Initiation 要素 (WorkflowConfig)Initiation Element (WorkflowConfig)

適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

ワークフローの開始についてには、ワークフロー開始フォームと開始フォームのデータ フィールドなどが含まれています。Contains workflow initiation information, such as the workflow initiation form and the data fields on the initiation form.

定義Definition

<Initiation URL="Text"
</Initiation>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute

説明Description

URLURL

テキストが必要です。Required Text. ワークフローのワークフローの開始フォームへのパスを指定します。Specifies the path to the workflow initiation form for the workflow.

ワークフロー構成ファイルの場所に対する相対パスを指定する必要があります。 The path specified must be relative to the location of the workflow configuration file.

子要素Child elements

パラメーター要素 (WorkflowConfig)Parameters Element (WorkflowConfig)

フィールド要素 (WorkflowConfig)Fields Element (WorkflowConfig)

親要素Parent elements

WorkflowConfig 要素WorkflowConfig Element

注釈Remarks

開始フォームの指定、フィールド要素 (WorkflowConfig) 、ワークフロー構成ファイルのセクションで定義されている各Field 要素 (フィールド)の要素のデータ フィールドがあります。The initiation form specified should contain a data field for each Field Element (Field) element defined in the Fields Element (WorkflowConfig) section of the workflow configuration file. データ フィールドが存在しない場合は、ワークフローが開始されるときに既定値が使用されます。If a data field is not present, the default value is used when the workflow starts.

ワークフローが特定の SharePoint リストに関連付けられて後、は、URL 属性の内容が、ワークフローのSPWorkflowTemplateSPWorkflowAssociationオブジェクトのInstantiationUrlプロパティに格納されます。After the workflow has been associated with a specific SharePoint list, the contents of the URL attribute are stored in the InstantiationUrl property of the SPWorkflowTemplate and SPWorkflowAssociation objects for the workflow.

宣言型ルール ベースで、コードを必要としないワークフロー エディター メソッドを使用します (文字列、文字列) の AssociateWorkflowMarkup websvcWebPartPages Web サービスのワークフロー テンプレートを作成し、それを正常に作成されたアプリケーション、SharePoint リストのワークフロー マークアップ ファイル、ワークフロー構成ファイル、および必要に応じて、ワークフロー ルール マークアップ ファイルを指定します。Applications created to work as a declarative rules-based, code-free workflow editor can use the AssociateWorkflowMarkup(String, String) method of the websvcWebPartPages Web Service to create a workflow template and associate it to a SharePoint list specifying a workflow markup file, a workflow configuration file, and optionally, a workflow rules markup file.

アプリケーションの作成の詳細については、宣言型ルール ベースで、コードを必要としないワークフロー エディターとして機能、できます宣言を作成する、コードなしのワークフロー エディターを参照してください。For more information about creating an application that can act as a declarative rules-based, code-free workflow editor, see Creating Declarative, No-Code Workflow Editors.

Example

次の例の開始要素には、このワークフローに使用するワークフローの開始フォームの場所を指定する URL 属性が含まれています。The following example Initiation element contains a URL attribute that specifies the location of the workflow initiation form to use for this workflow.

要素には、開始フォームの 1 つのデータ フィールドを定義するフィールドの要素が含まれ、フィールドの要素も含まれています。The element also contains a Fields element, which in turn contains a Field element that defines the single data field on the initiation form. パラメーター要素に、要素のデータ型のフィールドを指定する値が一致する名前の属性の対応するパラメーターの要素が含まれている注意してください。Note that the Parameters element contains a corresponding Parameter element, with a matching Name attribute value that specifies the data type of the Field element.

この例は見やすいように編集されています。This example has been edited for clarity.

    <Initiation 
        URL="Workflows/Notify Me/Notify Me.aspx">
      <Fields>
        <Field 
          Name="Reason_for_Review" 
          …
          DisplayName="Reason_for_Review" 
          …
        >
          <Default>Standard review of new documents</Default>
        </Field>
      </Fields>
      <Parameters>
        <Parameter Name="Reason_for_Review" Type="System.String" />
      </Parameters>
    </Initiation>

関連項目See also