SharePoint Designer と Visio でのワークフロー開発Workflow development in SharePoint Designer and Visio

Visio 2013 および SharePoint Designer 2013 を使用してワークフローを作成し、コード不要で SharePoint サイトに発行する方法について説明します。Learn to use Visio 2013 and SharePoint Designer 2013 to create and publish workflows to a SharePoint site without needing any code.

はじめにIntroduction

Visio 2013と SharePoint Designer 2013により、ビジネス アナリスト、プロセス コンサルタント、および IT 担当者は共同作業や ワークフローの構築を容易に行うことができます。Visio Professional 2013と、SharePoint Designer 2013のビジュアル デザイナーはどちらも、プログラマとプログラマ以外のユーザーが同じように理解できる形式で、ワークフローを分かりやすく表現します。Visio 2013 and SharePoint Designer 2013 make it easy for business analysts, process consultants, and IT professionals to collaborate and build workflows. Both Visio Professional 2013 and the Visual Designer in SharePoint Designer 2013 provide a rich representation of workflows in a format that is understandable to programmers and non-programmers alike.

注意

SharePoint およびワークフロー マネージャー サーバーのセットアップと構成方法については、「SharePoint でワークフローを構成する」を参照してください。For guidance on setting up and configuring SharePoint and the Workflow Manager server, see Configure workflow in SharePoint.

Visio 2013 を使用することにより、SharePoint ワークフローを視覚的に作成し、そのワークフローを SharePoint Designer 2013 にエクスポートして、SharePoint サイトに発行することができます。Visio 2013 でワークフローを作成した後は、そのワークフローを SharePoint Designer 2013 にエクスポートする必要があります。その後、SharePoint サイトの所有者または IT 担当者は、ワークフロー テキスト エディターまたはビジュアル ワークフロー デザイナー (SharePoint Designer 2013 でホストされる Visio 2013 ActiveX コントロール) を使用することにより、そのワークフローにパラメーターを追加します。ワークフローが完成した後は、SharePoint サイトに発行することができます。By using Visio 2013, you can visually create a SharePoint workflow, export the workflow to SharePoint Designer 2013, and then publish that workflow to a SharePoint site. After a workflow has been created in Visio 2013, it must be exported to SharePoint Designer 2013. Then, a SharePoint site owner or IT professional adds parameters to the workflow by using either the workflow text editor or the new Visual Workflow Designer, which is a Visio 2013 ActiveX control that is hosted in SharePoint Designer 2013. After the workflow has been completed, it can be published to the SharePoint site.

ビジネス ロジックを表現したワークフローを設計することができるため、これは Visio のフローチャートにすでに精通しているビジネス アナリストやプロセス コンサルタントにとって理想的なツールです。ワークフローを設計するユーザーは、ワークフローのビジネス インテリジェンス (BI) のニーズにのみ注意を集中することができ、宣言型ワークフローの専門家である必要はありません。This is ideal for business analysts and process consultants who are already familiar with flowcharts in Visio, because it allows them to design a workflow that represents business logic. The person who designs the workflow can focus solely on the business intelligence (BI) needs of the workflow without needing to be an expert in declarative workflows.

Visio 2013 および SharePoint Designer 2013 での SharePoint ワークフローの作成についてAbout creating SharePoint Workflows in Visio 2013 and SharePoint Designer 2013

Visio 2013 には、SharePoint ワークフローを構築するために使用できる SharePoint ワークフロー テンプレートが組み込まれています。SharePoint ワークフロー テンプレートは、SharePoint ワークフロー アクション、SharePoint ワークフロー条件、および SharePoint ワークフロー ターミネータの 3 つのステンシルに関連付けられています。これらのステンシル内の図形は、SharePoint ワークフロー内で使用可能な特定のアクションおよび条件に対応します。ワークフローを構築するときに必要なのは、図形を Visio 2013 の描画キャンバス上にドラッグし、ワークフローの背後にあるビジネス ロジックをモデル化することだけです。Visio 2013 includes a SharePoint Workflow template that can be used to build SharePoint workflows. The SharePoint Workflow template is associated with three stencils: SharePoint Workflow Actions, SharePoint Workflow Conditions, and SharePoint Workflow Terminators. The shapes in these stencils correspond to specific actions and conditions that can be used within a SharePoint workflow. To build a workflow, you need only to drag shapes onto the drawing canvas in Visio 2013 to model the business logic behind the workflow.

