基幹業務の統合Line of Business Data

概要Summary

通常、SharePoint は、この製品名からわかるように、ビジネスに関するすべてのコンテンツとサービスに固有の一元化されたアクセス ポイントとして使用されます。Very often SharePoint is used as the unique and central access point for all of the content and services related to a business, hence the name of the product. したがって、リスト アイテムやドキュメントのカスタム メタデータ フィールドに外部システムから取得した値が指定されているかどうか、あるいはビジネス データを使用するカスタム開発されたソリューションを使用するかどうかに関係なく、ユーザーはほとんどの場合、基幹業務 (LOB) のデータやアプリケーションには SharePoint 内からアクセスして使用する必要があります。Thus, very often customers need to consume and access Line-of-Business (LOB) data and applications from within SharePoint, whether having custom metadata fields of list items and documents whose values are retrieved from external systems, whether using custom developed solutions that consume business data. LOB のデータやシステムに SharePoint 内からアクセスして使用するには、さまざまな手法を利用できます。どの手法を利用するかは、使用する必要があるデータ ソースの種類、ソリューションの物理アーキテクチャ (たとえば、SharePoint 2013/2016 オンプレミスまたは SharePoint Online) に応じて選ぶことができます。In order to access and consume LOB data and systems from within SharePoint, you can leverage multiple techniques, which you can choose based on the kind of data sources that you need to consume, and on the physical architecture of your solution (i.e. SharePoint 2013/2016 on-premises or SharePoint Online). この記事では、LOB 統合手法のさまざまな選択肢について詳しく説明します。In this article you can find detailed information about the various LOB integration techniques that you can choose from.

基本ガイドライン/一般的なルールHigh-level guideline/general rules

ここでは、SharePoint を LOB システムと統合する際に必ず考慮しなければならない基本ガイドラインと一般的なルールについて説明します。Here follow some high-level guidelines and general rules that you should consider whenever you need to integrate SharePoint with any LOB system:

  • 最新の開発手法と最新のセキュリティ プロトコル (OAuth 2.0、OpenID Connect など) を利用できるよう、SOAP サービスやカスタム API ではなく、REST ベースの API を使用するようにしてください。Try to consume REST-based APIs, rather than SOAP services or custom APIs, in order to being able to leverage modern development techniques and to use modern security protocols (OAuth 2.0, OpenID Connect, etc.).
  • 外部サービスを直接使用せずに、中間コンポーネントとしてデータ キャッシュを使用してください。これにより、以前に要求して LOB システムから取得したデータを取得する際に、使用プロセスが迅速化され、無駄なネットワーク ラウンドトリップが行われなくなります。Use a data cache intermediary, instead of directly consuming any external service, so that you can speed up the consumption process and avoid useless network roundtrips to retrieve data that you already requested from the LOB system.
  • データ キャッシュのオーバーフローとネットワーク帯域幅のオーバーロードを防ぐために、すべてのデータを「一度にまとめて」一覧表示するのではなく、可能な限りページごとにデータを一覧表示してください。Make your best to list data page by page, rather than listing all the data in "one huge shot", to avoid flooding the data cache and to overload the network bandwidth.
  • 認証および承認の観点からは、固有のセキュリティ インフラストラクチャを共有できるよう、Azure Active Directory に登録されている可能性のある既知のプロトコル (OAuth 2.0 や OpenID Connect など) を利用するサービスを使用するようにしてください。From an Authentication and Authorization perspective, tend to use services that leverage well-known protocols like OAuth 2.0, OpenID Connect, etc. and which are possibly registered in Azure Active Directory, in order to share a unique security infrastructure.

クライアント側の接続Client-side Connection

適用対象: Office 365 | SharePoint Online | SharePoint 2016Applies to: Office 365 | SharePoint 2013 | SharePoint Add-ins | SharePoint Online

クライアント側のソリューション (SharePoint Framework を使用して開発されたクライアント側の Web パーツなど) や、スクリプト エディター Web パーツでホストされている一連の JavaScript コードから LOB システムを使用する必要がある場合は、最終的に Azure Active Directory に登録される REST API のみを使って LOB システムを使用できます。Whenever you need to consume LOB systems from a client-side solution, like a client-side Web Part developed using SharePoint Framework, or a bunch of JavaScript code hosted in a Script Editor Web Part, you can consume a LOB system just using a REST API, eventually registered in Azure Active Directory. このトピックについて詳しく調べるには、以下に記載するリンクが役立ちます。In this section you can find useful links to further information about this topic.

記事Articles

サンプルSamples

ビデオVideos

Business Connectivity ServicesBusiness Connectivity Services

適用対象: SharePoint Online | SharePoint 2013 | SharePoint 2016Applies to: InfoPath forms for SharePoint Online | SharePoint 2013 | SharePoint 2016

Business Connectivity Services (BCS) は、Microsoft SharePoint 2013/2016 および SharePoint Online のサービス アプリケーションです。Business Connectivity Services (BCS) is a service application of Microsoft SharePoint 2013/2016 and SharePoint Online. BCS は、基幹業務 (LOB) のアプリケーション、Web サービス、データベースといった外部システム、または適切なコネクタを使用できるその他の外部ソースに対する、データの読み取り/書き込み機能を提供します。It provides capabilities to read and write data from external systems, such as line-of-business applications (LOB), web services, databases, or any other external source that offers a suitable connector. SharePoint 2013/2016 オンプレミスでは、BCS によって各種の LOB システムに接続するために、DBMS 接続指向のアプローチ、SOAP サービス、またはカスタム .NET ライブラリのいずれかを使用できます。In SharePoint 2013/2016 on-premises the BCS can connect to a variety of LOB systems either using a DBMS connection-oriented approach, either using a SOAP service, or using a custom .NET library. SharePoint Online では、BCS によって OData REST サービス、SOAP サービス、または Azure SQL Database に接続できます。In SharePoint Online the BCS can connect to an OData REST service, to a SOAP service, or to an Azure SQL Database. さらに、SharePoint Online では、SharePoint オンプレミスとは異なり、外部データ検索、プロファイル ページ、カスタム アクション、Office クライアント サポートのような機能はありません。Moreover, in SharePoint Online, if compared with SharePoint on-premises, you don't have functionalities like External Data Search, Profile Pages, custom Actions, and Office client support.

記事Articles

ビデオVideos

ハイブリッド - オンプレミスへの接続Hybrid - Connect to on-premises

適用対象: Office 365 | SharePoint OnlineApplies to: Office 365 | Office 365 First Release program | SharePoint Online

LOB システムを使用する際には、別のオプションとして、ハイブリッド トポロジを使用してオンプレミスのデータを利用する SharePoint Online ソリューションを作成することもできます。While consuming LOB systems, another option that you have is to create SharePoint Online solutions that leverage on-premises data through an hybrid topology. たとえば、ハイブリッド接続によってオンプレミスのインフラストラクチャに接続し、SQL Server データベースやその他のオンプレミス データ リポジトリを使用する Azure App Service を作成できます。For example, you can create an Azure App Service that connects to an on-premises infrastructure and consumes a SQL Server database, or any other on-premises data repository, through an Hybrid Connection.

記事Articles

ビデオVideos