SharePoint の検索のカスタマイズSearch customizations for SharePoint

検索ベースのサイト ディレクトリ、カスタマイズ検索結果、または検索構成の移植性を使用して、カスタマイズした SharePoint および SharePoint Online の検索シナリオを作成します。Create customized SharePoint 2013 and SharePoint Online search scenarios by using a search-based site directory, personalized search, or search configuration portability.

検索ベースのサイト ディレクトリSearch-based site directory

SharePoint 検索では、カスタム コードを記述せずに検索ベースのサイト ディレクトを作成することができます。SharePoint search enables you to create a search-based site directory without writing any custom code.

サイト ディレクトリを作成するには、次の手順を実行します。To create a site directory:

  1. サイト ディレクトリの表示テンプレートを作成します。Create the site directory display templates.

  2. サイト ディレクトリの検索結果の種類を定義します。Define the site directory result type.

  3. 結果ページを作成します。Create the results page.

  4. 検索結果 Web パーツ プロパティを編集します。Edit the Results Web Part properties.

注意

次の手順では、サイトに関連する表示テンプレートを変更なしで使用します。This procedure uses the site-related display templates without modification. サイト ディレクトリの結果の表示方法を変更する場合、作成する表示テンプレートを変更します。If you want to change how site directory results are displayed, modify the display templates that you create.

サイト ディレクトリの表示テンプレートを作成するには、次の手順を実行します。To create the site directory display templates:

  1. [マスター ページ ギャラリー] にマップされたネットワーク ドライブを開きます。詳細については、「SharePoint マスター ページ ギャラリーへのネットワーク ドライブの割り当て」を参照してください。Open the mapped network drive to the Master Page Gallery. For more information, see How to: Map a network drive to the SharePoint 2013 Master Page Gallery.

  2. 実行しようとする内容に最も良く適合する表示テンプレート HTML ファイルをコピーします。サイト ディレクトリのシナリオの場合は、Item_Site.html と Item_Site_HoverPanel.html です。これらのファイルは両方とも、マップされたネットワーク ドライブの \Display Templates\Search フォルダーにあります。Make copies of the display template HTML files that best map what you're trying to do. For the site directory scenario, this will be Item_Site.html and Item_Site_HoverPanel.html. Both files are located in the \Display Templates\Search folder in the mapped network drive.

  3. 次のように Item_Site.html と Item_Site_HoverPanel.html のコピーの名前を変更します。Rename the copies that you made of the Item_SiteDirectory.html and Item_SiteDirectory_HoverPanel.html files as shown.

    サイト ディレクトリ表示テンプレート

  4. Item_SiteDirectory.html ファイルを開き、次のように変更します。Open the Item_SiteDirectory.html file and make the following changes:

    • <title> タグの値を Site Item から Site Directory に変更します。Change the tag value from "Site Item" to "Site Directory".

    • 開始 <body> タグの後の最初の <div> タグを <div id="Item_Site"> から <div id="Item_SiteDirectory"> に変更します。Change the first <div> tag after the opening <body> tag from <div id="Item_Site"> to <div id="Item_SiteDirectory">.

    • ホバー パネル表示テンプレート JavaScript ファイルの名前を var hoverUrl = "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Search/Item_Site_HoverPanel.js"; から var hoverUrl = "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Search/Item_SiteDirectory_HoverPanel.js"; に変更します。Change the hover panel display template JavaScript file name from: var hoverUrl = "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Search/Item_Site_HoverPanel.js";to: var hoverUrl = "~sitecollection/_catalogs/masterpage/Display Templates/Search/Item_SiteDirectory_HoverPanel.js";

  5. Item_SiteDirectory_HoverPanel.html ファイルを開き、次のように変更します。Open the Item_SiteDirectory_HoverPanel.html file and make the following changes:

    • 開始 <body> タグの後の <div> タグを <title>Site Hover Panel Test</title> から <title>Site Directory Hover Panel</title> に変更します。Change the <div> tag following the opening <body> tag from: <title>Site Hover Panel Test</title>to: <title>Site Directory Hover Panel</title>

