SharePoint Framework 拡張機能の概要

SharePoint Framework (SPFx) 拡張機能を使用して、SharePoint のユーザー エクスペリエンスを拡張できます。 SPFx 拡張機能を使用して、通知領域、ツールバー、リスト データ ビューなど、SharePoint エクスペリエンスのより多くのファセットをカスタマイズできます。 SPFx 拡張機能は、すべての Microsoft 365 サブスクリプションで本番環境用に使用できます。

SPFx 拡張機能を使用すると、クライアント側開発用の使い慣れた SPFx のツールとライブラリを活用しながら、最新の (モダン) ページとドキュメント ライブラリ内で SharePoint のユーザー エクスペリエンスを拡張できます。具体的に、SPFx には次の 3 種類の拡張機能が含まれています。

  • アプリケーション カスタマイザー: ページにスクリプトを追加したり、既知の HTML 要素のプレースホルダーにアクセスしてカスタム レンダリングで拡張したりします。
  • フィールド カスタマイザー: 変更したビューをリスト内のフィールドのデータに提供します。
  • Command Sets: SharePoint コマンド サーフェスを拡張して新しいアクションを追加し、動作を実装するために使用できるクライアント側のコードを提供します。

Angular や React などの一般的なスクリプトのフレームワークと一緒に、または標準の JavaScript のプロジェクトに対して、拡張機能をビルドできます。たとえば、Office UI Fabric React からのコンポーネントと共に React を使用して、Microsoft 365 で使用されている同じコンポーネントに基づくエクスペリエンスを作成できます。

関連項目