ステージ、ループ、およびステップStages, loops, and steps

SharePoint Designer 2013 のワークフローには、ステージ、ループ、およびステップの概念が導入されています。ワークフローの作成者は、個々のアクションおよび条件のいくつかを 1 つの単位としてグループ化し、プロセスをより明確に定義できます。たとえば、「承認」または「フィードバックの要求」というステージまたはステップがあるとします。そのステージまたはステップ内には、プロセスで必要なアクションがすべて含まれています。ステージまたはステップ自体は、より長いワークフローの 1 つのノードであることがあり、それにより表示ユーザーは、個々のアクションのセットではなく、そのステージのステータスを全体として見ることができます。Workflows in SharePoint Designer 2013 now include the notions of stages, loops, and steps. Workflow authors can group a number of individual actions and conditions as a single unit to more clearly define the process. For example, there could be an Approval or Request Feedback stage or step. Within that stage or step would be all of the actions that are necessary for that process. The stage or step itself might be one node of a longer workflow and would allow a viewer to see the status of that stage as a whole, rather than a set of individual actions.

Visio 2013 に組み込まれている SharePoint ワークフロー テンプレートは、ステージ、ループ、およびステップをワークフローを作成するための論理構成要素としても使用します。The SharePoint Workflow template that is included in Visio 2013 also uses stages, loops, and steps as logical building blocks for creating a workflow.

重要: Microsoft SharePoint 2010 ワークフロー テンプレートと SharePoint ワークフロー テンプレートの基本的な違いのため、一方で作成された図中のテンプレートの図形を他方で使用することはできません。Important: Because of the underlying differences between the Microsoft SharePoint 2010 Workflow template and the SharePoint Workflow template, you cannot use shapes from one template within a diagram created by the other. SharePoint ワークフロー アクション、SharePoint ワークフロー条件、SharePoint ワークフロー ターミネータのステンシルの図形のみ、SharePoint ワークフローを構築するために使用できます。Only shapes from the SharePoint Workflow Actions, SharePoint Workflow Conditions, and SharePoint Workflow Terminators stencils can be used to build a SharePoint workflow.

ステージの図形Stage shapes

ステージには、任意の数の図形を含めることができ、分岐を含めることもできます。ただし、1 つのステージ (およびステップ) について、入側のパスが 1 つと出側のパスが 1 つのみです。ワークフロー内のすべてのアクションは 1 つのステージ内に含まれている必要があります。ステージの図形は、コンテナー図形を使用して視覚化されます。ステージ図形では、ステージの入側と出側のパスを定義するため、入口図形と出口図形をコンテナーの端に追加する必要があります。Visio 2013、および SharePoint Designer 2013 のビジュアル デザイナーは、コンテナーが初めてドロップされるときに入口図形と出口図形を追加します。A stage can contain any number of shapes and may include branching. However, there can be only one path into a stage (and a step) and one path out. All actions in the workflow must be contained by a stage. Stage shapes are visualized by using container shapes. A Stage shape requires that an Enter and an Exit shape be added to the edges of the container to define the paths in and out of the stage. Visio 2013 and the Visual Designer in SharePoint Designer 2013 add the Enter and Exit shapes for you when you first drop the container.

ステージには次のようなルールもあります。Stages also have the following rules:

  • すべての図には、少なくとも 1 つのステージが必要です。入口、出口、および開始の各図形をすべて備えた 1 つのステージが、既定の SharePoint ワークフロー テンプレートの一部として存在します。All diagrams must have at least one stage. A stage, complete with Enter, Exit, and Start shapes are present as part of the default SharePoint Workflow template.

  • 新しいステージを描画キャンバスに追加すると、Visio 2013 は、ステージがドロップされるときに開始コネクタと終了コネクタを追加します。When you add a new stage to the drawing canvas, Visio 2013 will add Start and End connectors when the stage is dropped.

  • ステージには、入口図形と出口図形によるもの以外、入側と出側のコネクタを含めることはできません。Stages cannot have any connectors coming in or going out other than through the Enter and Exit shapes.

  • ステージ コンテナーをネストすることはできません。ステージ内の別のサブプロセスをネストする場合は、ステップを使用してください。Stage containers cannot be nested. If you want to nest another sub-process within a stage, use a step.

  • ワークフローの停止図形はステージ内に含めることができます。Stop Workflow shapes may exist within a stage.

