SharePoint 2016 Feature Pack 2 を使用した SharePoint Framework 開発SharePoint Framework development with SharePoint 2016 Feature Pack 2

SharePoint 2016 Feature Pack 2 は、従来の SharePoint ページでホストされる SharePoint Framework クライアント側 Web パーツをサポートします。SharePoint 2016 Feature Pack 2 supports SharePoint Framework client-side web parts hosted in classic SharePoint pages.

Feature Pack 2 を使用した SharePoint 2016 での SharePoint Framework 開発の紹介については、SharePoint PnP YouTube チャンネル の次のビデオでも扱われています。An introduction to SharePoint Framework development in SharePoint 2016 using Feature Pack 2 is also covered in the following video on the SharePoint PnP YouTube Channel.


使用する SharePoint Framework のバージョンWhich version of the SharePoint Framework to use

SharePoint Online と SharePoint 2016 は新機能のリリース サイクルが異なるため、SharePoint Framework についても異なる機能を備えています。Because SharePoint Online and SharePoint 2016 have different release cycles for new capabilities, they also have different capabilities when it comes to the SharePoint Framework. SharePoint Online は、常に最新のバージョンの SharePoint Framework を使用しますが、SharePoint 2016 は、展開されたパッケージのサーバー側の依存関係と一致するバージョンのみをサポートしています。SharePoint Online always uses the latest version of the SharePoint Framework, but SharePoint 2016 only supports the version that matches the server-side dependencies of the deployed packages.

SharePoint 2016 Feature Pack 2 は、SharePoint Framework v1.1.0 を使用して構築された従来の SharePoint ページでホストされる SharePoint Framework クライアント側 Web パーツをサポートします。SharePoint 2016 Feature Pack 2 supports SharePoint Framework client-side web parts hosted on classic SharePoint pages built by using the SharePoint Framework v1.1.0. つまり、SharePoint 2016 プラットフォームをターゲットとしている場合、サーバー側のバージョンの依存関係のために、SharePoint Framework v1.1.0 を使用する必要があります。This means that when you are targeting the SharePoint 2016 platform, you need to use the SharePoint Framework v1.1.0 due to the server-side version dependencies.

SharePoint 2016 と SharePoint Online の両方で同じクライアント側の Web パーツを使用する計画がある場合は、両方の環境で Web パーツが確実に動作するように、SharePoint Framework v1.1.0 をベースライン バージョンとして使用する必要があります。If you are planning to use the same client-side web parts in both SharePoint 2016 and in SharePoint Online, you need to use the SharePoint Framework v1.1.0 as your baseline version to ensure that the web part works in both environments.

バージョン 1.3 以降、SharePoint Framework Yeoman ジェネレーターは、SharePoint Online と SharePoint Framework の最新バージョンを併用するスキャフォールディング ソリューションと、SharePoint フレームワークの v1.1.0 に基づいた SharePoint オンプレミスで使用できるソリューションの両方をサポートしています。Starting from version 1.3, the SharePoint Framework Yeoman generator supports scaffolding solutions that use both the latest version of the SharePoint Framework meant for use with SharePoint Online, and solutions that can be used with SharePoint on-premises based on the v1.1.0 of the SharePoint Framework. SharePoint オンプレミスと一緒に使用するためのソリューションをスキャフォールディングするために、SharePoint Framework Yeoman ジェネレーターの別バージョンをインストールする必要はありません。You don't need to install a separate version of the SharePoint Framework Yeoman generator to scaffold solutions meant for use with SharePoint on-premises.

重要

バージョン 1.4 以降、SharePoint Framework Yeoman ジェネレーターは、includeClientSideAssets の新しい属性をサポートしています。これは、アセットを sppkg パッケージに含める必要性を示すために使用できます。Starting from version 1.4, the SharePoint Framework Yeoman generator supports a new attribute of includeClientSideAssets, which can be used to indicate that assets should be included in the sppkg package. ただし、この機能は現在 SharePoint Online でのみサポートされています。This capability is, however, only currently supported in SharePoint Online. オンプレミスを対象としたソリューションの場合、package-solution.json のこの属性は false として更新する必要があります。When a solution is targeted to on-premises, this attribute in package-solution.json should be updated as false.

