リスト スキーマList schema

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

共同作業アプリケーション マークアップ言語 (CAML)のリスト スキーマを使用して、リストを作成するためのメタデータを定義します。The list schema of Collaborative Application Markup Language (CAML) is used to define the metadata for creating lists. リスト スキーマには、フィールドの定義 (Field要素)、ビュー定義、およびコンテンツ タイプ、フォーム、および作成されるリストの既定の説明を指定するだけでなく、ツールバーの定義が含まれています。The list schema includes field definitions (Field element), view definitions, and a toolbar definition, in addition to specifying content types, forms, and a default description for lists that are created. リストの定義は、%ProgramFiles%\Common ファイルにサーバーの extensions\15\TEMPLATE\FEATURES であるか、サンド ボックス ソリューションに含まれているSchema.xmlファイルに含まれています。The definition for a list is contained in a Schema.xml file that is located in %ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\FEATURES or is included in sandboxed solutions.

作成したり、オブジェクト モデル (たとえば、 SPListクラスとSPListCollectionクラスのメンバー) によってプログラムを使用して、リスト web サービス (一覧表示クラスのメソッド)、およびリモートのリストを変更プロシージャ コール (RPC) プロトコルを ( Windows SharePoint Services の RPC メソッドを参照してください)。You can create or modify lists programmatically through the object model (for example, members of the SPList class and the SPListCollection class), through the Lists web service (methods of the Lists class), and through the Remote Procedure Call (RPC) protocol (see Windows SharePoint Services RPC Methods).

リスト スキーマの要素List schema elements

<リスト><List>

<メタデータ><MetaData>

注意

次のサブ要素は、Microsoft SharePoint Foundation 2010 の内容の表示のレンダリングを定義する XSLT を使用して、ビューの構造をレイアウトします。The following subelements lay out the structure of a view, but Microsoft SharePoint Foundation 2010 uses XSLT to define rendering of view contents. 使用する XSLT の詳細については、リスト ビューを参照してください。For information about the XSLT that is used, see List Views. Windows SharePoint Services 3.0 は、ビューのコンテンツのレンダリングに使用されるスキーマは、スキーマを表示しますを参照してください。For the schema that Windows SharePoint Services 3.0 used to render the view contents, see View schema.

関連項目See also