SharePoint Online での "モダン" エクスペリエンスのカスタマイズCustomizing the "modern" experiences in SharePoint Online

SharePoint Online は、SharePoint サービス全体での "モダン" エクスペリエンスの段階的な導入を開始しました。これは、エンド ユーザーのエクスペリエンスだけでなく、使用可能なカスタマイズ オプションにも直接的な影響を与えます。SharePoint Online has started the gradual introduction of "modern" experiences across the SharePoint service, which has a direct impact not only on the end user experience but also on the customization options that can be used. この記事は、作業を開始するための "モダン" エクスペリエンスの概要を説明し、各 "モダン" エクスペリエンスについて、すべてのカスタマイズ オプションを含む記事へのリンクを提供しています。This article provides an overview of the "modern" experiences to get you started, including links to articles containing all the customization options for each of the "modern" experiences.

参照先の資料で示される "モダン" エクスペリエンスには数多くの利点がありますが、特定のカスタマイズ要件がある場合は、カスタマイズで現在サポートされているオプションに注意する必要があります。Numerous benefits in the "modern" experiences are called out in the referenced materials, but if you have specific customization requirements, you should be aware of the currently supported options for customizations.

重要

"クラシック" エクスペリエンスは廃止されていません。"クラシック" と "モダン" の両方が共存しています。We're not deprecating the "classic" experience; both "classic" and "modern" will coexist.

SharePoint Online の "モダン" エクスペリエンスとはWhat are the "modern" experiences in SharePoint Online?

SharePoint Online の "モダン" エクスペリエンスには次のものがあります。The "modern" experiences in SharePoint Online are:

  • モダン チーム サイトModern team sites
  • モダン リストとモダン ライブラリのエクスペリエンスModern list and library experiences
  • モダン サイト ページModern site pages

"モダン" エクスペリエンスは SharePoint Online で段階的にリリースされているため、テナント レベルまたはサイト レベルで適用する方法を制御できます。"Modern" experiences are being gradually released in SharePoint Online, and you can control how they are applied at the tenant or site level. 既存のカスタマイズがあれば、必要なカスタマイズ オプションが利用可能になるまで新しいエクスペリエンスを使用して保留できます。If you have existing customizations, you can defer using the new experiences until the required customization options are available.

ご使用の展開でビジネスに不可欠な既存のカスタマイズがある場合は、"モダン" エクスペリエンスへの採用に、次のプロセスを使用することをお勧めします。If you have existing customizations that are business critical for your deployment, we recommend using the following process for adopting the "modern" experiences:

  1. 準備: "モダン" エクスペリエンスを理解して、提供される機能を認識します。ただし、(まだ) 使用できない機能を理解することも同様に重要です。Readiness: Understand the "modern" experiences, know what features they offer, but equally important, understand which features are not (yet) available.

  2. 評価: 現在のカスタマイズがどの程度 "モダン" エクスペリエンスで機能するかを評価します。Assess: Assess to what extent your current customizations can work within the "modern" experience. また、"モダン" エクスペリエンスで機能しないカスタマイズまたは機能がどのサイトに存在するかを評価します。Also assess which of your sites have customizations or features that will not work within the "modern" experiences. これらのサイトとそのカスタマイズは、更新されるか、または "クラシック" に保たれる必要があります。These sites and their customizations should be updated or need to stay in "classic". ただし、他のサイトは "モダン" エクスペリエンスを使用して問題なく機能するはずです。However, other sites should work just fine using the "modern" experiences. "モダン" エクスペリエンスとの互換性を評価する最善の方法は、SharePoint の ”モダン” ユーザー インターフェイスのエクスペリエンス スキャナーを使用することです。The best way to assess your compatibility with the "modern" experiences is by using the SharePoint "Modern" user interface experience scanner.

  3. ソリューションの計画: カスタム ソリューションとサイトの両方で必要な作業を計画し、それらを "モダン" エクスペリエンスで使用する準備します。Solution planning: Plan the work required for both custom solutions and sites to prepare them to be used with the "modern" experiences.

  4. 開発とテスト:必要な変更をカスタマイズに適用し、テストします。Develop and test: Apply the needed changes to your customizations and test them.

  5. 展開: 更新された変更を SharePoint Online 環境に展開します。Deploy: Roll out the updated changes to your SharePoint Online environment.

"モダン" エクスペリエンスで現在サポートされている主なシナリオを次に示します。Following are the key scenarios currently supported by the "modern" experiences. サポートされるシナリオの一覧は、SharePoint Online に新しい機能が導入されるたびに更新されます。We will be updating the list of supported scenarios whenever new capabilities are introduced in SharePoint Online.