  • 図全体では、ステージの外側に 1 つの明示的な開始図形が必要です。ステージの外側に明示的な終了図形は不要です。An explicit Start shape is required outside of the stage for the entire diagram. An explicit Terminate shape outside of the stage is not required.

  • ワークフローは、最上位レベルにおいて、ステージ、条件付き図形、および開始と終了のターミネータのみを含むことができます。他のすべての図形は、ステージ内に含める必要があります。At the top level, the workflow can contain only stages, conditional shapes, and Start and Terminate terminators. All other shapes must be contained within a stage.

ループの図形Loop shapes

ループは、ループとして実行される一連の接続された図形で、条件が満たされるまで、その一連の図形の最後の図形から最初の図形に戻ります。Loops are a series of connected shapes that will execute as a loop, returning from the last shape in the series to the first, until a condition is satisfied.

ステージ同様、ループは (図形が描画キャンバスにドロップされるときに追加される) 入口図形と出口図形を含んだコンテナー図形によって表されます。ループ図形では、入口図形と出口図形をコンテナーの端に追加してループの入側と出側のパスを定義する必要があります。Like stages, loops are represented by a container shape that includes an Enter and Exit shape (added when the shape is dropped on the drawing canvas). A Loop shape also requires that an Enter and Exit shape be added to the edges of the container to define the paths in and out of the loop.

Visio 2013 および SharePoint Designer 2013 では、n 回のループと value1value2 と等しくなるまでのループの 2 種類のループをサポートします。Visio 2013 and SharePoint Designer 2013 support two types of loops: loop n times and loop until value1 equals value2 .

ループは次のルールに準拠する必要があります。Loops must also conform to the following rules:

  • ループはステージ内に存在する必要があり、ステージがループ内に存在することはできません。Loops must be within a stage, and stages cannot be within a loop.

  • ステップはループ内に含めることができます。Steps may be within a loop.

  • ループには入口と出口点をそれぞれ 1 つだけ含めることができます。Loops may have only one entry and one exit point.

ステップの図形Step shapes

ステップは、グループ化された一連の連続アクションを表します。ステップはステージに含まれる必要があります。ステップ図形には、図形の入側と出側のパスを定義するための入口図形と出口図形も必要です。どちらの図形とも、既定で図形がキャンバスにドロップされるときに追加されます。Steps represent a grouped series of sequential actions. Steps must be contained by a stage. A step shape must also have an Enter and Exit shape to define the paths in and out of the shape. Both shapes are added by default when the shape is dropped onto the canvas.

Visio 2013 でのワークフローの作成Creating a workflow in Visio 2013

SharePoint ワークフロー ステンシルにあるすべてのマスター図形は、SharePoint ワークフロー内のアクション、条件、およびその他の論理コンストラクトに対応しています。ワークフローを構築する場合は、Visio 内のほかのフローチャートの場合と同様に、図形を描画キャンバスにドロップできます。Visio 2013でワークフローの構築を完了した後は、SharePoint Designer 2013で開く前にワークフローを保存します。All of the master shapes in the SharePoint Workflow stencils correspond to actions, conditions, and other logical constructs within a SharePoint workflow. To build a workflow, you can drag shapes onto the drawing canvas, just like any other flowchart in Visio. After you have finished building the workflow in Visio 2013, save the workflow before SharePoint Designer 2013 can open it.

Visio 2013 で SharePoint ワークフロー テンプレートを開くには、以下の手順を実行します。To open the SharePoint Workflow template in Visio 2013, do the following:

Visio 2013 で SharePoint ワークフロー テンプレートを開くにはTo open the SharePoint Workflow template in Visio 2013

  1. Visio 2013 を開きます。Open Visio 2013.

  2. [ 新規作成] を選択します。Choose New.

  3. [ テンプレート カテゴリ] で [ フローチャート] を選択します。Under Template Categories, choose Flowchart.

  4. [ テンプレートの選択] で、[ SharePoint ワークフロー] を選択して、[ 作成] を選択します。Under Choose a Template, choose SharePoint Workflow and then choose Create.

    テンプレートが開き、描画キャンバスに開始およびステージの各図形が取り込まれます。ステージ図形には、1 つのコネクタによって結合された入口図形と出口図形が含まれています。The template opens and the drawing canvas is prepopulated with Start, and Stage shapes. The Stage shape contains an Enter and an Exit shape, joined by a single connector.

