ブランド化およびサイト プロビジョニング ソリューション (SharePoint 向け)Branding and site provisioning solutions for SharePoint 2013 and SharePoint Online

クラウド アドイン モデルと SharePoint アドインの導入により、従来の SharePoint サイトのブランド化とプロビジョニング方法に代わる方法が可能になりました。The introduction of the Cloud Add-in Model and add-ins for SharePoint provides alternatives to existing, established ways of branding and provisioning SharePoint sites.

これまでは、SharePoint の機能フレームワーク、サイト テンプレート、Web テンプレート、およびサイト定義を使用して、サイトおよびサイト コレクションをプロビジョニングしてきました。Up to now, you might have used the SharePoint feature framework, site templates, web templates, and site definitions to provision your sites and site collections.

このセクションの記事では、SharePoint アドインを使用したサイト ブランド化 (リモート プロビジョニングとも呼ばれるパターン) のプロビジョニングと管理について説明します。The articles in this section provide information about using add-ins for SharePoint to provision and manage site branding, a pattern that is sometimes referred to as remote provisioning. リモート プロビジョニング パターンは、サイト ブランド化のプロビジョニングやその他のサイト プロビジョニング タスクを実行するカスタム SharePoint アドインを作成する方法を示しています。The remote provisioning pattern shows you how to create custom add-ins for SharePoint that provision site branding and perform other site provisioning tasks.

このガイダンスは、SharePoint Server 2013、SharePoint Server 2016、および SharePoint Online に適用されます。This guidance applies to SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, and SharePoint Online.

SharePoint について理解しておく必要のある事項What you need to know about SharePoint

SharePoint でブランディング機能とサイト プロビジョニング機能を使用するには、以下の内容を理解しておく必要があります。To use the branding and site provisioning capabilities in SharePoint, you'll need to be familiar with the following:

  • 主要な SharePoint の用語と概念Key SharePoint terms and concepts

  • SharePoint 構造要素の階層The hierarchy of SharePoint structural elements.

  • SharePoint アドインSharePoint Add-ins

  • ファイル システムとコンテンツ データベース、およびこの 2 つが連動する仕組みThe file system and content databases, and how they work together.

  • ファイル カスタマイズの状態と、アップグレードにおけるその長期的な影響File customization states and their long-term impact on upgrades.

  • SharePoint サイトの種類と、それぞれの種類のサイトを使用する理由Types of SharePoint sites and why you would use them.

  • SharePoint での .NET クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) と REST API を使用したクライアント側プログラミングClient-side programming in SharePoint with the .NET client-side object model (CSOM) and REST APIs.

用語と概念Terms and concepts

リモート プロビジョニング パターンを使用して SharePoint サイトのプロビジョニングとブランディングを開始するにあたって、知っておくと便利な用語と概念を次の表に示します。The following table lists terms and concepts that are useful to know as you start to work with SharePoint site provisioning and branding with the remote provisioning pattern.

表 1: 主要な SharePoint の用語と概念Key SharePoint terms and concepts

用語または概念Term or concept 説明Description 詳細情報For more information
アプリ WebApp web アドインの展開元 Web サイト。The website from which an add-in is deployed. SharePoint のホスト Web、アドイン Web、SharePoint コンポーネントHost webs, add-in webs, and SharePoint components in SharePoint
承認ワークフローApproval workflow ページの発行を承認するユーザーと時期を指定する、発行サイト固有のワークフロー。Workflows specific to publishing sites that specifies who approves the publication of a page and when. - SharePoint 2013 承認ワークフロー- SharePoint 2013 approval workflow
- SharePoint 2013 ワークフローの概要Get started with workflows in SharePoint 2013
ClientContextClientContext すべての SharePoint CSOM および JSOM 操作の "中心となる存在" である、中心的なオブジェクト。A central object that serves as a "center of gravity" for all SharePoint CSOM and JSOM operations. T:Microsoft.SharePoint.Client.ClientContextT:Microsoft.SharePoint.Client.ClientContext
クラウド アドイン モデルCloud Add-in Model SharePoint アドインは、SharePoint Web サイトの機能を拡張する自己完結型の機能です。add-ins for SharePoint are self-contained pieces of functionality that extend the capabilities of a SharePoint website. クラウド アドイン モデルを使用して、セキュリティで保護された柔軟で一貫性のある SharePoint アドインを作成し、配信することができます。You can use the Cloud Add-in Model to author and deliver secure, reliable, flexible, and consistent add-ins for SharePoint. SharePoint アドインの概要Overview of SharePoint Add-ins
コンテンツ データベースContent database コンテンツ データベースは、次のようなサイト コレクションのすべてのコンテンツを格納します。Content databases store all content for a site collection, including the following:
- ドキュメント ライブラリ内のサイト ドキュメントおよびファイルSite documents and files in document libraries
- リスト データ- List data
- Web パーツ プロパティ- Web part properties
- ユーザー名と権限User names and rights
データベースの種類と説明 (SharePoint Server)Database types and descriptions in SharePoint Server
CSOMCSOM クライアント側オブジェクト モデル。.NET Framework を使用して SharePoint のクライアント側コードを作成するためのモデルです。Client-side object model. A model for writing client-side code for SharePoint using the .NET Framework. - SharePoint でクライアント オブジェクト モデルと外部データを使用する方法の概要Get started using the client object model with external data in SharePoint
- [MS-CSOM]:SharePoint クライアント クエリ プロトコル[MS-CSOM]: SharePoint Client Query Protocol
- SharePoint: .NET Server、CSOM、JSOM、および REST の API インデックスSharePoint .NET Server, CSOM, JSOM, and REST API index
ハイブHive SharePoint の物理ファイル (ファイル システムのファイル)。これらのファイルは、コンテンツ データベースに格納されるファイルとは異なります。ハイブの場所は、次のとおりです。%program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/15/SharePoint's physical files; the files in the file system. These files are distinct from content stored in a content database. The following is the location of the hive. %program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/15/
ホスト WebHost web アドインがインストールされている Web サイト。The website on which an add-in is installed. SharePoint のホスト Web、アドイン Web、SharePoint コンポーネントHost webs, add-in webs, and SharePoint components in SharePoint
OneDrive for BusinessOneDrive for Business 組織内で共有可能な作業ドキュメントを保存、整理するための個人用ライブラリ。A personal library for storing and organizing work documents that are shareable within your organization. - OneDrive for Business と OneDrive の相違点- OneDrive for Business is different from your team site
- OneDrive for Business とチーム サイトの相違点- OneDrive for Business is different from your team site
リモート プロビジョニングRemote provisioning プロバイダー ホスト型アドインで SharePoint 外で実行するテンプレートとコードを使用してサイトをプロビジョニングするモデル。A model that provisions sites by using templates and code that runs outside SharePoint in a provider-hosted add-in. - SharePoint 2013 でのサイト プロビジョニングの手法とリモート プロビジョニングSite provisioning techniques and remote provisioning in SharePoint 2013
- SharePoint 2013 のアプリを使用したセルフサービス サイトのプロビジョニング- Self-Service Site Provisioning using Apps for SharePoint 2013
RESTREST アーキテクチャ要素を抽象化し、HTTP 動詞を使用して XML ファイルを含む Web ページでのデータの読み取りと書き込みを行うステートレス アーキテクチャ スタイル。A stateless architectural style that abstracts architectural elements and uses HTTP verbs to read and write data from webpages that contain XML files. REST インターフェイスを使用してリストにカスタム アクセス許可を設定するSet custom permissions on a list by using the REST interface
ルート WebRoot web サイト コレクション内の最初の Web。ルート Web は「Web アプリケーション ルート」と呼ばれることもあります。The first web inside of a site collection. The root web is also sometimes referred to as the "Web Application Root."
SharePoint アドインSharePoint Add-in (旧称「SharePoint 用アドイン」) 最も一般的な Web 標準とテクノロジーを統合し、クラウド アドイン モデルを使用して SharePoint Web サイトの機能を拡張する軽量の Web アプリケーション。Lightweight web applications that integrate popular web standards and technologies to extend the capabilities of a SharePoint website by using the Cloud Add-in Model. SharePoint アドインSharePoint Add-ins
SharePoint OnlineSharePoint Online Office 365 で提供されるクラウドベースの SharePoint。Cloud-based SharePoint offering in Office 365. SharePoint Online の全般的な参照情報SharePoint Online General Reference
サイトSite 同一の所有者と管理設定 (アクセス許可など) を共有するサイトのグループ。A group of sites that share the same owner and administrative settings, such as permissions. T:Microsoft.SharePoint.Client.WebT:Microsoft.SharePoint.Client.Web
サイト コレクションSite collection 同一の所有者と管理設定 (アクセス許可など) を共有するサイトのグループ。A group of sites that share the same owner and administrative settings, such as permissions. SharePoint Server でサイト コレクションを作成するCreate a site collection in SharePoint Server
サイト プロビジョニングSite provisioning サイトにフィーチャー、構造、ブランド、およびその他の機能を装備するプロセス。A process for equipping sites with the features, structure, brand, and other functionality. - SharePoint 2013 でのサイト プロビジョニングの手法とリモート プロビジョニングSite provisioning techniques and remote provisioning in SharePoint 2013
- SharePoint 2013 のアプリを使用したセルフサービス サイトのプロビジョニング- Self-Service Site Provisioning using Apps for SharePoint 2013
サブサイトSubsite SharePoint サイト コレクション内の 1 つの SharePoint サイト。サブサイトでは親サイトからナビゲーションとアクセス許可を継承するか、または固有のアクセス許可とナビゲーションを設定することができます。ルート サイト コレクションに基づくサブサイトを作成するか、または他のサイト コレクションに基づくサイトを作成できます。サイト コレクションからアクセス許可を継承することを選択するか、またはサブサイトに固有のアクセス許可を指定することができます。A single SharePoint site in a SharePoint site collection. A subsite can inherit navigation and permissions from a parent site, or it can have unique permissions and navigation. You can create subsites that are based on the root site collection, or sites based on other site collections. You can choose to inherit permissions from the site collection or specify unique permissions for the subsite.

