従来の SharePoint サイトをモダン化するModernize your classic SharePoint sites

SharePoint Online は、進化と改善をし続けています。これは、このサービスの利用者であるユーザーにとって大きな利点です。SharePoint Online is continuously evolving and improving, which is a great thing for you as a consumer of the service. 主な改善点の 1 つは、モダン サイトが利用できるようになり、Office 365 グループに接続されたモダン チーム サイトやモダン コミュニケーション サイトとして、見栄えの良いモダン ユーザー インターフェイスから利用できる機能がますます充実したものになっていることです。One of the key improvements is the availability of modern sites, which are modern Office 365 group-connected team sites or communication sites, combined with improved functionality that can be consumed from a beautiful modern user interface. 最新のチェックアウトの詳細については、「SharePoint のクラシックとモダンな経験」の記事をお読みください。To learn more about modern checkout the SharePoint classic and modern experiences article.

その利点は理解していても、現在使用している数多くの従来の (チーム) サイトを、どうやってモダン SharePoint に組み込んでいけばよいのだろうか、とお考えかもしれません。All of this is great, but you might ask yourself, I have lots of classic (team) sites...how do I bring them into the modern SharePoint world?

従来のサイトを最新の Office 365 グループに接続されたサイトに変換するには、このセクションを参考にしてください。You can transform (or "modernize") a classic site into a modern Office 365 group-connected site by following the guidance in this section.

ヒント

手順をどの順序で実行するかは自由です。You can decide which steps to run and the order in which to run them. 万能のプロセスは存在しませんが、サイトをモダン化する場合、次のアプローチが推奨されています。Although there's no one-size-fits-all process to modernize your site, the following is the recommended approach.

重要

従来の発行機能がアクティブになっているサイトでのモダン ページ機能の使用開始はまだサポートされていません。It's not currently supported to start using the modern page experience on sites where classic publishing features have been activated.

サイトがモダン ユーザー インターフェイスを完全に利用できるようにするEnable your site to fully leverage the modern user interface

モダン サイトで最も目に付く要素は、そのモダン ユーザー インターフェイスです。The most visible aspect of a modern site is its modern user interface. テナント レベルでモダン エクスペリエンスを無効にしていない限り (テナント管理センターの SharePoint リストとライブラリのエクスペリエンス設定)、特定のページはモダン ユーザー インターフェイスを使用して表示されます。If you haven't turned off the modern experience at the tenant level (the SharePoint Lists and Libraries experience setting in the tenant admin center), certain pages appear in the modern user interface:

  • 多くのリストとライブラリのリスト ページとライブラリ ページList and library pages for most lists and libraries
  • サイト コンテンツ ページSite contents page
  • サイト閲覧状況ページSite usage page
  • ごみ箱ページRecycle Bin pages

サイトを移動すると、次のようなページが従来のユーザー インターフェイスを使用して表示されることを確認できます。However, if you navigate your site, you will notice that the following pages still use the classic user interface:

  • ホーム ページとその他のすべてのサイト ページ (wiki ページや Web パーツ ページ)Home page and all other site pages (wiki pages and/or web part pages)
  • 特定のリスト、ライブラリのリスト ページとライブラリ ページList and library pages for certain lists and libraries

既にテナント レベルで最新のリストのユーザー インターフェイスが有効になっていることが想定されるため、最新のエクスペリエンスを最大限に活用してみましょう。You probably already have the out-of-the-box modern user interface for lists and libraries enabled at the tenant level, so it makes sense to further maximize its use. SharePoint は、モダン ユーザー インターフェイスを使用してリストとライブラリを表示しようとしますが、これを妨げるカスタマイズや構成が存在する場合があります。SharePoint tries to show your lists and libraries by using the modern user interface, but you might have customizations or configurations that prevent this.

サイト ページと、リストやライブラリのページで、モダン ユーザー インターフェイスを最大限に利用するには、「ユーザー インターフェイスをモダン化する」を参照してください。To maximize the use of the modern user interface for your site pages and list and library pages, see Modernize the user interface.

モダン ユーザー インターフェイスの使用時に、リストとライブラリのブロックを解除する方法については、「モダン リストとライブラリを最大限に活用する」を参照してください。To learn more about how to unblock your lists and libraries when using the modern user interface, see Maximize use of modern lists and libraries.

また、「カスタマイズのモダン化」に従って、カスタマイズをモダン化する必要もあります。You will also need to modernize your customizations as explained in Modernize customizations.

