SharePoint モダン化スキャナーを使い始めるGetting started with the SharePoint modernization scanner

SharePoint モダン化スキャナーを使用すると、従来のサイトでモダン化の準備が行えます。Using the SharePoint Modernization scanner you can prepare your classic sites for modernization. スキャナーは、以下のモダン化の作業の準備を行います。The scanner will help you prepare for the following modernization efforts:

  • モダン リストとライブラリの使用状況の最適化Optimizing the usage of modern list and libraries
  • これらのサイトを Microsoft 365 のグループに接続するConnecting these sites to a Microsoft 365 group
  • モダン サイト ページを作成して Wiki ページと Web パーツ ページをモダン化するModernizing the wiki and web part pages by creating modern site pages
  • クラシック発行ポータルをモダン発行ポータルとして再構築するRebuilding classic publishing portals as modern publishing portals
  • クラシック ワークフローが使用される場所の概要Understanding where classic workflow is used
  • InfoPath が使用されている場所の概要Understanding where InfoPath is being used
  • 従来のブログ ページの使用方法の概要Understanding the usage of classic blog pages

このスキャナーは、サイトをモダン化する場合の難易度を実際のデータで示すことができるため、クラシック サイトをモダン化する準備のために使用する中心的なツールです。This scanner is a key tool to use if you want to prepare for modernizing your classic sites as it will give you factual data about how easy it is to modernize your sites. スキャナーで生成されたダッシュボードを使用すると、サイトの「モダン化の準備状態」を正確に把握し、必要な対策の計画を適宜立てることができます。Using the dashboards generated by the scanner you'll be able to drill down on the "modernization readiness" of your sites and plan the needed remediation work where needed.

注意

SharePoint モダン化スキャナーは、SharePoint Online に対して実行するためにのみサポートされています。The SharePoint modernization scanner only is supported for running against SharePoint Online. オンプレミスの SharePoint をスキャンするには、SharePoint 移行評価ツール (SMAT) の使用を検討してください。For scanning on-premises SharePoint you can consider using the SharePoint Migration Assessment Tool (SMAT).

重要

モダン化ツールと他のすべての PnP コンポーネントは、それらをサポートしてくれるアクティブなコミュニティによって支援されているオープン ソース ツールです。Modernization tooling and all other PnP components are open-source tools backed by an active community providing support for them. 公式の Microsoft サポート チャネルのオープン ソース ツールのサポート用 SLA ではありません。There is no SLA for open-source tool support from official Microsoft support channels.

手順 1: SharePoint モダン化スキャナーの最新バージョンを入手するStep 1: Get the latest version of the SharePoint modernization scanner

SharePoint Online はより多くのモダン機能を追加しながら継続的に進化しているため、スキャナーの最新バージョンを常時ダウンロードする必要があります。Since SharePoint Online continuously evolves and more and more modern capabilities are added, it's important to always download the latest version of the scanner. SharePoint モダン化スキャナー実行ファイルをダウンロードして、使用を開始します。Download the SharePoint Modernization Scanner executable and get started. このページとそれにリンクされている他のページには、開始するためのすべての情報と、すべてのレポートの詳細、FAQ も含まれています。This page and the other pages linked to it contain all information to get you started, and also all the report details and an FAQ.