構造要素の階層Hierarchy of SharePoint structural elements

概念上、SharePoint オブジェクトの階層はコンテナー単位で表現されます。オブジェクトの種類と階層の種類には、階層でその下にあるすべての種類のオブジェクトが含まれます。Conceptually, the hierarchy of SharePoint objects is expressed in terms of containers: the types of objects and the type of the hierarchy contain all the types of objects below them in the hierarchy. Table 2 lists the hierarchy of SharePoint structural elements. 表 2 に、SharePoint 構造要素の階層を記載します。Table 2 lists the hierarchy of SharePoint structural elements.

表 2. SharePoint 構造要素の階層Table 2. SharePoint structural elements

オブジェクトの種類 (階層順)Object type (in hierarchical order) 説明Description
Web アプリケーションWeb applications サーバー上に存在し、ブラウザーからの要求に応答するアプリケーション。Applications that exist on a server and respond to requests from a browser.
Web アプリケーションは、インターネット インフォメーション サービス (IIS) の中心となる構造です。Web applications are the central structure in Internet Information Services (IIS).
SharePoint における Web アプリケーションは、固有の URL と、SQL Server に保管された別個のコンテンツ データベースを使用する Web サイトです。In SharePoint, a web application is a website with a unique URL and a separate content database stored in SQL Server.
サイト コレクションSite collections アクセス許可を定義し、構成に応じてコンテナー内のすべてのサイトのブランディングのいくつかの側面を定義できるサイトのコンテナー。Containers of sites that define permissions, and that can define some aspects of branding, depending on the configuration, for all sites within the container.
サイトSites リスト、ライブラリ、構造、ナビゲーション、および外観の要素からなるコレクション。通常、トピックまたはテーマを中心に編成されます。A collection of lists, libraries, structure, navigation, and look and feel elements usually organized around a central topic or theme.
同じサイト コレクションに含まれる他のサイトの子サイトは、サブサイトと呼ばれることがあります。Sites that are children of other sites in the same site collection are sometimes called subsites.
サブサイトは、親 Web サイトのサブフォルダーに保管されているサイトです。A subsite is a site that is stored in a subfolder of the parent website.
サブサイトがその親サイトから権限とナビゲーション構造を継承することも、サブサイトに固有の管理/作成権限が割り当てられることもあります。A subsite can inherit permissions and navigation structure from its parent site, or administration and authoring permissions might be unique for the subsite.
サブサイトは、子サブサイトを持つことができます。Subsites can have child subsites.
アプリ、リスト、およびドキュメント ライブラリApps, lists, and document libraries 特定の構造に編成される、コンテンツとデータのコンテナー。Containers of content and data that are organized into specific structures.
マスター ページ ギャラリーは SharePoint 2010 発行サイト内の特殊なドキュメント ライブラリです。既定では、ここにブランディング要素 (マスター ページ、ページ レイアウト、JavaScript ファイル、CSS、画像) のがすべて格納されます。The Master Page Gallery is a special document library in SharePoint 2010 publishing sites where all branding elements (master pages, page layouts, JavaScript files, CSS, and images) are stored by default.
サイトごとに独自のマスター ページ ギャラリーがあります。Every site has its own Master Page Gallery.
チーム サイトでは、マスター ページがサイト コレクションからではなくサイトから提供されます。In team sites, the master page comes from the site, not the site collection.
アイテムItems アドイン、リスト、およびドキュメント ライブラリに含まれる個別のコンテンツまたはデータ。Individual pieces of content or data that are contained in add-ins, lists, and document libraries.