    • <title> タグを <div id="Item_Site_HoverPanel"> から <div id="Item_SiteDirectory_HoverPanel"> に変更します。Change the <title> tag from: <div id="Item_Site_HoverPanel">to: <div id="Item_SiteDirectory_HoverPanel">

サイト ディレクトリの結果の種類を定義するにはTo define the site directory result type:

  1. [サイト設定] > [検索] > [検索結果の種類] に移動し、新しい検索結果の種類 を選択します。Go to Site Settings > Search > Result Types, and then choose New Result Type.

  2. 新しい検索結果の種類の名前を「Basic Site Direcotory」にします。Name your new result type "Basic Site Directory".

  3. [結果の見た目を設定] ボックスで、[サイト ディレクトリ] を選択します。In the What should these results look like? box, select Site Directory.

    サイト結果構成の例

  4. [保存] を選択します。Choose Save.

結果ページを作成するにはTo create the results page:

  1. [サイト設定] メニューで、[サイト コンテンツ] を選択します。On the Site Settings menu, select Site contents.

  2. [ページ] を選択します。Select Pages.

  3. [ページ] ライブラリで、[ファイル] > [新しいドキュメント] > [ページ] を選択します。In the Pages library, select Files > New Document > Page.

  4. [ページの作成] ページで、[タイトル]Site Directory[URL 名]sitedirectory を指定します。On the Create Page page, specify "Site Directory" for Title and "sitedirectory" for URL Name.

  5. [作成] を選択します。Choose Create.

検索結果 Web パーツのプロパティを編集するにはTo edit the Results Web Part properties:

  1. [サイト ディレクトリ] ページで、[設定] > [ページの編集] を選択します。On the Site Directory page, choose Settings > Edit Page.

  2. [検索結果 Web パーツ] で、[Web パーツ] メニューを選択し、[Web パーツの編集] を選択します。In the Search Results Web Part, choose the Web Part menu, and then choose Edit Web Part.

    Web パーツ メニュー

  3. Web パーツ ツール ウィンドウで、[クエリの変更] を選択し、クエリ ビルダーを開きます。 In the Web Part tool pane, choose Change query to open the Query Builder.

  4. [クエリ テキスト] フィールドに次を入力します。ContentClass:STS_Web OR ContentClass:STS_Site path:http://<YourServer>In the Query text field, enter the following: ContentClass:STS_Web OR ContentClass:STS_Site path:http://<YourServer>

  5. [テスト クエリ] を選択して、構文が正しいことを確認します。Choose Test query to confirm that the syntax is correct. [検索結果のプレビュー] ウィンドウに、[クエリ テキスト]path で指定したサイト内のサブサイトが表示されるはずです。Choose Test query to confirm that the syntax is correct. The Search Results Preview pane should display subsites within the site you specified for path in the Query text.

    検索結果 Web パーツ クエリ ビルダー

  6. [OK] をクリックしてクエリ ビルダーを閉じます。Choose OK to close the Query Builder.

  7. [表示テンプレート] で、[検索結果の種類を使用したアイテムの表示] を選択します。In Display Templates, select Use result types to display items.

  8. [アイテムの検索結果の種類] リストの [Basic Site Directory] を選択します。Select Basic Site Directory in the Result type for item drop-down list.

  9. [外観] セクションで、[タイトル]Sites I have access to に変更します。In the Appearance section, change the Title to "Sites I have access to".

  10. [OK] をクリックして Web パーツの変更を保存し、Web パーツ ツール ウィンドウを閉じます。Choose OK to save the changes to the Web Part and to close the Web Part tool pane. The following figure shows an example of a search-based site directory page.

    次の図では、検索ベースのサイト ディレクトリ ページの例を示します。The following figure shows an example of a search-based site directory page.

