Notice that three variables have been added to the dictionary: a string, an integer, and a date/time.

図: [辞書を作成] ダイアログ ボックスFigure: The "Build a Dictionary" dialog box

[辞書を作成] ダイアログ ボックス

辞書には、SharePoint ワークフロー プラットフォームで使用可能な任意の変数の種類を収容することができます。次の一覧に、使用可能な変数の種類を示します。A Dictionary can contain any type of variable available in the SharePoint Workflow platform. The following list defines the variable types available:

  • ブール型: Yes または No の値Boolean: A Yes or No value

  • 日付/時刻型: 日付および時刻Date/Time: A date and time

  • 辞書型: 変数のコレクションDictionary: A collection of variables

  • GUID 型: グローバル一意識別子 (GUID)Guid: A Globally Unique Identifier (GUID)

  • 整数型: 整数 (小数は含みません)Integer: A whole number without decimals

  • 数値型: 数字 (小数を含みます)Number: A number that can contain decimals

  • 文字列: 文字からなる文字列String: A string of characters

重要: 辞書変数型は HTTP Web サービスを呼び出すアクションの使用時に不可欠です。Important: The Dictionary variable type is critical when you are using the Call HTTP Web Service action.

注意: 検索としての名前フィールドの使用は、辞書に値を設定している場合にのみサポートされています。Caution: Using the Name field as a lookup is only supported when you are setting a value in a dictionary. 検索としての名前フィールドの使用は、辞書を作成するときにはサポートされていません。Using the Name field as a lookup is not supported when you are building a dictionary.

注意

辞書変数は、辞書型の変数を含めることができます。Note: A Dictionary variable can contain a variable of type Dictionary. 辞書内に辞書変数を保存する機能は、いくつかの利点を提供します。The ability to store Dictionary variables within a Dictionary provides a number of benefits. たとえば、従業員に関する情報を格納する辞書を作成することがあります。For example, you might create a Dictionary to store information about employees. 辞書内で、従業員ごとに別の辞書入力を作成することがあります。Within the Dictionary you might create another Dictionary entry for each employee. ワークフローを作成する場合、常に各従業員に関する情報の各部分の新しいスタンドアロンの変数を作成する代わりに、辞書変数を使用できます。As you build the workflow you can use the Dictionary variable instead of constantly creating new stand-alone variables for each piece of information about each employee. この例に示すように、辞書 をワークフロー内で複雑な情報を整理するために使用できます。As this example shows, a Dictionary can be used to organize complex information within the workflow.

「辞書内のアイテムをカウントする」アクションで変数をカウントして格納します。Count and store variables with the "Count Items in a Dictionary" action

[ 辞書内のアイテムをカウントする] アクションを使用して 辞書に含まれる変数をカウントし、その数を整数型の変数に格納します。そうしておくと、アイテムの数を使用して 辞書内で繰り返し処理を実行することができます。You use the Count Items in a Dictionary action to count the variables that a Dictionary contains and then store that number in an Integer variable. You can then use the item count to loop through the Dictionary.

図に [ 辞書内のアイテムをカウントする] ワークフロー アクションを示します。The figure shows the Count Items in a Dictionary workflow action.

図: [辞書内のアイテムをカウントする]Figure: Count items in a Dictionary

辞書内のアイテムのカウント

[辞書からアイテムを取得する] アクションを使用して変数を取得するRetrieve variables with the "Get an Item from a Dictionary" action

[ 辞書からアイテムを取得する] アクションを使用して 辞書に格納されている変数を取得し、変数内に配置することができます。これは辞書内のスタンドアロン変数に格納されている値が必要な場合に有用です。変数名を入力して値を取得できます。You use the Get an Item from a Dictionary action to retrieve a variable stored in the Dictionary and place it in a variable. This is valuable when you need a value in the dictionary stored in a stand-alone variable. You can retrieve a value by entering the name of the variable.

図に [ 辞書からアイテムを取得する] ワークフロー アクションを示します。なお、[ 年齢] は 辞書内の変数の名前であり、新しい 整数型変数に出力されています。The figure shows the Get an Item from a Dictionary workflow action. Notice that Age is the name of the variable in the Dictionary and it is being output to a new Integer variable.

図: [辞書からアイテムを取得する]Figure: Get an item from a Dictionary

辞書からアイテムを取得する

関連項目See also