Office 365 グループにサイトを接続するConnect your site to an Office 365 group

従来の (チーム) サイトは、Office 365 グループに接続されていませんが、最新のチーム サイトは、Office 365 グループに接続されています。Classic (team) sites are not connected to an Office 365 group, whereas modern team sites are. サイトを Office 365 グループに接続することは、サイトをモダン化する上で不可欠な要素と言えます。Connecting your site to an Office 365 group is an essential part of modernizing a site. Office 365 グループに接続すると、Teams、Planner、Outlook などの Office 365 サービスをサイトで実行できるようになります。The connection to an Office 365 group enables the site to consume other Office 365 services such as Teams, Planner, and Outlook.

Office 365 グループにサイトを接続するには、2 つのオプションがあります。There are two options to connect your sites to an Office 365 group:

  • ユーザー インターフェイスから起動できるウィザードを使用して、各サイトの所有者に自ら実行してもらう方法。You can have each site owner do this on their behalf by using a wizard that can be launched from the user interface.
  • Office 365 グループを一連のサイトに一度に接続する一括操作 (グループ接続と呼ばれています) で実行する方法。You can perform a bulk operation (known as a group-connection) in which you connect an Office 365 group to a series of sites at one time. このオプションは、使用されている構成 (パブリック/プライベート、サイトの分類、エイリアス名) を制御できるため、企業のお客様に最適です。This option is preferred for enterprise customers because it enables you to control the configuration (public/private, site classification, alias name).

Office 365 のグループに接続し、グループ接続を実行するには「Office 365 グループに接続する」を参照してください。For more information about connecting to an Office 365 group and performing a group-connection, see Connect to an Office 365 group.

モダン テナント スコープ型のブランディングに切り替えるSwitch to a modern tenant-scoped branding

サイトを Office 365 グループに接続すると、グループ接続されているサイトの利点を利用できるだけでなく、モダン ホーム ページがサイトに新たに作成されます。Connecting your site to an Office 365 group not only gives you the benefits of a group-connected site, but also provides you with a new modern site home page. 必要によっては、新しいこのホーム ページで十分な場合もありますが、モダン ホーム ページを独自に作成することも選択できます。Depending on your needs, this new home page might be adequate, but you can choose to create your own modern home page. その時点で、モダン サイト テーマへの切り替えなどの他のモダン化タスクも含めることをお勧めします。At that point, it makes sense to include other modernization tasks as well, such as switching to a modern site theme.

SharePoint (チーム) サイトで会社のブランディングを使用することはよくあり、従来のサイトでは、サイトのテーマ、代替 CSS、マスター ページなどのコンポーネントが使用されてきました。Using your company branding on SharePoint (team) sites is very common, and for classic sites you used one or more of the following components: site themes, alternate CSS, and master pages. しかしながら、マスター ページと代替 CSS はモダン ユーザー インターフェイスと互換性がないため、ブランディングのためのカスタマイズが今でも必要かどうかを評価する必要があります。However, alternate CSS and master pages are not compatible with the modern user interface, so you must evaluate whether these branding customizations are still relevant.

従来のサイト テーマはモダン ユーザー インターフェイスでも使用できますが、サイトのテーマ化は今ではテナントで管理するようになっているため、新しいモデルに切り替えることでモダン化されたサイトに将来性を与えることができます。While classic site themes are respected in a modern user interface, we now have tenant-controlled site theming, so switching over to that model will future-proof your modernized site.

詳細については、「サイトのブランディングをモダン化する」を参照してください。For more information, see Modernize site branding.

従来のサイト ページをモダン ページに変換するTransform your classic site pages into modern pages

サイトの変換で最後にする手順は、サイトのページの変換です。The final step in a site transformation is transforming your site pages. ほかの手順が完了しても、まだサイトのページが従来のユーザー インターフェイスで表示されます。After you have completed the other steps, your site pages still appear in the classic user interface. ページ変換は単純なプロセスではありません。これは、従来の Web パーツで提供されている機能とモダン ページ上のファースト パーティ製クライアント側 Web パーツとが 1 対 1 対応ではないためです。Page transformation is not a simple process because there's no one-on-one mapping between the functionality offered by classic web parts and what's offered by the first-party client-side web parts on modern pages. このため、頻繁に使用するページのみを変換することをお勧めします。Therefore, we recommend that you transform only the pages that are frequently used.

ページ変換の詳細については、「クラシック ページをクライアント側のモダン ページに変換する」をご覧ください。For more information about page transformation, see Transform classic pages to modern client-side pages.

関連項目See also