    Contoso の検索ベースのサイト ディレクトリの例

カスタマイズ検索の結果Personalized search results

カスタマイズ検索は、検索要求を提出するユーザーを対象とする検索結果を表示するときに使用されます。Personalized search is when you show search results targeted to the user submitting the search request. This section describes some scenarios for personalized search and how you might implement them. このセクションでは、カスタマイズ検索の一部のシナリオとそれらの実装方法を説明します。Personalized search is when you show search results targeted to the user submitting the search request. This section describes some scenarios for personalized search and how you might implement them.

ニュース シナリオYour news scenario

このシナリオでは、ユーザーを対象にニュースやイベントなど、関連するコンテンツを示す検索アドインを作成します。In this scenario, you create a search add-in that shows relevant content, such as news and events, targeted to the user.

ニュースのカスタマイズ検索のシナリオYour News personalized search scenario

ニュースのカスタマイズ検索のシナリオ

ニュースのシナリオを実装するには、SharePoint 検索結果 Web パーツおよび既定の表示テンプレートを使用して、タイトル、説明、ロールアップ イメージを含むニュース情報を表示します。To implement the news scenario, use the SharePoint Search Results web part and default display templates to display the news information, including title, description, and rollup image. 最初の 10 個のニュース アイテムを表示します。Show the first ten news items. ユーザーがロールアップ イメージ、タイトル、または [詳細情報] リンクを選択すると、ニュース記事のページが読み込まれます。When the user chooses the rollup image, title, or Read More link, the news article page is loaded.

または、クエリ API (CSOM または REST) を使用して検索アドインを作成することができます。Alternatively, you can create a search add-in using the query API (CSOM or REST). You can make the number of news items to be displayed configurable by using the search add-in properties. 検索アドイン プロパティを使用して構成可能なニュース アイテムの数を表示することができます。Alternatively, you can create a search add-in using the query API (CSOM or REST). You can make the number of news items to be displayed configurable by using the search add-in properties.

もう 1 つのオプションでは、クエリ API を使用し、検索結果を取得するクエリ API コードをページ レイアウトに直接追加します。Another option is to use the query API to add the query API code that retrieves the search results directly to the page layout.

ユーザー固有のニュースやイベント情報を表示するにはTo display the news and event information specific to the user:

  1. 部署、地域、言語などのユーザー プロファイルのプロパティに基づいてニュースやイベントの結果をフィルター処理するように、クエリを変更します。Modify the query to filter news and event results based on user profile properties like business unit, region, and language.

  2. ニュースやイベント アイテムのタイトル、説明、ロールアップ イメージ、および URL のプロパティを取得します。Retrieve the Title, Description, rollup image, and URL properties for the news or event items.

  3. 組み合わせたニュースとイベントを LastModifiedDate プロパティに基づいて並び替えるロジックを実装します。Implement sorting logic for the combined news and events based on the LastModifiedDate property.

予定イベントのシナリオUpcoming events scenario

このシナリオでは、検索アドインは、ユーザーを対象に関連するイベントを表示します。In this scenario, the search add-in shows relevant events targeted to the user.

予定イベントのカスタマイズ検索のシナリオUpcoming Events personalized search scenario

予定イベントのカスタマイズ検索のシナリオ

このシナリオを実装するには、SharePoint 検索結果 Web パーツの構成で、予定イベント情報だけを取得するようにクエリを変更できます。To implement this scenario, you can configure the SharePoint Search Results web part to change the query to only retrieve upcoming event information. これを実行するには、ContentClass:STS_ListItem_Events に Web パーツのクエリ テキストを指定します。To do this, specify ContentClass:STS_ListItem_Events for the web part's query text. イベントの結果の表示方法を変更するには、カスタム表示テンプレートを作成し、イベント情報を表示します。To change how event results are displayed, create custom display templates to render the event information.