SharePoint アドインSharePoint Add-ins

SharePoint アドインは、SharePoint ホスト サーバーにはインストールされない軽量のソリューションです。つまり、ホスト サーバーに対して大量の API 呼び出しを行うことはありません。SharePoint Add-ins are lightweight solutions that don't install on the SharePoint host server, which means they don't make excessive API calls to the host server. SharePoint アドインは、クラウド アドイン モデルを使用して作成できます。You can build SharePoint Add-ins by using the Cloud Add-in Model. ユーザーは、AppSource (旧称 Office ストア) や企業のアドイン カタログでアドインを見つけて、ダウンロードできます。Users can discover and download add-ins from AppSource (formerly the Office Store) or from the enterprise's app catalog. 詳細については、「SharePoint アドイン」を参照してください。For more information, see Overview of SharePoint Add-ins.

ファイル システムおよびコンテンツ データベースFile system and content databases, and how they work together

ブランド化オプションと、そのサイト カスタマイズがアップグレードや移行に及ぼす影響について理解するには、SharePoint ファイル システムとコンテンツ データベース、およびこれらが連動する仕組みを理解しておく必要があります。To understand your branding options and the implications that site customization can have on upgrade and migration, you'll need to understand the SharePoint file system and content databases.

ファイル システムFile system

SharePoint では、ファイルをファイル システム ("ハイブ") に格納します。SharePoint stores files in the file system ("hive").

SharePoint Server 2013 および SharePoint Server 2016 では、この場所は 15 ハイブ または 16 ハイブ と呼ばれます。In SharePoint Server 2013 and SharePoint Server 2016, this location is called the 15-hive or 16-hive.

この場所へのパスを次に示します。The following is the path to this location:

SharePoint Server 2013: %program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/15/SharePoint Server 2013%program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/15/

SharePoint Server 2016: %program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/16/%program files%/Common Files/Microsoft Shared/Web Server Extensions/16/

15 ハイブおよび 16 ハイブには、サイトのブランド化とプロビジョニングに使用するファイルが格納される各種サブフォルダーが含まれます。The 15-hive includes several subfolders that store files you'll use when branding and provisioning sites.

コンテンツ データベースContent databases

コンテンツ データベースには、サイト コレクションなどの SharePoint コンテンツ オブジェクトが格納されます。Content databases store SharePoint content objects, such as site collections. SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 を展開すると、コンテンツ データベースは、すべてのサイト コレクションに自動的にインストールされます。A content database is automatically installed for every site collection when you deploy SharePoint 2013. サイト コレクションのすべてのコンテンツは、1 台のサーバー上の 1 つのコンテンツ データベースに格納されます。All the content for a site collection is stored in one content database on one server. ただし、1 つのコンテンツ データベースを複数のサイト コレクションに関連付けることができ、複数のコンテンツ データベースを 1 つの SharePoint Web アプリケーションに関連付けることもできます。However, a content database can be associated with more than one site collection, and you can attach content databases to a SharePoint web application. たとえば、コンテンツのサイズがすぐにコンテンツ データベースのサイズを超える場合には、コンテンツを別のコンテンツ データベースに移動させる必要があります。You might need to move content from one content database to another, for example when the size of the content will soon exceed the size of the content database.

コンテンツ データベースの一部の特性は、サイト コレクションの使用方法に応じて異なります。たとえば、サイトが書き込み中心型であることがよくありますが、その他のタイプのコンテンツ (読み取り専用ドキュメントなど) は読み取り中心型です。コンテンツの用途は、コンテンツ データベースの側面 (サイズやパフォーマンスなど) に影響します。Some characteristics of a content database vary depending on how the site collection is used. For example, sites are often write-intensive, while other types of content, such as read-only documents, are read-intensive. How content is used affects aspects of the content database, such as size and performance.

ファイルのカスタマイズ状態File customization states

SharePoint ファイルとコンテンツの状態は、更新適用の容易さに影響し、SharePoint がコンテンツ データベースとファイル システムのいずれのファイルを処理するかを左右します。既定ではすべての SharePoint ファイルはカスタマイズされておらず非実体化ファイルであり、SharePoint ファイル システムとコンテンツ データベースで一致する状態で存在しています。ファイルまたはコンテンツ データベース エントリ、あるいはこの両方が特定の方法で使用または変更されると、そのコンテンツの状態に影響します。The state of SharePoint files and content affects how easy it is to apply updates, and controls whether SharePoint serves the file from the content database or the file system. By default, all SharePoint files are uncustomized and ghosted, and reside in matching states in the SharePoint file system and in the content database. When a file, a content database entry, or both are used in specific ways or changed, the state of that content might be affected.

表 3. ファイルのカスタマイズ状態とアップグレードにおけるその影響Table 3. File and content states and their effects on upgrade

ファイルまたはコンテンツの状態File or content state 定義Definition コメントComment
uncustomizeduncustomized ファイルに関連付けられる属性であり、そのファイルが変更されていないことを示します。An attribute associated with a file that indicates that it hasn't been modified. 1 つのファイルの複数のコピーが、同じソースをポイントできます。More than one copy of a file can point to the same source.
これにより、設計者が変更を実装しやすくなります。This makes it easier for designers to implement changes.
customizedcustomized ファイルに関連付けられる属性であり、そのファイルが変更されていることを示します。An attribute associated with a file that indicates that it has been modified. ファイルをカスタマイズした後は、広範な更新を適用することがより難しくなります。After a file becomes customized, it becomes more difficult to apply broad updates.

何をカスタマイズするかについて、十分注意してください。Be very careful about what you customize.
一般的なルールとして、システム ファイルをカスタマイズしたり、手動で更新する必要があるカスタマイズを導入したりするよりも、既定の SharePoint ファイルと機能を使用することをお勧めします。After a file becomes customized, it becomes more difficult to apply broad updates.Be very careful about what you customize. As a general rule, it's better to use the default SharePoint files and functionality than to customize system files or introduce customizations that need to be manually updated.
ghostedghosted コンテンツ データベース外部にソースが格納されているファイル。A file with a source that is stored outside the content database. コンテンツ データベース内には、SharePoint に対してサーバーのファイル システムでファイルのソースを検索するように指示するポインター (ファイルのゴースト) が引き続き存在しています。A pointer in the content database (the ghost of the file) still exists that tells SharePoint to look for the file's source on the server's file system.
unghostedunghosted ソース ファイルのカスタマイズされていないバージョンがコンテンツ データベース内にあります。An uncustomized version of the source file resides in the content database. 例: SharePoint 2013 のデザイン マネージャーが、ブランド化ファイルをパッケージ化するために、セキュリティで保護されたソリューションを作成します。Example: The SharePoint 2013 Design Manager creates a sandboxed solution to package branding files.
このソリューションがサーバーのファイル システムに追加されることはないため、本質的に、ソリューションのファイルは非実体化されていないと見なされます。It's never added to the file system of the server; therefore, by definition its files are considered unghosted.
ただし、このソリューションが展開するファイルは、非カスタマイズ状態のままです。However, the files it deploys are still in an uncustomized state.

