チュートリアル: Excel Web Services を使用してカスタム アプリケーションを開発するWalkthrough: Developing a Custom Application Using Excel Web Services

このセクションのチュートリアルでは、Microsoft Visual C# で作成したアプリケーションから Excel Web Services にアクセスする手順について説明します。The walkthrough in this section describes the process for accessing Excel Web Services from an application created with Microsoft Visual C#.

このチュートリアルでは、以下の操作を実行する方法を説明します。During this walkthrough, you will learn how to:

  • Visual Studio の [コンソール アプリケーション] プロジェクト テンプレートを使用してクライアント アプリケーションを作成する。Create a client application using the Visual Studio Console Application project template.

  • Excel Web Services の Web 参照を追加する。Add a Web reference for Excel Web Services.

  • Web サービスにアクセスするコードを作成する。ブックを開き、セッション ID を取得し、既定の資格情報を渡し、Web サービスのバージョン情報を取得し、範囲座標オブジェクトを定義し、範囲座標オブジェクトを使用する範囲を取得し、ブックを閉じ、SOAP 例外を catch する方法を説明します。Write code to access the Web service. You will learn how to open a workbook, get the session ID, pass in the default credentials, get Web service version information, define the range coordinate object, get the range that uses the range coordinate object, close the workbook, and catch the SOAP exception.

  • コンソール アプリケーションをデバッグ モードでテストして実行する。Test and run the console application in debug mode.

クライアント コンソール アプリケーションは、Web サービスにアクセスする方法の 1 つにすぎません。より一般的な方法には、Microsoft ASP.NET アプリケーションなどのサーバー アプリケーションを使用する方法があります。このチュートリアルでは、Excel Web Services API という側面に重点を置き、わかりやすくするために、コンソール アプリケーションの例を使用します。A client console application is just one way to access the Web service. A more common way would be to use server applications, such as Microsoft ASP.NET applications. This walkthrough uses a console application example for simplicity, to focus on the Excel Web Services API aspects.

前提条件Prerequisites

このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。In order to complete this walkthrough, you will need:

  • Microsoft SharePoint Server 2010。Microsoft SharePoint Server 2010.

  • Visual Studio、またはそれに類似した Microsoft .NET Framework 準拠の開発ツール。Visual Studio or a similar Microsoft .NET Framework-compatible development tool.

  • SharePoint Server 2010 があるコンピューター上の Excel Web Services にアクセスするために必要なアクセス許可 (最低でも、"表示" アクセス許可)。Sufficient permissions (at the very least, "view" permissions) to be able to access Excel Web Services on the computer where SharePoint Server 2010 is located.

    注意

    ブックのアクセス許可の詳細については、この後の「ブックのアクセス許可」セクションを参照してください。For more information about workbook permissions, see the following section, "Workbook Permissions."

  • ローカル ドライブまたはローカルの SharePoint ドキュメント ライブラリにインストールされたサンプル ブック。A sample workbook installed on a local drive or local SharePoint document library.

  • Excel Web Services を使用してアクセスするブックを格納するための信頼できる場所。信頼できる場所にブックを格納しないと、Excel Web Services 呼び出しでブックを開く操作が失敗します。このチュートリアルでは、ブックがローカル コンピューター上にあることを想定しています。A trusted location to store the workbooks that you want to access using Excel Web Services. If the workbooks are not stored in a trusted location, the Excel Web Services calls to open the workbook will fail. This walkthrough assumes the workbook is present on the local computer.

    注意

    場所の信頼方法について、詳細は「方法: 場所を信頼する」および「[方法] スクリプトを使用してブックの場所を信頼する」を参照してください。For information about how to trust a location, see How to: Trust a Location and How to: Trust Workbook Locations Using Script.

  • Excel を使用してブックを作成すること。To create the workbook using Excel.

  • そのブックを .xlsx または .xlsb ファイルとして保存すること。To save the workbook as .xlsx or .xlsb files.

この例で使用するブックには、"Sheet1" という名前のワークシートがあります。このワークシートは 11 桁 19 行で構成され、A1 から K19 までの各セルに数値 (たとえば、4245.955、6960.673 など) が入っています。The workbook used in this example has a worksheet named "Sheet1". The worksheet has 11 columns and 19 rows. Each cell from A1 to K19 contains a numeric value—for example, 4245.955, 6960.673, and so on.

ブックのアクセス許可Workbook Permissions

  • ブック全体を取得する (たとえば、 GetWorkbook メソッドを呼び出す) には、呼び出し元に、ブックに対する "開く" アクセス許可が必要になります。To get the entire workbook (for example, by calling the GetWorkbook method), the caller needs "open" permission fr the workbook.

  • GetApiVersion メソッドを呼び出すには、アクセス許可は必要ありません。To call the GetApiVersion method, no permission is necessary.

  • 残りの Excel Web Services メソッドについては、呼び出し元に、ブックに対する "表示" アクセス許可 (Microsoft SharePoint Foundation 内の場合) または "読み取り" アクセス許可 (ファイル共有の場合) が必要になります。For the rest of the Excel Web Services methods, the caller needs "view" permission (in Microsoft SharePoint Foundation) or "read" permission (on a file share) for the workbook.

    注意

    許可の設定について、詳細は SharePoint Foundation のドキュメントを参照してください。For more information about setting permissions, see the SharePoint Foundation documentation.

関連項目See also