Workflow 要素 (要素)Workflow Element (Elements)

適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

ワークフローを定義します。Defines a workflow.

定義Definition

<Workflow
  Title="Text"
  Name="Text"
  CodeBesideAssembly="Text"
  CodeBesideClass="Text"
  Description="Text"
  Id="Text"
  EngineClass="Text"
  EngineAssembly="Text"
  AssociationUrl="Text"
  InstantiationUrl="Text"
  ModificationUrl="Text"
  StatusUrl="Text"
  TaskListContentTypeId="Text" >
</Workflow>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute

説明Description

タイトルTitle

オプションの TextOptional Text.

名前Name

必須の TextRequired Text. SharePoint Foundation のインタ フェースに表示されているワークフローの名前を指定します。Specifies the workflow name that is displayed in the SharePoint Foundation interface. ワークフローの名前は最大 256 文字以内にできます。The workflow name can be up to 256 characters long.

CodeBesideAssemblyCodeBesideAssembly

必須の Text。アセンブリとは別にコードの厳密名を指定します。 Required Text. Specifies the strong name of the code beside assembly.

CodeBesideClassCodeBesideClass

必須の Text。ワークフロー アセンブリの生成に使用されるコード分離ファイル内のワークフロー クラスの名前を指定します。指定する名前は、クラスの名前空間を含みます。Required Text. Specifies the name of the workflow class in the code-beside file used to generate the workflow assembly. This should include the namespace of the class.

説明Description

オプションの TextOptional Text. SharePoint Foundation のインターフェイスに表示されるワークフローの説明を指定します。Specifies the workflow description to be displayed in the SharePoint Foundation interface. ワークフローの説明は 256 文字にできます。The workflow description can be up to 256 characters long.

IdId

必須の Text。ワークフローのグローバル一意識別子 (GUID) を指定します。Required Text. Specifies the globally unique identifier (GUID) for the workflow.

EngineClassEngineClass

将来の使用のために予約されています。Reserved for future use.

EngineAssemblyEngineAssembly

将来の使用のために予約されています。Reserved for future use.

AssociationUrlAssociationUrl

オプションの Text。このワークフローの関連付けフォームの URL を指定します。AssociationURL 属性の値を、ワークフローの関連付けに使用するユーザー設定フォーム ページに設定します。以下に例を示します。Optional Text. Specifies the URL of the association form for this workflow. Set the value of the AssociationURL attribute to the custom form page you want to use for workflow association. For example:

AssociationURL = "MyWkflAssociationPage.aspx"

: SharePoint Foundation は、ワークフロー テンプレートの定義での絶対パスまたは相対パスをサポートしています。Note: SharePoint Foundation supports absolute or server-relative paths in the workflow template definition. すべてのフォーム パス Url をこれらの形式のいずれかで表す必要があります。絶対パスでは、たとえば、次のように"http://site/library/page.aspx"または相対パスでは、次のように"/layouts/page.aspx"All form path URLs must be expressed in one of these formats; for example, an absolute path, such as "http://site/library/page.aspx" or a server-relative path, such as "/layouts/page.aspx". SharePoint Foundation は、ワークフロー テンプレート定義にリンク フィックス アップをサポートしていません。SharePoint Foundation does not support link fix-up in workflow template definitions.

ワークフローのインスタンス化と関連付けで同じフォームを使用するには、両方の要素をそのフォームに設定します。To use the same form for instantiation and association of the workflow, set both elements to that form.

関連付けフォームの詳細については、ワークフローの関連付けフォームと開始フォーム (Windows SharePoint Services)を参照してください。For more information about association forms, see Workflow Association and Initiation Forms (Windows SharePoint Services).

