ペアリング コマンドレット Register-SPWorkflowService を使用するUsing the pairing cmdlet Register-SPWorkflowService

コマンドレット Register-SPWorkflowService を使用して、SharePoint とワークフロー マネージャーをペアリングする方法について説明します。Learn how to use the cmdlet Register-SPWorkflowService to successfully pair SharePoint with Workflow Manager. ワークフローの開発をサポートするために Microsoft SharePoint をインストールして構成するには、SharePoint とワークフロー マネージャーの「ペアリング」インストールが必要です。Installing and configuring Microsoft SharePoint to support workflow development requires "pairing" your installations of SharePoint and Workflow Manager. ほとんどのシナリオでは、このペアリングはコマンドレット Register-SPWorkflowService を使用して簡単に行えますが、これは SharePoint のインストールに含まれています。In most scenarios, this pairing is easily done by using the cmdlet Register-SPWorkflowService, which is included with your SharePoint installation.

重要なこととして、このコマンドレットはペアリングのすべてのシナリオに有効というわけではではありません。Register-SPWorkflowService は次のペアリングのシナリオでのみ有効です。Importantly, this cmdlet is not useful for every pairing scenario. Register-SPWorkflowService is useful only in the following pairing scenarios:

  • SharePoint とワークフロー マネージャーがサーバー ボックスに併置されている 1 コンピューター サーバー ファーム。One-computer server farm where SharePoint and Workflow Manager are co-located on the server box.

  • SharePoint とワークフロー マネージャーが 3 つすべてのコンピューターに併置されている 3 コンピューター サーバー ファーム。Three-computer server farm where SharePoint and Workflow Manager are co-located on all three computers. (検索を別のコンピューターで行い、ワークフロー マネージャー HA が必要な場合には 4 つ目のコンピューターを追加します。)(Add a fourth computer is search needs to be on a separate computer and Workflow Manager HA is required. Workflow Manager HA が必要な場合は、3 つのコンピューターすべてにインストールする必要があります。If the latter is required, it must be installed on all three machines.

  • 併置されていないワークフロー マネージャー サーバー ファームとペアリングされた 3 コンピューター SharePoint ファーム。Three-computer SharePoint farm paired with a non-co-located Workflow Manager server farm.

また、Register-SPWorkflowService は現在のユーザーの資格情報を使用することに注意してください。Also note that Register-SPWorkflowService uses the credentials of the current user.

コマンドレット設計Cmdlet design

詳細Detail 説明Description
動詞Verb
登録Register
名詞Noun
SPWorkflowServiceSPWorkflowService
説明Description
sps15short ファームを ワークフロー マネージャー ファームとペアリングします。このコマンドレットは、ファームごとに 1 回実行する必要があります。コマンドレットを実行する前に、コンピューターの証明書ストアと SharePoint 証明書ストアにルート CA 証明書をインストールする必要があります。この場合、コマンドレット New-SPTrustedRootAuthority を使用します (以下の手順を参照してください)。 Pairs a sps15short farm with a Workflow Manager farm. You must run this cmdlet once per farm. Before running the cmdlet, you must install root CA certificate in machine certificate store and SharePoint certificate store. To do this, use the cmdlet New-SPTrustedRootAuthority. (See instructions below.)
出力の型Output type
なし。None.
構文Syntax
Register-SPWorkflowService -SPSite <URI or GUID representing an SPSite object> -WorkflowHostUri <workflow service endpoint URL> -ScopeName <string> [-PartitionMode] [-AllowOAuthHttp] [-Force]

コマンドレットのパラメーターCmdlet parameters

パラメーターParameter Type 説明Description
SPSite (必須)SPSite (Required)
SPSitePipeBindSPSitePipeBind
ペアリング エンドポイントとして機能する SharePoint Server ファームの長期使用できるサイト コレクションの URL。ペアリングの情報は、この URL から推定されます。The URL of a long-lasting site collection on the SharePoint Server farm that serves as the pairing endpoint. Information for pairing is deduced from this URL.
WorkflowHostUri (必須)WorkflowHostUri (Required)
文字列String
ペアリング用の ワークフロー マネージャー エンドポイントの URL。ワークフロー ホスト URI と共にポート番号を指定します。The URL of the Workflow Manager endpoint for the pairing. Provides the workflow host URI along with port number.
ScopeNameScopeName
文字列String
ペアリングされた SharePoint Server ファームを識別するためにワークフロー サービスが使用する名前。既定値は "SharePoint" です。複数の SharePoint ファームを ワークフロー マネージャー ファームにペアリングする場合にのみ、このパラメーターを指定する必要があります。The name to be used by the workflow service to identify the paired SharePoint Server farm. The default value is "SharePoint". You only need to specify this parameter if trying to pair multiple SharePoint farms to a Workflow Manager farm.
PartitionModePartitionMode
SwitchParameterSwitchParameter
このパラメーターは、複数テナントの SharePoint ファームにのみ使用します。パーティション モードは、SharePoint サービスごとに指定します。このコマンドレットを実行した後に、SharePoint ファームで複数テナントを作成できます。そのため、コマンドレットは、SharePoint ファームの既存の状態から暗黙的にこのパラメーター値を推定できません。Use this parameter only for multi-tenant SharePoint farm. The partition mode is specified per SharePoint service. Note that you can create multi-tenancy in a SharePoint farm after this cmdlet runs; therefore, the cmdlet cannot deduce this parameter value implicitly from the existing state of the SharePoint farm.
AllowOAuthHttpAllowOAuthHttp
SwitchParameterSwitchParameter
HTTP での OAuth とメタデータの交換を有効にします。これはテストでは役立ちますが、運用モードでは役立ちません。HTTP をサポートするように SharePoint を構成する場合にのみ、使用してください。HTTP を使用するにように ワークフロー マネージャー を構成する必要はありません。Enables OAuth and metadata exchange over HTTP. This is useful in testing, but not in production mode. Use this only when SharePoint is configured to support HTTP. It is not necessary that the Workflow Manager be configured to use HTTP.
ForceForce
SwitchParameterSwitchParameter
ScopeName パラメーターを使用して強制的にスコープを作成するか、同じ ScopeName に対応する既存のスコープを更新します。指定せず、同じ名前のスコープが存在する場合、コマンドレットはエラーをスローします。 Enforces the creating of scope using ScopeName parameter, or updates an existing scope corresponding to the same ScopeName. If not specified and scope with the same name exists, the cmdlet will throw an error.

Example


PS> Register-SPWorkflowService -SPSite "https://myserver/mysitecollection" -WorkflowHostUri "http://workflow.example.com:12291" -ScopeName "SharePoint2" -PartitionMode -AllowOAuthHttp  -Force

関連項目See also