手順 2: スキャンの準備Step 2: Preparing for a scan

一般的なスキャンでは、すべてのサイト コレクションをスキャンする必要があるため、テナント スコープのアクセス許可を持つアプリ専用プリンシパルを使用してスキャンすることをお勧めします。Since a typical scan needs to be able to scan all site collections, it's recommended to use an app-only principal with tenant scoped permissions for the scan. この方法を使うと、スキャナーはすべてのサイトに確実アクセスできます。アカウント (たとえば、SharePoint テナント管理者アカウント) を使用する場合は、スキャナーがアクセスできるサイトはこのアカウントがアクセスできるサイトに限られます。This approach will ensure the scanner always has access, if you use an account (for example, your SharePoint tenant admin account) then the scanner can only access the sites where this user also has access. アプリ専用のアクセスには、Azure AD アプリケーションまたはSharePoint アプリ プリンシパルを使用できます。以下のリンクは、手動で設定する方法を示しています。You can either use an Azure AD application or a SharePoint app principal for app-only access and below links describe the manual approach to setting up things. 推奨される方法は Azure AD アプリ専用であるため、PnP PowerShell Initialize-PnPPowerShellAuthentication コマンドレットを使用して、Azure AD アプリケーションを簡単にセットアップできます。As the recommended approach is Azure AD App-Only, you can easy the setup of your Azure AD application by using the PnP PowerShell Initialize-PnPPowerShellAuthentication cmdlet. 詳細については、「Initialize-PnPPowerShellAuthentication を使用して Azure AD アプリ専用をセットアップする」 の章を参照してください。See the Using Initialize-PnPPowerShellAuthentication to setup Azure AD App-Only chapter for more details.

重要

Azure AD アプリ専用を選択する場合は、上記の手順で Azure AD アプリに Sites.FullControl.All 権限を付与します。これは、すべての スキャン コンポーネントを実行する場合に必要です。If you're choosing for Azure AD app-only, then above mentioned instructions grant the Azure AD app the Sites.FullControl.All permission, which is needed if you want to run all scan components. ワークフロー スキャンに興味がない場合は、バージョン 2.6 以降、Sites.Read.All を権限として使用することもできます。If you're not interested in workflow scanning you can also use Sites.Read.All as a permission (as of version 2.6). Teams チームがリンクされているサイト コレクションについてレポートする場合は、Group.Read.All 権限も追加する必要があります (バージョン 2.7 以降)。If you want to report on site collections that have a Teams team linked then you also need to add the Group.Read.All permission (as of version 2.7).

準備作業が完了したら、スキャンの実行に進みます。Once the preparation work is done, let's continue with doing a scan.

Initialize-PnPPowerShellAuthentication を使用して Azure AD アプリ専用をセットアップするUsing Initialize-PnPPowerShellAuthentication to setup Azure AD App-Only

PnP PowerShell を使用して Azure AD アプリ専用を構成するには、次の手順を実行します。To configure Azure AD App-Only using PnP PowerShell follow these steps:

  1. PnP PowerShell をインストールするか、2020 年 4 月またはそれより新しいバージョンに更新します。Install PnP PowerShell or update it to the April 2020 or a more recent version
  2. Initialize-PnPPowerShellAuthentication コマンドレットを使用して Azure AD アプリをセットアップする:Use the Initialize-PnPPowerShellAuthentication cmdet to setup an Azure AD app:
Initialize-PnPPowerShellAuthentication -ApplicationName ModernizationScannerApp -Tenant contoso.onmicrosoft.com -Scopes "SPO.Sites.FullControl.All","MSGraph.Group.Read.All"  -OutPath c:\temp -CertificatePassword (ConvertTo-SecureString -String "password" -AsPlainText -Force)
  1. 認証を求められます。テナント管理者のユーザーで認証されていることを確認しますYou'll be asked to authenticate, ensure you authenticate with a user that is a tenant administrator
  2. コマンドレットは Azure AD アプリをセットアップし、アプリの作成を処理するための Azure AD 時間を与えるために 60 秒待ちますThe cmdlet will setup an Azure AD app and wait for 60 seconds to give Azure AD time to handle the App creation
  3. 作成された Azure AD アプリケーションに付与された権限に同意するよう求められます:You'll be asked to consent the permissions granted to the created Azure AD application:
    1. 最初に、もう一度ログインするように求められます。テナント管理者アカウントを使用してくださいFirst you'll be asked to login again, use a tenant administrator account
    2. 次に、同意ダイアログが要求された権限で表示されます (次のスクリーンショットを参照)。Next the consent dialog is shown with the requested permissions (see screenshot below). [Accept] をクリックしますClick Accept
  4. 返された AzureAppId、作成された PFX ファイル、およびパスワードを安全な場所に保存します。次の章の説明に従って使用する必要があります。「Azure AD アプリ専用で認証」 を参照してくださいStore the returned AzureAppId, created PFX file and password somewhere safe, you'll need to use it as described in below chapter Authenticate via Azure AD app-only

