HTML レンダリング要素のグローバル属性Global attributes for HTML-rendering elements

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

Collaborative Application Markup Language (CAML) のビュー スキーマには、任意の CAML レンダリング要素を表すために使用できる複数のユニバーサル属性が提供されています。これらの属性は、View schemaの標準要素および特殊要素に実装できます。The View schema of Collaborative Application Markup Language (CAML) provides several universal attributes that can be used to describe any CAML rendering element. These attributes can be implemented in standard and specialized elements in the View schema.

注意

これらの属性のいずれかの存在が示すようにである (例えば、 HTMLEncodeFALSEに設定できません)。The presence of any one of these attributes implies that it is TRUE (for example, HTMLEncode cannot be set to FALSE).

ユニバーサル属性には、次の情報が含まれます。Universal attributes include the following.

True を指定ハイパーリンク (www.microsoft.com など) に表示される文字列を表示する準備がスキャンされます。When TRUE, scans the rendering for strings that appear to be hyperlinks (for example, www.microsoft.com). これらの文字列が検出されると、自動的に追加、適切な<A>ユーザーがハイパーリンクをたどることができるように、テキストをタグ付けします。When it finds these strings, it automatically adds an appropriate <A> tag around the text so that the user can follow the hyperlink. HTMLEncodeAutoHyperLinkTRUEに設定すると、 TRUEと見なされます。HTMLEncode is assumed TRUE when AutoHyperLink is set to TRUE.

AutoNewLineAutoNewLine

TRUEを挿入するとき<BR>タグをテキスト ストリームにして、複数のスペースを改行をしないスペースに置き換えます (&nbsp;)。When TRUE, inserts <BR> tags into the text stream and replaces multiple spaces with a nonbreaking space (&nbsp;). AutoHyperLinkTRUEにこの属性を有効にする必要があります。AutoHyperLink must be TRUE for this attribute to take effect. HTMLEncodeAutoNewLineTRUEに設定すると、 TRUEと見なされます。HTMLEncode is assumed TRUE when AutoNewLine is set to TRUE.

既定値Default

スパンのテキストが nothing の場合は、代わりにこのテキストをレンダリングします。If the spanned text is nothing, render this text instead. たとえば、<ows:XML><ListProperty Select="Description" Default="This list has no description"/></ows:XML> などです。For example, <ows:XML><ListProperty Select="Description" Default="This list has no description"/></ows:XML>. 前の例は、問題のリストの説明がない場合に既定のテキストをレンダリングします。The previous example renders the default text if there is no description for the list in question.

ExpandXMLExpandXML

場合は TRUE、レンダリングされるコンテンツのレビューし、CAML インタプリタを別のパスに送信されます。When TRUE, reviews the rendered content and sends it on another pass through the CAML interpreter. CAML をレンダリングする CAML をこうとします。This allows CAML to render CAML.

HTMLEncodeHTMLEncode

ときは TRUE、変換の埋め込み文字すべてテキストとしてブラウザーに表示されるようにします。When TRUE, converts any embedded characters so that they are all displayed as text in the browser. つまり、HTML タグと混同する任意の文字に変換されるエンティティとして&amp;gt;の代わりに>This means that any characters that could be confused with HTML tags are converted to entities such as &amp;gt; instead of >.

StripWSStripWS

場合は TRUE先頭と末尾の要素から空白が削除されます。When TRUE, strips whitespace from the beginning and end of an element. たとえば、<ows:XML StripWS="TRUE"> Microsoft </ows:XML>周囲のスペースに"Microsoft"を表示します。For example, <ows:XML StripWS="TRUE"> Microsoft </ows:XML> renders "Microsoft" without surrounding spaces.

URLEncodeURLEncode

TRUEに変換、スペースなどの特殊文字を引用符で囲まれた UTF-8 形式に (たとえば、%c3%abの文字をë)。When TRUE, converts special characters, such as spaces, to quoted UTF-8 format (for example, %c3%ab for character ë).

URLEncodeAsURLURLEncodeAsURL

URLEncodeと同様には、URL のパス コンポーネントは、エンコードされていることが想定しています。Similar to URLEncode, but assumes that what is being encoded is a path component of a URL. たとえば、<ows:XML URLEncodeAsURL="TRUE">SharePoint website</ows:XML>を表示SharePoint%20websiteFor example, <ows:XML URLEncodeAsURL="TRUE">SharePoint website</ows:XML> renders SharePoint%20website. URLEncodeとは異なり、この属性は、スラッシュはエンコードされません (/)。This attribute, unlike URLEncode, does not encode the forward slash (/).