パフォーマンスの優れた SharePoint Online ポータルを開発するためのガイドラインGuidelines for developing well performing SharePoint Online portals

長年にわたり、オンプレミスの SharePoint は、エンタープライズ ポータル (別名、イントラネット) を構築するための人気のあるプラットフォームとなっています。SharePoint on-premises has been, and is, a popular platform for building enterprise portals (a.k.a. intranets). 同様のポータルを SharePoint Online で構築できますが、インフラストラクチャのアーキテクチャの観点から見ると SharePoint Online は異なるため、新しいポータルを開発する場合には SharePoint Online 固有のパフォーマンスに関する考慮事項を念頭に置くことが重要です。You can build similar portals on SharePoint Online as well, but since SharePoint Online is different from an infrastructure architecture point of view it's important to factor in the SharePoint Online specific performance considerations when developing your new portal. この一連の記事では、ポータル設計に関する主要な領域に関するガイダンスを取り上げます。This set of articles will give you guidance on the key portal design areas.

注意

このガイダンスは SharePoint Online を対象にしていますが、大部分はオンプレミスの SharePoint 環境でホストされているポータルにも適用されます。Note: Although this guidance is targeting SharePoint Online most of it also applies to portals hosted on a SharePoint on-premises environment.

適用対象: SharePoint OnlineApplies to: SharePoint Online

これらのガイドラインを作成したのはなぜですか?Why did we create these guidelines?

SharePoint Online の成長は驚異的で、結果としてより多くのお客様がプラットフォームとして SharePoint Online を使用してポータルを構築しています。 The growth of SharePoint Online is phenomenal and as a result more and more customers are building portals using SharePoint Online as their platform. SharePoint サポート チームと連携し、多数のお客様と作業して気付いた点として、多くのお客様がオンプレミスの SharePoint の場合と同じようにポータルを構築しています。この方式はポータルのパフォーマンスに悪影響を及ぼします。While working with SharePoint support teams and several large customers we've noticed that many customers built their portals like they would be building them for SharePoint on-premises and this approach is negatively impacting portal performance. 多くの場合、こうしたパフォーマンス上の問題はポータルの稼働後に解決されますが、言うまでもなく理想的ではありません。Often these performance problems are resolved after portal go live, which of course is not ideal. お客様はここに取り上げるガイドラインに従うことによって、SharePoint Online で優れたパフォーマンスを発揮するポータルを作り上げることができます。We hope that by following these guidelines customers will be better prepared for launching well performing portals on SharePoint Online.

どんな内容が取り上げられていますか?What's included?

現在、このガイダンスでは主に、SharePoint Online で優れたパフォーマンスを発揮するポータルを構築するのに役立つパターンとプラクティスに焦点を当てています。特に、パフォーマンス、情報アーキテクチャ、ナビゲーション、データの集計、ブランド化、ポータル ロールアウトといったトピックを取り上げます。各記事のレイアウトは同じです。The guidance currently mainly focuses on patterns and practices that will help you build well performing portals on SharePoint Online focusing on following topics: performance, information architecture, navigation, data aggregation, branding and portal roll-out. Each of the articles has the same layout:

  • 最初に不使用パターン、つまり禁止事項について取り上げます。We'll start with anti-patterns: essentially telling you what you should not do anymore
  • その後、ポータルを実装する方法についてのベスト プラクティスとパターンを示します。We'll then provide best practice and patterns on how you should be implementing your portal
  • 詳細を把握するのに役立つリソースへの一連のリンクも記します。We'll give you a set of links to interesting resources where you can learn more
  • クライアント側データ アクセス層 (DAL) サンプルなどで、ベスト プラクティスを補足していますWe're complementing the best practices with samples like our Client-Side Data Access Layer (DAL) Sample

用意されているガイダンスに関するフィードバックをどのように提供できますか?How to provide feedback around provided guidance?

