Field 要素 (リスト)Field element (List)

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

SharePoint web サイトのリストのインフラストラクチャで使用される内部データ型を定義します。Defines the internal data types used in the list infrastructure of a SharePoint website. フィールドは、列またはユーザーがリストに追加できる情報の属性です。A field is a column or attribute of information that a user can add to a list.

<Field
  Aggregation = "sum" | "count" | "average" | "min" | "max" | "merge" | "plaintext" | "first" | "last"
  AllowDeletion = "TRUE" | "FALSE"
  AllowHyperlink = "TRUE" | "FALSE"
  AllowMultiVote = "TRUE" | "FALSE"
  AppendOnly = "TRUE" | "FALSE"
  AuthoringInfo = "Text"
  BaseType = "Integer" | "Text"
  CalType = "Integer"
  CanToggleHidden = "TRUE" | "FALSE"
  ClassInfo = "Text"
  ColName = "Text"  ColName2 = "Text"
  Commas = "TRUE" | "FALSE"  Customization = "Text"
  Decimals = "Integer"
  Description = "Text"
  Dir = "Text"  Direction = "Text"
  DisplaceOnUpgrade = "TRUE" | "FALSE"
  DisplayImage = "Text"
  DisplayName = "Text"
  DisplayNameSrcField = "Text"  DisplaySize = "Integer"
  Div = "Number"
  EnableLookup = "TRUE" | "FALSE"  EnforceUniqueValues = "TRUE" | "FALSE"
  ExceptionImage = "Text"
  FieldRef = "Text"
  FillInChoice = "TRUE" | "FALSE"
  Filterable = "TRUE" | "FALSE"
  FilterableNoRecurrence = "TRUE" | "FALSE"
  ForcedDisplay = "Text"  ForcePromoteDemote = "TRUE" | "FALSE"
  Format = "Text"
  FromBaseType = "TRUE" | "FALSE"
  Group = "Text"
  HeaderImage = "Text"
  Height = "Integer"
  Hidden = "TRUE" | "FALSE"
  HTMLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  ID = "Text"  Id = "Text"
  IMEMode = "inactive"
  Indexed = "TRUE" | "FALSE"
  IsolateStyles = "TRUE" | "FALSE"  IsRelationship = "TRUE" | "FALSE"
  JoinColName = "Text"
  JoinRowOrdinal = "Integer"
  JoinType = "INNER" | "LEFT OUTER" | "RIGHT OUTER"
  LCID = "Integer"  LinkToItem = "TRUE" | "FALSE"  LinkToItemAllowed = "Text"
  List = "Text"  ListItemMenu = "TRUE" | "FALSE"  ListItemMenuAllowed = "Text
  Max = "Number"
  MaxLength = "Integer"
  Min = "Number" 
  Mult = "TRUE" | "FALSE"
  Name = "Text"
  NegativeFormat = "MinusSign" | "Parens"
  Node = "Text"
  NoEditFormBreak = "TRUE" | "FALSE"
  NumLines = "Integer"
  Percentage = "TRUE" | "FALSE"
  PIAttribute = "Text"
  PITarget = "Text"
  PrependId = "TRUE" | "FALSE"
  Presence = "TRUE" | "FALSE"
  PrimaryKey = "TRUE" | "FALSE"
  PrimaryPIAttribute = "Text"
  PrimaryPITarget = "Text"
  ReadOnly = "TRUE" | "FALSE"
  ReadOnlyEnforced = "TRUE" | "FALSE"  RelationshipDeleteBehavior = "Text"
  RenderXMLUsingPattern = "TRUE" | "FALSE"
  Required = "TRUE" | "FALSE"
  RestrictedMode = "TRUE" | "FALSE"
  ResultType = "Text"
  RichText = "TRUE" | "FALSE"
  RichTextMode = "Text"
  RowOrdinal = "Integer"
  Sealed = "TRUE" | "FALSE"
  SeparateLine = "TRUE" | "FALSE"
  SetAs = "Text"
  ShowAddressBookButton = "TRUE" | "FALSE"  ShowAlways = "TRUE" | "FALSE"
  ShowField = "Text" | "Choice" | "Counter"
  ShowInDisplayForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInEditForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInFileDlg = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInListSettings = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInNewForm = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInVersionHistory = "TRUE" | "FALSE"
  ShowInViewForms = "TRUE" | "FALSE"
  Sortable = "TRUE" | "FALSE"
  SourceID = "Text"
  StaticName = "Text"
  StorageTZ = "UTC" | "Abstract"
  StripWS = "TRUE" | "FALSE"
  SuppressNameDisplay = "TRUE" | "FALSE"
  TextOnly = "TRUE" | "FALSE"
  Title = "Text" 
  Type = "Data_Type"
  UniqueId = "Text"
  UnlimitedLengthInDocumentLibrary = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncodeAsUrl = "TRUE" | "FALSE"
  UserSelectionMode = "Text"
  UserSelectionScope = "Integer"  Version = "Text"
  Viewable = "TRUE" | "FALSE"  WebId = "Text"
  Width = "Integer"
  WikiLinking = "TRUE" | "FALSE"
  XName = "Text">
</Field>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
集計Aggregation
オプションの Text。XPath 式によって返される値または要素のコレクションに適用する関数を指定するために、XML フォームの集計フィールドで使用されます。Node 属性を使用して、値のコレクションを返す XPath 式を指定する場合は、返された値セットに対するアクションを指定する Aggregation 属性も含めることができます。このアクションには、集計関数またはコレクション内の特定の要素の表示を指定できます。Optional Text. Used in an aggregate field on an XML form to specify the function to apply to a collection of values or elements returned by an XPath expression. If you use the Node attribute to specify an XPath expression that returns a collection of values, you can also include an Aggregation attribute that specifies the action to take on the value set that is returned. This action can be either an aggregation function or an indication of the particular element within the collection.

以下のいずれかの値を使用できます。Possible values include the following:
- 合計値を追加します。- sum Add the values.
- カウント値の数をカウントします。- count Count the number of values.
- 平均値の平均値を検索します。- average Find the average of the values.
- 最小値最小値を検索します。- min Find the minimum value.
- 最大最大値を検索します。- max Find the maximum value.
- 差し込み印刷値を結合します。- merge Merge the values.
- プレーン テキストノード テキストの内容をテキスト形式に変換します。- plaintext Converts node text content into plain text.
- 最初コレクション内の最初の要素にプロパティの昇格と降格を適用します。- first Apply property promotion and demotion to the first element in the collection.
- 最後コレクション内の最後の要素にプロパティの昇格と降格を適用します。- last Apply property promotion and demotion to the last element in the collection.

NodePIAttributePITargetPrimary PIAttribute、および PrimaryPITarget 属性を使用して、XML ドキュメントでプロパティを昇格および降格する方法の詳細については、「Using Content Types to Specify XML Document Properties」を参照してください。For more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.
AllowDeletionAllowDeletion
オプションの Boolean。フィールドを削除できる場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field can be deleted.
AllowHyperlinkAllowHyperlink
オプションの Boolean。フィールド内でハイパーリンクを使用できる場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if hyperlinks can be used in the field.
AllowMultiVoteAllowMultiVote
オプションの Boolean。アンケートで複数の回答を許可する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if multiple responses are allowed in a survey.
AppendOnlyAppendOnly
オプションの Boolean。リストでバージョン管理が有効になっているときに、Note フィールドの既存のテキストにテキストを追加できるだけである場合は TRUEOptional Boolean. When versioning is enabled in the list, TRUE if text can only be appended to existing text in the Note field.
AuthoringInfoAuthoringInfo
オプションの Text。フィールドとその目的を識別するためにフィールド編集ページに表示される説明の文字列。たとえば、LinkTitle フィールドには "(アイテムへのリンク)" という作成情報が表示されます。この属性は、通常、同じ名前で目的の異なるフィールドが存在する場合に使用されます。Optional Text. A descriptive string that is displayed in the field editing pages to identify the field and its purpose; for example, the LinkTitle field has the authoring info "(link to item)". This attribute is usually used if a field of the same name exists for another purpose.
BaseTypeBaseType
オプション。BaseType 属性を Integer に設定すると値は整数として保存され、Text (既定) に設定すると値はテキストとして保存されます。基本データ型が整数型の選択フィールドは作成できません。Optional. The BaseType attribute can be set to Integer, which stores values as integers, or to Text (default), which stores values as text. You cannot create integer base-type choice fields.
CalTypeCalType
オプションの IntegerOptional Integer. 予定表の種類を指定します。 Specifies the calendar type.