アイテム表示テンプレートを変更して、ユーザーがイメージ、タイトル、または [詳細情報] リンクを選択すると、イベント情報が読み込まれるようにすることができます。You can modify the item display template so that when the user chooses the image, title, or Read More link, the event information page is loaded. You can also modify the control display template so that when the user chooses See More, the next 10 event results are displayed in the Web Part. コントロール表示テンプレートを変更して、ユーザーが [その他を見る] を選択すると Web パーツに次の 10 イベント結果が表示されるようにすることもできます。You can also modify the control display template so that when the user chooses See More, the next ten event results are displayed in the web part.

クエリ API を使用する検索アドインを作成して、イベント結果を取得することもできます。You can also create a search add-in that uses the query API to retrieve event results. 既定で最新の 10 項目の予定イベントのみを表示するように検索アドインを構成できますが、検索アドイン プロパティでこの設定を構成可能にしてください。You can also create a search add-in that uses the query API to retrieve even results. You can configure the search add-in to show, by default, only 10 of the latest upcoming events, but make this setting configurable through the search add-in properties.

このシナリオでは、検索アドインは検索結果を、企業のイントラネットや部門のランディング ページなどの場所でユーザーを対象とするおすすめコンテンツとして表示します。In this scenario, the search add-in shows search results as featured content targeted to your users in places such as corporate intranet and divisional landing pages. You can implement this with an add-in part that contains a jQuery plugin with HTML, that uses the search REST service or the query CSOM to get search results from SharePoint and display the results. これを、検索 REST サービスまたはクエリ CSOM を使用する HTML とともに jQuery プラグインを含むアドイン パーツで実装して、SharePoint から検索結果を取得し、結果を表示することができます。In this scenario, the search add-in shows search results as featured content targeted to your users in places such as corporate intranet and divisional landing pages. You can implement this with an add-in part that contains a jQuery plugin with HTML, that uses the search REST service or the query CSOM to get search results from SharePoint and display the results.

[SharePoint アドインで検索結果をカスタマイズする] サンプルでは、検索クエリ CSOM を使用する基本的な検索結果とカスタマイズされた検索結果が表示されます。The SharePoint 2013: Personalizing search results in a SharePoint Add-in sample shows a basic search example and a personalized search results example that uses the search query CSOM. The basic search example lets the user provide a search filter to use for a tenant-wide search. Sites are searched based on that user-supplied filter. 基本的な検索結果は、ユーザーに検索フィルターを提供して、テナント全体の検索に使用できるようにします。The basic search example lets the user provide a search filter to use for a tenant-wide search. サイトは、そのユーザーが提供したフィルターに基づいて検索されます。Sites are searched based on that user-supplied filter.

この例では、SharePointContextProvider クラスを使用して SharePoit コンテキストを最初に取得します。The example first gets SharePoint context by using the SharePointContextProvider class.

var spContext = SharePointContextProvider.Current.GetSharePointContext(Context);


次に、ユーザーが入力した内容に基づいてクエリを作成します。Next, it builds the query based on what the user entered. クエリをサイト コレクションに限定した後、ProcessQuery メソッドを呼び出し、コンテキストとクエリをメソッド コールに渡します。Next, it builds the query based on what the user entered. It restricts the query to site collections, and then calls the ProcessQuery method, passing the context and the query in the method call. It then returns the ProcessQuery results as a result table, which is then parsed by the FormatResults method. 次に、ProcessQuery 結果を結果テーブルとして返し、それが FormatResults メソッドで解析されます。It then returns the ProcessQuery results as a result table, which is then parsed by the FormatResults method.

using (var clientContext = spContext.CreateUserClientContextForSPHost())
{
    string query = searchtext.Text + " contentclass:\"STS_Site\"";
    ClientResult<ResultTableCollection> results = ProcessQuery(clientContext, query);
    lblStatus1.Text = FormatResults(results);
}


ProcessQuery メソッドは、検索クエリを表す KeywordQuery オブジェクトを作成します。The ProcessQuery method builds a KeywordQuery object that represents the search query.