スキャナーの同意

手順 3: ユーザー インターフェイスのオプションを使用してスキャンを起動するStep 3: Launch a scan using the user interface option

最も簡単な方法は、スキャナーに備わっている UI を使用して SharePoint.Modernization.Scanner.exe を起動する方法です。The easiest approach is to simply launch SharePoint.Modernization.Scanner.exe as the scanner does have a UI. 別の方法として、(PowerShell) コマンド プロンプトを起動して同フォルダーに移動し、コマンド ラインでスキャナーを使用する方法もあります。Alternatively you can start a (PowerShell) command prompt and navigate to that folder so that you can use the scanner via command line. この章では、UI を使用して標準的なフル スキャンを行う手順を説明します。This chapter will walk you through the UI option taking a typical full scan. 最初に、SharePoint.Modernization.Scanner.exe を起動します。Start by launching the SharePoint.Modernization.Scanner.exe.

1 ページ目: スキャナー認証の構成Page 1: Scanner authentication configuration

Azure AD アプリ専用経由での認証Authenticate via Azure AD app-only

モダン化スキャナー ウィザードの最初のページで、認証情報を求められます。The first page of the modernization scanner wizard asks you for authentication information. スキャナーでは 4 つのオプションが利用可能です。次に示すように、目的のオプションを選択して必要な情報を入力します。The scanner supports four options, select the one you need and fill in the needed information as described below. スキャンする必要があるサイトすべてにスキャナーがアクセスできるように、アプリ専用モデルの使用をお勧めします。Ideally you use an app-only model as that will ensure the scanner has access to all sites it needs to scan.

Azure AD アプリ専用

Azure AD アプリ専用経由でアクセス権を設定 した場合、Azure アプリが作成され、アクセスの証明書が構成されます。If you've setup access via Azure AD App-Only, you do have created an Azure App and configured a certificate for accessing it. この情報をツールに提供する必要がありあります。This information needs to be provided to the tool:

  • Azure AD Application ID: Azure AD 環境で作成されたアプリケーションの IDAzure AD Application ID: ID of the created application in your Azure AD environment
  • Azure AD Domain name: Azure AD 環境の既定のドメイン。Azure AD Domain name: the default domain of your Azure AD environment. この情報は、Azure AD 管理センターの概要ページから確認することができます。You can find this from the overview page of the Azure AD admin center. 通常、このドメインは *.onmicrosoft.com として書式設定されます (例: contoso.onmicrosoft.com)。Typically this domain is formatted as *.onmicrosoft.com, for example, contoso.onmicrosoft.com.
  • Certificate file: Azure AD に対してアプリ専用アクセスを許可する証明書。証明書ファイルは、パスワード保護された PFX ファイルとして提供する必要があります。Certificate file: the certificate that you granted app-only access to the Azure AD app, this needs to be presented as a password protected PFX file
  • Password for the PFX file: 以前に提供した PFX ファイルを保護するために使用したパスワードPassword for the PFX file: the password used to secure the previously provided PFX file
  • 認証領域: 使用しているテナントが米国政府機関 (ITAR)、ドイツ、中国のクラウド環境にある場合は、それぞれの地域を選びます。Authentication region: if your tenant is located in the US Government (ITAR), Germany or China cloud environment then select the respective region