以下のいずれかの値を使用できます。Possible values include the following:
16 サカ16 Saka Era
旧暦 (中国) 1515 Chinese lunar
14 韓国語と日本語の太陰暦14 Korean and Japanese lunar
12 グレゴリオ暦がフランス語 (音訳)12 Gregorian transliterated French
11 グレゴリオ暦が英語 (音訳)11 Gregorian transliterated English
アラビア語のグレゴリオ暦の 1010 Gregorian Arabic
9 グレゴリオ暦中央東のフランス語9 Gregorian Middle East French
8 ヘブライ語 (太陰暦)8 Hebrew (lunar)
7 タイ語7 Thai
6 イスラム暦 (アラビア語太陰暦)6 Hijri (Arabic lunar)
5 韓国の檀君暦5 Korean Tangun Era
4 台湾時代 (年号)4 Taiwan Era
3 の日本語皇帝の時代 (年号)3 Japanese Emperor Era
1 のグレゴリオ暦1 Gregorian
型が指定されていない 00 No type specified
CanToggleHiddenCanToggleHidden
オプションの Boolean。フィールドをユーザー インターフェイスで非表示にすることができる場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field can be hidden through the user interface.
ClassInfoClassInfo
オプションの Text。標準のテーブル ビューのフィールドで使用するカスケード スタイル シート (CSS) クラスを指定します。設定した場合、標準の ms-vb2 クラスの代わりに指定したクラスが使用されます。Optional Text. Specifies a cascading style sheet (CSS) class to use for the field in the standard table view. If set, the specified class is used instead of the standard ms-vb2 class.
ColNameColName
オプションの Text。フィールドとこのフィールドの物理ストレージ名のマッピングを定義する内部属性。この属性は基になるデータベース内の有効な名前である必要があり、データベース テーブルで使用されている名前と同じである必要があります。指定しなかった場合、サーバーは、既存の列名と競合せず、Microsoft SQL Server で許容される文字のみを含む列名を生成します。Optional Text. An internal attribute that defines the mapping of the field to the physical storage name for this field. This must be a valid name in the underlying database and must be identical to the name used in the database table. If not specified, the server generates a column name that does not collide with any existing column names and that contains only characters that are allowed by Microsoft SQL Server.
ColName2ColName2
オプションの TextOptional Text.
コンマ (,)Commas
オプションの Boolean。カンマが千の位の区切りとして使用される場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if commas are used to separate thousands.
カスタマイズCustomization
オプションの TextOptional Text.
小数点以下の桁数Decimals
オプションの Integer。表示する小数点以下の桁数を指定します。表示される値は表示桁数に切り上げられます。たとえば、小数点以下 1 桁に切り上げる場合、1.05 は 1.1 と表示されます。Optional Integer. Determines the number of decimals to display. The value displayed is rounded up to the display precision; for example, 1.05 is displayed as 1.1 when rounded to one decimal place.
説明Description
オプションの TextOptional Text. フィールドの説明が指定されている場合にリストの編集フォームに表示される説明を提供します。Provides the description that is shown in the edit form for a list if a field description is specified. 既定では、Microsoft SharePoint Foundation のフィールドを説明する必要はありません。By default, fields in Microsoft SharePoint Foundation do not have descriptions.
DirDir
オプションの Text。双方向読み取り順序をサポートするフィードについてテキストの方向を指定します。LTR (左から右)、RTL (右から左)、none のどちらかの値を使用できます。Optional Text. Specifies the direction of text for a field that supports bidirectional reading order. The possible values are LTR (left-to-right), RTL (right-to-left), and none.
DirectionDirection
オプションの TextOptional Text.
DisplaceOnUpgradeDisplaceOnUpgrade
オプションの Boolean。フィールドのフィールド定義が既に存在する場合、そのフィールド定義で指定されている値でフィールドのプロパティを強制的に更新するには、TRUE に設定します。Optional Boolean. If a field definition already exists for the field, TRUE to force updates to field properties with the values that are specified in this field definition.
DisplayImageDisplayImage
オプションの Text。列に表示されるアイコンの名前を指定します。Optional Text. Specifies the name of an icon that is displayed for the column.
DisplayNameDisplayName
オプションの TextOptional Text. フィールドの表示名です。The displayed name for a field. テキストのサイズや空白文字の使用に関する制限はありません。There is no restriction on text size or use of spaces. 表示名は、ユーザーが編集できるし、最初のフィールドの作成後に変更できます。The display name can be edited by the user and can change after initial field creation. フォームにフィールドが表示されたらフォームのラベルとフィールドをテーブル ビューで表示するときは、列見出しとしてこの名前が使用されます。This name is used as a column heading when the field is displayed in a table view and as a form label when the field is displayed in a form. 表示名の指定の場合、タグを返します。それ以外の場合、 Name属性に既定値です。The tag returns the display name if given; otherwise, it defaults to the Name attribute.
DisplayNameSrcFieldDisplayNameSrcField
オプションの Text。一般的に、別のフィールドと同じ名前である必要がある計算フィールドで使用されます。ソース フィールドが変更され、表示名がユーザーによって変更された場合、このフィールドの表示名も変更されます。この文字列は、他のフィールドの名前を参照します。Optional Text. Generally used for a computed field that needs the same name as another field. If the source field is modified and the display name is changed by a user, then the display name of this field will also change. This string refers to the name of the other field.
DisplaySizeDisplaySize
オプションの IntegerOptional Integer.
DivDiv
任意のです。Optional Number. 部門番号を表示する前に使用するスケール ファクター。A scale factor used in division before displaying a number. ディスプレイ番号はN * Mult / Div( 10 進数で指定した数までの角の丸い)。The display number is N * Mult / Div (rounded up to the number specified by Decimals).
EnableLookupEnableLookup
オプションの Boolean。フィールドで参照値を有効にする場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to enable lookup values in the field.
EnforceUniqueValuesEnforceUniqueValues
オプションの BooleanOptional Boolean.
ExceptionImageExceptionImage
オプションの Text。例外に使用するイメージ ファイルの名前を指定するために、Recurrence フィールド型で使用されます。 Optional Text. Used in a Recurrence field type to specify the name of the image file to use for exceptions.
FieldRefFieldRef
オプションの Text。参照フィールドなど、このフィールドが参照する別のフィールドの名前を指定します。Optional Text. Specifies the name of another field to which the field refers, such as a Lookup field.
FillInChoiceFillInChoice
オプションの Boolean。フィールドでユーザーが列の値を入力することが許可されている場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field allows users to fill in values for the column.
フィルター処理可能Filterable
オプションの Boolean。フィールドをフィルタ処理できる場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field can be filtered.
FilterableNoRecurrenceFilterableNoRecurrence
オプションの Boolean。定期的なイベントを展開しないビューでフィールドに対してフィルタを作成できる場合は TRUEFilterableTRUE である場合は、FilterableNoRecurrence の設定に関係なく、すべてのビューでフィールドをフィルタ処理することができます。Optional Boolean. TRUE if a filter can be created on the field in a view that does not expand recurring events. If Filterable contains TRUE, the field can be filtered in all views regardless of how FilterableNoRecurrence is set.
ForcedDisplayForcedDisplay
オプションの Text。実際のフィールド値の代わりに表示するテキストを指定します。この属性は、アンケートでユーザー名が表示されることを防止するために使用されます。Optional Text. Specifies text to display in place of the actual field value. This attribute is used in surveys to prevent the user name from being displayed.
ForcePromoteDemoteForcePromoteDemote
オプションの BooleanOptional Boolean.
FormatFormat
オプションの Text。数値について使用する表示形式を指定します。 Optional Text. Specifies the formatting to use for numerical values.

日付/時刻フィールドの場合は、以下の値を指定できます。For date/time fields, the following values are possible:
- DateOnly表示などの編集を許可する日付の部分だけを (時間単位に設定されます午前 12時 00分- DateOnly Display (and allow edits to) only the date portion (the time portion is set to 12:00 A.M. すべて編集済みの値)。for all edited values).
- 日付時刻表示し、日付と時刻 (既定値) の両方を編集します。- DateTime Display and edit both date and time of day (default).
- ISO8601ISO8601 時刻の形式で表示の日付と時刻が世界協定時刻 (UTC) 形式に変換: YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ です。- ISO8601 Display date and time in ISO8601 time format converted to Coordinated Universal Time (UTC) format: YYYY-MM-DDTHH:MM:SSZ. 2007 のドキュメント プロパティを使用する形式であり、新規作成および編集フォームとサーバーの間、SharePoint Foundation で使用される標準の交換形式の場合と同様に、Microsoft Office システムです。This is the format used for document properties in 2007 Microsoft Office system as well as for the standard interchange format used in SharePoint Foundation between New and Edit forms and the server.
- ISO8601Basic8601 の日付/時刻書式の省略形を使用する: YYYYMMDDTHHMMSSZ。- ISO8601Basic Use the abbreviated form of 8601 date/time formats: YYYYMMDDTHHMMSSZ. これは、vCard/iCal で使用される形式です。This is the format used for vCard/iCal.

