SharePoint のクライアント側 Web パーツの概要Overview of SharePoint client-side web parts

SharePoint のクライアント側の Web パーツは SharePoint ページ内に表示されるコントロールですが、ブラウザーでローカルに実行します。SharePoint client-side web parts are controls that appear inside a SharePoint page but run locally in the browser. SharePoint サイト上に表示されるページの文書パーツです。They're the building blocks of pages that appear on a SharePoint site.

最新のスクリプト開発ツールと SharePoint ワークベンチ (開発テスト領域) を使用してクライアント側の Web パーツを構築し、Office 365 テナントで、モダン ページと従来の Web パーツ ページに、クライアント側の Web パーツを展開することができます。You can build client-side web parts using modern script development tools and the SharePoint workbench (a development test surface), and you can deploy your client-side web parts to modern pages and classic web part pages in Office 365 tenants.

JavaScript のプロジェクトを単純にするだけでなく、AngularJS や React など、一般的なスクリプトのフレームワークと一緒に Web パーツを構築できます。In addition to plain JavaScript projects, you can build web parts alongside common scripting frameworks, such as AngularJS and React. たとえば、Office UI Fabric React からのコンポーネントと同時に React を使用し、Office 365 で使用されている同じコンポーネントのエクスペリエンスをすばやく作成します。For example, you can use React along with components from Office UI Fabric React to quickly create experiences based on the same components used in Office 365.

詳細については、(TOC にある) 作業の開始、基本情報、概念に関する各セクションを参照してください。For more information, see the Getting started, Basics, and Concepts sections (in the TOC).

関連項目See also