SharePoint ワークフロー テンプレートが開いている状態で、アクション、条件、およびその他の図形を描画キャンバスにドラッグして、ワークフローを設計します。個々の図形とその意味の詳細については、「 Visio の SharePoint Server ワークフロー テンプレートの図形」を参照してください。With the SharePoint Workflow template open, drag actions, conditions, and other shapes onto the drawing canvas to design a workflow. For more information about individual shapes and what they mean, see the article Shapes in the SharePoint Server workflow template in Visio.

ヒント: ワークフローの設計時は、次の追加の考慮事項を念頭においてください。Tip: When designing a workflow, keep the following additional considerations in mind:

  • ワークフローをすばやく構築するには、新しいステージ図形に含まれている内部コネクタにアクション図形と条件図形をドロップします。To quickly build a workflow, drop action and condition shapes onto the internal connector that is contained by new stage shapes. Visio 2013 は、そのコネクタを自動的に複数のコネクタに分割し、ワークフローが入口図形から出口図形に接続された状態を維持します。Visio 2013 automatically splits the connector into additional connectors, keeping the workflow connected from the Enter shape to the Exit shape.
  • SharePoint ワークフロー アクション、SharePoint ワークフロー条件、SharePoint ワークフロー ターミネータのステンシル以外のステンシルからの図形は使用しないでください。Do not use any shapes from a stencil other than the SharePoint Workflow Actions, SharePoint Workflow Conditions, and SharePoint Workflow Terminators stencils. 図形間の接続を追加するには、SharePoint ワークフロー テンプレートによって提供されるコネクタ ツールのみを使用してください。Use only the Connector tool provided by the SharePoint Workflow template to add connections between shapes. それ以外のすべてのコネクタ図形は、SharePoint ワークフロー内では無効です。All other connector shapes are not valid within a SharePoint workflow.
  • アクションの図形、手順、ループは、常にステージ図形内に含める必要があります。条件付きの一部の図形は、ステージ外に置くことができます。Action shapes, steps, and loops must always be contained within a Stage shape. Some conditional shapes can be outside of a stage.
  • ステージ図形には、入口図形と出口図形が厳密に 1 つずつ存在する必要があります。ステージ内に含まれているワークフロー サブプロセスは、入口図形で始まり、出口図形で終わる必要があります。A Stage shape must have exactly one Enter shape and one Exit shape. The workflow sub-process that is contained within the stage must start with the Enter shape and end with the Exit shape.
  • 条件図形には、その図形を起点とする 2 つのコネクタ (ラベルが "はい" のものと "いいえ" のもの) が必要です。A condition shape must have two connectors leaving the shape, one labeled "Yes" and the other labeled "No." コネクタを右クリックすると、[はい] または [いいえ] を選択できます。You can right-click a connector to choose Yes or No.
  • 1 つのワークフローに対して、開始図形は 1 つだけ必要です。開始図形は、ステージの外側に存在する必要があります。A workflow must have only one Start shape. The Start shape must be outside of a stage.
  • ワークフローの図形にテキストを追加しても、図形のテキストはワークフローに影響しません。You add text to shapes in the workflow, but the shape text will not affect the workflow.

Visio 2013 でのワークフローの検証は、他のすべての接続された図の検証と同様です。つまり、Visio がルール セットに照らして図をチェックし、図で見つかったエラーの一覧を返します。検証問題の解決方法の詳細については、「 Visio での SharePoint Server ワークフロー検証エラーのトラブルシューティング」の記事を参照してください。Validating the workflow in Visio 2013 is like validating any other connected diagram: Visio checks the diagram against a set of rules and returns a list of errors that it found in the diagram. See the article Troubleshooting SharePoint Server workflow validation errors in Visio to learn how to resolve validation issues.

Visio 2013 で SharePoint ワークフローを検証するにはTo validate a SharePoint workflow in Visio 2013

  1. [ プロセス] タブの [ 図の検証] グループで、[ 図のチェック] を選択します。On the Process tab, in the Diagram Validation group, choose Check Diagram.

  2. ワークフローでエラーが検出されると、その図の下に [ 問題] ウィンドウが開きます。一覧で各項目を選択して、エラーの原因となった図内の図形を選択します。If any errors are found in the workflow, the Issues pane opens below the diagram. Choose each item in the list to select the shape in the diagram that caused the error.