注意

コンピューターに証明書をインストールし、-w コマンドライン パラメーターを使用してそれを参照することもできます。You can also opt to install the certificate on your computer and reference it via the -w command line parameters. 証明書を参照するには、-w パラメーターに値 「My|CurrentUser|1FG498B468AV3895E7659C8A6F098FB701C8CDB1」を使用します。To reference the certificate you would use this value for the -w parameter "My|CurrentUser|1FG498B468AV3895E7659C8A6F098FB701C8CDB1". My/Root および CurrentUser/LocalMachine を使用して、ストアを特定できます。You can use My/Root and CurrentUser/LocalMachine to identify the store. 最後の引数は、証明書の拇印です。The last argument is the certificate thumbprint. このオプションは 2.7 リリース以降で使用できます。This option is available as of the 2.7 release. LocalMachine を使用している場合は、スキャナーに LocalMachine ストアで読み取る権限があることを確認する必要があります。If you're using LocalMachine then be aware that you'll need to ensure the scanner has permissions to read in the LocalMachine store. これを行うには、管理者特権でスキャナー プロセスを実行するか、代わりに (さらに優れた方法で)、使用しているアカウントに、LocalMachine ストアに格納されている証明書の秘密キーを読み取るためのモダン化スキャンのアクセス許可を付与します。You can do this by either running the scanner process under administrative privileges or alternatively (and better) grant the account you're using to run the modernization scan permissions to read the private key of the certificate stored in the LocalMachine store.

重要

  • Azure AD アプリに、すべてのスキャン コンポーネントを実行する場合に必要な Sites.FullControl.All 権限を付与するための既定の手順。The default instructions mentioned to grant the Azure AD app the Sites.FullControl.All permission which is needed if you want to run all scan components. ワークフロー スキャンに興味がない場合は、SharePoint モダン化スキャナーのバージョン 2.6 以降、Sites.Read.All を権限として使用することもできます。If you're not interested in workflow scanning you can also use Sites.Read.All as a permission as of version 2.6 of the SharePoint Modernization Scanner.
  • Azure AD App-Only は、米国政府 (ITAR)、ドイツ、中国のクラウド環境のテナントに対して唯一サポートされている認証オプションです。Azure AD App-Only is the only supported authentication option for tenants in the US Government (ITAR), Germany or China cloud environment.

SharePoint AD アプリ専用経由での認証Authenticate via SharePoint AD app-only

SharePoint アプリ専用

従来型の SharePoint アプリ専用を使用する方法を選択した場合は、次の情報を指定する必要があります。In case you used the "classic" SharePoint App-Only approach then you need to specify:

  • Azure ACS Client ID: 作成されたアプリ専用プリンシパルの IDAzure ACS Client ID: the ID of the created app-only principal
  • Azure ACS Client Secret: アプリケーション プリンシパルを作成したときに取得したシークレットAzure ACS Client Secret: the secret that you got when you created the app principal

資格情報による認証Authenticate via credentials

資格情報

標準のユーザー名とパスワードの組み合わせを使用します (提供したユーザーが必要なアクセス許可を持っていることが前提です)。Using a regular user/password combo works fine as well, assuming the provided user does have the needed permissions. スキャナーのバージョン 2.9 以降、ユーザー名とパスワード ベースの認証は、スキャンされたテナントで有効になっているレガシ認証に依存しなくなりました。As of version 2.9 of the scanner the user/password based authentication does not rely anymore of legacy auth being enabled on the scanned tenant. この種の認証が機能しないのは、使用するアカウントが多要素認証を必要とする場合のみです。The only reason why this type of authentication would not work is when the used account requires multi-factor authentication. このような場合は、バージョン 2.9 以降で導入された多要素認証オプションを使用してください。If that's the case then please use the Multi Factor Auth option introduced as of version 2.9.

多要素認証を使用して認証する (バージョン 2.9 以降)Authenticate via Multi Factor Authentication (as of version 2.9)

MFA

管理者を使用しているテナントとアカウントによっては、SharePoint Online にログインするために多要素認証が必要になる場合があります。Depending on the tenant and account you're using your admin might require multi-factor authentication for logging into to SharePoint Online. ユーザーの資格情報を使用してスキャナーを使用する場合は、このオプションを使用する必要があります。If that's the case you'll need to use this option if you want to use the scanner via user credentials. アプリ専用のアプローチの使用もお勧めしますが、アプリ専用のセットアップに必要な権限がない場合は、このアプローチでは、ユーザーとして権限を持つサイト コレクションをスキャンできます。Using an app-only approach is still recommended, but if you do not have the needed permissions for setting up app-only this approach will allow you to scan the site collections you as a user have permissions for. これを使用するには、次の必要があります:To use this you'll need to:

  • スキャンするサイトの URL を入力します (アクセスしたサイトはすべて問題ありません)Enter the URL of a site you want to scan (any site you've access to will be fine)
  • [ログイン] ボタンをクリックすると、多要素認証の流れがトリガーされますClick on the Login button which will trigger the multi factor authentication flow

注意

多要素認証を使用すると、正常にログインした後に、スキャナーにアクセス トークンが割り当てられます。The multi factor authentication will give the scanner an access token after you've successfully logged on. アクセス トークンの有効期間は制限されているため (通常は1時間)、トークンが有効な間のみ、スキャンが SharePoint サイトにアクセスできます。Since an access token has limited lifetime (typically 1 hour) this means that scan will only be able to access SharePoint sites while the token is still valid.

2 ページ目: スキャナーのサイト範囲の構成Page 2: Scanner site scope configuration

テナント全体をスキャンするScan full tenant

このページでは、スキャン対象のサイトを定義できます。This page allows you to define which sites are being scanned. スキャナーでは、テナント全体のスキャンから、個別に選択したサイト コレクションのスキャンまでサポートされています。The scanner supports scanning the full tenant up to individually selected site collections.

テナント全体

テナントの完全なスキャンを行うとモダン化レポートが作成されるため、多くの場合この方法が推奨されます。Scanning the complete tenant is often the recommended approach as that will give you modernization reports for all. この方法を選択する場合は、テナント名を入力するだけで済みます。If that's your choice, then simply fill your tenant name. テナントが sharepoint.com で終わらない URL を使用 している場合はこの方法は利用できません。該当する場合は、以下の 2 つの方法のうちいずれかを使用する必要があります。This approach doesn't work if your tenant is using URLs that do not end on sharepoint.com, if that's the case you need to use one of the two below options.

定義されたサイト コレクションの一覧をスキャンするScan a defined list of site collections

ワイルドカード URL

このオプションでは、次のうちどちらかを提供して 1 つまたは複数のサイト コレクションを選択できます。This option makes it possible to select one or more site collections by either providing

  • スキャン対象のサイト コレクションの完全修飾 URLThe fully qualified URL of the site collection(s) that need need(s) to be scanned
  • ワイルドカード URL: アスタリスクで終わる URL を追加すると、そのフィルターに一致するすべてのサイトを含められます。A wildcard URL: by adding a URL that ends with a star, you'll include all sites that match that filter. アスタリスクで終わるワイルドカード URL のみを利用できますOnly ending on an star is a supported wildcard

sharepoint.com で終わらない URL (いわゆる、「バニティ URL」) を使用する場合、テナント管理センター サイトの URL も指定する必要があります (たとえば、https://contoso-admin.contoso.com))。If you're using URLs that do not end on sharepoint.com (so called vanity URLs), you'll also need to specify the URL of your tenant admin center site (for example, https://contoso-admin.contoso.com).

CSV ファイルで定義されているサイト コレクションの一覧をスキャンするScan a list of site collections defined in a CSV file

CSV ファイル

3 番目のオプションでは、スキャン対象のサイト コレクションを一覧表示する CSV ファイルをスキャナーに提供します。As a third option you can provide the scanner with a CSV file listing the site collections to scan. この例が示すように、この CSV ファイルはヘッダーがないサイト コレクションのシンプルなリストです:This CSV file is a simple list of site collections, the file doesn't have a header as shown in this sample:

https://contoso.sharepoint.com/sites/hrteam
https://contoso.sharepoint.com/sites/funatwork
https://contoso.sharepoint.com/sites/opensourcerocks

3 ページ目: スキャナー モードの構成Page 3: Scanner mode configuration

SharePoint モダン化スキャナーでは複数のモードが利用できます。モダン化のモードに合わせて、スキャンする範囲を一部の場所に限ったり、または全体をスキャンしたりできます。The SharePoint modernization scanner does support multiple modes, depending on your modernization mode you might want to scope the scan to a certain area or alternatively, execute a full scan.

スキャナー モード

ドロップダウン リストで目的のオプションを選択すると、選択したスキャンに含まれるコンポーネントのチェック ボックスがオンになります。Select the option you want in the dropdown and then the checkboxes will show which components will be included in the scan. 「Microsoft 365 グループ接続の準備状態」コンポーネントは中心的なコンポーネントであるため、すべてのスキャン モードに含まれます。The "Microsoft 365 group connection readiness" component is the main component that will be included all scan modes.

4 ページ目: スキャナーのオプションPage 4: Scanner options

最後のステップでは、スキャナー オプションの詳細を調整することができます。As a last step you can tweak the scanner options. 先ほど選択したスキャナーのモードによっては、一部のオプションが無効になっている場合があります。Depending on the earlier chosen scanner mode, some options might be disabled.

スキャナーのオプション

次のスキャン オプションが使用できます。Following scan options are available:

  • Number of threads: 実行されるスキャンはマルチ スレッドで既定値は 10ですが、大規模なスキャンではスレッド数を 20 - 30 にするとパフォーマンスが上がります (効果にばらつきがある場合があります)Number of threads: the scan is multi-threaded, default is 10 but for larger scans 20-30 threads delivers a better scan performance (your mileage might vary)
  • Don't use search: ページやサイトの使用状況の情報が必要ない場合は、このオプションを選択できます。Don't use search: if you're not interested in page/site usage information then you can select this option. サイト コレクションごとに検索クエリが 1 つ減るので、スキャンがわずかに高速化しますAs this removes one search query per site collection, it will make the scan slightly faster
  • Don't include user information: 作成されたデータにユーザー情報 (ユーザー名) 表示する必要がない場合はこのボックスをオンにしますDon't include user information: check this box if you're not interested in seeing user information (user names) as part of the produced data
  • Exclude lists: [モダン リストとライブラリ エクスペリエンス] スキャンでは、アウトオブボックス に関する理由だけでブロックされているリストを除外することができますExclude lists: For the "Modern list and library experience" scan you can exclude lists that are only blocked due to an OOB reason
  • Export page details: Web パーツの詳細情報 (Web パーツ プロパティ) のデータセットは巨大になる場合があるので、既定ではスキャンからエクスポートされません。Export page details: By default the scan isn't exporting detailed web part information (web part properties) as that dataset can be huge. Web パーツ オプションの完全なデータが必要な場合は、このボックスをオンにしますCheck this box if you would like to have the full web part option data
  • Don't generate reports: 既定では、スキャンは Excel ベースのダッシュボードを出力しますが、生の CSV ファイルのみが必要な場合は、Excel レポートを省略できますDon't generate reports: by default you get Excel-based dashboards as scan output, but you can skip these if you're only interested in the raw CSV files
  • Disable feedback: スキャナーは、スキャナーの性能を向上させる目的で Microsoft にフィードバックを送信します。Disable feedback: the scanner will send feedback to Microsoft to help improve the scanner. 希望しない場合は、このボックスをオンにしますIf you don't like that, then feel free to check this box
  • Separator: 生成された CSV ファイルの既定の区切り記号はコンマですが、希望する場合はこれをセミコロンに変更できます。Separator: the default separator for the generated CSV files is a comma, but you can change this to semi-colon if you would prefer that
  • Date format: 生成された CSV ファイルの既定の日付形式は月/日/年です。Date format: the default date format in the generated CSV files is month/day/year. オプションでこれを日/月/年に切り替えることができますYou can optionally switch this to day/month/year

手順 3 (別のオプション): コマンドラインを使用してスキャンを開始するStep 3 (alternative option): Launch a scan using command line

以下に、ほとんどのお客様にご利用いただける、ツールの既定の使用方法を示します: モード、テナント名、作成されたクライアント ID、およびシークレットを指定します:Below option is the default usage of the tool for most customers: you specify the mode, your tenant name, and the created client id and secret:

SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t <tenant> -i <clientid> -s <clientsecret>

実例:A real life sample:

SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t contoso -i 7a5c1615-997a-4059-a784-db2245ec7cc1 -s eOb6h+s805O/V3DOpd0dalec33Q6ShrHlSKkSra1FFw=

