SharePoint Framework ソリューションのテナント スコープ ソリューションの展開Tenant-scoped solution deployment for SharePoint Framework solutions

SharePoint Framework コンポーネントを構成すれば、ソリューション パッケージがテナント アプリ カタログにインストールされたときに、テナント全体ですぐに利用できるようになります。You can configure your SharePoint Framework components to be immediately available across the tenant when the solution package is installed to the tenant App Catalog. これは、package-solution.json ファイル内の skipFeatureDeployment 属性を使用して構成できます。This can be configured by using the skipFeatureDeployment attribute in the package-solution.json file.

この属性がソリューションで有効にされていると、ソリューション パッケージがテナントのアプリ カタログにインストールされたときに、テナント内のすべてのサイト コレクションとサイトでソリューションを自動的に使用できるようにするためのオプションがテナント管理者に提供されます。When the solution has this attribute enabled, the tenant administrator is provided the option to enable the solution to be available automatically across all site collections and sites in the tenant when the solution package is installed to the tenant App Catalog.

また、SharePoint PnP YouTube チャンネルのビデオを見て、テナント全体の展開オプションを確認することもできます。You can also see the tenant-wide deployment option demonstrated by watching the following video on the SharePoint PnP YouTube Channel.

PnP Short Guidance video on tenant-wide deployment option

注意

この機能を使用するには、最新の SharePoint Framework Yeoman テンプレート バージョンに更新する必要があります。You have to update to the latest SharePoint Framework Yeoman template version to be able to use this capability. npm install -g @microsoft/generator-sharepoint を実行すると、グローバル インストールを更新できます。You can update your global installation by executing npm install -g @microsoft/generator-sharepoint.

ソリューション固有の要件Solution-specific requirements

このオプションを使用すると、SharePoint Framework ソリューションの機能フレームワークの定義はすべて無視されます。ソリューションに機能フレームワークの定義が含まれている場合、たとえばカスタム リストの作成などの場合は、このソリューション固有のオプションを使用しないでください。When this option is used, any feature framework definitions in the SharePoint Framework solution are ignored. If the solution contains feature framework definitions, for example, for creating a custom list, you should not use this solution-specific option.

詳細については、「SharePoint アセットとソリューション パッケージのプロビジョニング」を参照してください。For more information, see Provision SharePoint assets with your solution package.

注意

テナント間で自動的に展開されるように構成されたソリューションは、サイト レベルでのアプリの追加機能では表示されません。Solutions that are configured to be automatically deployed across tenants are not visible in the add-an-app capability at the site level.

ソリューションをテナント間で使用可能にする構成Configure solution to be available across the tenant

SharePoint Framework Yeoman テンプレートは、このオプションに関連する特定の質問をします。The SharePoint Framework Yeoman template asks a specific question related to this option. この質問は、package-solution.json ファイルの skipFeatureDeployment 属性に直接影響を与えます。This question impacts directly on the skipFeatureDeployment attribute in the package-solution.json file.

テナント展開オプションについての Yeoman の質問


次の構成例では、skipFeatureDeployment が true に設定されています。これは、ソリューションがテナント間で一元的に展開できることを示しています。In following example configuration, skipFeatureDeployment is set to true, which indicates that the solution can be centrally deployed across the tenant.

{
  "solution": {
    "name": "tenant-deploy-client-side-solution",
    "id": "dd4feca4-6f7e-47f1-a0e2-97de8890e3fa",
    "version": "1.0.0.0",
    "skipFeatureDeployment": true
  },
  "paths": {
    "zippedPackage": "solution/tenant-deploy-true.sppkg"
  }
}

アプリ カタログでのテナント全体への展開の承認Approving tenant-wide deployment in App Catalog

skipFeatureDeployment 属性が true に設定されたソリューションがテナントのアプリ カタログに展開されると、管理者にはテナント間で一元的に展開されるソリューションを構成するオプションが提供されます。When the solution with the skipFeatureDeployment attribute set to true is deployed to the tenant App Catalog, the administrator is given an option to configure the solution to be deployed centrally across the tenant.

既定では、[このソリューションを組織内のすべてのサイトで使用可能にする] チェック ボックスは選択されていません。By default, the Make this solution available to all sites in the organization check box is not selected. 管理者によってチェック ボックスが選択されている場合、ソリューションのコンポーネントは自動的に表示され、テナント間で使用可能になります。If the check box is selected by the administrator, components in the solutions are automatically visible and available across the tenant.

ソリューションがアプリ カタログに展開されると、[組織内のすべてのサイトでこのソリューションを使用可能にする] 設定が表示されます

ソリューションとサイト固有のアップグレード アクションは、フィーチャー フレームワークを使用する場合のみ利用可能なので、一元的に展開されるソリューション向けのアップグレード オプションはないことに注意してください。Notice that because the solution and site-specific upgrade actions are only available when you use the feature framework, there's no specific upgrade option for the centrally deployed solutions. これらのソリューションは、CDN でソリューション固有のアセットを更新し、アプリ カタログでパッケージを更新することで更新できます。These solutions can be updated by updating the solution-specific assets in the CDN and by updating the package in the App Catalog. これにより、テナント間のすべての既存のコンポーネント インスタンスが自動的に更新され、JavaScript ファイルや更新された CSS ファイルなどの最新のコンポーネント アセットが使用されるようになります。This automatically updates all existing component instances across the tenant to use the latest component assets, such as JavaScript files and updated CSS files.

SharePoint サイトでのクライアント側 Web パーツの可視性Client-side web part visibility on SharePoint sites

一元的に展開されたソリューションに含まれる Web パーツは、クラシック ページとモダン ページの両方の Web パーツ ピッカーで、すぐに表示されます。Web parts included in solutions that have been centrally deployed are immediately visible in the web part picker in both classic and modern pages.

拡張機能を持つ skipFeatureDeployment 設定の影響Impact of skipFeatureDeployment setting with Extensions

SharePoint Framework 拡張機能は、SharePoint サイト上ですぐに使用できるようになります。SharePoint Framework Extensions are immediately available to be used on SharePoint sites. このことは、これらの拡張機能を fieldsuser custom actions などの特定の SharePoint 要素内の ClientSideComponentId プロパティと関連付けることができることを意味します。This means that they can be associated with ClientSideComponentId properties in the specific SharePoint elements, such as fields and user custom actions.

関連項目See also