選択肢フィールドは、ドロップダウン リスト(既定値) の場合、ドロップダウンの選択範囲を編集のオプションを提供する、またはオプション ボタン、オプション ボタンのグループからオプションを提供するにこの属性を設定することができます。For Choice fields, this attribute can be set to Dropdown (default), which provides editing options through a drop-down selection, or to RadioButtons, which provides options through a group of radio buttons.

URL フィールド、ハイパーリンク(既定値) の場合、通常の URL で表示するにこの属性を設定することができます<A>タグでは、URL としてのイメージを表示または<IMG SRC="URL" ALT="Description">For URL fields, this attribute can be set to Hyperlink (default), which displays the URL as a normal <A> tag, or to Image, which displays the URL as <IMG SRC="URL" ALT="Description">.
FromBaseTypeFromBaseType
オプションの Boolean。この属性は使用されなくなりました。代わりに Sealed 属性を使用してください。Optional Boolean. This attribute is deprecated in favor of the Sealed attribute.
GroupGroup
オプションの Text。フィールドが属する列グループを指定します。Optional Text. Specifies the column group to which the field belongs.
HeaderImageHeaderImage
オプションの Text。フィールドのヘッダーとして使用する画像ファイルの名前を指定します。Optional Text. Specifies the name of an image file to use as a header in the field.
HeightHeight
オプションの Integer。ユーザー情報リストのユーザー用に表示されるイメージの高さをピクセル単位で指定します。Optional Integer. Specifies the height in pixels of the images that are displayed for users in the User Information list.
非表示Hidden
オプションの BooleanTRUE の場合、フィールドはユーザー インターフェイスにまったく表示されません。ReadOnlyTRUE に設定した場合は、フィールドは新規作成フォームや編集フォームに表示されませんが、ビューには含めることができます。Optional Boolean. If TRUE, the field is completely hidden from the user interface. Setting ReadOnly to TRUE means the field is not displayed in New or Edit forms but can still be included in views.
HTMLEncodeHTMLEncode
オプションの Boolean。埋め込まれた文字がブラウザでテキストとして表示されるように変換する場合は TRUE。HTML タグと混同される可能性がある文字はエンティティに変換されます。 Optional Boolean. TRUE to convert embedded characters so that they are displayed as text in the browser; characters that could be confused with HTML tags are converted to entities.
IDID
オプションの TextOptional Text. 中かっこ内に含まれるフィールドの GUID を指定 ({})。Specifies the GUID of the field contained within braces ({}).
IdId
オプションの TextOptional Text.
IMEModeIMEMode
オプションの Text。フィールドに対して使用する入力システム (IME) のモード バイアスを指定します。IME を使用すると、ある文章入力システムで使用する文字数が特定のキーボードでエンコードできる文字数よりも多い場合に、言語に応じてキーストロークを変換することができます。 Optional Text. Specifies the Input Method Editor (IME) mode bias to use for the field. The IME allows for conversion of keystrokes between languages when one writing system has more characters than can be encoded for the given keyboard.

以下のいずれかの値を使用できます。Possible values include the following:
- 自動使用されません。- auto Not used. この IME モードを指定するには、空の文字列にIMEModeプロパティの値を設定 ("")。To specify this IME mode, set the IMEMode property value to an empty string ("").
- アクティブですすべての文字は、IME で入力したが、ユーザーがまだ IME を非アクティブ化できます。- active All characters are typed through the IME, but users can still deactivate the IME.
- 使用頻度の低いIME をアクティブにできますユーザーですが、IME に文字を入力します。- inactive Characters are typed without the IME, although users can still activate the IME.
IndexedIndexed
オプションの Boolean。ビューのフィルターで使用するために列にインデックスを付ける場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the column is indexed for use in view filters.
IsolateStylesIsolateStyles
オプションの BooleanRichText 属性が TRUE であり、RichTextMode 属性が FullHtml である Text フィールドの場合、この属性は、フィールドが含まれているページのレンダリングの妨げとならないように、サーバーがフィールドの HTML を書き換えることを指定します。Optional Boolean. For a Text field whose RichText attribute is TRUE and whose RichTextMode attribute is FullHtml, this attribute specifies that a server will rewrite the HTML of the field to ensure that it will not interfere with the rendering of the surrounding page.
IsRelationshipIsRelationship
オプションの Boolean。値の検索先であるリストからフィールドが探索可能の場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field is discoverable from the list to which it looks for its value.
JoinColNameJoinColName
オプションの Text。この属性は、参照フィールドについてのみ定義されます。ColName によく似ていますが、この属性は、ローカル リストと外部リストとの SQL JOIN で使用される列の名前を示す点が異なります。通常、この値をカスタマイズしないでください。現在は、特定の組み込みおよび基本データ型フィールドのフィールド スキーマで、UrlID 列に結合される URLs (DocMd) テーブルへの参照を示すためにのみ使用されます。Optional Text. This attribute is defined only for Lookup fields. It is very similar to ColName, except it denotes the name of the column that is used in the SQL JOIN between the local and external lists. Ordinarily, this value should not be customized. It is currently used only in the Field schema of certain built-in and base type fields to denote lookups into the URLs (DocMd) table, which is joined on the UrlID column.
JoinRowOrdinalJoinRowOrdinal
オプションの Integer。コードから直接使用することは想定されていません。Optional Integer. Not intended to be used directly from your code.
JoinTypeJoinType
オプションの Text。フィールドに対して使用される JOIN の種類を指定します。INNERLEFT OUTERRIGHT OUTER のいずれかの値を使用できます。Optional Text. Specifies the type of JOIN used on the field. Possible values include INNER, LEFT OUTER, and RIGHT OUTER.
LCIDLCID
オプションの IntegerLCID 属性を使用して、通貨形式を使用する国/地域を指定します。たとえば、米国の場合は 1033 です。 Optional Integer. The LCID attribute can be used to specify the country/region whose currency format is being used, for example, 1033 for the United States.

