SharePoint アドイン モデルのバリエーションVariations in the SharePoint add-in model

概要Summary

新しい SharePoint アドイン モデルにおいて、バリエーションの構成方法は、完全信頼コードの場合とは異なります。一般的な完全信頼コード (FTC) / ファーム ソリューション シナリオでは、SharePoint サーバー側オブジェクト モデル (Microsoft.SharePoint.Publishing.Variations) は、バリエーションの構成に使用され、SharePoint ソリューション経由で展開されたコードを実行する機能でした。The approach you take to configure variations is different in the new SharePoint Add-in model than it was with Full Trust Code. In a typical Full Trust Code (FTC) / Farm Solution scenario, the SharePoint Server-side Object Model (Microsoft.SharePoint.Publishing.Variations) was used to configure variations, and features that executed the code were deployed via SharePoint Solutions.

SharePoint アドイン モデル シナリオでは、SharePoint クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) または REST API を使用してバリエーションを構成します。このパターンは、一般的に リモート プロビジョニング パターン と呼ばれます。In an SharePoint Add-in model scenario, you use the SharePoint Client-side Object Model (CSOM) or REST API to configure variations. This pattern is commonly referred to as the remote provisioning pattern.

基本ガイドラインHigh-level guidelines

新しい SharePoint アドイン モデルにおけるバリエーションの構成については、大まかに次のような基本ガイドラインが提供されています。As a rule of a thumb, we would like to provide the following high-level guidelines to configure variations in the new SharePoint Add-in model.

関連リンクRelated links

関連する PnP サンプルRelated PnP samples

適用対象Applies to

  • Office 365 マルチテナント (MT)Office 365 Multi Tenant (MT)
  • Office 365 専用 (D)Office 365 Dedicated (D)
  • SharePoint 2013 オンプレミスSharePoint 2013 on-premises