Managed Metadata Service を構成するConfigure the Managed Metadata service

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

この記事では、SharePoint Server で Managed Metadata Service アプリケーションを構成する方法について説明します。以下の手順を実行する前に、構成について計画したことを確認してください。In this article we cover how to configure a Managed Metadata service application in SharePoint Server. Be sure you've planned your configuration before you follow the procedures below.

Managed Metadata Service アプリケーションを構成するには、以下のステップを実行します。To configure a Managed Metadata service application, you perform the following steps:

  1. Managed Metadata Service アプリケーション プールを実行するために、管理アカウントを SharePoint Server に登録します。Register a managed account in SharePoint Server to run the Managed Metadata service application pool.

  2. Managed Metadata Web Service を開始します (SharePoint Server 2013 のみ)。Start the Managed Metadata Web Service (SharePoint Server 2013 only).

  3. Managed Metadata Service アプリケーションを作成します。Create a Managed Metadata service application.

  4. Managed Metadata Service 接続を構成します。Configure the Managed Metadata service connection

Managed Metadata Web Service を開始します (SharePoint Server 2013 のみ)Start the Managed Metadata Web Service (SharePoint Server 2013 only)

SharePoint Server 2013 を使用している場合には、Managed Metadata Web Service をファーム内の少なくとも 1 つのサーバーで開始する必要があります。(SharePoint Server 2016 では、このサービスは自動的に開始されます。)If you are using SharePoint Server 2013, you must start the Managed Metadata Web Service on at least one server in your farm. (This service is started automatically in SharePoint Server 2016.)

Managed Metadata Web Service を開始するにはTo start the Managed Metadata Web Service

  1. SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトのホーム ページで、[ サーバーのサービスの管理] をクリックします。On the SharePoint Central Administration Web site home page, click Manage services on server.

  2. [ サーバー] をクリックしてから、Managed Metadata Web Service を開始するサーバーを選択します。Click Server and then select the server where you want to start the Managed Metadata Web Service.

  3. [ サービス] 一覧で、[ Managed Metadata Web Service] の [ 開始] をクリックします。In the Service list, click Start for the Managed Metadata Web Service.

SharePoint Server で Managed Metadata Service アプリケーションを構成します。Configure a Managed Metadata service application in SharePoint Server

アプリケーション プールを実行するには、標準のドメイン アカウントが必要です。このアカウントには特定の権限は必要ありません。Active Directory にアカウントが作成されたら、次の手順に従って、アカウントを SharePoint Server に登録します。To run the application pool, you must have a standard domain account. No specific permissions are required for this account. Once the account has been created in Active Directory, follow these steps to register it with SharePoint Server.

管理アカウントを登録するにはTo register a managed account

  1. SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト ホーム ページで、左側のナビゲーションの [ セキュリティ] をクリックします。On the SharePoint Central Administration Web site home page, in the left navigation, click Security.

  2. [セキュリティ] ページの [ 一般的なセキュリティ] セクションで、[ 管理アカウントの構成] をクリックします。On the Security page, in the General Security section, click Configure managed accounts.

  3. [管理アカウント] ページで、[ 管理アカウントの登録] をクリックします。On the Managed Accounts page, click Register Managed Account.

  4. [ ユーザー名] ボックスに、アカウントの名前を入力します。In the User name box, type the name of the account.

  5. [ パスワード] ボックスに、アカウントのパスワードを入力します。In the Password box, type the password for the account.

  6. SharePoint Server でアカウントのパスワードの変更処理を行う場合は、[ パスワードの自動変更を有効にする] ボックスを選択し、使用するパスワード変更パラメーターを指定します。If you want SharePoint Server to handle changing the password for the account, select the Enable automatic password change box and specify the password change parameters that you want to use.

  7. [OK] をクリックします。Click OK.

登録済みのアカウントを構成した後、Managed Metadata Service アプリケーションを作成する必要があります。サービス アプリケーションを作成するには、次の手順を使用します。Once you have configured the registered account, you must create a Managed Metadata service application. Use the following procedure to create the service application.

Managed Metadata Service アプリケーションを作成するにはTo create a Managed Metadata service application

  1. サーバーの全体管理のホーム ページの [アプリケーション構成の管理] セクションで、[サービス アプリケーションの管理] をクリックします。On the Central Administration home page, in the Application Management section, click Manage service applications.

  2. [サービス アプリケーションの管理] ページで、 [新規] をクリックして、 [Managed Metadata Service] をクリックします。On the Manage Service Applications page, click New, and then click Managed Metadata Service.

  3. [名前] ボックスに、サービス アプリケーションの名前を入力します (例: Managed Metadata Service)。In the Name box, type a name for the service application (for example, Managed Metadata Service).

  4. [データベース サーバー] ボックスに、Managed Metadata データベースを作成する SQL Server のインスタンスを入力します。In the Database Server box, type the instance of SQL Server where you want to create the Managed Metadata database.

  5. [データベース名] ボックスに、Managed Metadata データベースに使用する名前を入力します。In the Database Name box, type the name that you want to use for the Managed Metadata database.

