PropertySchema 要素 (フィールド型)PropertySchema element (Field Types)

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

特定の特別な変数プロパティ、カスタム フィールド型のフィールド要素として定義されている各プロパティを使用してスキーマを表します。Represents the schema of certain special variable properties of a custom field type, with each property defined as a Field element.

<PropertySchema>
</PropertySchema>

重要

このトピックでは、カスタム フィールド型のプロパティのレンダリングの旧式のメソッドで使用されているマークアップについて説明します。This topic describes markup that was used in an obsolete method of rendering custom field type properties. 以前のバージョンの SharePoint Foundation に開発されたカスタム フィールド型のプロパティのデバッグを支援する目的でのみ提供されます。It is provided solely to assist with the debugging of custom field type properties developed against earlier versions of SharePoint Foundation. 推奨される方法の詳細については、カスタム フィールドの種類プロパティを表示を参照してください。For information about the recommended method, see Custom Field Type Property Rendering.

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なしNone

子要素Child elements

親要素Parent elements

注釈Remarks

カスタム フィールドの種類には、特別なプロパティのフィールドの型を同じ型のフィールドに基づいて別の列に基づいて 1 つの列からの値が異なりますがあります。Custom field types may have special properties whose value will vary from one column based on the field type to another column based on the same field type. 次のように特定の正規表現に一致する文字列値を保持するように設計されたカスタム正規表現フィールド型を検討してください^(\d{3})\d{3}-\d{4}$のアメリカの電話番号。Consider a custom regular expression field type that is designed to hold String values that match a certain regular expression, such as ^(\d{3})\d{3}-\d{4}$ for American telephone numbers.

はなくイギリスのナンバー プレート番号、アメリカの社会保障番号、中国語の電話番号などのフィールドの種類の別のユーザー設定の正規表現を作成するよりも効率的です 1 つの正規表現フィールド型を作成し、ユーザーを有効にします。列、列単位で一致させる必要のある正規表現を設定するのにはフィールド型に基づいて列を作成します。Rather than create separate custom regular expression field types for British license plate numbers, American Social Security numbers, Chinese telephone numbers, etc., it is more efficient to create a single regular expression field type and enable users who create columns based on the field type to set the regular expression that needs to be matched on a column-by-column basis. などの「米国の電話番号」列を作成するユーザーは、上記の文字列を列の正規表現を設定します。For example, a user creating a "US Telephone Number" column would set the column's regular expression to the string above. ブラジル投稿「ボックス」という列を作成する別のユーザー設定の列の正規表現^\d{5}\-\d{3}$Another user, creating a "Brazilian Post Box" column would set his column's regular expression to ^\d{5}\-\d{3}$.

これを行うには、ユーザー インターフェイス (UI) と新しい列に編集可能なコントロールに表示される正規表現クラスのプロパティを取得するにはユーザー設定フィールドのニーズが作成されます。To do this, the custom field needs to have a RegularExpression property that is rendered in an editable control on the user interface (UI) when a new column is created. SharePoint の基盤で、新しいサイト列] ページと [列の作成] ページで [列の追加設定] セクションでは。In SharePoint Foundation, this is in the Additional Column Settings section on the New Site Column page and the Create Column page. PropertySchema要素で、fldtypes*.xmlファイルでは、このような変数のプロパティの宣言し、既定のレンダリングのスキーマを指定します。The PropertySchema element in the fldtypes*.xml file is where such variable properties are declared and given a default rendering schema. 必要に応じて、指定することも既定値です。Optionally, they can also be given default values.

注意

PropertySchema要素のカスタム フィールド型の変数のプロパティを定義すると、SharePoint Foundation は自動的にスキーマに基づいてこれらのプロパティを表示します。If you define the variable properties of the custom field type in the PropertySchema element, SharePoint Foundation automatically renders those properties based on the schema.

Example

次の例では、 RegularExpressionMatchと呼ばれるカスタム フィールド型のプロパティ スキーマを定義します。The following example defines a property schema for a custom field type called RegularExpressionMatch. スキーマは、フィールドの型の列を基準にすると、列の作成者が使用するフィールドを宣言します。The schema declares a field for use by column creators when they base a column on the field type. フィールドの目的は、各列の RegularExpressionMatch フィールドの種類に基づいて、彼女のさまざまな正規表現を設定する列の作成者を有効にするのには。The purpose of the field is to enable a column creator to set a different regular expression for each column she bases on the RegularExpressionMatch field type.

表示名と編集可能なテキストフィールドは、新しいサイト列のページと作成] ページで [列の追加設定] セクションに表示されます。The DisplayName and an editable Text field will appear in the Additional Column Settings section on the New Site Column page and the Create Column page. MaxLength属性の最大長を設定、正規表現の文字とDisplaySizeがそれを保持するフィールドのサイズを設定します。The MaxLength attribute sets the maximum length, in characters, of the regular expression, and the DisplaySize sets the size of the field that holds it. DisplaySizeより長い場合は、正規表現の残りの部分を表示するフィールド内をスクロールします。Users can scroll within the field to see the rest of the regular expression if it is longer than DisplaySize.

この例では、既定値が設定されていませんが、フィールドの種類の開発者を知っているほとんどの場合に使用する米国の電話番号を含む列を作成する場合、開発者は既定値として設定<Default>^(\d{3})\d{3}-\d{4}$</Default>No default has been set in this example, but if the developer of the field type knew that in most cases it would be used to create columns containing American telephone numbers, the developer could set the default as <Default>^(\d{3})\d{3}-\d{4}$</Default>.

次のコード例がわかりやすくするために編集されました。The following code example has been edited for clarity.

<FieldType>
  <Field Name="TypeName">RegularExpressionMatch</Field>
  …
  <PropertySchema>
    <Fields>
      <Field Name="RegularExpression" 
             DisplayName="Regular Expression To Match" 
             MaxLength="500" 
             DisplaySize="100" 
             Type="Text">
        <Default></Default>
      </Field>
    </Fields>
  </PropertySchema>
  …
</FieldType>

関連項目See also