コンテンツ タイプのバインドContent Type Bindings

適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

各要素はマニフェスト ファイルのコンテンツ タイプのバインドは、コンテンツ タイプ バインド定義スキーマに従う必要がありますを指定します。Each element manifest file that specifies a content type binding must adhere to the Content Type Binding Definition schema.

Onet.xml スキーマで定義したリストに適用する、コンテンツ タイプを割り当てるために使います。Onet.xml スキーマで定義されたリストを直接修正することはできません。Content type binding enables you to provision a content type on a list defined in the onet.xml schema. Lists defined in the onet.xml schema cannot be modified directly.

コンテンツ タイプ バインド定義スキーマの要素の一覧を次に示します。Following is a list of the elements in the Content Type Binding Definition schema.

コンテンツ タイプ バインド定義スキーマの例Content Type Binding definition schema example

次は、指定したリスト タイプにバインドするコンテンツ タイプを指定する例です。The following example specifies a content type to bind to the specified list type.

    <elements xmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/">
      <ContentTypeBinding
        ContentTypeId="0x010100C5A8DB52D9D0A14D9B2FDCC96666E9F2" 
        ListUrl="_catalogs/masterpage"
      />
    </elements>


関連項目See also