SharePoint で外部データを操作するWork with external data in SharePoint

SharePoint アドインでは、SharePoint ページまたはコンポーネント内から、リモート Web アプリケーションまたはサービスによって公開されるデータを取得して操作しなければならないことがよくあります。In your SharePoint Add-ins, you frequently have to retrieve and manipulate data that is exposed by a remote web application or service from within a SharePoint page or component. SharePoint サーバーでカスタム コードを使用できないため、アドインではこの目的のために JavaScript を使用する必要があります。Because custom code is not allowed on the SharePoint servers, your add-in must use JavaScript for this purpose. SharePoint アドイン用のモデルは、リモート データとサービスにアクセスするための複数のオプションを提供します。The model for SharePoint Add-ins provides multiple options for accessing the remote data and services.

SharePoint のクロスドメイン JavaScript ライブラリを使用して外部データにアクセスするUse the SharePoint cross-domain JavaScript library to access external data

リモート インフラストラクチャにホストされるカスタム プロキシ ページを提供する場合は、クロスドメイン ライブラリを使用して、リモート Web アプリケーションのデータにアクセスできます。You can use the cross-domain library to access data in your remote web application if you provide a custom proxy page that is hosted in the remote infrastructure. 開発者は、カスタム プロキシ ページを実装する責任を負い、リモート アプリケーションに対する認証メカニズムなどのカスタム ロジックが存在する場合は、その処理を行う必要があります。As the developer, you are responsible for implementing the custom proxy page, and you have to deal with custom logic such as the authentication mechanism, if there is one, to the remote application. リモート データ ソースと SharePoint ページの間での通信をクライアント レベルで行う場合は、クロスドメイン ライブラリを使用します。Use the cross-domain library if you want the communication between the remote data source and the SharePoint page to occur at the client level.

この方法でライブラリを使用する方法の詳細については、「SharePoint のクロスドメイン ライブラリのカスタム プロキシ ページを作成する」を参照してください。For details about how to use the library in this way, see Create a custom proxy page for the cross-domain library in SharePoint.

注意

SharePoint クロスドメイン ライブラリは、逆方向でも使用できます。つまり、リモート Web ページの JavaScript からこのライブラリを使用して SharePoint データへのアクセスに使用できます。The SharePoint cross-domain library can also be used in the other direction; that is, JavaScript on remote webpages can use it to access data from SharePoint. ライブラリのこの使用方法の詳細については、「クロスドメイン ライブラリを使用する SharePoint アドインを作成する」を参照してください。For more information about this use of the library, see Creating SharePoint Add-ins that use the cross-domain library.

SharePoint の Web プロキシを使用して、外部データにアクセスするUse the SharePoint web proxy to access external data

JavaScript クライアント オブジェクト モデルで公開されている Web プロキシを使用して、リモート データにアクセスできます You can use the web proxy that is exposed in the JavaScript client object model to access remote data. (プロキシは .NET クライアント側オブジェクト モデル (CSOM) でも利用できますが、SharePoint サーバーで動作するコードでこのオブジェクト モデルを使用することはできません)。(The proxy is also available in the .NET client-side object model (CSOM), but you cannot use that object model in code that runs on the SharePoint servers.)

Web プロキシを使用している場合は、SharePoint に最初の要求を発行します。When you use the web proxy, you issue the initial request to SharePoint. そうすると、指定されたエンドポイントに対して SharePoint がデータを要求し、応答をページに転送します。In turn, SharePoint requests the data to the specified endpoint and forwards the response back to your page. リモート データ ソースと SharePoint ページの間の通信をサーバー レベルで行う場合は、Web プロキシを使用します。Use the web proxy when you want the communication between the remote data source and the SharePoint page to occur at the server level.

プロキシを使用する方法の詳細については、「SharePoint で Web プロキシを使用してリモート サービスに問い合わせる」を参照してください。For details about how to use the proxy, see Query a remote service using the web proxy in SharePoint.

関連項目See also