ユーロ記号の形式には 2 つの特殊なケースがあります。LCID = -1 (0xFFFFFFF) である場合、ユーロ記号は数値のプレフィックスとして追加されます。LCID = -2 (0xFFFFFFE) である場合、ユーロ記号は数値のサフィックスとして追加されます。小数点以下の桁数は 2 ですが、これはフィールドの Decimals 属性によって無効にされます。ユーロ通貨記号は UCS-2 では 0x20AC です。Two special cases involve the euro symbol format. If LCID = -1 (0xFFFFFFF), the euro symbol is added as a prefix to the number. If LCID = -2 (0xFFFFFFE), the euro symbol is added as a suffix to the number. The number of decimal digits is 2, although this can be overridden by the Decimals attribute of the field. The euro currency symbol is equal to 0x20AC in UCS-2.
LinkToItemLinkToItem
オプションの BooleanOptional Boolean.
LinkToItemAllowedLinkToItemAllowed
オプションの TextOptional Text.
ListList
オプションの Text。リストの内部名を指定します。Optional Text. Specifies the internal name of a list.
ListItemMenuListItemMenu
オプションの BooleanOptional Boolean.
ListItemMenuAllowedListItemMenuAllowed
オプションの TextOptional Text.
必須Max
オプションの Number。フィールドで許容される最大値を指定します。Optional Number. Specifies the maximum value allowed for the field.
Maxlength プロパティMaxLength
オプションの Integer。フィールド値で許可されている、最大文字数を指定します。この値はクライアント側で検証され、編集フォームはこの値に合わせて調整されます。ユーザーが MaxLength で設定された文字数を超えて入力しようとすると、エラー メッセージが表示されます。Optional Integer. Specifies the maximum number of characters allowed in a field value. Edit forms are adjusted to enforce this value, which is validated on the client. If the user attempts to enter more than the number of characters set by MaxLength, an error message appears.
MinMin
オプションの Number。フィールドで許容される最小値を指定します。Optional Number. Specifies the minimum value allowed for the field.
MultMult
オプションの Boolean。数値を表示する前に乗算で使用される倍率。Optional Boolean. A scale factor used in multiplication before displaying a number.
名前Name
必須の Text。フィールドの名前。これはフィールドの内部名であり、フィールド定義が有効である間は変更されないことが保証されています。リスト内の一連のフィールドで一意である必要があります。この名前は、ユーザー定義のフィールド名に基づいて自動的に生成されます。Required Text. The name of a field. This is the internal name of a field and is guaranteed never to change for the lifetime of the field definition. It must be unique with respect to the set of fields in a list. The name is autogenerated based on the user-defined name for a field.
NegativeFormatNegativeFormat
オプションの Text。負の値を示す方法を指定します。以下のいずれかの値に設定できます。 Optional Text. Specifies how to indicate negative values. Can be set to one of the following values:
- MinusSignマイナス記号をプレフィックスとして使用します。- MinusSign Use minus sign as prefix.
- かっこを使用かっこで囲みます。- Parens Surround with parentheses.
NodeNode
オプションの Text。XML フォームで使用された場合、この属性は処理命令 (PI) リンクを除くすべてのフィールドで必須であり、昇格されるノードの XPath 式を指定します。 Optional Text. Used in XML forms, this attribute is required for all fields except processing instruction (PI) links, and it specifies the XPath expression for a node that is promoted.
NoEditFormBreakNoEditFormBreak
オプションの Boolean。アイテム作成フォームやアイテム編集フォームのフィールド間に改行が追加されないようにする場合は TRUE。リッチ テキスト フィールドなどの一部のフィールド型では既定で間隔が追加され、この属性によって余分な間隔を制御できます。Optional Boolean. TRUE to prevent a line break from being added between fields in the new item form or edit item form. Some field types, such as a rich-text field, provide spacing by default, and this attribute allows control over the extra spacing that results.
NumLinesNumLines
オプションの Integer。編集中に TEXTAREA ブロックに行数を表示することを推奨します。これはクライアント UI のヒントであり、編集できるテキストの行数に制限は適用されません。Optional Integer. Recommends the number of lines (rows) to display in a TEXTAREA block during editing. This is merely a client UI hint—there is no enforced limitation on the number of lines of text that can be edited.
PercentagePercentage
オプションの Boolean。値をパーセント値として表示する場合、つまり数値を 100 倍してパーセント記号 (%) を追加して表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the value is displayed as a percentage; that is, a number multiplied by 100 with a percent sign (%) appended.
PIAttributePIAttribute
オプションの TextPITarget 属性で指定されたドキュメント処理命令で列の値として使用する属性を指定します。XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。Optional Text. Specifies the attribute in the document processing instruction (specified by the PITarget attribute) to use as the column value. Used for property promotion and demotion in XML documents. If you specify the PIAttribute attribute, you must also specify the PITarget attribute.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.
PITargetPITarget
オプションの Text。列の値をこのコンテンツ タイプのドキュメントに格納するドキュメント処理命令を指定します。XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。PIAttribute 属性を指定する場合、PITarget 属性も指定する必要があります。Optional Text. Specifies the document processing instruction in which the column value is stored in documents of this content type. Used for property promotion and demotion in XML documents. If you specify the PIAttribute attribute, you must also specify the PITarget attribute.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.
PrependIdPrependId
オプションの Boolean。[案件管理] リストで使用されます。関連する案件アイテムのコレクション ID をアイテムの編集フォームと新規作成フォームに表示する場合は TRUEOptional Boolean. Used in Issue Tracking lists, TRUE to display the collection IDs of related issue items in Edit and New item forms.
プレゼンスPresence
オプションの Boolean。フィールドのユーザー情報が存在する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if user information is present for the field.
主キーPrimaryKey
オプションの Boolean。フィールドがリストと別のリストとのリレーションシップの主キーである場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field is the primary key in the relationship between the list and another list.
PrimaryPIAttributePrimaryPIAttribute
オプションの TextOptional Text. XML ドキュメントでのプロパティの昇格および降格のために使用されます。Used for property promotion and demotion in XML documents. 処理命令、 PrimaryPITargetで指定された列の値として使用するドキュメント内の代替属性を指定します。Specifies an alternate attribute in the document processing instruction, specified by the PrimaryPITarget, to use as the column value. PrimaryPIAttribute属性を指定する場合、 PrimaryPITarget属性を指定する必要もあります。If you specify the PrimaryPIAttribute attribute, you must also specify the PrimaryPITarget attribute. 指定されている場合、SharePoint Foundation は、 PITarget属性とPIAttribute属性で指定されている前にこれらの値を使用します。If specified, SharePoint Foundation uses these values before those specified in the PITarget and PIAttribute attributes.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.
PrimaryPITargetPrimaryPITarget
オプションの TextOptional Text. このコンテンツ タイプのドキュメントの列の値を格納する命令を処理する別のドキュメントを指定します。Specifies an alternative document processing instruction in which the column value is stored for documents of this content type. PrimaryPIAttribute属性を指定する場合、 PrimaryPITarget属性を指定する必要もあります。If you specify the PrimaryPIAttribute attribute, you must also specify the PrimaryPITarget attribute. 指定されている場合、SharePoint Foundation は、 PITarget属性とPIAttribute属性で指定されている前にこれらの値を使用します。If specified, SharePoint Foundation uses these values before those specified in the PITarget and PIAttribute attributes.