KeywordQuery keywordQuery = new KeywordQuery(ctx);
keywordQuery.QueryText = keywordQueryValue;
keywordQuery.RowLimit = 500;
keywordQuery.StartRow = 0;
keywordQuery.SelectProperties.Add("Title");
keywordQuery.SelectProperties.Add("SPSiteUrl");
keywordQuery.SelectProperties.Add("Description");
keywordQuery.SelectProperties.Add("WebTemplate");
keywordQuery.SortList.Add("SPSiteUrl", Microsoft.SharePoint.Client.Search.Query.SortDirection.Ascending);


ExecuteQuery_Client(Query) メソッドが呼び出されて、検索クエリが SharePoint に送信されます。The search query is then submitted to SharePoint by calling the ExecuteQuery_Client(Query) method. Results are returned to the ClientResult<T object. 検索結果は、ClientResult<T> オブジェクトに返されます。Results are returned to the ClientResult<T> object.

SearchExecutor searchExec = new SearchExecutor(ctx);
ClientResult<ResultTableCollection> results = searchExec.ExecuteQuery(keywordQuery);
ctx.ExecuteQuery();


FormatResults メソッドは検索結果を反復処理して、結果の値を表示する HTML テーブルを作成します。The FormatResults method iterates through the results and constructs an HTML table to display the result values.

string responseHtml = "<h3>Results</h3>";
responseHtml += "<table>";
responseHtml += "<tr><th>Title</th><th>Site URL</th><th>Description</th><th>Template</th></tr>";
if (results.Value[0].RowCount > 0)
{
 foreach (var row in results.Value[0].ResultRows)
 {
   responseHtml += "<tr>";
   responseHtml += string.Format("<td>{0}</td>", row["Title"] != null ? row["Title"].ToString() : "");
   responseHtml += string.Format("<td>{0}</td>", row["SPSiteUrl"] != null ? row["SPSiteUrl"].ToString() : "");
   responseHtml += string.Format("<td>{0}</td>", row["Description"] != null ? row["Description"].ToString() : "");
   responseHtml += string.Format("<td>{0}</td>", row["WebTemplate"] != null ? row["WebTemplate"].ToString() : "");
   responseHtml += "</tr>";
 }
}
responseHtml += "</table>";


ResolveAdditionalFilter メソッドは、"Apptest" があるかどうかを検査します。The ResolveAdditionalFilter method checks for "Apptest". 見つかった場合、任意の種類のサイト テンプレートのリストが検索結果に返されます。The ResolveAdditionalFilter method checks for "Apptest". If it is found, a list of site templates of any type is returned in the search results. If it is not found, only STS web templates are returned in the search results. 見つからなかった場合、STS Web テンプレートだけが検索結果に返されます。If it is not found, only STS web templates are returned in the search results.

private string ResolveAdditionalFilter(string aboutMeValue)
{
    if (!aboutMeValue.Contains("AppTest"))
    {
        return "WebTemplate=STS";
    }
    return "";
}


次に、この例ではクエリを作成し、検索結果の取得、書式設定、表示を実行するために ProcessQuery および FormatResults メソッドを呼び出します。The example then constructs the query and calls the ProcessQuery and FormatResults methods to retrieve, format, and display the search results.

string query = "contentclass:\"STS_Site\" " + templateFilter;
ClientResult<ResultTableCollection> results = ProcessQuery(clientContext, query);
lblStatus2.Text = FormatResults(results);


以下の図では、この例の UI を示します。You can see the UI for this example in the following figure.

カスタマイズ検索結果のサンプル UI

検索構成の移植性Search configuration portability

SharePoint および SharePoint Online では、サイト コレクションおよびサイトの間で、カスタマイズされた検索構成設定のインポートとエクスポートができます。In SharePoint and SharePoint Online, you can export and import customized search configuration settings between site collections and sites. Search Service アプリケーション (SSA) レベルでは、カスタマイズされた検索構成設定のみをエクスポートすることができ、これをプログラムで実行するには検索 API を使用する必要があります。In SharePoint 2013 and SharePoint Online, you can export and import customized search configuration settings between site collections and sites. You can only export customized search configuration settings at the Search service application (SSA) level, and you have to use the search APIs to do this programmatically. The export option is not available in the SharePoint UI. [エクスポート] オプションは、SharePoint UI では使用できません。The export option is not available in the SharePoint UI.