InstantiationUrlInstantiationUrl

オプションの Text。このワークフローの開始フォームの URL を指定します。以下に例を示します。Optional Text. Specifies the URL of the initiation form for this workflow. For example:

InstantiationURL = "MyWorkflowInitiationPage.aspx"

: SharePoint Foundation は、ワークフロー テンプレートの定義での絶対パスまたは相対パスをサポートしています。Note: SharePoint Foundation supports absolute or server-relative paths in the workflow template definition. すべてのフォーム パス Url をこれらの形式のいずれかで表す必要があります。絶対パスでは、たとえば、次のように"http://site/library/page.aspx"または相対パスでは、次のように"/layouts/page.aspx"All form path URLs must be expressed in one of these formats; for example, an absolute path, such as "http://site/library/page.aspx" or a server-relative path, such as "/layouts/page.aspx". SharePoint Foundation は、ワークフロー テンプレート定義にリンク フィックス アップをサポートしていません。SharePoint Foundation does not support link fix-up in workflow template definitions.

開始フォームの詳細については、ワークフローの関連付けフォームと開始フォーム (Windows SharePoint Services)を参照してください。For more information about initiation forms, see Workflow Association and Initiation Forms (Windows SharePoint Services).

ModificationUrlModificationUrl

オプションの Text。このワークフローの修正を扱うフォームの URL を指定します。ワークフローに複数の修正が含まれる場合、この属性を指定したフォームをプログラミングして、以下を実行することができます。Optional Text. Specifies the URL of the form handling the modifications for this workflow. If your workflow includes multiple modifications, you can program the form you specify with this attribute to:

  • このフォームに渡された修正識別子に基づき、フォームについて別のビューを表示。Display a different view of the form, based on the modification identifier passed to this form.

  • このフォームに渡された修正識別子に基づき、別のビューにリダイレクト。Redirect to a separate form, based on the modification identifier passed to this form.

修正フォームの詳細については、ワークフロー変更フォーム (Windows SharePoint Services)を参照してください。For more information about modification forms, see Workflow Modification Forms (Windows SharePoint Services).

StatusUrlStatusUrl

現在使用されていません。使用しないでください。 Obsolete. Do not use.

TaskListContentTypeIdTaskListContentTypeId

オプションの Text。ワークフローのタスク リストに割り当てられたコンテンツ タイプのコンテンツ タイプ ID を指定します。Optional Text. Specifies the content type ID of the content type assigned to the workflow task list.

タスク フォームの詳細については、ワークフロー タスク フォーム (Windows SharePoint Services)を参照してください。For more information about task forms, see Workflow Task Forms (Windows SharePoint Services).

子要素Child elements

AssociationData 要素 (ワークフロー)AssociationData Element (Workflow)

MetaData 要素 (ワークフロー)MetaData Element (Workflow)

Categories 要素 (ワークフロー)Categories Element (Workflow)

親要素Parent elements

Elements 要素 (ワークフロー)Elements Element (Workflow)

備考Remarks

関連付けフォームと開始フォームの詳細については、ワークフローの関連付けフォームと開始フォーム (Windows SharePoint Services)を参照してください。For more information about association and initiation forms, see Workflow Association and Initiation Forms (Windows SharePoint Services).

Example

次は、ワークフロー定義要素ファイル内の Workflow 要素の例です。この例は見やすいように編集されています。Following is an example of the Workflow element in a workflow definition elements file. The example has been edited for clarity.

    <?xml version="1.0" encoding="utf-8" ?> 
    <Elements xmlns="http://schemas.microsoft.com/sharepoint/">
      <Workflow
            Name="AdventureWorksWorkflow"
            Description="Use this workflow to track sequential tasks of users."
            Id="C6964BFF-BG8D-41ac-AC5E-B61EC111731C"
            CodeBesideClass="AdventureWorks.Workflow1"
            CodeBesideAssembly="AdventureWorks, Version=12.0.0.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=71e3bce121e9429c"
            TaskListContentTypeId="0x01080100C9C9515DE4E24001905074F980F93160"
            AssociationUrl="_layouts/myAssocPage.aspx"
            InstantiationUrl="_layouts/myIniPage.aspx"
            ModificationUrl="_layouts/myModPage.aspx">
        <Categories/>
        <AssociationData>
          …
        </AssociationData>
        <MetaData>
          …
        </MetaData>
      </Workflow>
    </Elements>

関連項目See also