NodeNodePIAttributePIAttributePITargetPITargetPrimary PIAttributePrimary PIAttributePrimaryPITargetPrimaryPITargetコンテンツ タイプを使用して XML ドキュメントのプロパティを指定するUsing Content Types to Specify XML Document PropertiesFor more information about how the Node, PIAttribute, PITarget, Primary PIAttribute, and PrimaryPITarget attributes are used for property promotion and demotion in XML documents, see Using Content Types to Specify XML Document Properties.
ReadOnlyReadOnly
オプションの BooleanOptional Boolean. True の場合フィールドに新規または編集フォームが表示されないビューに含めることができます。If TRUE, the field is not displayed in New or Edit forms but can be included in views. さらに、 ReadOnlyTRUEに設定するには、サイト内の列とコンテンツ タイプを管理するためのサイトの設定ページのフィールドで非表示になります。In addition, setting ReadOnly to TRUE hides the field from Site Settings pages for managing site columns and content types. 非表示を設定する属性をTRUEに完全にフィールドは表示されません、UI からです。Setting the Hidden attribute to TRUE completely hides the field from the UI. 場合はこの属性が含まれていない場合、SharePoint Foundation は、この属性がFalseに設定されている場合と列を処理します。If you do not include this attribute, SharePoint Foundation treats the column as if this attribute is set to False.
ReadOnlyEnforcedReadOnlyEnforced
オプションの Boolean。ユーザーはフィールドの値を一切変更できず、システムだけが値を変更できることを指定する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to specify that the user cannot change the field by any means and that it can only be changed by the system.
RelationshipDeleteBehaviorRelationshipDeleteBehavior
オプションの TextOptional Text. フィールドの削除の動作を指定します。Specifies the delete behavior of the field. 連鎖制限し、 [なし] は、使用可能な値が含まれます。Possible values include Cascade, Restrict and None.
RenderXMLUsingPatternRenderXMLUsingPattern
オプションの BooleanOptional Boolean. 計算フィールドを使用すると、表示形式を決定します。Used for computed fields to determine the display format. かどうかTRUE値は、レンダリング計算フィールドの基となる最初のメジャーのフィールド参照の列の値ではなく、計算フィールドの表示パターンに基づいて。If TRUE, values are rendered based on the display pattern of the computed field, rather than on the column value of the first noncomputed field reference upon which the computed field is based. たとえば、画像ライブラリの場合は、画像のサイズの列として表されます_幅_x_高さ_、 TRUEフィールドの最初の参照、、のみにこの属性が設定されていない場合が表示されますが。For example, in a picture library, the Picture Size column is represented by width x height, but if this attribute is not set to TRUE, only the first field reference, width, is displayed. 場合はTRUE幅_の形式に設定されている x_の高さ_が表示されます。If it is set to TRUE, the format of _width x height is displayed.
RequiredRequired
オプションの BooleanOptional Boolean. かどうかは TRUEフィールドは空の値が割り当てられます。If TRUE, the field must not have an empty value assigned to it. フォームのフィールドが空でない値が指定されていない場合は、投稿、標準の必須フィールドのテキストまたは、明示的に指定したメッセージのいずれか (つまり、経由でタグ) フォームでエラーが表示されます。If a nonempty field value is not given in a form post, either the standard required-field text or an explicitly specified message (that is, via tags) is displayed in the error form. この検証は、(データベース常にでは、 NULLのすべてのユーザー定義フィールド) のクライアントでのみ処理されます。This validation is handled only by the client (the database always allows NULL for all user-defined fields).
RestrictedModeRestrictedMode
オプションの BooleanNote フィールドで拡張リッチ テキスト形式 (画像、表、ハイパーリンクなど) を使用できないようにし、書式設定されたテキストをこのフィールドに貼り付けることもできないようにする場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to not allow the Note field to contain enhanced rich text formatting, such as pictures, tables, or hyperlinks, nor to allow pasting formatted text into the field.
ResultTypeResultType
オプションの Text。フィールドから返される値のデータ型を指定します。Optional Text. Specifies the data type of values that are returned from the field.
RichTextRichText
オプションの Boolean。フィールドがリッチ テキスト書式を表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if the field displays rich text formatting.
RowOrdinalRowOrdinal
オプションの Integer。フィールドにデータベースの場所を指定します。Optional Integer. Specifies the database location for the field.
シールSealed
オプションの BooleanSchema.xml ファイルで、リストのフィールドについてこの属性を TRUE に設定すると、Change Column ページでフィールドが移動できないフィールドとしてマークされます。Optional Boolean. Setting this attribute to TRUE for a field in the Schema.xml file for a list marks the field as irremovable in the Change Column page.
SeparateLineSeparateLine
オプションの Boolean。個別の行でのフィールドのレンダリング (たとえば、Notes または Comment) をサポートするために内部で使用されます。この属性は、一般的に使用することを目的としていません。Optional Boolean. Used internally to support rendering a field (for example, Notes or Comment) in a separate line. This attribute is not intended for public use.
SetAsSetAs
コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
ShowAddressBookButtonShowAddressBookButton
コードから直接使用することは想定されていません。Not intended to be used directly from your code.
ShowAlwaysShowAlways
オプションの BooleanOptional Boolean.
ShowFieldShowField
オプション。ShowField 属性は、表示するフィールド名に設定できます。既定では、外部リストに含まれるレコードの Title フィールドのハイパーリンク テキストが表示されます。ただし、ShowField 属性を使用してこの動作を無効にし、外部リストの別のフィールドを表示できます。ShowField 属性のターゲットとして使用できるデータ型は、TextChoice、および Counter です。Lookup フィールドの場合、このパラメータをフィールドの内部名に設定する必要があります。表示名に設定すると、エラーは発生しませんがフィールドが破損します。Optional. The ShowField attribute can be set to the field name to be displayed. By default, a hyperlinked text from the Title field of the record in the external list is displayed. But the ShowField attribute can be used to override that and display another field from the external list. The following data types are allowed as targets of a ShowField attribute: Text, Choice, and Counter. For a Lookup field, this parameter must be set to the internal field name; setting it to the display name does not raise an error, but breaks the field.
ShowInDisplayFormShowInDisplayForm
オプションの Boolean。フォームにアイテムを表示するためのフィールドを表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to display the field in the form for viewing the item.
ShowInEditFormShowInEditForm
オプションの Boolean。フォームにアイテムを編集するためのフィールドを表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to display the field in the form for editing the item.
ShowInFileDlgShowInFileDlg
オプションの Boolean。この属性は、ドキュメント ライブラリ スキーマ内のフィールドについてのみ有効です。FALSE の場合、クライアント アプリケーションから保存するときに表示されるフォームを保存するためのプロパティ ダイアログ ボックスに、このフィールドは表示されません。たとえば、Title フィールドは、ドキュメント ライブラリに保存されるドキュメント内で直接設定されるので、この属性があります。Optional Boolean. This attribute is valid only for fields within document library schemas. If FALSE, the field does not show up in the property dialog box for saving forms that appears when saving from client applications. For example, the Title field has this attribute because this is set directly in the document being saved to the document library.
ShowInListSettingsShowInListSettings
オプションの Boolean。リストの設定をカスタマイズするためのページに列を表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to display the column on the page for customizing list settings.
ShowInNewFormShowInNewForm
オプションの BooleanFALSE の場合、表示モードが New に設定されているときは、フィールドが Fields 列挙に表示されません。この設定のフィールドは、リストの既定の [新しいアイテム] ページに表示されません。この属性は、特に、ドキュメントをドキュメント ライブラリにアップロードするためのページでフィールドを非表示にするために使用されます。Optional Boolean. If FALSE, the field does not show up in a Fields enumeration when the display mode is set to New. Fields with this setting do not show up in the default New Item page for a given list. In particular, this is used to hide fields on the page for uploading documents to the document library.
ShowInVersionHistoryShowInVersionHistory
オプションの Boolean。リスト アイテムのバージョンを表示するためのページに列を表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to display the column on the page for viewing list item versions.
ShowInViewFormsShowInViewForms
オプションの Boolean。リスト データの表示に使用されるページにフィールドを表示することを指定する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to specify that the field is displayed in pages that are used to view list data.
並べ替え可能Sortable
オプションの Boolean。フィールドの値を並べ替えることができる場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if values in the field can be sorted.
SourceIDSourceID
オプションの TextOptional Text. 次のように、フィールドを定義する名前空間が含まれていますhttp://schemas.microsoft.com/sharepoint/v3、またはユーザー設定フィールドが作成されたリストの GUID です。Contains the namespace that defines the field, such as http://schemas.microsoft.com/sharepoint/v3, or the GUID of the list in which the custom field was created.
StaticNameStaticName
オプションの Text。フィールドの内部名を格納します。Optional Text. Contains the internal name of the field.
StorageTZStorageTZ
日時の値を格納する方法を指定します。StorageTZUTC に設定されている場合、日時の値は協定世界時 (UTC) として処理されます。日時の値が "抽象的な" 時刻を参照することを示すには、StorageTZ 属性を省略します。抽象的な時刻とは、日時の値がユーザーが入力したとおりにデータベースに格納され、ローカル タイム ゾーンが変換または格納されないことを意味します。Specifies how date/time values are stored. When StorageTZ is set to UTC, the date/time is handled as Coordinated Universal Time (UTC). To denote that a date/time value refers to "abstract" time, meaning that the date/time is stored in the database as entered by the user without conversion or storage of the local time zone, omit the StorageTZ attribute.
StripWSStripWS
オプションの Boolean。フィールド値の先頭または末尾から空白が削除される場合は TRUEOptional Boolean. TRUE if white space is removed from the beginning and end of field values.
SuppressNameDisplaySuppressNameDisplay
オプションの BooleanUser フィールドにユーザーの名前を表示する場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to not display the name of the user in a User field.
TextOnlyTextOnly
オプションの BooleanTRUE の場合、フィールドには Text 値のみを格納できます。Optional Boolean. If TRUE, the field can contain only Text values.
タイトルTitle
オプションの Text。ユーザー インターフェイスに表示されるフィールドのタイトルを格納します。Optional Text. Contains the title of the field that is displayed in the user interface.
Type
必須の Text。フィールドのデータ型 (Field 要素が ProjectedFields の子ではない場合)。 Required Text. The data type of the field (unless the Field element is a child of ProjectedFields).

: Microsoft SharePoint Foundation 2010、 Type属性のテクノロジでのプレビュー リリースでは別の意味と 1 つだけ使用可能な値 (「参照」) ProjectedFieldsの子であることとします。NOTE: In the Technology Preview release of Microsoft SharePoint Foundation 2010, the Type attribute has a different meaning and only one possible value ("Lookup") when it is a child of ProjectedFields. の使用の詳細については、 ProjectedFields 要素 (ビュー)を参照してください。For more information about this use of Type, see ProjectedFields Element (View).

SharePoint Foundation には、既定で次のデータ型が含まれています。SharePoint Foundation includes the following data types by default:

- AllDayEvent終日のイベントを指定します。- AllDayEvent Specifies an all day event. ビットの SQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.

- 添付ファイル添付ファイルの Url を格納します。- Attachments Stores the URLs for attachments. ビットの SQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.

- ブール値****TRUEを格納する/ (0 または 1 で、データベースに格納されている)場合は FALSEの値です。- Boolean Used to store a TRUE/ FALSE value (stored in the database as 0 or 1). このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. ビットの SQL データ型に対応し、 SPFieldBooleanクラスによって表されます。Corresponds to the bit SQL data type and is represented by the SPFieldBoolean class.

- 計算他の列に基づいて、値が計算フィールドを指定します。- Calculated Specifies a field whose value is calculated based on other columns. Sql_variant 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldCalculatedクラスによって表されます。Corresponds to the sql_variant SQL data type and is represented by the SPFieldCalculated class.