SharePoint Online の検索設定のインポートとエクスポート」 サンプルでは、コンソール アプリケーションで検索 CSOM を使用して、SharePoint Online サイトの検索設定をインポートおよびエクスポートする方法が示されています。The SharePoint 2013: Import and Export search settings for SharePoint Online sample show how to import and export search settings for a SharePoint Online site using the search CSOM in a console application.

移植可能な設定の構成Configuration settings that are portable

カスタマイズされた検索構成設定をエクスポートする場合、SharePoint は XML 形式の検索構成ファイルを作成します。When you export customized search configuration settings, SharePoint creates a search configuration file in XML format. この検索構成ファイルには、SSA レベル、サイト コレクション レベル、またはサイト レベル (エクスポートを開始した場所) でエクスポート可能なすべてのカスタマイズされた検索構成設定が含まれます。This search configuration file includes all exportable customized search configuration settings at the SSA level, site collection level, or site level from where you start the export. サイト コレクション用の検索構成ファイルには、サイト コレクション内の個々のサイトからの検索構成設定は含まれません。A search configuration file for a site collection does not contain search configuration settings from the individual sites within the site collection.

検索構成ファイルをインポートすると、SharePoint は、サイト コレクションまたはサイト (インポートを開始した場所) に、カスタマイズされた検索構成設定を作成し、それを有効にします。When you import a search configuration file, SharePoint 2013 creates and enables each customized search configuration setting in the site collection or site from where you start the import.

次の表は、エクスポート/インポートできる設定と、他のカスタマイズされた検索構成設定に対する依存関係を一覧表示しています。The following table lists the settings that you can export and import and any dependencies on other customized search configuration settings. カスタマイズされた検索構成設定が、別のレベルにあるカスタマイズされた検索構成設定に依存している場合、該当するすべてのレベルで設定をエクスポート/インポートする必要があります。Table 1 lists the settings that you can export and import and any dependencies on other customized search configuration settings. If the customized search configuration settings depend on a customized search configuration setting at a different level, you must export and import settings at all relevant levels.

エクスポートおよびインポート可能な検索設定Table 1. Search settings that you can export and import

構成設定Configuration setting 依存関係Dependencies
結果ブロック、昇格した結果、およびユーザー セグメントを含むクエリ ルールQuery rules, including result blocs, promoted results, and user segments 検索先、検索結果の種類、検索スキーマ、ランク付けモデルResult sources, result types, search schema, ranking model
検索先Result sources 検索スキーマSearch schema
結果の種類Result types 検索スキーマ、検索先、表示テンプレートSearch schema, result sources, display templates
検索スキーマSearch schema なしNone
ランク付けモデルRanking model 検索スキーマSearch schema

カスタマイズされた検索構成設定を SSA からエクスポートし、その設定をサイト コレクションおよびサイトにインポートすることができます。しかし、カスタマイズされた検索構成設定を SSA にインポートすることはできません。また、既定の検索構成設定をエクスポートすることもできません。You can export customized search configuration settings from an SSA and import the settings to site collections and sites. But you can't import customized search configuration settings to an SSA. You also can't export the default search configuration settings.

サイトまたはサイト コレクションのレベルでは、SharePoint UI を使用して検索構成設定をエクスポートまたはインポートできます。At the site or site collection level, you can export or import search configuration settings by using the SharePoint UI. These settings are located in the Search section of the Site Settings page. これらの設定は、[サイトの設定] ページの [検索] セクションにあります。These settings are located in the Search section of the Site Settings page.

サイトの設定 - 検索

これらの設定は、[サイト コレクションの管理] セクションでも利用できます。These settings are also available in the Site Collection Administration section. または、SharePoint 検索 CSOM を使用してこれらの設定をプログラムでインポートおよびエクスポートすることができます。These settings are also available in the Site Collection Administration section. Alternatively, you can programmatically import and export these settings by using the SharePoint 2013 search CSOM.