このガイダンスは完全なオープン ソースで、フィードバックの提供をコミュニティにお勧めしています。This guidance is completely open source and we encourage the community to provide feedback. 各ページの右上の [投稿] をクリックすると、このガイダンスをホストしている GitHub リポジトリに移動します。On the top right of each page you can click on "Contribute" which will bring you to the GitHub repository hosting this guidance. GitHub で次の操作を実行できます。Once in GitHub you can:

  • コンテンツについてのディスカッションを開始する場合には、懸案事項リストで懸案事項を作成します。Create an issue in the issue list if you want to start a discussion on the content
  • リポジトリをフォークし、記事に変更を加え、プル要求を作成します。Fork the repository, make changes to the articles and create a pull request. 投稿をお待ちしております。また、MSDN 発行システムでは、お客様のプル要求が承諾されるとページ投稿者として信頼されます。We appreciate your contributions and our MSDN publishing system will credit you as page contributor once you're pull request has been accepted

注意

今後、このガイダンスにサンプル、さらなる洞察、SharePoint Online の新機能の統合を加えることによって拡張する予定です。コミュニティからのフィードバックと投稿を心からお待ちしています。Note: We'll be further evolving this guidance by adding samples, additional insights, integration of new SharePoint Online capabilities and we would absolutely love community feedback and contributions.

これらのガイダンスの対象ユーザーはだれですか?What's the audience we're targeting with these guidelines?

ほとんどのセクションで対象となっているのはポータル開発者ですが、開発者の背景がないユーザーであっても、情報アーキテクチャ―ブランド化稼働などの一般的な領域についても取り上げられているため、ガイダンスをよくお読みになることをお勧めします。 Most sections are targeting portal developers, but if you're not having a developer background then the it's recommended to go over this guidelines as it also discusses more general areas like Information Architecture, Branding and Go Live.

ポータル ガイダンスの概要Portal guidance overview

SharePoint Online ポータル ガイドラインを構成するそれぞれの記事の概要を以下の表にまとめます。 Below table contains an overview of the individual articles that are part of the SharePoint Online portal guidelines.

ポータル設計の領域Portal design area オプションの概要Introduction to options
パフォーマンスPerformance

パフォーマンスはすべてのポータルの重要な側面であり、この記事には、パフォーマンスの高いポータルの構築に役立つ多数の設計パターンが含まれています。Performance is a critical aspect of any portal and this article contains numerous design patterns that will help you build well performing portals.

ポータル パフォーマンス ガイダンスPortal performance guidance

情報アーキテクチャInformation architecture

優れたポータル パフォーマンスを実現するうえで、適切な情報アーキテクチャは重要な前提条件となります。Having a sound information architecture is an important prerequisite for realizing good portal performance.

ポータル情報アーキテクチャ ガイダンスPortal information architecture guidance

ナビゲーションNavigation

各ポータル プロジェクトではナビゲーションの問題に取り組む必要があります。また、SharePoint Online の場合にはこの記事で説明されている特有のガイドラインを考慮する必要があります。Each portal project needs to tackle the navigation question and for SharePoint Online you'll need to take in account specific guidelines which are described in this article.

ポータル ナビゲーション ガイダンスPortal navigation guidance

データの集計Data aggregation

ほとんどすべてのポータルにおいて、様々な場所からのデータの集計やロールアップ、ユーザー設定の考慮などが必要になります。Aggregating and rolling up data from different locations, taking in account user preferences in something that almost all portals need. この記事を調べて、データを集計するための柔軟性に富み、既に実証された方法について確認してください。Check out this article to learn more about a flexible proven approach for aggregating data.

ポータル データ集計ガイダンスPortal data aggregation guidance

ブランド化Branding

ポータルでカスタム ブランドを適用できることは一般的な要件であり、この記事ではブランド化のオプションの概要とブランド化のベスト プラクティスについて取り上げます。Being able to apply a custom brand on a portal is a typical requirement and this article provides you with an overview of the branding options and branding best practices.

ポータル ブランド化ガイダンスPortal branding guidance

稼働Go Live

ポータルの開発とテストを終わったら稼働できますが、稼働するためにはどのような戦略に従う必要がありますか?Once you're portal has been developed and tested it's time to go live...but what strategy to follow for going live? この記事では、Microsoft 推奨の方法を取り上げます。This article will give you the Microsoft recommended approach.

ポータル稼働ガイダンスPortal go live guidance