- 選択事前に定義された一連のフィールドにデータを入力するために使用する値を指定することができます。- Choice Allows the user to specify a predetermined set of values that can be used to enter data into the field. 選択検索の種類は、並べ替えとグループ化の最も重要なフィールドです。The Choice and Lookup types are the most important fields for sorting and grouping. BaseType形式の属性は、選択フィールドの使用できます。The BaseType and Format attributes can be used for choice fields. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. 選択オプションの値が指定された場合、その値は、フィールドの選択を送信された値として使用されます。When a value is given for a choice option, that value is used as the submitted value for the field selection. 値を指定しないと、選択したが、任意のテキスト値として送信されます。When no value is given, that choice is submitted as the text value of the choice. いずれの場合も、任意のテキスト値は、(ドロップダウン リストやラジオ ボタンのテキスト) の UI に表示されています。In all cases, the text value of the choice is what is displayed in the UI (drop-down list or radio button text). 編集 UI での選択肢が表示される順序は、常に選択肢の要素内の項目が指定されている順序です。The order in which choices appear in the editing UI is always the order that items are specified within the CHOICES element. 複数選択の種類を使用すると、チェック ボックスを実装し、ユーザーが複数の値を選択できるようにする選択肢フィールドを指定します。Use the MultiChoice type to specify a Choice field that implements check boxes and allows the user to select multiple values. Nvarcharの SQL データ型に対応し、 SPFieldChoiceクラスとして表されます。Corresponds to the nvarchar SQL data type and is represented by the SPFieldChoice class.

- 計算その内容を別のフィールドに依存するフィールドを指定します。- Computed Specifies a field that depends on another field for its contents. たとえば、 LinkTitleNoMenuフィールドは、ハイパーリンクが設定されたタイトル フィールドの値に関連する金額します。For example, a LinkTitleNoMenu field amounts to surrounding a Title field value with a hyperlink. SPFieldComputedクラスによって表されます。Represented by the SPFieldComputed class.

- ContentTypeIdコンテンツ タイプ ID を含む- ContentTypeId Contains a content type ID. コンテンツ タイプ Id の形式については、コンテンツ タイプの Idを参照してください。For information about the format of content type IDs, see Content Type IDs. Varbinary 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the varbinary SQL data type.

- カウンター通常、内部 ID フィールドにのみ使用されます。- Counter Generally used only for the internal ID field. その整数値は、現在のリスト内の他のすべての項目に対して一意にするのには自動的に設定されます。Its integer value is set automatically to be unique with respect to every other item in the current list. カウンタータイプは読み取り専用で、常にし、フォームの post 要求を介して設定することはできません。The Counter type is always read-only and cannot be set through a form post. このフィールドが並べ替え可能な調べたりしません。This field is sortable but not groupable. Int 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.

- CrossProjectLinkSharePoint リスト内のイベントを会議ワークスペース サイトに接続するためアイテムに会議ワークスペース サイトを作成する新規作成] と [アイテムの編集フォームで使用する] チェック ボックスのフィールドの種類を具体的に参照します。- CrossProjectLink Used to connect an event in a SharePoint list with a Meeting Workspace site; refers specifically to the field type of the check box used in New and Edit Item forms to create a Meeting Workspace site for the item. ビットの SQL データ型に対応し、 SPFieldCrossProjectLinkクラスによって表されます。Corresponds to the bit SQL data type and is represented by the SPFieldCrossProjectLink class.

- 通貨通貨の値を入力することができます。- Currency Allows for a currency value to be entered. 各通貨フィールドは、特定のロケールの通貨につながっています。Each currency field is tied to a specific locale's currency. その他のすべての点では、数値フィールドの型と同様に扱われます。In all other respects, it is treated like the Number field type. LCID属性を使用して、特定のロケールの通貨を指定します。Use the LCID attribute to indicate a currency of a specific locale. 通貨型の小数点以下の桁数Maxプロパティとmin プロパティの属性を使用できます。The Decimals, Max, and Min attributes can be used for currency types. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. 浮動小数点数の SQL データ型に対応し、 SPFieldCurrencyクラスによって表されます。Corresponds to the float SQL data type and is represented by the SPFieldCurrency class.

- 日付時刻ストレージの完全修飾の日付または時刻のことができます。- DateTime Allows for storage of a fully qualified date or time of day. フォーマット属性を使用して、日付の書式を指定して決定するStorageTZ属性を使用してどのように日付と時刻の値が格納されています。Use the Format attribute to specify date formatting, and use the StorageTZ attribute to determine how date/time values are stored. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. 表示モードでは、日付の書式設定の順序は地域の設定 (「M/D と Y」または「D/M/Y」) から派生しています。For Display mode, the order of date formatting derives from the regional settings ("M/D/Y" or "D/M/Y"). 編集モード (または要素の既定値の新しいモード)、日付/時刻の共通形式でレンダリングされます: M/D と Y hh:mm 午前/午後。In Edit mode (or in New mode for Default element value), date/times are rendered in universal format: M/D/Y hh:mm am/pm. 日付時刻の SQL データ型に対応し、 SPFieldDateTimeクラスによって表されます。Corresponds to the datetime SQL data type and is represented by the SPFieldDateTime class.

- ファイルファイルが含まれています。- File Contains a file. 一意識別子の SQL データ型に対応します。Corresponds to the uniqueidentifier SQL data type.

- GridChoiceアンケートの評価の基準が含まれています。- GridChoice Contains a rating scale for surveys. Ntext 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldRatingScaleクラスによって表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and is represented by the SPFieldRatingScale class.

- Guidグローバル一意識別子 (Guid) を使用します。- Guid Allows for globally unique identifiers (GUIDs). 一意識別子の SQL データ型に対応します。Corresponds to the uniqueidentifier SQL data type.

- 整数正または負の整数値を使用します。- Integer Allows for positive or negative integer values. コンマNegativeFormat属性を使用すると、整数値の書式を指定します。The Commas and NegativeFormat attributes are used to specify integer formatting. Int 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.

- 参照ハード コーディングされた値の選択をしているのではなく、同様非常に選択肢のフィールドに別のリストから使用可能なオプションが付属する点が異なります。- Lookup Behaves very similarly to a Choice field, except that the available options come from another list rather than being a hard-coded selection of values. ルックアップ フィールドのリストおよびShowField属性を使用できます。The List and ShowField attributes can be used for Lookup fields. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. 並べ替えとグループ化、リストに格納されている外部キーではなくDisplayFieldの値 (既定では、タイトル) を使用します。For sorting and grouping, use the DisplayField value (Title, by default) rather than the foreign key stored in the list. Int 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldLookupクラスとして表されます。Corresponds to the int SQL data type and is represented by the SPFieldLookup class.

- LookupMulti****ルックアップフィールドを 1 つ以上の値を含めることができます。- LookupMulti A Lookup field that can contain more than one value. 親の種類:検索します。Parent type: Lookup.

- ModStatコンテンツの承認状態が含まれています。- ModStat Contains content approval status. 使用可能な値には、承認済み(既定)、拒否、および保留中(データベースに格納、0、1、2 とそれぞれ) が含まれます。Possible values include Approved (default), Rejected, and Pending (stored in the database as 0, 1, or 2, respectively). Int 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the int SQL data type.

- 複数選択チェック ボックスを実装し、ユーザーが複数の値を選択できるようにする選択肢フィールドを指定します。- MultiChoice Specifies a Choice field that implements check boxes and allows the user to select multiple values. Ntext 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldMultiChoiceクラスによって表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and is represented by the SPFieldMultiChoice class.

- 複数列複数の値を含むフィールドを使用しているメモのフィールドです。- MultiColumn A Note field that emulates a field containing multiple values. 複数列のフィールドの型の使用例は、カスタム フィールド型の定義を参照してください。For an example of a multicolumn field type, see Custom Field Type Definition. 複数列のフィールドの詳細については、ユーザー設定の複数列フィールド クラスを参照してください。For information about multicolumn fields, see Custom Multicolumn Field Classes. 親の型:メモします。Parent type: Note.

- メモ複数行のテキストを入力することができます。- Note Allows users to enter multiple lines of text. このフィールドは、並べ替えまたは調べたりすることはありません。This field is not sortable or groupable. すべてのテキストは、HTML マークアップを含まない ASCII 文字で直線に定義されています。All text is defined to be straight ASCII characters without HTML markup. HTML マークアップ、または URL のように見えるものは単に引用符で囲まれた (たとえば、しません) 直線のテキストのように。Anything that looks like HTML markup or a URL is simply quoted (for example, Server.HTMLEncode) to look like straight text. この形式を編集用のコントロールは、単純なテキスト領域ブロックです。The control for editing this format is a simple TEXTAREA block. NumLines属性を使用して、表示する行の数を指定します。Use the NumLines attribute to specify the number of lines to display. Ntext 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldMultiLineTextクラスによって表されます。Corresponds to the ntext SQL data type and is represented by the SPFieldMultiLineText class.