注意

ファイルがカスタマイズされているとしたら、そのファイルは新しいサービス パックのインストール時や SharePoint Online サービスの更新時に更新されません。If a file has been customized, it won't be updated when you install new service packs or the SharePoint Online service is updated.

クラウド アドイン モデルを使用したブランド化およびプロビジョニングSite branding and provisioning with the Cloud Add-in Model

SharePoint Server 2013 または SharePoint Server 2016 では、ブランディング要素を使用して SharePoint サイト コレクション、サイト、サブサイトをプロビジョニングする目的で SharePoint アドインのカスタム CSOM コードを使用できます。In SharePoint 2013, you can use custom CSOM code in add-ins for SharePoint to provision SharePoint site collections, sites, and subsites with branding elements. このサイト プロビジョニングのパターンは、リモート プロビジョニングと呼ばれます。This site provisioning pattern is called remote provisioning. SharePoint では、クラウドベースの展開にこれまで以上に重点を置いています。このパターンは、複雑さの解消と長期的な運用コストの削減を念頭に置き、SharePoint のすぐに利用できる機能を使用して、サイトのブランド化のプロビジョニングを支援することを目的として作成されました。SharePoint is increasingly focused on cloud-based deployments, so this pattern was created to help you use SharePoint's out-of-the-box capabilities to provision site branding in a way that reduces complexity and long-term operational costs.

クラウド アドイン モデルでできることWhat can I do with the Cloud Add-in Model?

完全信頼コードの機能とクラウド アドイン モデルの間には、相関関係がない場合があります。Sometimes, there is no correlation between features in full-trust code and the Cloud Add-in Model. SharePoint アドインとクラウド アドイン モデルに基づくカスタマイズを開発する際には、直接変換ではなく別の方法を考慮し、できるだけ単純なカスタマイズを保つようにしてください。When developing a customization based on add-ins for SharePoint and the Cloud Add-in Model, consider an alternative approach rather than a direct conversion, and strive to keep customizations as simple as possible. 次に例を示します。Here are some examples:

  • イベント レシーバーをリモート イベント レシーバーに置き換えます (「SharePoint アドインでリモート イベント レシーバーを作成する」を参照)。Replace event receivers with remote event receivers (see How to: Create a remote event receiver).

  • サイト テンプレート、Web テンプレート、サイト定義をリモート プロビジョニングに置き換えます。Replace site templates, web templates, and site definitions with remote provisioning. これはサブサイトとサイト コレクションの両方で有効です。This works for both subsites and site collections.

  • タイマー ジョブを Microsoft Azure に置き換えます。Replace timer jobs with Microsoft Azure or on-premises worker roles.

HTTP モジュールや HTTP ハンドラーなど、クラウド アドイン モデルで作成できないものもあります。Some things, such as HTTP modules and HTTP handlers can not be built with the Cloud Add-in Model. クラウド アドイン モデルで既存のカスタマイズをレプリケートする前に、カスタマイズが当初に作成された理由と、標準の SharePoint フィーチャーが機能するかどうかを考慮してください。Before you try to replicate an existing customization in the Cloud Add-in Model, first consider why these customizations were built and whether an out-of-the-box SharePoint feature can work.

リモート プロビジョニング パターンRemote provisioning pattern

リモート プロビジョニングでは、新しいアドイン パターンを使用して、プロビジョニング ロジックを SharePoint ファームの外部に完全に移動します。Remote provisioning uses new add-in patterns to move provisioning logic outside of the SharePoint farm entirely. この方法では、SharePoint ファームで機能フレームワークやその他のカスタマイズを使用する必要がなくなり、SharePoint の外部でカスタマイズを制御できるようになります。This approach eliminates the need to use the feature framework or other customizations in the SharePoint farm, and instead enables you to control customizations outside of SharePoint. この方法により、SharePoint の可用性に影響を与えることなく、プロビジョニング エンジンを更新したり、変更することができます。This approach makes it possible to update and change the provisioning engine without affecting SharePoint availability. 機能フレームワークの詳細については、「サイト定義とプロビジョニング: 機能フレームワーク」を参照してください。For more information about the feature framework, see Site Definitions and Provisioning: the Feature Framework.

このセクションではリモート プロビジョニング パターンの側面と実装について詳しく解説します。Aspects and implementations of the remote provisioning pattern are documented in detail in this section. まず、パターンに関する次の入門文書に目を通しておくと役に立つ場合があります。You may find it useful to get started with the following introductions to the pattern:

リモート プロビジョニング パターンの最も単純な実装では、プロビジョニング要件が SQL Server または SQL Azure データベース、あるいは XML ファイルに格納されます。その後、SharePoint アドインがデータソースから要件を読み取り、ブランディング要素をそれぞれのソース ロケーションから読み取り、プロビジョニング要件に基づいてブランディング要素をターゲット サイトに適用します。In the simplest implementation of the remote provisioning pattern, provisioning requirements are stored in a SQL Server or SQL Azure database or XML file; then, an add-in for SharePoint reads requirements from the data source, reads branding elements from their source location, and applies branding elements to the target site based on the provisioning requirements.

ブランド化とプロビジョニングのコード サンプルでは、この一連のイベントをたどってリモート プロビジョニング パターンについて説明します。The branding and provisioning code samples follow this sequence of events to show the remote provisioning pattern.

表 4. 基本的なリモート プロビジョニングの順序と関連コード サンプルTable 4. Basic remote provisioning sequence and associated samples

手順Step 説明Description サンプルSamples 記事Article
1-1 ユーザーがフォームを使用してサイトの変更を要求します。これにより、承認ワークフローが開始されます。The user requests a change to the site through a form, which kicks off an approval workflow. The data that the user submits via the request form are stored using potentially any data storage format (SQL, SQL Azure, XML). ユーザーから要求フォームによって送信されたデータが、いずれかのデータ ストレージ形式 (SQL、Azure SQL、XML) を使って格納されます。The user requests a change to the site through a form, which kicks off an approval workflow. The data that the user submits via the request form are stored using potentially any data storage format (SQL, SQL Azure, XML).