検索構成ファイルSearch configuration files

次の表では、検索構成をサポートするスキーマ ファイルを一覧表示します。The following table lists schema files that support a search configuration. For information about the schema format, see Share Point search settings portability schemas. スキーマ形式の詳細については、「SharePoint 検索設定の移植性スキーマ」 を参照してください。For information about the schema format, see SharePoint search settings portability schemas.

注意

スキーマ ファイルは、SP15_search_settings_portability_schema.zip からダウンロードすることができます。Note: You can download the schema files from http://download.microsoft.com/download/1/2/2/12204CDE-56A6-4B2F-9719-4EA25FDA7743/SP15_search_settings_portability_schema.zip.

検索設定の移植性スキーマTable 2. Search settings portability schemas

スキーマSchema 説明Description
SPS15XSDSearchSet1SPS15XSDSearchSet1 検索先を表す XML を指定します。Specifies XML that represents result sources.
SPS15XSDSearchSet2SPS15XSDSearchSet2 SSA 検索インスタンスを管理するための管理タイプとメンバーを表す XML を指定します。これには、検索結果アイテムの種類とプロパティ ルールの設定が含まれます。Specifies XML that represents administrative types and members for managing an SSA search instance. This includes result item types and property rule settings.
SPS15XSDSearchSet3SPS15XSDSearchSet3 クエリ ルール、検索先、管理プロパティ、クロールされたプロパティ、およびランク付けモデルを含む設定を表す XML を指定します。Specifies XML that represents settings that include query rules, result sources, managed properties, crawled properties, and ranking models.
SPS15XSDSearchSet4SPS15XSDSearchSet4 その他のスキーマで使用される列挙を表す XML を指定します。Specifies XML that represents enumerations used in other schemas.
SPS15XSDSearchSet5SPS15XSDSearchSet5 他のスキーマで使用される ResultType のような列挙を表す XML を指定します。Specifies XML that represents enumerations like ResultType that are used in other schemas.
SPS15XSDSearchSet6SPS15XSDSearchSet6 Microsoft.Office.Server.Search.Administration スキーマで使用される列挙を表す XML を指定します。Specifies XML that represents enumerations used in the Microsoft.Office.Server.Search.Administration schema.

CSOM を使用した構成設定の移植Using CSOM to port configuration settings

検索構成設定をインポートおよびエクスポートするために必要な CSOM API は、Microsoft.SharePoint.Client.Search.Portability 名前空間の SearchConfigurationPortability クラスにあります。The CSOM APIs that you need in order to import and export your search configuration settings are in the SearchConfigurationPortability class in the Microsoft.SharePoint.Client.Search.Portability namespace.

以下のコードの例は、サイトの検索構成設定をエクスポートする方法を示しています。The following code example shows how to export a site's search configuration settings.

private static void ExportSearchSettings(ClientContext context, string settingsFile)
{
   SearchConfigurationPortability sconfig = new SearchConfigurationPortability(context);
   SearchObjectOwner owner = new SearchObjectOwner(context, SearchObjectLevel.SPWeb);
   ClientResult<string> configresults = sconfig.ExportSearchConfiguration(owner);
   context.ExecuteQuery();
   string results = configresults.Value;
   System.IO.File.WriteAllText(settingsFile, results);
}


以下のコードは、サイトの検索構成設定をインポートする方法を示しています。The following code shows how to import a site's search configuration settings.

private static void ImportSearchSettings(ClientContext context, string settingsFile)
{
   SearchConfigurationPortability sconfig = new SearchConfigurationPortability(context);
   SearchObjectOwner owner = new SearchObjectOwner(context, SearchObjectLevel.SPWeb);
   sconfig.ImportSearchConfiguration(owner, System.IO.File.ReadAllText(settingsFile));
   context.ExecuteQuery();            
}

関連項目See also