- 番号浮動小数点数を入力することです。- Number Allows for a floating point number to be entered. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. 入力した数値は、小数点および桁区切り記号の現在のロケール設定に従って解析されます。Numbers entered are parsed according to the current locale settings for decimal points and thousand separators. かっこでそれらをラップすることによって、またはマイナス記号を使用して、負の数を示すことができます。Negative numbers can be indicated by wrapping them in parentheses or by using a negative symbol. 番号の書式設定を指定する番号の属性と連携して次の属性を使用できます:小数点以下の桁数DivMaxMinMult、および割合です。The following attributes can be used in conjunction with the Number attribute to specify number formatting: Decimals, Div, Max, Min, Mult, and Percentage. 浮動小数点数の SQL データ型に対応し、 SPFieldNumberクラスとして表されます。Corresponds to the float SQL data type and is represented by the SPFieldNumber class.

- PageSeparatorアンケート リストに改ページを挿入します。- PageSeparator Inserts a page break in a survey list. SPFieldPageSeparatorクラスによって表されます。Represented by the SPFieldPageSeparator class.

- 定期的なアイテム編集し、[イベント] ボックスの一覧で項目の定期的なパターンを定義するために使用します。- Recurrence Used to edit and define the recurrence pattern for an item in an events list. ビットの SQL データ型に対応します。Corresponds to the bit SQL data type.

- テキストエディット ボックスに入力されたテキストの 1 行です。- Text A single line of text entered in an edit box. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. MaxLength属性を使用して、使用できる文字の最大数を設定します。Use the MaxLength attribute to set a maximum number of characters allowed. Nvarcharの SQL データ型に対応し、 SPFieldTextクラスとして表されます。Corresponds to the nvarchar SQL data type and is represented by the SPFieldText class.

- ThreadIndex会話スレッド内のメッセージの相対位置を示す ID が含まれています。- ThreadIndex Contains the ID that indicates the relative position of a message within a conversation thread. Varbinary 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the varbinary SQL data type.

- スレッド****スレッド ・ フィールドの型は、作成し、スレッド化されたディスカッションのようなビューの表示に使用されます。- Threading The Threading field type is used in the creation and display of threaded discussion-like views. 任意のリストは、スレッド列を含めることができますが、使用されている場合、特殊な UI が生成されます。Any list can contain a threading column, but a special UI is generated when it is used. (表示されていることはありませんフォームで標準の編集可能なフィールドとしても、ビュー内の通常の列とします。スレッドのフィールドで並べ替えを実行すると、先行順走査の親子関係でのすべてのレコードが返されます。(It is never displayed as a standard editable field in a form nor as a normal column in a view.) If a sort is performed on a threading field, a pre-order traversal of all the records in a parent-child relationship is returned. これは、作成日と特定のレコードのすべての親レコードの ID 番号を連結したものを保存することによって行います。This is accomplished by saving the concatenation of the creation date and ID number of all the parent records of a particular record. Varchar 型の SQL データ型に対応します。Corresponds to the varchar SQL data type.

- URL自由形式のハイパーリンクを作成するために使用します。- URL Used to create a freeform hyperlink. として、[URL] フィールドが表示されます<A HREF="URL">Description</A>A URL field is displayed as <A HREF="URL">Description</A>. として表示される場合は、説明を指定しないと、 <A HREF="URL">URL</A>If no description is given, it is displayed as <A HREF="URL">URL</A>. URL テキストは、サーバー上の SharePoint データベースのすべての Url が格納されている Url (DocMd) テーブルに格納されています。The URL text is itself stored in the URLs (DocMd) table, which stores all the URLs in SharePoint databases on the server. これが実行できるように、すべての Url はサーバー上でローカルによって更新できますリンク修正、目的地に移動するとします。This is done so that any URLs that are local on the server can be updated through link fixup when their destination moves. それに含まれる URL のフィールドを持つレコードが削除されると、URL のテーブルから参照されている対応するレコードも削除されます。When a record with a URL field contained within it is deleted, the corresponding referenced record from the URL table is also deleted. このフィールドは、並べ替え可能な調べたりします。This field is sortable and groupable. (URL の内容ではなく、テキストによる説明に従って並べ替えが定義されている空白と同じ並べ替え、説明が指定されていない場合)。タイプURLの場合は、リンクの種類を指定するリンク型の属性を使用できます。(The sort is defined according to the textual description rather than the contents of the URL; if no description is given, it sorts the same as blank.) When Type is URL, the LinkType attribute can be used to specify the type of link. Nvarcharの SQL データ型に対応し、 SPFieldUrlクラスとして表されます。Corresponds to the nvarchar SQL data type and is represented by the SPFieldUrl class.

- ユーザーユーザー情報のデータベースのテーブルを参照するルックアップフィールドです。- User A Lookup field that references the UserInfo database table. Int 型の SQL データ型に対応し、 SPFieldUserクラスとして表されます。Corresponds to the int SQL data type and is represented by the SPFieldUser class.

- UserMulti****ユーザーのフィールドで、複数の値を含めることができます。- UserMulti A User field that can contain more than one value. 親のタイプ: LookupMultiParent type: LookupMulti.

- WorkflowEventTypeSPWorkflowHistoryEventType列挙体で表されるとは、ワークフロー イベントの種類を指定します。- WorkflowEventType Specifies a workflow event type as is represented by the SPWorkflowHistoryEventType enumeration. 親の型:整数Parent type: Integer.

- WorkflowStatusSPWorkflowStatus列挙体で表される、ワークフローの状態を指定します。- WorkflowStatus Specifies workflow status as represented by the SPWorkflowStatus enumeration. Nvarcharの SQL データ型に対応します。Corresponds to the nvarchar SQL data type.
UniqueIdUniqueId
オプションの Text。コードから直接使用することは想定されていません。Optional Text. Not intended to be used directly from your code.
UnlimitedLengthInDocumentLibraryUnlimitedLengthInDocumentLibrary
オプションの Boolean。ドキュメント ライブラリ内でフィールド長を無制限にする場合は TRUEOptional Boolean. TRUE to allow unlimited field length in document libraries.
URLEncodeURLEncode
オプションの BooleanOptional Boolean. True を指定する特殊文字、スペース、引用符で囲まれた UTF-8 形式に変換、%c3%abの文字をëTRUE to convert special characters, such as spaces, to quoted UTF-8 format, for example, %c3%ab for character ë.
URLEncodeAsURLURLEncodeAsURL
オプションの BooleanOptional Boolean. URLEncode、ですが、 TRUEを指定する文字列をエンコードする URL のパス コンポーネント スラッシュを転送するためのように (/) はエンコードされません。Like URLEncode, but TRUE to specify that the string to encode is a path component of a URL so that forward slashes (/) are not encoded.
UserSelectionModeUserSelectionMode
オプションの Text。アイテム フォームのユーザー フィールドで、各ユーザーの名前だけを選択できるようにするか、各ユーザーとグループの両方の名前を選択できるようにするかを指定します。以下のいずれかの値を使用できます。Optional Text. Specifies whether only the names of individual users can be selected in a user field on an item form, or whether the names of both individuals and groups can be selected. The following values are possible:
0 - 各ユーザーの名前だけを選択できます。0 - Only the names of individuals can be selected.
1 - 各ユーザーとグループの両方の名前を選択できます。1 - The names of both individuals and groups can be selected.
UserSelectionScopeUserSelectionScope
オプションの Integer。アイテム フォームのユーザー フィールドでユーザー名を選択する際の範囲を指定します。値が 0 の場合、SharePoint グループに対する制限はありません。値が 0 以上の場合、ユーザーの選択は、指定した値と同じ ID を持つ SharePoint グループのメンバーに制限されます。Optional Integer. Specifies a scope for selecting user names in a user field on an item form. If the value is 0, there is no restriction to a SharePoint group. If the value is greater than 0, user selection is restricted to members of the SharePoint group whose ID equals the value that is specified.
VersionVersion
オプションの TextOptional Text.
表示可能Viewable
オプションの Boolean。既定のビューにフィールドを追加することを指定する場合は TRUE。既定値は TRUE です。Optional Boolean. TRUE to specify that the field is added to the default view. The default value is TRUE.
WebIdWebId
オプションの TextOptional Text.
WidthWidth
オプションの Integer。ユーザー情報リストのユーザー用に表示される画像の幅をピクセル単位で指定します。Optional Integer. Specifies the width in pixels of the images that are displayed for users in the User Information list.
WikiLinkingWikiLinking
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEを指定する、二重の角かっこの形式で表示される wiki リンク ([[…]]) を使用して、HTML リンクに変換になる、<A>タグです。TRUE to specify that wiki links, which appear in the form of double brackets ([[…]]), become translated into HTML links, which use the <A> tag.
XNameXName
オプションの Text。追加、削除、または変更されたフィールドを識別するために XML フォーム内部で使用されます。この属性は、一般的に使用することを目的としていません。Optional Text. Used internally in XML forms to identify fields that have been added, deleted, or modified. This attribute is not intended for public use.