SharePoint 2013:ワークフローを使用して SharePoint サイトをプロビジョニングする (ホスト Web)SharePoint 2013: Use workflow to provision a SharePoint site (host web)

SharePoint 2013: ワークフローを使用して SharePoint サイトをプロビジョニングする (アプリ Web)SharePoint 2013: Use workflow to provision a SharePoint site (app web)

SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions
2-2 ワークフローが承認されたら、SharePoint アドインは保存されているデータを呼び出し、ユーザーがステップ 1 で送信したメタデータに基づいてサイトのプロビジョニングを行います。If the workflow is approved, the add-in for SharePoint calls the stored data and provisions the site according to the metadata that user submitted in step 1.

アドイン モデルを使用してサイトをバッチ プロビジョニングするProvision sites in batches with the add-in model

SharePoint 2013:ワークフローを使用して SharePoint サイトをプロビジョニングする (ホスト Web)SharePoint 2013: Use workflow to provision a SharePoint site (host web)

SharePoint 2013: ワークフローを使用して SharePoint サイトをプロビジョニングする (アプリ Web)SharePoint 2013: Use workflow to provision a SharePoint site (app web)

SharePoint 2013: SharePoint アドインを使用してオンプレミスのサイト コレクションをプロビジョニングするSharePoint 2013: Use add-ins for SharePoint to provision on-prem site collection

SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions
3-3 SharePoint アドインは、要求フォームの指示に基づき、アドイン Web とコンテンツ データベース内の有効なデータを使用してプロビジョニングのスコープを設定します。The add-in for SharePoint scopes provisioning to the instructions in the request form by using the data available in the add-in web and content database. この段階で、適用可能なブランディング要素がサイトにプロビジョニングされます。During this stage, applicable branding elements are provisioned to the site.

SharePoint 2013: SharePoint アドインを使用して CSS を構成するSharePoint 2013: Use an add-in for SharePoint to configure CSS

SharePoint 2013: SharePoint アドインを使用してテーマを SharePoint サイトに適用するSharePoint 2013: Use an add-in for SharePoint to apply a theme to a SharePoint site

SharePoint 2013: Sharepoint OneDrive for Business サイトをブランド化するSharePoint 2013: Brand a SharePoint OneDrive For Business site

SharePoint 2013: リモート プロビジョニングを使用してサイトにカスタム CSS をプロビジョニングするSharePoint 2013: Provision custom CSS to a site with remote provisioning

SharePoint 2013: SharePoint アドインを使用して Wiki ページをプロビジョニングするSharePoint 2013: Use an add-in for SharePoint to provision a wiki page

SharePoint ページとページ モデルSharePoint pages and the page model

SharePoint サイトのブランド化とページ カスタマイズのソリューションSharePoint site branding and page customization solutions

SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions

注意

表 4 に示されているのは、一般的と考えられるリモート プロビジョニング シナリオの手順です。Table 4 lists the steps that might be typical of a remote provisioning scenario. 使用するサンプルは、エンタープライズに最も適するアプローチによって異なります。The samples you use depend on the approach that works best for your enterprise. たとえば、カスタム承認ワークフローを作成する業務上の必要性がない場合は、そのサンプルは使用しません。For example, if you don't have a business need to create a custom approval workflow, you won't use that sample.

リモート プロビジョニング パターンを使用したサイトのプロビジョニングとブランド化のワークフローの例Figure 1. Example of a site provisioning and branding workflow using the remote provisioning pattern

リモート プロビジョニングを使用したサイト プロビジョニングとブランド化のワークフローを示すフローチャート

リモート プロビジョニングによる既存のサイト コンテンツへの影響How remote provisioning affects pre-existing site content

プロビジョニングするサイト要素によっては、コードにより、既定または既存のサイト コンテンツがリモート プロビジョニング SharePoint アドインのフックでオーバーライドされます。Depending on the specific site elements you want to provision, your code will override default or pre-existing site content with a hook for the remote provisioning add-in for SharePoint. アドインは SharePoint をまったく構成することなく、データベースに保管されたプロビジョニング要件に基づいてサイト テンプレートやその他の機能を選択します。The add-in will select site templates and other capabilities based on the provisioning requirements stored in the database, without configuring SharePoint at all.

基本的なリモート プロビジョニング パターンは、追加の要件に関係なく同一です。ただし、このパターンを使用してサイト ブランディングをプロビジョニングする予定である場合は、SharePoint CSOM、JSOM、および REST API のカスタマイズ機能に即してブランド開発戦略を計画してください。また、次の点についても考慮してください。The basic remote provisioning pattern is the same regardless of additional requirements. However, when you plan to use this pattern to provision site branding, map your brand development strategy in the context of the customization capabilities that SharePoint CSOM, JSOM, and REST APIs provide (the code samples described in this section use CSOM). Also consider:

  • サイト アーキテクチャSite architecture. 構築するサイトはインターネット接続サイトであるか、イントラネット サイトであるか、またはインターネット接続サイト経由でサインインして企業データにアクセスするよう認証ユーザーに求めるエクストラネットであるか。Are you building an Internet-facing site, an intranet site, or an extranet that requires authorized users to log on through the Internet-facing site to access company data?

  • 特定のユーザーがどの程度、プロビジョニング要件の定義と要求を制御できるか。The degree of control that specific users have to define and request provisioning requirements. ユーザーがフォームを使用してカスタム プロビジョニング オプションを指定できるようにするかどうか。Should users be able to specify custom provisioning options by using a form? 変更がサイトに自動的に適用されるようにするか、決定権を持つ担当者が変更を承認した後で適用されるようにするか、あるいはガバナンス ポリシーで変更を管理するか。The degree of control that specific users have to define and request provisioning requirements. Should users be able to specify custom provisioning options using a form? Are changes applied to the site automatically, only after people with decision-making power approve the changes, or are they managed by a governance policy?

  • 適用するブランディング カスタマイズの種類 (構造、外観、またはこの両方)。The types of branding customizations you want to apply (structural, look and feel, or both).

ブランディングとサイト プロビジョニングのコード サンプルBranding and site provisioning code samples

このセクションでは、コア シナリオを示し、このシナリオを拡張して、より具体的な使用例に対応したコード サンプルについて説明します。このセクションの記事にもいくつかのコード サンプルが含まれています。これらのコード サンプルを次の表で説明します。The code samples described in this section show the core scenario and extend it to cover some more specific use cases. The articles in this section also include some code examples. The following tables list and describe the samples.

