SharePoint ワークフローのアクションとアクティビティのリファレンスWorkflow actions and activities reference for SharePoint

SharePoint Designer 2013でのワークフロー作成に使用できるワークフロー アクションと、Visual Studio 2012 を使用するワークフロー開発者が使用できるワークフロー アクティビティ クラスについて確認します。Learn about the workflow actions that are available for workflow authoring in SharePoint Designer 2013, and the workflow activity classes that are available to workflow developers using Visual Studio 2012.

ワークフロー アクティビティおよびアクションWorkflow activities and actions

ワークフロー "アクティビティ" はコードレベルのオブジェクトを表し、ワークフローの動作を実行する各種の API に対するメソッド呼び出しを処理します。ワークフロー アクティビティをコードで操作するには、 またはその他の開発環境を使用します。Workflow activities represent the code-level objects that handle method calls to the various APIs that drive workflow behaviors. You interact with workflow activities in code, using or another development environment.

使用可能なアクティビティの一覧については、「 SharePoint のワークフロー アクティビティ クラス」を参照してください。For a list of available activities, see Workflow activity classes in SharePoint.

一方、ワークフロー "アクション" は、これらの基になっているアクティビティをカプセル化して SharePoint Designer でユーザーにわかりやすい形式にするラッパー オブジェクトです。ワークフロー アクションの操作には SharePoint Designer を使用します。On the other hand, workflow actions are wrapper objects that encapsulate these underlying activities and present them in a user-friendly form in SharePoint Designer. You interact with workflow actions in SharePoint Designer.

使用可能なワークフロー アクションの一覧については、「 ワークフロー アクション クイック リファレンス (SharePoint ワークフロー プラットフォーム)」および「 ワークフローの相互運用ブリッジで使用可能なワークフロー アクション」を参照してください。For a list of available workflow actions, see Workflow actions quick reference (SharePoint Workflow platform) and Workflow actions available using the workflow interop bridge.

Windows Workflow Foundation 4.0 のアクティビティWindows Workflow Foundation 4.0 activities

SharePoint プラットフォームおよびインフラストラクチャは、ユーザー設定の SharePoint ワークフローを作成するために特別に作成されたアクティビティ クラスを提供しますが、Windows Workflow Foundation (WF) 4.0 によって提供されるアクティビティのいずれかを使用することもできます。これらの WF 4.0 アクティビティ クラスは、「 System.Activities.Statements 名前空間」の Microsoft .NET Framework 4 で提供されています。Although the SharePoint platform and infrastructure provide you with specially crafted activity classes for creating custom SharePoint workflows, you can also use any of the activities that are provided by Windows Workflow Foundation (WF) 4.0. These WF 4.0 activity classes are available in the Microsoft .NET Framework 4 in the System.Activities.Statements namespace.

WF 4.0 アクティビティ クラスは、SharePoint アクティビティ クラス ライブラリには含まれない可能性のある有効な機能をいくつか提供します。たとえば、WF 4.0 には If クラスが含まれていて、これを使用すると条件付きアクティビティを作成できます。さらに、「 Send クラス」アクティビティを使用して Web サービスに接続することもできます。The WF 4.0 activity classes provide some useful features that you may not find in the SharePoint activity class library. For example, WF 4.0 includes the If class, which allows you to create conditional activities. Additionally, you can use the System.ServiceModel.Activities.Send activity to connect to web services.

このセクションの内容In this section

関連項目See also