  3. [ 問題] の一覧にある各検証エラーを解決します。すべてのエラーへの対応が終了したら、もう一度 [ 図のチェック] を選択します。Visio 2013 での検証問題の解決方法の詳細については、「 Visio での SharePoint Server ワークフロー検証エラーのトラブルシューティング」の記事を参照してください。Resolve each validation error listed in the Issues list. Once all of the errors have been addressed, choose Check Diagram again. For more information about how to resolve validation issues in Visio 2013, see the article Troubleshooting SharePoint Server workflow validation errors in Visio.

  4. ワークフローでエラーが検出されないと、図の検証が完了したが問題は何も検出されなかったことを示すメッセージが Visio に表示されます。If no errors are found in the workflow, Visio displays a message stating that the diagram validation is complete and that no issues were found.

Visio 2013 でのワークフローの検証に合格した後は、ファイルを保存して SharePoint Designer 2013 にインポートすることができます。Microsoft SharePoint 2010 のワークフロー テンプレートとは異なり、SharePoint ワークフロー図のコピーを既定の Visio 2013 ファイル形式 (.vsdx) で保存し、SharePoint Designer 2013 でそのファイルを開くことができます。After the workflow has been successfully validated in Visio 2013, you can save the file and import it into SharePoint Designer 2013. Unlike the Microsoft SharePoint 2010 Workflow template, you can save a copy of the SharePoint Workflow diagram as the default Visio 2013 file format (.vsdx) and SharePoint Designer 2013 can open the file.

以下の手順に従って、SharePoint ワークフローを Visio 2013 に SharePoint Designer 2013 で開くことができる Visio 2013 .vsdx ファイルとして保存します。Use the following procedure to save a SharePoint workflow in Visio 2013 as a Visio 2013 .vsdx file that can be opened in SharePoint Designer 2013:

Visio 2013 でワークフローを保存するにはTo save a workflow in Visio 2013

  1. [ ファイル]、[ 名前を付けて保存] の順に選択します。Choose File, and then choose Save As.

  2. [ 名前を付けて保存] で [ 保存]、[ 参照] の順に選択します。Under Save As, choose Save, and then choose Browse.

  3. [ 名前を付けて保存] ダイアログ ボックスで、ファイルの保存先を選択して、ファイルの名前 ("My SP Workflow") を入力します。In the Save As dialog box, select a location to save the file and type a name for the file ("My SP Workflow").

  4. [保存] を選択します。Choose Save.

SharePoint Designer 2013 でのワークフローのカスタマイズと発行Customizing and publishing a workflow in SharePoint Designer 2013

Visio 2013 で SharePoint ワークフローの基となるビジネス ロジックを作成して図を保存したら、SharePoint Designer 2013 で Visio .vsdx ファイルを開き、SharePoint サイトに合わせてそのワークフローを調整することができます。.vsdx ファイル パッケージには、SharePoint Designer 2013 がワークフローに変換可能な XML ドキュメントが含まれています。Once you have created the underlying business logic for a SharePoint workflow in Visio 2013 and saved the diagram, you can open the Visio .vsdx file in SharePoint Designer 2013 and begin tailoring the workflow to your SharePoint site. The .vsdx file package contains XML documents that SharePoint Designer 2013 can translate into workflows.

以下の手順に従って、SharePoint Designer 2013 で SharePoint サイトを開きます。Use the following procedure to open a SharePoint site in SharePoint Designer 2013:

SharePoint Designer 2013 で SharePoint サイトを開くにはTo open a SharePoint site in SharePoint Designer 2013

  1. SharePoint Designer 2013 を開きます。Open SharePoint Designer 2013.

  2. [ SharePoint サイトを開く] で [ サイトを開く] を選択します。Under Open SharePoint Site, choose Open Site.

  3. [ サイトを開く] ダイアログ ボックスで、開くサイトを選択します。In the Open Site dialog box, select the site that you want to open.

  4. [ 開く] を選択します。Choose Open.

SharePoint サイトが開いたら、SharePoint Designer 2013 内で Visio 2013 .vsdx 図を開くことができます。Once the SharePoint site is open, you can open the Visio 2013 .vsdx diagram within SharePoint Designer 2013.

SharePoint Designer 2013で Visio Professional 2013 ワークフローを開くにはTo open a Visio Professional 2013 workflow in SharePoint Designer 2013

  1. [ ファイル] を選択して、[ 項目の追加] を選択します。Choose File, and then choose Add Item.

  2. リスト ワークフローを作成するには、以下の手順を実行します。To create a List Workflow, do the following:

  3. [ ワークフロー] で、[ リスト ワークフロー] を選択します。Under Workflows, choose List Workflow.

