GetProgID 要素GetProgID element

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

特定のドキュメントについて指定された URL の ProgID を返します。これは HTML ファイルの ProgID を返す内部要素です。ProgID は、HTML ファイルを作成したアプリケーションを識別します (HTML として保存した Microsoft Word 文書、HTML として保存した Microsoft Excel ワークシートなど)。Returns the ProgID for the given URL of a particular document. This is an internal element that returns the ProgID for any HTML file, which identifies the application that the HTML file was created in (whether it was a Microsoft Word document that was saved as HTML or a Microsoft Excel worksheet saved as HTML, etc.).

<GetProgID>
</GetProgID>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なしNone

子要素Child elements

多数Numerous

親要素Parent elements

多数Numerous

出現回数Occurrences

  • 最小 : 0Minimum: 0
  • 最大 : 制約なしMaximum: Unbounded

備考Remarks

この要素は、View 要素の HackLockWeb 属性が TRUE に設定されている場合にはビュー内でのみ使用できます。This element can be used within a view only if the HackLockWeb attribute of the View element is set to TRUE.

Example

次の使用例は、パイプ記号で区切られた、テンプレートのルックアップ列のProgIDとファイル名の拡張子をマップ (|)、アイコンにします。The following example maps the ProgID and file extension for the Template lookup column, separated by a pipe symbol (|), to an icon.

<MapToIcon>
  <GetProgID>
    <LookupColumn Name="Template"/>
  </GetProgID>
  <HTML>|</HTML>
  <GetFileExtension>
    <LookupColumn Name="Template"/>
  </GetFileExtension>
</MapToIcon>