表 5. サイト プロビジョニングのサンプルTable 5. Site provisioning samples

Sample 説明Description 関連記事Related article
BatchProvisioningBatch Provisioning コンソール アプリでサイト コレクションをプロビジョニングします。Provisions site collections in a console app. SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions
Provisioning.PagesProvisioning.Pages sample リモート プロビジョニング モデルを使用して Wiki ページをプロビジョニングし、Wiki ページからの HTML とリモート Web パーツを追加する方法を示します。Shows how to use the remote provisioning model to provision a Wiki page and add remote Web Parts and HTML from the Wiki page. SharePoint ページとページ モデルSharePoint pages and the page model
SiteProvisioningWorkflowSiteProvisioningWorkflow ホスト Web とリモート イベント レシーバーでワークフローを使用してサイト コレクションをプロビジョニングします。Provisions site collections with a workflow on the host web and a remote event receiver. SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions
SiteProvisioningWorkflowAppWebSiteProvisioningWorkflowAppWeb アドイン Web とリモート イベント レシーバーでワークフローを使用してサイト コレクションをプロビジョニングします。Provisions site collections with a workflow on the add-in web and a remote event receiver. SharePoint サイト プロビジョニング ソリューションSharePoint site provisioning solutions

注意

BatchProvisioning、SiteProvisioningWorkflow、SiteProvisioningWorkflowAppWeb サンプルは、リモート プロビジョニング パターンの中心的な概念と機能を示します。The BatchProvisioning, SiteProvisioningWorkflow, and SiteProvisioningWorkflowAppWeb samples demonstrate the core concepts and functions of the remote provisioning pattern. ProvisionWikiPages サンプルは、特定の使用例 (Wiki ページ プロビジョニング) を取り上げています。The ProvisionWikiPages sample addresses a specific use case (wiki page provisioning).

表 6. ブランド化のサンプルTable 6. Branding samples

Sample 説明Description 関連記事Related article
Branding.ThemeBranding.Theme テーマの適用方法 (CSOM) を示します。Shows how to apply a theme (CSOM). SharePoint サイト ブランド化とページ カスタマイズのソリューションSharePoint site branding and page customization solutions
OD4B.Configuration.AsyncOD4B.Configuration.Async (O365 PnP Sample) リモート プロビジョニング モデルを使用して Wiki ページをプロビジョニングし、Wiki ページからの HTML とリモート Web パーツを追加する方法を示します。Shows how to use the remote provisioning model to provision a Wiki page and add remote Web Parts and HTML from the Wiki page. SharePoint サイトのブランド化とページ カスタマイズのソリューションSharePoint site branding and page customization solutions
Branding.AlternateCSSAndSiteLogo Branding.AlternateCSSAndSiteLogo sample ユーザー カスタマー アクションと埋め込み JavaScript を使用して、カスタム CSS をホスト サイトに設定する例を示します (CSOM)。Shows how to set custom CSS to the host site by using a user customer action and embedded JavaScript (CSOM). SharePoint サイト ブランド化とページ カスタマイズのソリューションSharePoint site branding and page customization solutions
Provisioning.OnPrem.Async Provisioning.SiteCol.OnPremProvisioning.OnPrem.Async Provisioning.SiteCol.OnPrem オンプレミスに SharePoint ホスト Web 内のすべての情報をカプセル化するためにサービスを使用する例を示します。Shows how to use a service to encapsulate all of the information in SharePoint host web to thePrem) サービスを使用して、アドイン Web に SharePoint ホスト Web 内のすべての情報をカプセル化し、Web を取得し、指定した Web アプリケーション内のサイト コレクションのリストを取得し、特定の ContentTypeId でコンテンツ タイプを作成する方法を示します。Shows how to use a service to encapsulate all o the information in SharePoint host web to the add-in web, and get a web, and get a list of site collections in a specified web application and create a content type with a specific ContentTypeId. This sample is especially useful when you want to use the remote provisioning pattern to provision sites using add-ins for SharePoint, but the CSOM member you need to complete your scenario is not yet available in CSOM.

このサンプルは、SharePoint アドインを使用して、プロビジョニング サイトにリモート プロビジョニング パターンを適用する場合は特に役立ちますが、シナリオを完了するのに必要な CSOM メンバーは、まだ CSOM で利用可能ではありません。This sample is especially useful when you want to use the remote provisioning pattern to provision sites by using SharePoint Add-ins, but the CSOM member you need to complete your scenario is not yet available in CSOM.

SharePoint のブランド化ワークフローSharePoint branding workflow

SharePoint Web サイトのブランディングは、他の Web サイトのブランディングによく似ています。十分に理解している Web テクノロジ (HTML、CSS、JavaScript など) を使用して、サイトの構造、外観、およびカスタムの動作を作成します。また、SharePoint は ASP.NET に基づいており、ASP.NET マスター ページ/ページ レイアウト モデルに非常に類似したページ モデルを使用します。このページ モデルには構造が含まれ、外観要素を適用するためのフックとロジックを提供します。Branding a SharePoint website is a lot like branding other websites. You use web technologies that you're familiar with, such as HTML, CSS, and JavaScript to build the structure, look and feel, and custom behavior of your sites. SharePoint is also based on ASP.NET, and uses a page model that is very similar to the ASP.NET master page/page layout model. The page model encompasses the structure and provides hooks and logic for applying look and feel elements.

SharePoint に用意されているさまざまな Web パーツを使用すると、データ ビュー、画像、スクリプト、検索結果などをサイト デザインに組み込むことができます。SharePoint provides several web parts that you can use to incorporate data views, images, scripts, search results, and more into your site design. 構成済みの外観により、ユーザーがサイトの外観を容易にカスタマイズできると同時に、設計者と IT 部門は、設計の詳細と使用可能な外観オプションをより良く制御できます。テーマ設定エンジンとカスタム CSS 機能の相乗効果で、さらに先進的なブランディング カスタマイズへの扉が開かれます。SharePoint provides several Web Parts you can use to incorporate data views, images, scripts, search results, and more into your site design. Composed looks provide an easy way for users to customize the look and feel of their site while reinforcing designer and IT department control over design details and look and feel options that are available, and both the theming engine and custom CSS capabilities open the door for more advanced branding customizations.

SharePoint Web サイトのブランディング設計と開発のワークフローは、業界で採用されている設計ワークフローによく似ています。The branding design and development workflow for SharePoint websites closely resembles the design workflow the industry uses:

  • サイトのアーキテクチャとデザインを計画する。Plan your site architecture and design.

  • 使い慣れた Web デザイン ツールとテクノロジを使用してデザイン資産を作成する。Create design assets using familiar web design tools and technologies.