  4. 左側のウィンドウの [ リスト ワークフロー] で、ワークフローの名前 (My First SP2013 Workflow) を入力し、ワークフローを発行するサイトのリストを選択します。In the left pane under List Workflow, type a name for your workflow (My First SP2013 Workflow) and select the list on the site that you want to publish the workflow to.

  5. [ 新しいワークフローのためのワークフローの選択] の一覧で、[ SharePoint ワークフロー] を選択します。In the Choose the workflow platform for the new workflow list, select SharePoint Workflow.

  6. \*\*[作成]** をクリックします。Choose **Create**.
  7. サイト ワークフローを作成するには、以下の手順を実行します。To create a Site Workflow, do the following:

  8. [ ワークフロー] で [ サイト ワークフロー] を選択します。Under Workflows, choose Site Workflow.

  9. 左側のウィンドウの [ サイト ワークフロー] で、ワークフローの名前 (My First SP2013 Workflow) を入力します。In the left pane, under Site Workflow, type a name for your workflow (My First SP2013 Workflow).

  10. [ 新しいワークフローのためのワークフローの選択] の一覧で、[ SharePoint ワークフロー] を選択します。In the Choose the workflow platform for the new workflow list, select SharePoint Workflow.

  11. \*\*[作成]** をクリックします。Choose **Create**.
  12. [ ワークフロー] タブの [ 管理] グループで、[ ワークフロー設定] を選択します。On the Workflow tab, in the Manage group, choose Workflow Settings.

  13. [ ワークフロー設定] タブの [ 管理] グループで、[ Visio からインポート] を選択します。On the Workflow Settings tab, in the Manage group, choose Import from Visio.

  14. [ Visio 図面からのワークフローのインポート] ダイアログ ボックスで, .vsdx ファイルが格納されている場所を参照します。In the Import Workflow from Visio Drawing dialog box, browse to the location where the .vsdx file is located.

  15. 開くファイル (My SP Workflow) を選択して、[ 開く] を選択します。Select the file that you want to open (My SP Workflow), and then choose Open.

SharePoint Designer 2013 で .vsdx ファイルを開くと、そのファイルは、SharePoint Designer 内でホストされる Visio ActiveX コントロールであるビジュアル デザイナーに表示されます。Visio 2013 の図は、Visio で作成された図形と図形テキストのすべてを保持しています。When you open a .vsdx file in SharePoint Designer 2013, the file is displayed in the Visual Designer, a Visio ActiveX control that is hosted within SharePoint Designer. The Visio 2013 diagram retains all of the shapes and shape text that was created in Visio.

注意

SharePoint Designer 2013 でビジュアル デザイナーと宣言デザイナーを切り替えるには、[ワークフロー] タブの [管理] グループで、[ビュー] を選択します。To switch between the Visual Designer and the Declarative Designer in SharePoint Designer 2013, on the Workflow tab, in the Manage group, choose Views. SharePoint Designer 2013 によってワークフローが検証され、ワークフロー情報の形式が別の形式に変換されるので、この処理には少し時間がかかります。This process may take a few moments, as SharePoint Designer 2013 validates the workflow and then converts the workflow information from one format to another. この処理の間に、別の図形レベルの検証が行われます。During this process, another shape level validation will occur. 図でエラーが検出された場合は、(Visio の場合と同様に) キャンバス最下部のエラー ウィンドウにエラーが表示されます。If any errors are detected with the diagram, the errors will be displayed in an error pane at the bottom of the canvas (just like in Visio).

ビジュアル デザイナーに表示される図形には、操作タグもあります (図形の左下にあるワークフローの設定タイプのアイコンによって示されます)。操作タグを選択すると、ドロップダウン メニューに、ワークフローにおけるそのアクションまたは条件の属性と [ プロパティ] プロパティが表示されます。これらのプロパティにより、そのアクションで使用されるパラメーター値 (項目の抽出元のリスト、使用する計算演算子、またはメッセージの送信先の電子メール アドレス) が定義されます。リストに表示されているプロパティを選択すると、そのプロパティの設定をカスタマイズできるダイアログ ボックスが表示されます。The shapes that are displayed in the Visual Designer also have Action Tags (shown by a workflow settings type icon on the bottom left hand side of the shape). When you choose an Action Tag, a drop-down menu displays the attributes for that action or condition in the workflow and Properties property. These properties will define the parameter values to be used for that action: which lists to pull items from, what calculation operator to use, or which email address to send a message to. When you choose a property that is displayed in the list, a dialog box appears in which you can customize the settings for that property.