子要素Child elements

親要素Parent elements

出現回数Occurrences

  • 最小 : 0Minimum: 0
  • 最大値: 非バインド時フィールドは、親です。Maximum: Unbounded when the parent is Fields. 親がProjectedFieldsの場合は、最大値は、クエリは、対象となる主なボックスの一覧で許可されているフィールドの最大数と、リスト内の既存のフィールドの数の違いです。When the parent is ProjectedFields, the maximum is the difference between the maximum number of allowed fields in the primary list that is being queried and the number of fields already in the list.

備考Remarks

既定の SharePoint Foundation のフィールド型に基づくリスト定義のカスタム フィールド定義を作成するには、 Schema.xmlファイル内でフィールド (リスト - 定義) 要素を使用します。To create a custom field definition for a list definition that is based on a default SharePoint Foundation field type, use the Field (List - Definition) element within a Schema.xml file.

既定のフィールド型に基づくし、web サイトおよびサイト コレクション内のリスト全体を再利用できるプラグ可能な機能として、ユーザー設定フィールド定義を作成するには、カスタムサイト内の列を定義するのにフィールド (フィールド)の要素を使用します。To create a custom field definition as a pluggable Feature that is based on a default field type and that can be reused across websites and lists within a site collection, use the Field (Field) element to define a custom site column.

特別なデータの入力規則とフィールド レンダリングのカスタム クラスを実装するカスタム フィールド タイプを作成するには、フィールド (フィールドの種類)の要素を使用します。To create a custom field type that implements a custom class for special data validation and field rendering, use the Field (Field Types) element.

フィールドは、ビューの定義および計算フィールドのレンダリング要素内の式から参照できます。Fields can be referenced from View definitions as well as from expressions in computed field rendering elements. (ビュー) のフィールド要素を使用して、ビュー内で表示するための書式付きフィールド値を返すし、 (ビュー) の列の要素を使用して、フィールドの生データ値を返します。Use the Field (View) element to return a formatted field value for display within a view, and use the Column (View) element to return the raw data value of the field.

フィールドを参照するための構文は次のとおりです。The syntax for referencing a field is as follows:

<Field Name="FieldName"/>

既定では、フィールドは、前のテーブルで指定されているフィールド定義の既定の属性を使用してレンダリングされます。すべてのフィールド属性は、CAML の FieldRef 属性のマークアップで無効にすることができます。この属性は、フィールド自体に指定されている定義を無効にします。フィールドの Type 属性は変更できません。By default, the field is rendered with the default attributes for that field definition as specified in the previous table. Any of the field attributes can be overridden in the CAML markup of the FieldRef attribute, which overrides the definition given for the field itself. (The Type attribute for a field cannot be changed.)

フィールドのユーザー定義の表示名を表示するには、使用することができます<Property Select="DisplayName"/>To display the user-defined display name of a field, you can use <Property Select="DisplayName"/>.

フィールド要素の列挙型のName属性を省略できます。Within a Fields element enumeration, the Name attribute can be omitted. 使用していくつかのフィールド参照では、フィールドに格納されている生のデータにアクセスできます<Column/>For some field references, the raw data stored for the field can be accessed by using <Column/>.

フォームとオーサリングの UI の特定の側面からのフィールドの一部のプロパティをプロパティ要素を使用など、表示できる<Property Select="Description"/>または<Property Select="Type"/>Some properties of fields from forms and from certain aspects of the authoring UI can be rendered through the Property element, for example, <Property Select="Description"/> or <Property Select="Type"/>. これらの要素は、単に名前で、フィールド属性または子要素 (プロパティ) の値を取得します。These elements simply retrieve the value of any field attribute or child element (Property) by name.

前に示した型に加えて、Field 要素と共に以下の定義済みフィールドが使用されます。In addition to the preceding types, the following predefined fields are used with the Field element.


名前Name 説明Description
CreatedCreated
アイテムが作成された時刻 (UTC) を示す DateTime 値を格納するフィールド。A field that contains a DateTime value specifying the time that the item was created (in UTC).
CreatedByCreatedBy
UserInfo テーブルを参照し、アイテムを作成したユーザーを示す Lookup 値を格納するフィールド。A field that contains a Lookup value that refers to the UserInfo table and indicates the user who created the item.
EditEdit
アイテムを編集するためのフォームへのハイパーリンクを格納する計算フィールド (追加のスキーマなし)。このフィールドは、アイテムを編集するためのページと、アイテムを識別するための ID フィールドを参照します。A Computed field (with no additional schema) that contains a hyperlink to the form for editing an item. This field references the page for editing the item and the ID field to identify it.
IDID
各リスト内の各アイテムに関連付けられた Counter フィールド型。この ID は、編集時に URL や POST フォーム内のリスト アイテムを一意に識別します。Cmd=Save コマンドで ID 属性の値として New を指定すると、現在のアイテムを編集するのではなく、アイテムが作成されます。A Counter field type that is associated with every item in every list. The ID uniquely identifies the list item in URLs and in POST forms when editing. Specifying New as the value of the ID attribute in the Cmd=Save command creates an item rather than edits a current item.
変更済みModified
アイテムが最後に変更された時刻 (UTC) を示す DateTime 値を格納するフィールド。Modified の値は、一種の Version フィールドとしても使用されます。アイテムの最終変更日は、既存のアイテムを編集するときに常にポストされます。この日付が現在の変更日と一致しない場合、サーバーは編集に失敗し、ユーザーにエラーを返します。このとき、サーバー上の現在の日付へのリンクが新しいウィンドウに表示されるので、ポストされた値を古いフォームから新しいフォームにコピーできます。A field that contains a DateTime value specifying the time that the item was last modified (in UTC). The Modified time is used as a sort of Version field as well. The last modification date of an item is always posted when an existing item is being edited. If it does not match the current modification date, the server fails the edit and returns an error to the user, providing a link to the current data on the server (which opens in a new window), so that posted values can be copied from the old form into the new one.
こうしたModifiedBy
UserInfo テーブルを参照し、アイテムを最後に変更したユーザーを示す Lookup 値を格納するフィールド。A field that contains a Lookup value to the UserInfo table indicating the user who last modified the item.
タイトルTitle
各アイテムの汎用の表示名。リストによって表示名が異なっている場合でも、内部フィールド名は Title で同じです。このタイトルは、リストへの Lookup フィールドで表示される既定のテキストです。The generic display name of every item. It may have a different display name in different lists but the same internal field name of Title. The title is the default text to display for Lookup fields to lists.
LinkTitleLinkTitle
アイテムへのハイパーリンクを表示する計算フィールドで、タイトルのテキストを格納し、アイテムへの URL (および新しいアイコン参照) を生成します。このフィールド用の追加のストレージはありません。ID フィールドと Title フィールドに基づいて UI をレンダリングします。A computed field that displays hyperlinks to items, containing the title texts and generating URLs (and new icon references) to the items. There is no additional storage for this field; it relies on the ID and Title fields for rendering of its UI.

注意

Fields 列挙で返されるフィールドは、表示モードの影響を受けます。Hidden 属性を使用してマークされているフィールドは返されません。ReadOnly 属性を使用してマークされているフィールドは、フォームがレンダリングされている場合 (FieldsListForm 要素内から呼び出される場合) は返されません。ShowInNewForm 属性を使用してマークされているフィールドは、NEW または PREVIEWNEW 表示モードでは返されません。ShowInFileDlg 属性を使用してマークされているフィールドは、NewForm ダイアログ フォームをレンダリングするときには返されません。The fields returned in a Fields enumeration are affected by the display mode. Fields that are marked with the Hidden attribute are never returned. Fields that are marked with the ReadOnly attribute are not returned if a form is being rendered (if Fields is called from within a ListForm element). Fields that are marked with the ShowInNewForm attribute are not returned in the NEW or PREVIEWNEW display modes. Fields marked with the ShowInFileDlg attribute are not returned when rendering the NewForm dialog form.

Example

次の例では、Field 要素を使用して、Area リストという名前のリストのオプションを指定します。The following example uses the Field element to specify options for a list named Area list.

<Field Type="Choice" BaseType="Text" Name="Area">
  <CHOICES>
    <CHOICE>Views</CHOICE>
    <CHOICE>Site Design</CHOICE>
    <CHOICE>Layouts</CHOICE>
    <CHOICE>Schema Design</CHOICE>
    <CHOICE>Fields</CHOICE>
    <CHOICE>Forms</CHOICE>
    <CHOICE>Projects</CHOICE>
    <CHOICE>Inter-Team Issues</CHOICE>
    <CHOICE>Schedule</CHOICE>
    <CHOICE>Spec</CHOICE>
    <CHOICE>Headcount</CHOICE>
    <CHOICE>Misc</CHOICE>
  </CHOICES>
</Field>

関連項目See also