SharePoint Server での管理されたメタデータの計画Plan for managed metadata in SharePoint Server

適用対象: yes2013 yes2016 yes2019 SharePointOnline なしAPPLIES TO: yes2013 yes2016 yes2019 noSharePoint Online

SharePoint Server で管理されたメタデータを使用すると、統一された用語の分類を作成して、SharePoint ファーム全体で使用できます。この記事では、SharePoint Server で Managed Metadata Service アプリケーションを構成する前に必要な構成上の決定事項について順を追って説明します。With managed metadata in SharePoint Server, you can create a unified taxonomy of terms that you can use throughout your SharePoint farm. In this article, we walk through the configuration decisions that you need to make before you configure the managed metadata service application in SharePoint Server.

管理されたメタデータを構成する前に、管理されたメタデータについて理解し、SharePoint での働きを理解しておくことが重要です。この記事を読む前に、「管理されたメタデータの概要 」を必ずお読みください。Before you configure managed metadata, it's important to understand what managed metadata is and how it works in SharePoint. Before you read this article, be sure to read Introduction to managed metadata.

SharePoint Server における Managed Metadata Service の概要Overview of the managed metadata service in SharePoint Server

SharePoint Server では、管理されたメタデータは、サービス アプリケーションと、アプリケーション サーバーの役割およびフロント エンドのサーバーの役割を担当するサーバーで稼動する Managed Metadata Web Service により実装されます。特別な使用目的のために用語セットを分離する必要がある場合は、複数の Managed Metadata Web Service アプリケーションを作成できます。各サービス アプリケーションに、用語セット、用語、キーワードなどが含まれている独自のデータベースがあります。In SharePoint Server, managed metadata is implemented through a service application and the Managed Metadata Web Service which runs on the Application and Front-end server roles. You can create multiple managed metadata service applications if you need separate term sets for specialized use. Each service application has its own database containing the term set, terms, keywords, and so on.

Managed Metadata Service アプリケーションと Web アプリケーション間の接続は、管理されたメタデータへの接続 で処理されます。これらの接続を使用して、必要に応じてさまざまな Managed Metadata Service アプリケーションをさまざまな Web アプリケーションにマップし、キーワードや用語セットの作成ポリシーに関係する機能を構成できます。Connections between the managed metadata service application and your web applications are handled by managed metadata connections. Using these connections, you can map different managed metadata service applications to different web applications if needed, and configure features around keyword and term set creation policy.

SharePoint Server ファームが複数あり、管理されたメタデータの用語ストアをそれらのファーム間で共有しようとしている場合は、1 つのファームでサービス アプリケーションを発行し、他のファームでそのアプリケーションに接続できます。(ファーム間の信頼関係が必要です。)If you have multiple SharePoint Server farms and you want to share a managed metadata term store between them, you can publish the service application in one farm and the others can connect to it. (This requires a trust relationship between the farms.)

Managed Metadata Service アプリケーションは、コンテンツ タイプ ハブの発行機能も提供します。コンテンツ タイプ ハブはサイトのコレクションで、ここで標準的なコンテンツ タイプを作成して他のサイト コレクション間で共有できます。The managed metadata service application also provides publishing functionality for content type hubs, which are site collections where you can create standard content types and share them among other site collections.

管理されたメタデータを構成する前に、この分野で決定する必要がある事項について考慮します。Let's look at the decisions you need to make in these areas before you configure managed metadata.

管理されたメタデータ用語セットを分離するIsolating managed metadata term sets

用語ストア内に多種多様な用語セットを作成できます。これらの用語セットをグループにまとめることができます。グループにすると、安全に隔離でき、管理できる人や投稿できる人を指定できます。しかし、ユーザーは一般に自力で用語にアクセスしたり使用したりできます。用語セットを特定のユーザーのグループだけに制限する場合には、2 つのオプションがあります。Within a term store, you can create a variety of different term sets. These term sets can be organized in groups. Groups offer some security isolation by allowing you to specify who can manage or contribute to them. However, users in general can access and use the terms themselves. If you want to restrict a term set to a specific group of users, there are two options.

1 つ目として、ユーザーがサイト コレクションに対してローカルな用語セットを作成できるようにすることが可能です。これらの用語セットは他のサイト コレクションでは使用できません。(このオプションの詳細については、次のセクションで説明します。)First, you can allow users to create term sets that are local to a site collection. These term sets are not available in other site collections. (We talk more about this option in the next section.)

2 つ目として、用語セットを別個の Managed Metadata Service アプリケーション内に格納して、さらに厳密に隔離できます。この場合、用語ストアを別個のデータベース内に完全に分離して、特定のユーザーの集団だけに制限できます。Second, you can provide even greater isolation for a term set by housing it in a separate managed metadata service application. This gives you a completely separate term store in a separate database which you can restrict to a particular set of users.

法的情報や人事管理などの機密性の高い分野があり、用語ストアへのアクセスを制限しようとしている場合は、この 2 つ目の方法を検討してください。この用語ストアのユーザーにメインの用語ストアへのアクセス権も付与できます。If you have sensitive areas such as legal or human resources where you want a term store with limited access, consider this second approach. Users of this term store can also be granted access to your main term store.

決定事項Decision

SharePoint で管理されたメタデータを構成する前に、分離する用語ストアに対して複数の Managed Metadata Service アプリケーションが必要かどうかを決定してください。(必要に応じて、後で他のサービス アプリケーションを追加できます。)Before you configure managed metadata in SharePoint, decide if you need more than one managed metadata service application for separate term stores. (You can add additional service applications in the future if needed.)