上記の使い方ではスキャンのオプションがすべて実行されますが、Mode パラメーター (-m) を使用してスキャンの対象を絞ることもできます。The above use will run all scanning options, but you can also target the scan via the Mode parameter (-m):

SharePoint.Modernization.Scanner.exe -m <mode> -t <tenant> -i <clientid> -s <clientsecret>

実例:A real life sample:

SharePoint.Modernization.Scanner.exe -m GroupifyOnly -t contoso -i 7a5c1615-997a-4059-a784-db2245ec7cc1 -s eOb6h+s805O/V3DOpd0dalec33Q6ShrHlSKkSra1FFw=

利用できるスキャナー モードSupported scanner modes

モードMode 説明Description
Full すべてのコンポーネントが含まれます。-m を省略しても同じ結果が得られます。All components will be included, omitting -m has the same result
GroupifyOnly Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントのみを使用します。このコンポーネントは、各スキャンの一部ですOnly use the Microsoft 365 group connection readiness component, this component is part of each scan
ListOnly リストの詳細スキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes a deep list scan + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
HomePageOnly Wiki ページ と Web パーツ ページ ホーム ページのスキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes a scan from wiki and web part pages home pages + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
PageOnly Wiki ページ と Web パーツ ページのスキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes a scan from wiki and web part pages + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
PublishingOnly サイト レベルおよび Web レベルでのクラシック発行ポータルのスキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes a classic publishing portal scan at site and web level + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
PublishingWithPagesOnly サイト レベル、Web レベル、およびページ レベルでのクラシック発行ポータルのスキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes a classic publishing portal scan at site, web and page level + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
WorkflowOnly クラシック ワークフロー スキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes the classic workflow scan + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
WorkflowWithDetailsOnly ワークフロー移行準備分析を含むクラシック ワークフロー スキャンおよび、Microsoft 365グループの接続準備コンポーネントが含まれます。Includes the classic workflow scan with workflow migration readiness analysis + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
InfoPathOnly InfoPath スキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes the InfoPath scan + includes the Microsoft 365 group connection readiness component
BlogOnly ブログ スキャンおよび Microsoft 365 グループ接続の準備状態コンポーネントが含まれますIncludes the Blog scan + includes the Microsoft 365 group connection readiness component

コマンドライン パラメーターの概要Command-line parameter overview

SharePoint PnP Modernization scanner 2.14.0.0
Copyright (C) 2020 SharePoint PnP
==========================================================

See the sp-dev-modernization repo for more information at:
https://github.com/SharePoint/sp-dev-modernization/tree/master/Tools/SharePoint.Modernization

Let the tool figure out your urls (works only for SPO MT):
==========================================================
Using Azure AD app-only:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t <tenant> -i <your client id> -z <Azure AD domain> -f <PFX file> -x <PFX file
password>
e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t contoso -i e5808e8b-6119-44a9-b9d8-9003db04a882 -z conto.onmicrosoft.com
-f apponlycert.pfx -x pwd

Using app-only:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t <tenant> -i <your client id> -s <your client secret>
e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t contoso -i 7a5c1615-997a-4059-a784-db2245ec7cc1 -s
eOb6h+s805O/V3DOpd0dalec33Q6ShrHlSKkSra1FFw=

Using credentials:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t <tenant> -u <your user id> -p <your user password>

e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -t contoso -u spadmin@contoso.onmicrosoft.com -p pwd

Specifying url to your sites and tenant admin (needed for SPO with vanity urls):
================================================================================
Using Azure AD app-only:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r <wildcard urls> -a <tenant admin site>  -i <your client id> -z <Azure AD
domain> -f <PFX file> -x <PFX file password>
e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r "https://teams.contoso.com/sites/*,https://my.contoso.com/personal/*" -a
https://contoso-admin.contoso.com -i e5808e8b-6119-44a9-b9d8-9003db04a882 -z conto.onmicrosoft.com  -f apponlycert.pfx
-x pwd