カスタマイズ/記事Customization/Article 説明Description
プログラムを使用した "モダン" チーム サイトのプロビジョニングProvisioning "modern" team sites programmatically "モダン" チーム サイトはエンド ユーザーがプロビジョニングすることができますが、ご自身でこれらのサイトをプログラムで作成することもできます。"Modern" team sites can be provisioned by an end user, but you can also create these sites programmatically.
"モダン" チーム サイトのカスタマイズCustomizing "modern" team sites ""モダン" チーム サイトは、SharePoint Online に新しい応答性の高いユーザー エクスペリエンスをもたらし、"Modern" team sites are sites that bring a fresh, new responsive user experience to SharePoint Online,
ホームページに関連情報を表示するサイトです。showing relevant information on the home page. 通常、これらのサイトには、関連付けられている Office 365 グループも含まれています。Typically, these sites also have an associated Office 365 group.
"モダン" リストと "モダン" ライブラリのカスタマイズCustomizing "modern" lists and libraries "モダン" リストと "モダン" ドキュメント ライブラリは、より速く、直感的で応答性の高い、優れたユーザー エクスペリエンスを提供します。"Modern" lists and document libraries bring a better user experience that is faster, more intuitive, and responsive.
この記事では、"モダン" ライブラリと "モダン" リストのエクスペリエンスでサポートされている、ユーザー カスタム アクションやブランド化など、機能拡張オプションについて説明します。This article focuses on the extensibility options, such as user custom actions and branding, which are supported for the "modern" library and list experiences.
"モダン" サイト ページのカスタマイズCustomizing "modern" site pages "モダン" チーム サイト ページは、速く、簡単に作成でき、豊富なマルチメディア コンテンツをサポートしています。"Modern" team site pages are fast, easy to author, and support rich multimedia content. また、それらのページは、Additionally, these pages
どのデバイス、ブラウザー、SharePoint モバイル アプリでも見栄えよく表示されます。look great on any device, in a browser, or from within the SharePoint mobile app.
この記事では、"モダン" ページ エクスペリエンスで利用可能な機能拡張オプションについて説明します。This article focuses on the extensibility options available within the "modern" page experience.
SharePoint の "モダン" サイトの分類SharePoint "modern" sites classification SharePoint のモダン サイト用のすぐに使用できるサイト分類を構成します。Configure out of the box site classification for modern SharePoint sites.

既存のサイトの "モダン" チーム サイトへの変換Converting existing sites to "modern" team sites

既存のコラボレーション サイトは、少なくとも現時点では、Office 365 のグループに関連付けられている "モダン" チーム サイトに変換できません。Existing collaboration sites cannot, at least currently, be converted to "modern" team sites with an associated Office 365 group. ただし、テナント レベルで新しい機能を有効にすることで、"クラシック" コラボレーション サイトでも "モダン" エクスペリエンスの使用を開始して、機能要件に基づいてサイトを変更することができます。However, you can start using "modern" experiences in the "classic" collaboration sites as well by enabling the new capabilities at the tenant level and then modifying the sites based on your functional requirements.

"モダン" リストと "モダン" ライブラリの使用方法は、テナント、サイト、Web、リスト/ライブラリ レベルで制御できます。"Modern" lists and library usage can be controlled at the tenant, site, web, and list/library level. 利用可能なオプションの詳細については、"モダン" リストと "モダン" ライブラリの記事をご覧ください。You can find more details about the available options in our "modern" list and libraries article.

既定では、"クラシック" SharePoint サイトは新しく追加されたページに対して "モダン" ページを使用するため、ウェルカム ページを "モダン" ページに変更するオプションが用意されています。By default, "classic" SharePoint sites use "modern" pages for any newly added page, and you have the option to change the welcome page to a "modern" page. "クラシック" SharePoint サイトの新しい "モダン" ページの設定は、CSOM または REST API を使用してプログラムで実行できます。Setting a new "modern" page for a "classic" SharePoint site can be done programatically by using CSOM or REST APIs.

オンプレミスの SharePoint "モダン" エクスペリエンスのサポートSharePoint "modern" experiences support for on-premises

SharePoint の "モダン" エクスペリエンスは、オンプレミスの SharePoint では現在使用できません。The SharePoint "modern" experiences are currently not available for SharePoint on-premises. SharePoint 2016 Feature Pack の一部として、"モダン" エクスペリエンスが OneDrive for Business のエクスペリエンス内に導入されるため、クラシック ページ エクスペリエンスで SharePoint Framework クライアント側の Web パーツを利用できます。As part of the SharePoint 2016 Feature Pack, "modern" experiences will be introduced within the OneDrive for Business experience, and you can take advantage of the SharePoint Framework client-side web parts in the classic page experience.

関連項目See also