ローカル用語セットの使用Using local term sets

すべてのサイト コレクション間で使用できるグローバル用語セット以外に、サイト コレクションに対してローカルな用語セットを作成できます。ユーザーが SharePoint リストの管理されたメタデータ列を作成する際に、グローバル用語セットを使用せずに新しい用語セットを作成するオプションがあります。Beyond the global term sets that are available across all of your site collections, you can create term sets that are local to a site collection. When users create a managed metadata column for a SharePoint list, they have the option of creating a new term set rather than using global term sets.

このオプションは、特定のプロジェクトやイベントのメタデータなどの管理されたメタデータを、組織全体に適用しない方法で使用するのに便利な場合があります。This can be useful if you want to use managed metadata in ways that don't apply to the entire organization, such as metadata for a particular project or event.

ローカル用語セットを使用すると、さまざまなチームや業務グループで独自の管理されたメタデータを作成でき、その際にグローバル用語セットに正式な更新を要求する必要はありません。さらに、業務の中核となる分野に重点を置いたグローバル用語セットも保持できます。By using local term sets, different teams and business groups can create their own managed metadata without needing to request formal updates to a global term set, and you can keep the global term sets focused on core areas of your business.

ユーザーがサイト コレクションに対してローカルな独自の用語セットを作成できないようにする場合は、管理されたメタデータ接続を構成する際にこの機能を無効にできます。If you don't want to allow users to create their own term sets that are local to site collections, you can disable this feature when you configure the managed metadata connection.

決定事項Decision

SharePoint で管理されたメタデータを構成する前に、ローカル用語セットを作成できるようにするかどうかを決定してください。(作成するサービス アプリケーションごとに別の設定にすることができます。)Before you configure managed metadata in SharePoint, decide if you want to allow local term sets to be created. (You can have different setting for each service application that you create.)

管理されたメタデータのキーワードとフォークソノミーManaged metadata keywords and folksonomy

SharePoint リスト内で管理されたメタデータ列を使用する場合、その列に記入するユーザーは、その列が接続している用語ストア内で定義された使用可能な値のいずれかを使用する必要があります。これは、管理されたメタデータの主な利点の 1 つです。必ず定義済みの一覧から値が選択されます。When you use a managed metadata column in a SharePoint list, users who fill out that column have to use one of the available values defined in the term store that the column is connected to. This is one of the primary advantages of managed metadata - you're certain the value was chosen from a predefined list.

しかし、SharePoint の管理されたメタデータはタグ付け機能もサポートしており、ユーザーは既存の用語ストアに含まれていない自作のキーワードがあるドキュメントなどの SharePoint アイテムにタグ付けできます。これらのキーワードは用語ストア内の一覧に蓄積され、必要に応じてこれらのキーワードを統合したり既存の用語セットや新しい用語セットに追加したりして管理できます。こうすると、フォークソノミーの方法を使用して、特定の用語セットを更新する正式なプロセスを経ずに、必要に応じてユーザーは新しいキーワードを作成できます。However, SharePoint managed metadata also supports tagging functionality where users can tag SharePoint items such as documents with keywords that they create that aren't in the existing term store. These keywords accumulate in a list in the term store, and you can manage them by consolidating them and adding them to existing or new term sets as needed. This allows a folksonomy approach where users can create new keywords as needed without having to go through a formal process to update a particular term set.

管理されたメタデータをこの方法より正式な方法で扱う場合は、管理されたメタデータへの接続を構成する際にこの機能を無効にできます。この場合、ユーザーは用語ストア内の既存の用語から選択し、それらの値をその目的で作成した特定のフィールドに追加する必要があります。If you want to take a more formal approach to managed metadata, you can disable this feature when you configure the managed metadata connection. In this case, users will have to pick from the existing terms in the term store and add those values to specific fields that you create for that purpose.

決定事項Decision

SharePoint で管理されたメタデータを構成する前に、用語ストアに含まれていないキーワードのある SharePoint アイテムにタグ付けできるようにするかどうかを決定してください。Before you configure managed metadata in SharePoint, decide if you want to allow tagging of SharePoint items with keywords that are not in the term store.

管理されたメタデータのコンテンツ タイプを発行するPublishing managed metadata content types

管理されたメタデータを共有できること以外に、Managed Metadata Service を使用して、コンテンツ タイプも共有できます。Managed Metadata Service アプリケーションの作成時に、コンテンツ タイプ ハブとしてサイト コレクションを指定することによって、サイト コレクションのコンテンツ タイプ ギャラリーにあるすべてのコンテンツ タイプを共有し、他のサイト コレクションで使用できるようにすることが可能です。In addition to sharing managed metadata, you can also use the managed metadata service to share content types. By specifying a site collection as the content type hub when you configure the managed metadata service application, you can share all content types in the site collection's content type gallery, making them available to other site collections.

決定事項Decision

SharePoint で管理されたメタデータを構成する前に、コンテンツ タイプ ハブを作成するかどうかを決定してください。(後で追加することもできます。)Before you configure managed metadata in SharePoint, decide if you want to create a content type hub. (You can also add one later.)

関連項目See also

この記事の SharePoint Online バージョンについては、「管理されたメタデータの概要」を参照してください。 For the SharePoint Online version of this article, see Introduction to managed metadata.