ListProperty 要素 (ビュー)ListProperty element (View)

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

Lists テーブルの List 内の指定された列の値を返します。Returns the value of a specified column in the List of Lists table.

<ListProperty
  AutoHyperLink = "TRUE" | "FALSE"
  AutoHyperLinkNoEncoding = "TRUE" | "FALSE"
  AutoNewLine = "TRUE" | "FALSE"
  Default = "Text"
  ExpandXML = "TRUE" | "FALSE"
  ForInstance = "TRUE" | "FALSE"
  HTMLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  Select = "Text"
  StripWS = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncodeAsURL = "TRUE" | "FALSE">
</ListProperty>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
AutoHyperLinkAutoHyperLink
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEのテキストを囲むように<A>のテキストが表示される場合、ハイパーリンクのようにたとえば、www.microsoft.com にタグを付けます。TRUE to surround text with <A> tags if the text appears like a hyperlink, for example, www.microsoft.com.
AutoHyperLinkNoEncodingAutoHyperLinkNoEncoding
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEのテキストを囲むように<A>タグを HTML エンコードせずにハイパーリンク (たとえば、www.microsoft.com) のようにテキストが表示された場合。TRUE to surround text with <A> tags if the text appears like a hyperlink (for example, www.microsoft.com) but without HTML encoding.
AutoNewLineAutoNewLine
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEを挿入する<BR>タグをテキスト ストリームにし、複数のスペースを改行をしないスペースに置き換えます (&nbsp;)。TRUE to insert <BR> tags into the text stream and to replace multiple spaces with a nonbreaking space (&nbsp;).
DefaultDefault
オプションの Text。リストを作成したアプリケーションの既定の ProgID を設定します。Optional Text. Sets the default ProgID for the application that created the list.
ExpandXMLExpandXML
オプションの Boolean。レンダリングされたコンテンツを CAML (Collaborative Application Markup Language) インタープリタに再度渡す場合は、TRUE に設定します。これにより、CAML で CAML をレンダリングできます。Optional Boolean. TRUE to re-pass the rendered content through the Collaborative Application Markup Language (CAML) interpreter, which allows CAML to render CAML.
例えばForInstance
オプションの BooleanTRUE に設定すると、InstanceID フィールドにフィルタを適用することにより、現在の会議インスタンス ID に属するアイテムの数を返します。リストが複数インスタンスのデータをサポートしていない場合は、リスト内のアイテムの総数が返されます。 Optional Boolean. TRUE to return the number of items belonging to the current Meeting Instance ID by filtering on the InstanceID field. If the list does not support multiple-instance data, returns the total number of items in the list.
HTMLEncodeHTMLEncode
オプションの BooleanTRUE で、ブラウザにテキストとして表示されるように埋め込み文字を変換します。つまり、HTML タグと混同する可能性がある文字はエンティティに変換されます。Optional Boolean. TRUE to convert embedded characters so that they are displayed as text in the browser. In other words, characters that could be confused with HTML tags are converted to entities.
SelectSelect
必須の Text。Lists テーブルの List 内のフィールドを指定します。Required Text. Specifies a field in the List of Lists table.
StripWSStripWS
オプションの Boolean。要素から返される値の先頭および末尾にある空白を削除する場合は、TRUE を設定します。Optional Boolean. TRUE to remove white space from the beginning and end of the value returned by the element.
URLEncodeURLEncode
オプションの BooleanOptional Boolean. True を指定する特殊文字、スペース、引用符で囲まれた UTF-8 形式に変換、%c3%abの文字をëTRUE to convert special characters, such as spaces, to quoted UTF-8 format, for example, %c3%ab for character ë.
URLEncodeAsURLURLEncodeAsURL
オプションの BooleanOptional Boolean. URLEncode、ですが、 TRUEをエンコードする文字列が URL のパス コンポーネントであることを指定して、スラッシュをエンコードするためにないような (/)。Like URLEncode, but TRUE to specify that the string to encode is a path component of a URL and not to encode the forward slash (/).

子要素Child elements

なしNone

親要素Parent elements

多数Numerous

出現回数Occurrences

  • 最小 : 0Minimum: 0
  • 最大 : 制約なし (Expr1Expr2 では 1)Maximum: Unbounded (1 within Expr1 and Expr2)

Example

次の例は、アイテムの数が RowLimit 要素によってページに設定されている制限を超えた場合に表示するリンクを定義しています。この例では、ListProperty 要素を使用して既定ビューの URL を返しています。The following example defines the link to display when the number of items exceeds the limit set for the page through the RowLimit element. The example uses the ListProperty element to return the URL for the default view.

<RowLimitExceeded>
   <HTML><![CDATA[<table class="ms-summarycustombody" cellpadding=0 
      cellspacing=0 border=0>
         <TR><TD Class="ms-vb"><a href="]]></HTML>
   <ListProperty Select='DefaultViewUrl'/>
   <HTML><![CDATA[" ID=onetidMoreEvts>]]></HTML>
   <HTML>(More Events...)</HTML>
   <HTML><![CDATA[</a></TD></TR>
      <tr><td height="8"><IMG SRC="/_layouts/images/blank.gif" width=1 
         height=8 alt=""></td></tr></table>]]></HTML>
</RowLimitExceeded>

関連項目See also