オンプレミス展開のためにソリューションをホスティングするHosting your solution for on-premises deployment

オンプレミスに展開された SharePoint Framework クライアント側 Web パーツを取得するには、次の 2 つの別個のアクションが必要です。Getting SharePoint Framework client-side web parts deployed to on-premises requires two distinct actions:

  • SharePoint アプリ カタログへソリューション パッケージを展開するDeployment of the solution package to the SharePoint app catalog
  • 集中管理された場所で JavaScript ファイルをホスティングするHosting the JavaScript files in a centralized location

ご利用の環境に最も適した場所で JavaScript ファイルをホストすることができます。You can host the JavaScript files in the location that best fits your environment. たとえば、JavaScript ファイルは次のいずれかの場所でホストすることができます。For example, these files can be hosted in any of the following locations:

  • Azure CDNAzure CDN. SharePoint Online と同様の設定。Similar setup as with SharePoint Online. エンド ユーザーにインターネット接続が必要です。Requires en-users to have Internet connectivity.
  • ネットワーク内のローカル サーバーLocal server in your network. 企業ネットワーク用の JavaScript ファイルをホストしているサーバー。A server hosting the JavaScript files for your corporate network. ファイルが HTTP 要求を介してアクセス可能であれば、どのようなテクノロジを使用してもかまいません。This can be using whatever technology is desired as long as the files are accessible through HTTP requests.
  • SharePoint 2016SharePoint 2016. ローカルの SharePoint ファーム自体でファイルをホストすることもできます。You can also host your files in the local SharePoint farm itself. たとえば、すべての SharePoint Framework アセットがホストされているファーム内に、標準化されたサイトを定義することができます。You can, for example, define a standardized site in your farm where all the SharePoint Framework assets are being hosted. ただし、既定では .json ファイルは SharePoint 2016 ライブラリにアップロードできないため、ファーム レベルの設定をこのオプションに合わせて調整する必要があります。Take note, however, that by default, .json files are not allowed to be uploaded to SharePoint 2016 libraries, so farm level settings must be adjusted for this option.

SharePoint 2016 でブロックされているファイルの種類の詳細については、次のサポート記事を参照してください: 「リストまたはライブラリに追加できないファイルの種類」。For more information about blocked file types in SharePoint 2016, see the following support article: Types of files that cannot be added to a list or library.

開発環境の注意点Development environment considerations

SharePoint Framework のクライアント側の Web パーツを開発している場合、npm パッケージにアクセスするにはインターネット接続が必要です。When you are developing SharePoint Framework client-side web parts, you need Internet connectivity to access npm packages. インターネット接続は、ソリューションが SharePoint Framework Yeoman テンプレートを使用してスキャフォールディングされている場合に必要です。This is required when solutions are being scaffolded by using the SharePoint Framework Yeoman templates.

開発マシンでインターネット アクセスが利用できない場合は、必要な npm パッケージのローカル オンプレミスのレジストリをセットアップすることができます。If Internet access is not available for the development machines, you can set up a local on-premises registry for the required npm packages. ただし、これには追加のソフトウェアと、実際の npm ギャラリー内のパッケージを使用してローカル パッケージ バージョンをセットアップして維持するための相当量の作業が必要です。However, this requires additional software and a significant amount of work to set up and maintain local package versions with packages in the actual npm gallery.

SharePoint Framework におけるチーム ベースの開発」ガイダンス ドキュメントには、複数の SharePoint Framework バージョンをサポートする必要がある場合など、開発環境のセットアップに関するさまざまなオプションが記載されています。The Team-based development on the SharePoint Framework guidance document includes different options for development environment setup including when you might need to support multiple SharePoint Framework versions.

ソリューションに使用されたバージョンを確認するDetermine which version was used for a solution

既存の SharePoint Framework ソリューションをお持ちで、それのために使用された SharePoint Framework のバージョンを確認する場合は、次の場所を確認する必要があります。If you have existing SharePoint Framework solutions and you'd like to confirm which version of the SharePoint Framework was used for them, you'll need to check the following locations:

  • .yo-rc.json.yo-rc.json. ソリューションのルート フォルダーにあるファイルであり、ソリューションの作成時に使用された SharePoint Framework Yeoman テンプレート バージョンを格納しています。File in the solution's root folder that stores the SharePoint Framework Yeoman template version used when the solution was created.

  • package.jsonpackage.json. ソリューションのルート フォルダーにあるファイルであり、ソリューションで使用されるパッケージ バージョンへの参照を含みます。File in the solution's root folder that contains references to package versions used in the solution.

  • npm-shrinkwrap.jsonnpm-shrinkwrap.json. ソリューションのルート フォルダーにあるファイルであり、(ソリューションの正確なバージョンをロックダウンするために npm shrinkwrap コマンドを使用した場合に) 使用された正確なバージョンに関する情報を含みます。File in the solution's root folder that contains information about the exact versions used (if you used the npm shrinkwrap command to lock down the exact versions of the solution).

  • package.jsonpackage.json. node_modules/@ microsoft/sp-webpart-base フォルダーにあるファイルであり、ソリューションにパッケージをインストールした場合、使用された SharePoint Framework のバージョンに一致する version 属性を含みます。File in the node_modules/@microsoft/sp-webpart-base folder that contains a version attribute matching the used SharePoint Framework version, if you have installed packages to your solution.

関連項目See also