条件要素Condition element

(条件要素)(WorkflowInfo 要素)(Action4)(Conditions element) (WorkflowInfo element) (Action4)

適用されます: SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint Server 2013

宣言、ルール ・ ベース、コードなしのワークフロー エディターで表示できるルールの文の一部では、条件ステートメントを表します。Represents a Condition statement, which is part of a rule sentence that can be displayed in a declarative, rules-based, code-free workflow editor. (値と引数) の条件ステートメントを使用して、ワークフローの状態を評価し、分岐を決定します。The Condition statement (with values and arguments) is used to evaluate workflow state and make branching decisions.

使用例Usage

    <WorkflowInfo>
          <Conditions>
                <Condition>
                   <RuleDesigner />
                   <Paramaters />
                </Condition>
                <Default />
          </Conditions>
          <Action />
    </WorkflowInfo>

要素情報Element information

要素の型Element type

NamespaceNamespace

スキーマ ファイルSchema file

Actions4.xsdActions4.xsd

定義Definition

    <xs:element name="Condition"      minOccurs="0"     maxOccurs="unbounded"    >
               <xs:complexType>
               <xs:all>
         <xs:element name="RuleDesigner"      type="ruleDesignerType" minOccurs="1"     maxOccurs="1"    >
      </xs:element>  
         <xs:element name="Parameters"      type="parametersType" minOccurs="1"     maxOccurs="1"    >
      </xs:element>  
           </xs:all>
         <xs:attribute name="Type"   type="s:string"     />
         <xs:attribute name="Name"   type="s:string"      use="required"     />
         <xs:attribute name="AppliesTo"   type="appliesToTypes"      use="required"     />
         <xs:attribute name="UsesCurrentItem"   type="s:boolean"     />
         <xs:attribute name="ItemKeyType"   type="s:string"     />
         <xs:attribute name="FunctionName"   type="s:string"     />
         <xs:attribute name="Assembly"   type="s:string"     />
         <xs:attribute name="ClassName"   type="s:string"     />
         <xs:attribute name="ShapeImageUrl"   type="s:string"     />
           </xs:complexType>
      </xs:element>  

要素と属性Elements and attributes

スキーマは、シーケンスminOccursmaxOccursでは、選択などの特定の要件を定義する場合は、定義のセクションを参照してください。If the schema defines specific requirements, such as sequence, minOccurs, maxOccurs, and choice, see the definition section.

親要素Parent elements

要素Element

Type

説明Description

条件Conditions


子要素Child elements

要素Element

Type

説明Description

パラメーターParameters

parametersTypeparametersType

RuleDesignerRuleDesigner

ruleDesignerTyperuleDesignerType


属性Attributes

属性Attribute

Type

必須Required

説明Description

使用できる値Possible values

AppliesToAppliesTo

appliesToTypesappliesToTypes

必須required

SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリを対象となる条件付きステートメントが適用されるかどうかを指定します。Specifies whether the conditional statement that is being evaluated is applied to a SharePoint list or document library. 値を変更すると、表示したり、ワークフローが関連付けられている SharePoint リストの種類に応じて、ワークフロー エディターで特定の条件ステートメントを非表示にできます。By changing the value, you can show or hide a specific condition statement in the workflow editor, depending on the type of SharePoint list that the workflow is associated with. 許容値を次に示します。Following are allowable values:

  • すべては、条件付きステートメントが使用可能にするすべてのリストおよびドキュメント ライブラリの種類を指定します。all specifies that a condition statement is available to all list and document library types.

  • ドキュメント ライブラリは、ワークフローがドキュメント ライブラリに関連付けられている場合にのみ条件文がワークフロー エディターに表示されていることを指定します。doclib specifies that a condition statement is visible to the workflow editor only when the workflow is associated with a document library.

  • リストは、ワークフローが SharePoint リストに関連付けられている場合にのみ条件文がワークフロー エディターに表示されていることを指定します。list specifies that a condition statement is visible to the workflow editor only when the workflow is associated with a SharePoint list.