Using app-only:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r <wildcard urls> -a <tenant admin site> -i <your client id> -s <your client
secret>
e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r "https://teams.contoso.com/sites/*,https://my.contoso.com/personal/*" -a
https://contoso-admin.contoso.com -i 7a5c1615-997a-4059-a784-db2245ec7cc1 -s
eOb6h+s805O/V3DOpd0dalec33Q6ShrHlSKkSra1FFw=

Using credentials:
SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r <wildcard urls> -a <tenant admin site> -u <your user id> -p <your user
password>
e.g. SharePoint.Modernization.Scanner.exe -r "https://teams.contoso.com/sites/*,https://my.contoso.com/personal/*" -a
https://contoso-admin.contoso.com -u spadmin@contoso.com -p pwd


  -i, --clientid                           Client ID of the app-only principal used to scan your site collections

  -s, --clientsecret                       Client Secret of the app-only principal used to scan your site collections

  -u, --user                               User id used to scan/enumerate your site collections

  -p, --password                           Password of the user used to scan/enumerate your site collections

  -z, --azuretenant                        Azure tenant (e.g. contoso.microsoftonline.com)

  -y, --azureenvironment                   (Default: Production) Azure environment (only works for Azure AD Cert
                                           auth!). Possible values: Production, USGovernment, Germany, China

  -f, --certificatepfx                     Path + name of the pfx file holding the certificate to authenticate

  -x, --certificatepfxpassword             Password of the pfx file holding the certificate to authenticate

  -a, --tenantadminsite                    Url to your tenant admin site (e.g. https://contoso-admin.contoso.com): only
                                           needed when your not using SPO MT

  -t, --tenant                             Tenant name, e.g. contoso when your sites are under
                                           https://contoso.sharepoint.com/sites. This is the recommended model for
                                           SharePoint Online MT as this way all site collections will be scanned

  -r, --urls                               List of (wildcard) urls (e.g.
                                           https://contoso.sharepoint.com/*,https://contoso-my.sharepoint.com,https://co
                                           ntoso-my.sharepoint.com/personal/*) that you want to get scanned. Ignored if
                                           -t or --tenant are provided.

  -o, --includeod4b                        (Default: False) Include OD4B sites in the scan

  -v, --csvfile                            CSV file name (e.g. input.csv) which contains the list of site collection
                                           urls that you want to scan

  -h, --threads                            (Default: 10) Number of parallel threads, maximum = 100

  -e, --separator                          (Default: ,) Separator used in output CSV files (e.g. ";")

  -m, --mode                               (Default: Full) Execution mode. Use following modes: Full, GroupifyOnly,
                                           ListOnly, PageOnly, HomePageOnly, PublishingOnly, PublishingWithPagesOnly,
                                           WorkflowOnly, WorkflowWithDetailsOnly, InfoPathOnly or BlogOnly. Omit or use
                                           full for a full scan

  -b, --exportwebpartproperties            (Default: False) Export the web part property data

  -c, --skipusageinformation               (Default: False) Don't use search to get the site/page usage information and
                                           don't export that data

  -j, --skipuserinformation                (Default: False) Don't include user information in the exported data

  -k, --skiplistsonlyblockedbyoobreaons    (Default: False) Exclude lists which are blocked due to out of the box
                                           reasons: base template, view type of field type

  -d, --skipreport                         (Default: False) Don't generate an Excel report for the found data

  -g, --exportpaths                        List of paths (e.g. c:\temp\636529695601669598,c:\temp\636529695601656430)
                                           containing scan results you want to add to the report

  -n, --disabletelemetry                   (Default: False) We use telemetry to make this a better tool...but you're
                                           free to disable that

  -q, --dateformat                         (Default: M/d/yyyy) Date format to use for date export in the CSV files. Use
                                           M/d/yyyy or d/M/yyyy

  -w, --storedcertificate                  (Default: ) Path to stored certificate in the form of
                                           StoreName|StoreLocation|Thumbprint. E.g.
                                           My|LocalMachine|3FG496B468BE3828E2359A8A6F092FB701C8CDB1

  --help                                   Display this help screen.