  • デザイン マネージャーなどの SharePoint ツールを使用してサイトを作成する。Build your site using SharePoint tools such as Design Manager.

  • サイト デザインをパッケージ化し、SharePoint アドインとリモート プロビジョニング パターンを使用してサイトのブランド化をプロビジョニングする。Package your site design, and use add-ins for SharePoint and the remote provisioning pattern to provision site branding.

注意

SharePoint でブランド化を適用することは、既定の SharePoint サイトの外観を変更することを意味します。Applying branding in SharePoint means modifying the look and feel of a default SharePoint site. これには、サイトの外観に対して、構造と見栄えの両方を変更することが含まれます。This can include making both structural and cosmetic changes to the site's appearance.

ブランディング コストと複雑さBranding cost and complexity

ブランド化による変更は、低コストで単純なものから高コストで複雑なものにまで及びます。Branding changes range from low-cost and simple to high-cost and complex. ユーザーは UI を使用して、背景画像、カラー パレット、フォント、およびこれらの要素に関連付けられたマスター ページと、マスター ページに関連付けられたプレビュー ファイルを含む構成済みの外観を適用できます。Through the UI, users can apply composed looks, which include a background image, color palette, fonts, and a master page associated with these elements, and a preview file associated with the master page. 構成済みの外観を作成するには、SharePoint テーマ設定エンジンを使用できます。また、カスタム CSS を作成して、サイトの外観を変更することができます。You can use the SharePoint 2013 theming engine to create your own themes, and you can create custom CSS to modify the look and feel of your site.

重要

カスタム ブランディング プロジェクトの一環としてカスタム マスター ページとその他の構造要素を作成することもできますが、この場合、長期にわたる構造カスタマイズのサポートに伴うコストが高くなる可能性があります。また、組織がアップグレードを適用しながら、カスタマイズへの短期投資を長期にわたって生かせるようにするには、さらにコストがかかる可能性があります。Important Although it's possible to create custom master pages and other structural elements as part of a custom branding project, the long-term cost of supporting custom master pages and other custom structural elements is high. Custom branding can make it more costly for your organization to apply upgrades and provide ongoing support.

オンプレミスまたは専用ファームでホストされている SharePoint サイトのブランド化Branding SharePoint sites hosted on-premises or on a dedicated farm

リモート プロビジョニング パターンを使用して、オンプレミスまたは専用ファームでホストされているチーム サイト、発行サイト、および OneDrive for Business サイトを、サイト コレクション レベルとサブサイト レベルの両方でブランド化できます。You can use the remote provisioning pattern to brand Team sites, Publishing sites, and OneDrive for Business sites that are hosted on-premises or on a dedicated farm at both the site collection and subsite level.

SharePoint OnlineSharePoint Online

SharePoint プランディング プロジェクトの計画には、構築、ブランド化、プロビジョニングするサイトの種類を決定することが含まれます。Part of planning a SharePoint branding project is deciding which types of site(s) you want to build, brand, and provision. SharePoint Online のライセンスは、発行サイト機能を利用できるかどうかを左右します。SharePoint Online licensing affects whether publishing site capabilities are available to you. どのライセンスでも、SharePoint Server 発行サイトのいくつかの機能を備えたパブリック Web サイトを少なくとも 1 つ指定できますが、すべてのサイトが完全な発行サイト機能を提供するわけではありません。While all licenses enable you to specify at least one public website that has some of the features of a SharePoint Server Publishing site, not all licenses provide full Publishing site capabilities.

表 7. SharePoint Online のサイト オプションTable 7. Site options in SharePoint Online

Office 365 のエディションOffice 365 edition チーム サイトTeam site パブリック Web サイトPublic website 発行サイトPublishing site 備考Notes
Small BusinessSmall Business ありYes はいYes なしNo 1 つのチーム サイトとパブリック Web サイトが含まれています。Includes one Team site and the public website. 発行サイト機能は含まれません。Does not include Publishing site functionality. パブリック Web サイトは中小企業を念頭に設計されています。The public website capabilities were designed with small business in mind.
EnterpriseEnterprise はいYes いいえNo ありYes 発行が含まれないドメインのルート Web アプリケーションでのチーム サイト コレクションを含みます。このルート Web アプリケーションで新しい発行サイト コレクションを作成できます。Includes a Team site collection at the root web application for the domain that does not include Publishing, and you can create new Publishing site collections under that root web application.

詳細については、「Office 365 のすべての一般法人向けプランを比較する」および「モデル: SharePoint 2013 の設計およびブランディング」を参照してください。For more information, see Select an Office 365 plan for business and Model: Design and branding in SharePoint 2013.

カスタマイズを行うべき場合When should I customize?

SharePoint では、ビジネス ニーズを満たすために必要なほとんどの機能を標準で利用できます。Most functionality you need to meet your business needs is available out-of-the-box in SharePoint. したがって、カスタマイズを作成する前に、そのカスタマイズを作成する理由となるビジネス ケースが実際にあるかどうか、またカスタマイズを作成して長期的にサポートするために企業でどの程度コストがかかるかを判断する必要があります。Therefore, before creating a customization, determine whether there is an actual business case for creating the customization and what the long-term costs of creating and supporting this customization would be to the enterprise. エンド ユーザーにフィーチャと機能を提供する方法How are features and functionality provided for end users? テクノロジよりも先に、ビジネス目標とユーザー エクスペリエンスに目を向けてください。Look at business goals and user experience considerations before technology.

既存のカスタム SharePoint ソリューションを使用しており、クラウド アドイン モデルにそのソリューションを移行するかどうかとその移行方法を検討する場合は、最初にカスタマイズを行う理由と、カスタマイズの目的を確認します。When working with an existing custom SharePoint solution and weighing whether and how to migrate it to the Cloud Add-in Model, first understand why the customization was done and what purpose it serves.

完全信頼コードの既存のカスタマイズをクラウド アドイン モデルに移行する場合、通常は、フィーチャと機能の間に 1 対 1 の関係がありません。When considering moving an existing customization from full-trust code to the Cloud Add-in Model, there usually isn't a one-to-one relationship between features and functionality. サーバー側コードとクライアント側コードの間の 1 対 1 対応を見つけようとする代わりに、代替的な手法を考慮してください。Rather than trying to find a one-to-one match between server-side and client-side code, consider alternative approaches. 表 8 に、よく使われる SharePoint ソリューションの概念や機能と、SharePoint アドインにおける対応する概念/機能を記載します。Table 8 maps some commonly used concepts and functionality of SharePoint solutions to their equivalents in add-ins for SharePoint.