たとえば、[ 電子メールを送信する] 図形には、[ 電子メールを作成する] と [ プロパティ] の 2 つのプロパティが関連付けられています。[ 電子メールを作成する] を選択すると [ 電子メール メッセージを定義する] ダイアログ ボックスが表示されるので、アクションによって送信されるメッセージをそのダイアログ ボックスで作成できます。[ プロパティ] を選択すると、[ 電子メールのプロパティを送信する] ダイアログ ボックスが開き、アクションのパラメーターすべてが表示されます。For example, the Send an email shape has two properties associated with it: Create Email and Properties. When you choose Create Email, a Define Email Message dialog box appears in which you can create the message to be sent by the action. If you choose Properties, a Send an Email Properties dialog box appears that displays all of the parameters for the action.

注意

個々のアクション、図形、およびそのプロパティの詳細については、「Visio の SharePoint Server ワークフロー テンプレートの図形」および「ワークフロー アクション クイック リファレンス (SharePoint ワークフロー プラットフォーム.md)」の記事を参照してください。For more information about individual actions, shapes, and their properties, see the articles Shapes in the SharePoint Server workflow template in Visio and Workflow actions quick reference (SharePoint Workflow platform.md).

ワークフロー内でプロパティを設定し、発行する準備ができたら、まず SharePoint Designer 2013 でワークフローにエラーがないことをチェックする必要があります。リボンの [ ビジュアル デザイナー] タブで [ 発行] を選択すると、SharePoint Designer 2013 は自動的にワークフローにエラーがないかどうかチェックします。必要に応じ、手動でエラー チェックを開始することもできます。Once you have set the properties within the workflow and are ready to publish, you must first check the workflow for errors in SharePoint Designer 2013. When you choose Publish in the Visual Designer tab in the ribbon, SharePoint Designer 2013 automatically checks the workflow for errors. If you want, you can also manually initiate the error checking.

次の手順に従って、SharePoint Designer 2013 で SharePoint ワークフローをチェックします。Use the following procedure to check the SharePoint workflow in SharePoint Designer 2013:

SharePoint Designer 2013 でワークフローにエラーがあるかどうかを手動でチェックするにはTo manually check a workflow for errors in SharePoint Designer 2013

  1. [ ビジュアル デザイナー] タブの [ 保存] グループで、[ エラーの確認] を選択します。On the Visual Designer tab, in the Save group, choose Check for Errors.

  2. ワークフローでエラーが検出されると、ビジュアル デザイナーのキャンバスの下に [ 問題] ウィンドウが開きます。一覧で各項目を選択し、エラーの原因となったワークフローのアクション、条件、コネクタ、ターミネータ、またはコンテナーを選択します。If any errors are found in the workflow, the Issues pane opens below the Visual Designer canvas. Choose each item in the list to select the action, condition, connector, terminator, or container in the workflow that caused the error.

  3. [ 問題] の一覧にある各検証エラーを解決します。すべてのエラーへの対応が終了したら、もう一度 [ エラーの確認] を選択します。Resolve each validation error listed in the Issues list. Once all of the errors have been addressed, choose Check for Errors again.

  4. ワークフローでエラーが検出されると、SharePoint Designer に、ワークフローで何も問題が見つからなかったことを示すメッセージが表示されます。If no errors are found in the workflow, SharePoint Designer displays a message stating that no issues were found in the workflow.

ワークフローのチェックが済み、問題が見つからなかった場合は、ワークフローを SharePoint リストに発行できます。SharePoint Designer 2013 からワークフローを発行するには、[ ビジュアル デザイナー] タブの [ 保存] グループで、[ 発行] を選択します。発行プロセス中にエラーが発生すると、SharePoint Designer 2013 がビジュアル デザイナーに戻り、[ 問題] ウィンドウにエラーが表示されます。After the workflow has been checked and no issues have been found, you can publish the workflow to the SharePoint list. To publish the workflow from SharePoint Designer 2013, on the Visual Designer tab, in the Save group, choose Publish. If any errors occur during the publishing process, SharePoint Designer 2013 returns to the Visual Designer and displays the errors in the Issues pane.

関連項目See also

詳細については、以下を参照してください。For more information, see the following resources: