ListInstance 要素 (リスト インスタンス)ListInstance Element (List Instance)

適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

ある型のリストの生成時に与える、既定のデータを指定します。Specifies default data with which to provision the given list type.

定義Definition

<ListInstance 
  CustomSchema = string
  Description = "Text"
  DocumentTemplate = integer
  FeatureId = "Text"
  Hidden = "TRUE" | "FALSE"
  HyperlinkBaseUrl = string
  Id = Text
  OnQuickLaunch = "TRUE" | "FALSE"
  QuickLaunchUrl = "Text"
  RootWebOnly = "TRUE" | "FALSE"
  TemplateType = Integer
  Title = "Text"
  Url = "Text"
  VersioningEnabled = "TRUE" | "FALSE"
</ListInstance>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute

説明Description

CustomSchemaCustomSchema

省略可能な文字列です。Optional string. リスト インスタンスで使用するカスタム スキーマを指定します。Specifies the custom schema to use for the list instance.

説明Description

テキストを指定します。Optional Text. リストの説明が含まれています。Contains a description of the list.

DocumentTemplateDocumentTemplate

省略可能な文字列です。Optional string. リスト インスタンスに使用するドキュメント テンプレートを指定します。Specifies the document template to use for the list instance.

FeatureIdFeatureId

テキストが必要です。Required Text. フィーチャーの GUID を指定します。Specifies the GUID of the Feature. 機能の GUID を指定しない場合、Microsoft SharePoint Foundation は、機能、 ListInstance要素を含む 1 つ、つまり既定の ID を使用します。If you do not specify a Feature GUID, Microsoft SharePoint Foundation uses the ID of the default Feature, in other words, the one containing the ListInstance element. リスト インスタンスのリスト テンプレートが別のフィーチャーに含まれている場合、 FeatureId属性を使用してその機能の ID を指定する必要があります。If the list template for the list instance is contained within a different Feature, you must specify the ID of that Feature through the FeatureId attribute.

非表示Hidden

省略可能なブール値です。Optional Boolean. リストが非表示を指定します。Specifies if the list is hidden.

HyperlinkBaseUrlHyperlinkBaseUrl

省略可能な文字列です。Optional string. リスト内のハイパーリンクの絶対 URL を指定します。Specifies the absolute URL used for hyperlinks in the list.

IdId

テキストを指定します。Optional Text. リスト インスタンスの一意の識別子を指定します。Specifies a unique identifier for the list instance. 整数は、機能定義の間で一意でなければなりません。The integer must be unique across the Feature definition.

OnQuickLaunchOnQuickLaunch

省略可能なブール値です。Optional Boolean. TRUE のクイック起動バーにリスト定義から作成されたリストを表示します。TRUE to display lists created from the list definition on the Quick Launch bar.

QuickLaunchUrlQuickLaunchUrl

テキストを指定します。Optional Text. 開くにはサイド リンク バーのナビゲーションを使用して、リストのビュー ページの URL を指定します。Specifies the URL of the view page to open for the list through Quick Launch navigation.

RootWebOnlyRootWebOnly

省略可能なブール値です。Optional Boolean. TRUEを指定する定義から作成されたリストがサイト コレクションのルート web サイトにのみ存在します。TRUE to specify that the list created from the definition exists only in the root website of a site collection.

TemplateTypeTemplateType

整数が必要です。Required Integer. 使用するリスト テンプレートの整数の識別子を返します。Returns the integer identifier of the list template to use.

TitleTitle

テキストが必要です。Required Text. スキーマのリストのタイトルです。Title of the list in the schema. これには、一意なもする必要があります。This must also be unique.

UrlUrl

テキストが必要です。Required Text. リストを配置するサイトの相対 URL を返します。Returns the site-relative URL at which to place the list.

VersioningEnabledVersioningEnabled

省略可能なブール値です。Optional Boolean. リストでバージョン管理が有効かを指定します。Specifies if versioning is enabled on the list.

子要素Child elements

データデータ ソース要素 (リスト インスタンス)Data, DataSource Element (List Instance)

親要素Parent elements

要素Elements

出現回数Occurrences

最小 : 0Minimum: 0

最大: 制約なしMaximum: Unbounded

解説Remarks

ListInstance機能の要素は、Onet.xml 内の構成要素内で、SharePoint Foundation で使用されるリストの要素にマップします。The ListInstance Feature element maps to the List element as used in SharePoint Foundation within the Configuration element in Onet.xml.

Example

この要素の使用方法の例では、リスト インスタンスを参照してください。For an example of how this element is used, see List Instances.