表 8. SharePoint の概念とアドインの関係Table 8. Mapping SharePoint concepts to add-ins

タスクTask SharePoint ソリューションの場合In SharePoint solution SharePoint アドインの場合In SharePoint Add-ins ガイダンスGuidance
SharePoint ページの情報の表示Display information in SharePoint pages Web パーツWeb parts アプリ パーツApp Parts Web パーツは、ユーザー権限または完全な権限/昇格された権限によって SharePoint Server 上で実行されます。Web parts run on the SharePoint Server with user permission or full-permissions/elevated privilege.

アプリ パーツは、明示的に権限が付与されたアプリ ID によって、ブラウザーまたは外部サーバーで実行されます。App parts run in the browser or on an external server with an app identity with specifically granted permissions. これらは、独自ドメイン内のクライアント上で完全に分離されています。They are completely isolated on the client in their own domain.

アドイン パーツは、SharePoint の外部で実行され、SharePoint Server のパフォーマンスに影響を与えません。Add-in parts are executed outside of SharePoint and incur no performance impact on the SharePoint Server.

アドイン パーツを作成して SharePoint アドインと共にインストールするCreate add-in parts to install with your SharePoint Add-in
通知の作成と管理Create and manage notifications イベント レシーバーとフィーチャー レシーバーEvent receivers and feature receivers リモート イベント レシーバーとアドイン イベント レシーバーRemote event receivers and add-in event receivers イベント レシーバーと機能レシーバーには、サーバー側のコードが必要です。これらのレシーバーが外部システムにイベントを通知することはできません。Event receivers and feature receivers require server-side code and can't notify external systems of events.

リモート イベント レシーバーはクライアント側のコードを使用するため、SharePoint ソリューションまたは SharePoint アドインで使用できます。このレシーバーは、外部システムにイベントを通知できます。Remote event receivers use client-side code, can be used in SharePoint solutions or SharePoint Add-ins, and can notify external systems of events.

アプリ イベント レシーバーは、アドインのインストール時、アンインストール時、またはアップグレード時にコードを実行します。App event receivers execute code when add-ins are installed, uninstalled, or upgraded.

- SharePoint アドインのイベントの処理Handle events in SharePoint Add-ins
- SharePoint アドインでリモート イベント レシーバーを作成する- Create a remote event receiver in SharePoint Add-ins
データへのアクセスAccess data .NET サーバー オブジェクト モデル (SSOM)、.NET クライアント オブジェクト モデル (CSOM)、ODatathe .NET server object model (SSOM), .NET client object model (CSOM), and OData .NET クライアント オブジェクト モデル (CSOM、JSOM)、OData、REST、クロスドメイン ライブラリ.NET client object model (CSOM, JSOM), OData, REST, cross-domain libraries - SharePoint のクライアント ライブラリ コードを使用して基本的な操作を完了するComplete basic operations using SharePoint client library code
- SharePoint の JavaScript ライブラリ コードを使用して基本的な操作を完了するComplete basic operations using JavaScript library code in SharePoint
- SharePoint REST サービスの概要Get to know the SharePoint REST service
- SharePoint: .NET Server、CSOM、JSOM、および REST の API インデックスSharePoint .NET Server, CSOM, JSOM, and REST API index
パッケージ化と展開Package and deploy ソリューション パッケージ (WSP、フィーチャー パッケージ)Solution packages (WSPs, feature packages) アプリ カタログと AppSource (Office ストア)App catalog and AppSource (Office Store) ソリューション パッケージは、SharePoint ファーム全体に展開するのが困難です。Solution packages are difficult to deploy across a SharePoint farm. SharePoint アドインを一般に使用可能にする場合、または販売する場合は、AppSource に公開します。You can publish a SharePoint Add-in to AppSource if you want to make it publicly available or sell it. SharePoint アドインを組織内で使用可能にするには、アドイン カタログを使用します。Use the add-in catalog to make a SharePoint Add-in available within your organization. ソリューション パックに含まれているガイダンスとコード サンプルで、SharePoint アドインを使用してブランディング要素を SharePoint サイトにプロビジョニングする方法が説明されています。Guidance and code samples in the solution pack demonstrate how to use SharePoint Add-ins to provision branding elements to your SharePoint site.

- サイト コレクションのアプリ カタログを使用するUse the site collection app catalog
- AppSource と Office 内でソリューションを使用できるようにするMake your solutions available in AppSource and within Office
- SharePoint アドインを開発およびホスティングするためのパターンを選択するChoose patterns for developing and hosting your SharePoint Add-in
外部データの使用Use external data 外部コンテンツ タイプExternal content types アプリを対象範囲とする外部コンテンツ タイプApp-scoped external content types SharePoint サイトの管理者または SharePoint Designer のユーザーが外部コンテンツ タイプを作成/インストールする必要があります。外部コンテンツ タイプは、ファーム レベルでのみインストール可能です。SharePoint site administrators or SharePoint Designer users must create and/or install external content types, which, can be installed only at the farm level.App-scoped external content types apply only to the add-in for SharePoint for which they were created, require no administration, and can access OData sources.

アプリを対象範囲とする外部コンテンツ タイプは、そのタイプの作成対象となった SharePoint アドインにのみ適用されます。これらのタイプは管理を必要とせず、OData ソースにアクセスできます。SharePoint site administrators or SharePoint Designer users must create and/or install external content types, which, can be installed only at the farm level.App-scoped external content types apply only to the add-in for SharePoint for which they were created, require no administration, and can access OData sources.

- アドイン スコープの外部コンテンツ タイプ (SharePoint)Add-in-scoped external content types in SharePoint
- SharePoint で OData ソースから外部コンテンツ タイプを作成するCreate an external content type from an OData source in SharePoint
カスタム ページとマスター ページの追加Add custom pages and master pages アプリケーション ページとサイト ページApplication pages and site pages Web ホスト ページWeb-hosted pages アプリケーション ページは、サーバー上のすべてのサイトで共有され、SharePoint でホストされます。Application pages are shared across all sites on the server and are hosted on SharePoint.

サイト ページは SharePoint でホストされます。 ページのコントロールが、安全なコントロール リストに含まれている必要があります。Site pages are hosted by SharePoint, and require that page controls be listed in a safe controls list.

アプリケーション ページはカスタム コードに最適ですが、カスタマイズ後にサイト ページ上のカスタム コードが壊れます。While application pages are ideal for custom code, custom code on site pages will break after customization. 代わりに、Web ホスト ページを使用してください。Instead, use web-hosted pages. これらは、カスタマイズできるように設計されていて、サイト ページ上の組み込み Web パーツの使用をサポートします。また、外部でホストされるため、アドインがインストールされている任意の場所で使用できます。They are designed to be customizable, support the use of built-in web parts on site pages, are hosted externally, and are available anywhere the add-in is installed.

関連項目See also