Access の新機能What's new in Access

Access 2013 の機能によって社内およびクラウドにおいて共同作業用の Web ベース アプリケーションを簡単に作成、展開、および管理する方法について説明します。Learn about the features in Access 2013 makes it easy to create, deploy, and manage collaborative web-based applications on premise or in the cloud.

はじめにIntroduction

Access 2013 の特徴の 1 つは、Windows 開発での以前のバージョンの Access と同じほど、Web 開発を簡素化するという目的にかなうように設計された新しいアプリケーション モデルです。Access 2013 により、対象分野の専門家は、業務の遂行に使用可能なアプリケーションを迅速に作成することができます。Microsoft SharePoint を使用してアプリのフロント エンドとデータ保存領域としての Microsoft SQL Server 2012 をホストすることにより、Access 2013 は Access アプリケーションの管理性と拡張性を著しく向上させます。Office 365 および SQL Azure との互換性により、Access アプリケーションの到達範囲は大幅に拡張されます。Access 2013 features a new application model that is designed for one purpose―to simplify web development much like earlier versions of Access with Windows development. Access 2013 enables subject matter experts to quickly create an application that can be used to run their business. By using Microsoft SharePoint to host the front end of the app and Microsoft SQL Server 2012 as its data storage technology, Access 2013 significantly improves the manageability and scalability of Access applications. Compatibility with Office 365 and SQL Azure significantly expand the reach of Access applications.

アーキテクチャArchitecture

社内環境では、Access 2013 アプリが SharePoint によってホストされるのに対し、データは SQL Server 2012 に格納されます。SharePoint は、Access 2013 アプリの認証、承認、およびセキュリティ機能を提供します。バックエンド テーブル、ビュー、マクロ、およびクエリは、SQL Server 2012 データベースに格納されます。In an on-premise environment, Access 2013 apps are hosted by SharePoint while the data is stored in SQL Server 2012. SharePoint provides authentication, authorization, and security for Access 2013 apps. The back-end tables, views, macros, and queries are stored in an SQL Server 2012 database.

Access 2013 には、Office 365 サービスと SQL Azure サービスを介して Access アプリをクラウドに展開する機能が用意されています。Access 2013, through the Office 365 and SQL Azure services, provides a method to deploy an Access app to the cloud.

図 1 に、Access 2013 のアーキテクチャーの概要を示します。Figure 1 provides an overview of Access 2013 architecture.

図 1. Access 2013 のアーキテクチャFigure 1. Access 2013 architecture

Access 2013 のアーキテクチャ

新しい Access アプリケーションが作成されると、SharePoint の Access Services は、アプリに含まれるデータ、ビュー、クエリ、マクロを格納する新しいアプリケーション データベースを作成します。When a new Access application is created, Access Services in SharePoint creates a new Application database that stores the data, view, queries and macros contained in the app. Access Services 2013 システム データベースは、新しいアプリケーション データベースを別の SQL Server 2012 サーバーに作成するように構成できます。The Access Services 2013 System database can be configured to create new Application databases on a separate SQL Server 2012 server.

SQL Server 2012 を使用してデータを格納することにより、これまで Access アプリケーションでは得られなかった管理性や拡張性を得ることができます。Access アプリケーションをより強力な環境で登録して再実装する必要がある日々は過去のものとなりました。Using SQL Server 2012 to store data provides manageability and scalability previously unknown to Access applications. Gone are the days when an Access application would have to be redesigned and reimplemented in a more powerful environment.

Access 2013 アプリは、作成される瞬間にオンラインです。アプリは、他のユーザーと共有するか、社内専用カタログに展開するか、Office ストア に展開するかを決めることができます。An Access 2013 app is online the moment it's created. You can decide to share the app with other people, deploy to the private corporate catalog, or deploy to the Office Store.

Access アプリの開発Developing Access apps

多くの SharePoint アプリケーション サービスとは異なり、Access Services 2013 は Visual Studio での Access アプリ開発に使用できる API を公開しません。Unlike many of the SharePointapplication services, Access Services 2013 doesn't expose an API that you can use to develop Access apps in Visual Studio. Access 2013 は、Access 2013 アプリの開発に使用する環境です。Access 2013 is the environment that you use to develop Access 2013 apps.

Access 2013 アプリの開発方法の詳細については、「方法: Access で Web アプリを作成およびカスタマイズする」を参照してください。For more information about how to develop Access 2013 apps, see How to: Create and customize a web app in Access

関連項目See also