  • [なし] は、条件文がワークフロー エディターから非表示にするを指定します。none specifies that a condition statement is hidden from the workflow editor.

AppliesToTypes の値を入力します。Values of the appliesToTypes type.

アセンブリAssembly

s:strings:string

省略可能optional

条件要素の実装コードを含む .NET アセンブリを指定します。Specifies the .NET assembly that contains the implementation code for the Condition element.

例:Example:

Assembly="Microsoft.SharePoint.WorkflowActions, Version=15.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=c9b3ceac-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxxxxxxxxx"

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

クラス名ClassName

s:strings:string

省略可能optional

条件要素のコードを実装する完全修飾クラス名が含まれています。Contains the fully qualified class name in which the Condition element code is implemented.

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

FunctionNameFunctionName

s:strings:string

省略可能optional

ブール条件コードを実装するクラスのメソッドの名前です。Name of the Boolean method in the class that implements the Condition code.

メソッドの例:Example method:

Bool myCondition(WorkflowContext context, string ListGUIDorName, int ItemWorkflowAttachedTo)

XML:XML:

FunctionName="myCondition"

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

ItemKeyTypeItemKeyType

s:strings:string

省略可能optional

既定のオブジェクトの種類の実装に固有の識別子です。The implementation-specific identifier for the default object type.

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

NameName

s:strings:string

必須required

条件のローカライズされた名前を指定します。Specifies a localized name of the condition.

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

ShapeImageUrlShapeImageUrl

s:strings:string

省略可能optional

ビジュアル デザイナーに示されている条件に関連する図形を表すイメージ ファイルの URL です。The URL to the image file representing the condition-related shape that is represented in the visual designer.

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

TypeType

s:strings:string

省略可能optional

条件要素をユーザー設定] または [詳細設定にするかどうかを指定します。Specifies whether the Condition element is Custom or Advanced.

  • カスタム現在 SharePoint リストまたはドキュメント ライブラリの項目をワークフロー デザイナーで指定された値に値を比較する場合に使用されます。Custom Used to compare a value found in the current SharePoint list or document library item to a value specified by the workflow designer.

  • 高度な任意の型 (たとえば、テキスト、整数、および日付) の 2 つの値を比較する条件を使用できることを示すために使用されます。Advanced Used to indicate that a Condition can be used to compare two values of any type (for example, text, integers, and dates).

S:string の値を入力します。Values of the s:string type.

UsesCurrentItemUsesCurrentItem

s:booleans:boolean

省略可能optional

項目を指定するかどうか現在選択されているワークフローに関連付けられています。Specifies whether the item currently selected is associated with the workflow. 場合は SharePoint リスト アイテムまたはドキュメント ライブラリのアイテムのワークフロー インスタンスを開始するには trueワークフローの設定にバインドします。If set to true, the workflow binds to the SharePoint list item or document library item that started the workflow instance. 宣言型ワークフロー エディターまたはデザイナー画面を使用して、この値は常にtrueを返しますされ、変更できません。When using a declarative workflow editor or designer surface, this value always returns true and cannot be changed.

S:boolean の値を入力します。Values of the s:boolean type.

注釈Remarks

条件の各要素は、指定された SharePoint ワークフロー ライブラリ内のブール型メソッドにも対応しています。Each Condition element also corresponds to a Boolean method inside a specified SharePoint workflow library. これらのメソッドは、パラメーターによって渡された値を評価するために使用し、 trueまたはfalseのいずれかを返します。These methods are used to evaluate values passed by their parameters and return either true or false.

条件要素には、状態コードが実装されている Microsoft .NET アセンブリと関数の呼び出しを作成する必要があるパラメーターに関する情報が含まれています。A Condition element contains information about the Microsoft .NET assembly where the condition code is implemented, and also the parameters that are required to make the function call. ワークフロー エディターを条件付きステートメントを表示する方法に関する情報も含まれています。It also contains information about how the Condition statement should be displayed to the workflow editor.