File 要素File element

適用対象: Lync 2013 |Lync Server 2013 |SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint Online |SharePoint Server 2013Applies to: Lync 2013 | Lync Server 2013 | SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

サイト定義構成または Web テンプレート構成のモジュール内に含めるファイルを指定します。Specifies a file to include within a module in a site definition configuration or Web template configuration.

<File
  DocumentTemplateForList = "Text"  DoGUIDFixUp = "TRUE" | "FALSE"
  IgnoreIfAlreadyExists = "TRUE" | "FALSE"
  Level = "Text"
  Name = "Text"
  NavBarHome = "TRUE" | "FALSE"
  Path = "Text"
  Type = "Text"
  Url = "Text >
</File>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
documenttemplateforlistDocumentTemplateForList
オプションの TextOptional Text.
doguidfixupDoGUIDFixUp
オプションの BooleanOptional Boolean.
IgnoreIfAlreadyExistsIgnoreIfAlreadyExists
オプションの BooleanOptional Boolean.
LevelLevel
オプションの TextOptional Text.
NameName
オプションの TextOptional Text. ファイルの仮想パスを指定します。Specifies the virtual path for the file. 次の文字は使用できません。Cannot contain the following characters:
"
#
%
&
*
:
<
>
?
\
{
}

~
\x7f\x7f
ナビゲーションバーホームNavBarHome
オプションの BooleanOptional Boolean. ファイルがサイト全体で使用されるトップ ナビゲーション バーの Home リンクのリンク先 URL である場合は、TRUE を設定します。TRUE if the file is the destination URL for the Home link in the top navigation bar used throughout the site.
PathPath
オプションの TextOptional Text. %ProgramFiles%\Common の Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\SiteTemplates\ Site_Definition_を基準とした、onet.xml ファイルへの物理パスを指定します。Specifies the physical path to the file relative to %ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\SiteTemplates\ Site_Definition for Onet.xml files. %ProgramFiles%\Common のファイルへの物理パスを指定します。この値は、Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\FEATURES\ Feature_Name_を基準にしています。Specifies the physical path to the file relative to %ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\FEATURES\ Feature_Name for Feature.xml files. 次の文字のみ含むことができます。Can only contain the following characters:
文字alphanumeric
ハイフン (-)hyphen (-)
アンダースコア (**)underscore ()
ピリオド (.)period (.**)
スペース ( )space ( )
TypeType
オプションの TextOptional Text. フロントエンド サーバーのメモリにファイルをキャッシュすることを指定します。Specifies that the file be cached in memory on the front-end server. GhostableGhostableInLibrary のどちらかの値を使用できます。Possible values include Ghostable and GhostableInLibrary. どちらの値もファイルをキャッシュすることを指定しますが、GhostableInLibrary は、ベース タイプが Document Library のリストの一部としてファイルをキャッシュすることを指定します。Both values specify that the file will be cached, but GhostableInLibrary specifies that the file will be cached as part of a list whose base type is Document Library.

たとえば、ユーザー インターフェイス (UI) を介してホーム ページに変更が加えられた場合、元のページ定義と新しいページとの相違だけがデータベースに格納されます。スキーマ ファイルに加えて、default.aspx がメモリにキャッシュされます。ブラウザーに表示される HTML ページは、メモリにキャッシュされている元のページ定義とデータベースに格納されている変更とを組み合わせた、ページ定義の組み合わせに基づいて構築されます。For example, when changes are made to a home page through the user interface (UI), only the differences between the original page definition and the new page are stored in the database. The default.aspx is cached in memory, in addition to the schema files. The HTML page that is displayed in the browser is constructed through the combined page definition that results from the original page definition that is cached in memory and from changes that are stored in the database.
UrlUrl
必須の TextRequired Text. ファイルの仮想パスを指定します。Specifies the virtual path for the file. Name 属性が指定されている場合は、その値が仮想パスに使用されます。If the Name attribute is specified, its value is used for the virtual path. Path が指定されていない場合は、Url の値が物理パスに使用されます。If Path is not specified, the value of Url is used for the physical path. 次の文字は使用できません。Cannot contain the following characters:
"
#
%
&
*
:
<
>
?
\
{
}

~
\x7f\x7f

子要素Child elements

親要素Parent elements

OccurrencesOccurrences

  • 最小 : 0Minimum: 0
  • 最大: 制約なしMaximum: Unbounded

解説Remarks

File要素を使用する例については、「 Module element (Site)」を参照してください。For an example that uses the File element, see Module element (Site).