  6. [フェールオーバー データベース サーバー] ボックスに、使用するフェールオーバー データベース サーバーの名前を入力します。In the Failover Database Server box, type the name of your failover database server if you're using one.

  7. [ 新しいアプリケーション プールを作成する] オプションをクリックし、テキスト ボックスにアプリケーション プールの名前を入力します。Select the Create new application pool option and type a name for the application pool in the text box.

  8. [ 構成可能] オプションを選択し、ドロップダウン リストから、以前に管理アカウントを作成したアカウントを選択します。Select the Configurable option, and, from the drop-down list, select the account for which you created the managed account earlier.

  9. コンテンツ タイプ ハブを構成している場合、そのサイト コレクションの URL を [コンテンツ タイプ ハブ] ボックスに入力します。If you're configuring a Content Type Hub, type the URL for that site collection in the Content Type Hub box.

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

Managed Metadata Service アプリケーションの構成が終わりました。次のステップでは、Managed Metadata Service 接続の設定を構成します。The Managed Metadata service application has now been configured. The next step is to configure the settings for the Managed Metadata service connection.

Managed Metadata Service 接続を構成します。Configure the Managed Metadata service connection

各 Managed Metadata Service アプリケーションには、関連する Managed Metadata Service 接続があります。サービス接続を使用すると、次の 4 つのオプションを構成できます。Each managed metadata service application has an associated managed metadata service connection. Using the service connection, you can configure the following four options:

  • このサービス アプリケーションは、キーワードの既定の保存場所です - このサービス アプリケーションがエンタープライズ キーワードの既定の場所として使用されるかどうかを決定します。This service application is the default storage location for Keywords - Determines if this service application is used as the default location for enterprise keywords.

    複数の Managed Metadata Service アプリケーションを使用している場合、Web アプリケーションごとに 1 つのサービス アプリケーションに対してのみ、このオプションを選択します。If you are using more than one Managed Metadata service application, only select this option for one service application per web application.

    エンタープライズ キーワード機能を使用しない場合には、どの Managed Metadata Service 接続についてもこのチェック ボックスが選択されていないことを確認してください。If you do not want to use the enterprise keywords functionality, make sure this check box is not selected for any of your Managed Metadata service connections.

  • このサービス アプリケーションは、列固有の用語セットの既定の保存場所です - このサービス アプリケーションを、サイト コレクション レベルで作成されるユーザー設定の用語セットを格納するために使用するかどうかを決定します。This service application is the default storage location for column specific term sets - Determines if this service application is used to store custom term sets that are created at the site collection level.

    複数の Managed Metadata Service アプリケーションを使用している場合、Web アプリケーションごとに 1 つのサービス アプリケーションに対してのみ、このオプションを選択します。If you are using more than one Managed Metadata service application, only select this option for one service application per web application.

    ユーザー設定の用語セットの使用を許可しない場合には、どの Managed Metadata Service 接続についてもこのチェック ボックスが選択されていないことを確認してください。If you do not want to allow custom term sets, make sure this check box is not selected for any of your Managed Metadata service connections.

  • http://<site> のコンテンツ タイプ ギャラリーからコンテンツ タイプを使用する - このサービス アプリケーションで、この Web アプリケーション内のサイト ユーザーが、指定のコンテンツ タイプ ギャラリーで定義されているコンテンツ タイプを使用できるようにするかどうかを決定します。このオプションは、コンテンツ タイプを共有するように定義されているハブがサービスにある場合のみ、選択できます。Consumes content types from the content type gallery at http://<site> - Determines if this service application makes the content types that are that are defined in the specified content type gallery available to users of sites in this web application. This option is available only if the service has a hub defined to share content types.

  • コンテンツ タイプを使用して、コンテンツ タイプ ギャラリーからサブサイトおよびリストにコンテンツ タイプ発行の更新をプッシュダウンする - コンテンツ タイプの変更が、対象のコンテンツ タイプを使用するサブサイトとリストに発行されるかどうかを決定します。Push-down Content Type Publishing updates from the Content Type Gallery to sub-sites and lists using the content type - Determines if change in content types are published to sub-sites and lists that use the content type.

これらのオプションを設定するには、以下の手順を使用します。Use the following procedure to set these options:

Managed Metadata Service 接続を構成するにはTo configure a managed metadata service connection

  1. サーバーの全体管理の [ アプリケーション構成の管理] で、[ サービス アプリケーションの管理] をクリックします。In Central Administration, under Application Management, click Manage service applications.

  2. 構成するサービス アプリケーションの Managed Metadata Service 接続を見つけます。( [タイプ] 列で [Managed Metadata Service 接続] を探します。)Find the managed metadata service connection for the service application that you want to configure. (Look for Managed Metadata Service Connection in the Type column.)

  3. その行を強調表示して [プロパティ] をクリックします。Highlight that row, and then click Properties.

  4. 有効にするオプションのチェック ボックスを選択して [OK] をクリックします。Select the check boxes for the options that you want to enable, and then click OK.