PnP リモート プロビジョニング

サイト、リスト、コンテンツ タイプ、ページなどのプロビジョニングの成果物に関しては、"リモート プロビジョニング" と呼ばれる方法を使用することが現在推奨されています。 簡単に説明すると、リモート プロビジョニングは、使用可能ないずれかの API (SharePoint REST、SharePoint クライアント側オブジェクト モデル、または Microsoft Graph) を使用してこれらの成果物を作成することを指します。 コードは、ユーザーのコンピューターまたは別のサーバーで実行されます。

注意

PnP プロビジョニング フレームワーク & PnP プロビジョニング エンジンは、活発なコミュニティによりサポートされているオープン ソース ソリューションです。 Microsoft からのオープン ソース ツールのサポート SLA はありません。

SharePoint 開発者コミュニティは、ユーザーが既知のパラメーターを使用して反復可能なプロセスを作成できるように、PnP プロビジョニング エンジンと呼ばれるエンジンを作成しました。このエンジンを使用すると、テンプレートを簡単に作成し、作成したテンプレートをサイトまたはテナントに適用することができます。 PnP プロビジョニング エンジンは、C# コードから、または PnP PowerShell を使用して呼び出すことができます。

詳細については、以下のリソースを参照してください。

PnP リモートプロビジョニング vs サイト デザインとサイト スクリプト

サイト スクリプトを使用して成果物をプロビジョニングできるのであれば、サイト スクリプトを使用することが一般的に推奨されます。 ただし、PnP プロビジョニング エンジンは、サイト コレクションの成果物の範囲を超えてテナントを対象とした成果物のプロビジョニングの領域に入るという点に注意してください。

PnP リモート プロビジョニング リソース

記事 説明
PnP プロビジョニング エンジンの紹介 OfficeDev PnP プロジェクト内で 2015 年 4 月にリリースされた、PnP プロビジョニング エンジンを紹介する記事です。OfficeDev PnP コア ライブラリのリリース スケジュールに合わせて毎月更新されます。
PnP プロビジョニング エンジンの構成 JSON 構成ファイルを使用してエンジンを構成する方法について説明します。
PnP Office Open XML ファイル形式 Office Open XML ファイルである .PnP ファイル形式とその構築方法について説明します。
PnP プロビジョニング フレームワーク Office 365 と SharePoint Online のサイト コレクションで使用できるリモート プロビジョニング機能の概要と、完全に信頼できるサンドボックス ソリューションの作成が推奨されなくなった理由について取り上げます。
PnP プロビジョニング エンジンとコア ライブラリ リモート プロビジョニング プロセスの概要および OfficeDevPnP.Core ライブラリの詳細を説明します。
PnP プロビジョニング スキーマ XML スキーマを使用してプロビジョニング テンプレートをシリアル化し、保存する方法について説明します。
コンソール アプリケーションのプロビジョニング サンプル PnP プロビジョニング エンジンを用いてプロビジョニング テンプレートを作成して永続化し、新しい SharePoint サイト コレクションに適用する基本的な方法について説明します。
OfficeDevPnP.Core Office 365 Developer PnP コア コンポーネントは、CSOM プロビジョニング オブジェクトをサポートするための再利用可能な拡張メソッドとして一般的に使用されるリモート CSOM/REST 操作をカプセル化した拡張機能です。
PnP プロビジョニング スキーマの内側 (ビデオ) Paolo Pialorsi によって配信された、Microsoft Channel 9 音声/ビデオによる PnP プロビジョニング スキーマの紹介です。

関連項目