SharePoint Online ポータルのビルドBuilding well performing SharePoint Online portals

エンタープライズ ポータル (別名: イントラネット) を構築するための人気のあるプラットフォームとして、オンプレミスの SharePoint が現在、普及しています。SharePoint on-premises has been, and is, a popular platform for building enterprise portals (a.k.a. これと同様のポータルを SharePoint Online でも構築できます。You can build similar portals on SharePoint Online as well. ただし、インフラストラクチャ アーキテクチャの観点から見ると SharePoint Online は異なっており、新しいポータルを開発するときには SharePoint Online 固有のパフォーマンス上の考慮事項を念頭に置くことが重要です。You can build similar portals on SharePoint Online as well, but since SharePoint Online is different from an infrastructure architecture point of view it's important to factor in the SharePoint Online specific performance considerations when developing your new portal. この一連の記事では、ポータル設計に関する主要な領域のガイダンスを示します。This set of articles will give you guidance on the key portal design areas.

注意

このガイダンスは主に SharePoint Online を対象にしていますが、大部分はオンプレミスの SharePoint 環境でホストされているポータルにも適用されます。Although this guidance primarily targets SharePoint Online, most of it also applies to portals hosted in an on-premises SharePoint environment.

これらのガイドラインを作成した理由Why did we create these guidelines?

SharePoint Online の成長は驚異的で、結果としてより多くのお客様がプラットフォームとして SharePoint Online を使用してポータルを構築しています。 The growth of SharePoint Online is phenomenal and as a result more and more customers are building portals using SharePoint Online as their platform. SharePoint サポート チームとお客様と連携して作業するなかで気付いた点として、多くのお客様がオンプレミス SharePoint の場合と同じ方法でポータルを構築していますが、これはポータルのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。While working with SharePoint support teams and several large customers we've noticed that many customers built their portals like they would be building them for SharePoint on-premises and this approach is negatively impacting portal performance. 多くの場合、こうしたパフォーマンス上の問題はポータルの稼働後に解決されますが、言うまでもなく理想的ではありません。Often these performance problems are resolved after portal go live, which of course is not ideal. お客様はここに取り上げるガイドラインに従うことによって、SharePoint Online で優れたパフォーマンスを発揮するポータルを立ち上げることができます。We hope that by following these guidelines customers will be better prepared for launching well performing portals on SharePoint Online.

取り上げる内容What's included?

このガイダンスでは、SharePoint Online で優れたパフォーマンスを発揮するポータルを構築するのに役立つパターンとプラクティスについて説明します。特に焦点を当てるトピックは、パフォーマンス、情報アーキテクチャ、ナビゲーション、データの集計、ブランド化、ポータル ロールアウトです。各記事は以下のレイアウトに統一されています。The guidance currently mainly focuses on patterns and practices that will help you build well performing portals on SharePoint Online focusing on following topics: performance, information architecture, navigation, data aggregation, branding and portal roll-out. Each of the articles has the same layout:

  • 行うべきではないこと: 基本的に、今後は行わないようにしていただきたいことを説明します。What not to do: Essentially, we tell you what you should not do anymore.
  • ベスト プラクティスとパターン: ポータルを実装する方法を説明します。Best practices and patterns: How to implement your portal.
  • 詳細を理解するのに役立つリソースへのリンク。We'll give you a set of links to interesting resources where you can learn more
  • サンプル。Samples たとえば、クライアント側データ アクセス層 (DAL) サンプルなどです。Client-Side Data Access Layer (DAL) Sample

フィードバックの提供方法:How to provide feedback around provided guidance?

このガイダンスは完全なオープン ソースで、フィードバックを提供していただくようコミュニティにお勧めしています。This guidance is completely open source and we encourage the community to provide feedback. 各ページの右上にある [編集] を選択すると、このガイダンスをホストしている GitHub リポジトリに移動します。On the top right of each page you can click on "Contribute" which will bring you to the GitHub repository hosting this guidance. GitHub で次の操作を実行できます。In GitHub you can:

  • コンテンツについてのディスカッションを開始するには、懸案事項タブ上のリスト内に懸案事項を作成します。Create an issue in the issue list if you want to start a discussion on the content
  • リポジトリをフォークし、記事に変更を加え、プル要求を作成してください。Fork the repository, make changes to the articles and create a pull request.

皆様の投稿をお待ちしております。プル要求が承諾された後、発行システムでお客様がページ投稿者として認められます。We appreciate your contributions and our MSDN publishing system will credit you as page contributor once you're pull request has been accepted

注意

今後、このガイダンスにサンプル、さらなる洞察、SharePoint Online の新機能の統合を加えることによって拡張する予定です。コミュニティの皆様からのフィードバックと投稿をお待ちしています。We'll be further evolving this guidance by adding samples, additional insights, integration of new SharePoint Online capabilities and we would absolutely love community feedback and contributions.

対象となる読者Target audience

ほとんどのセクションで対象としているのは開発者ですが、これらのガイダンスでは情報アーキテクチャ、ブランド化、展開といった一般的な領域について説明しているため、開発者以外の読者でもガイダンスをご利用いただけます。Most sections target portal developers, but if you don't have a developer background, you can still use these guidelines because they discuss general areas such as information architecture, branding, and deployment.

ポータル ガイダンスの概要Portal guidance overview

SharePoint Online ポータル ガイドラインを構成するそれぞれの記事の概要を以下の表にまとめます。 Below table contains an overview of the individual articles that are part of the SharePoint Online portal guidelines.


記事Article 説明Description
パフォーマンスPerformance

SharePoint Online カスタマイズ モデルの進化、クライアント側 Web アプリケーションの全般的なパフォーマンス ガイドライン、クライアント側データ アクセス層 (DAL) フレームワークについて説明します。Describes the evolution of the SharePoint Online customization model, general performance guidelines for client-side web applications, and the Client-Side Data Access Layer (DAL) Framework.

情報アーキテクチャInformation architecture

サイトの編成パターンについて、およびアクセス許可、検索、分類、大容量メディアを SharePoint Online ポータルに統合する際のガイドラインについて説明します。Describes site organization patterns, and guidelines for incorporating permissions, search, taxonomy, and large media in your SharePoint Online portal.

ナビゲーションNavigation

既成のナビゲーション ソリューションを使用することと、カスタム ナビゲーション ソリューションを使用することの長所と短所について説明します。Explains the pros and cons of using an out-of-the-box navigation solution versus a custom navigation solution.

コンテンツ集約Content aggregation

コンテンツ集約のベスト プラクティスと手法、リアルタイム コンテンツ集約を使用する利点と欠点について説明します。Describes best practices and techniques for content aggregation, and the cons of using real-time content aggregation.

ブランド化Branding

SharePoint Online 環境でポータルをブランド化する際の要件と一般原則について説明します。Describes branding requirements and general principles when branding portals in a SharePoint Online environment.

展開Deployment

段階的なロールアウト計画およびテレメトリを使用する新しい推奨されている戦略を、従来の展開戦略と比較します。Compares past deployment strategies with the now recommended strategy of using a phased roll-out plan and telemetry.

関連項目See also