SharePoint のモダン エクスペリエンスへのガイドGuide to the Modern experience in SharePoint

SharePoint のモダン エクスペリエンスは、魅力的で柔軟性があり、質の高いパフォーマンスが可能となるように設計されています。The Modern experience in SharePoint is designed to be compelling, flexible and more performant. モダン エクスペリエンスにより、ユーザーは、モバイルに対応した見栄えの良い動的なサイトやページを簡単に作成できるようになります。The modern experience makes it easier for anyone to create beautiful, dynamic sites and pages that are mobile-ready. しかし、クラシック エクスペリエンスとモダン エクスペリエンスとの違い、そして組織にモダン エクスペリエンスを作成するにはどのような方法があるでしょうか?But what are the differences between the classic and modern experiences, and how do you go about creating a modern experience for your organization? このガイドは、モダン エクスペリエンスとその活用方法を学ぶのに役立つ出発点です。This guide is a starting point to help you learn about the modern experience and how you can begin to take advantage of it.

情報アーキテクチャとハブ サイトInformation architecture and hub sites

通常、クラシックな SharePoint アーキテクチャは、継承されたナビゲーション、アクセス許可、サイト設計と共にサイト コレクションとサブサイトの階層システムを使用して構築されます。Classic SharePoint architecture is typically built using a hierarchical system of site collections and sub-sites, with inherited navigation, permissions, and site designs. 一度構築されると、この構造の柔軟性はなくなり、維持が困難になる可能性があります。Once built, this structure can be inflexible and difficult to maintain. モダン SharePoint エクスペリエンスでは、すべてのサイトはサイト コレクションであり、すべてをナビゲーション、ブランディング、その他の要素を共有するサイトのフラットな構造であるハブ サイトに関連付けることができます。In the modern SharePoint experience, every site is a site collection and all can be associated with a hub site which is a flat structure of sites that share navigation, branding, and other elements. この種類の構造は非常に柔軟性が高く、組織のニーズの変化により良く対応します。This type of structure is far more flexible and adaptive to the changing needs of your organization. ハブ サイトの計画方法について説明しますLearn about how to plan for Hub sites.

最も効果的な SharePoint サイト (および一般的な Web サイト) では、閲覧者が必要な情報を素早く見つけ、情報を基に決定したり現在行われていることについて学んだり、必要なツールにアクセスしたり、同僚と問題を解決するために連携したりできます。The most effective SharePoint sites (and web sites in general) help visitors find what they need quickly so that they can use the information they find to make decisions, learn about what is going on, access the tools they need, or engage with colleagues to help solve a problem.サイトとページのナビゲーションに関する基本原則と優れた実践方法は、従来と最新の両方の SharePoint アーキテクチャに同様に適用できます。 The fundamental principles and good practices for site and page navigation are equally applicable to both classic and modern SharePoint architectures. ただし、ナビゲーションを実装するためのオプションは、サイトとイントラネットのフレームワークによって異なります。However, your options for implementing navigation differs based on the framework for your sites and intranet. たとえば、クラシックの SharePoint サイトの階層 (サブサイトを含むサイト) で利用可能な「継承された」ナビゲーションのエクスペリエンスはモダン エクスペリエンスでは利用できませんが、ハブサイトは管理ナビゲーションおよびクラシックの SharePoint の階層サイトで利用できたクロス サイト ナビゲーション機能を実現する優れた方法を提供します。For example, the “inherited” navigation experiences available in classic SharePoint site hierarchies (sites with subsites) are not available in the modern experience, but hub sites provide a great way to achieve the cross-site navigation features previously available in managed navigation and site hierarchies in classic SharePoint.  

どのフレームワークを使用していても、「モダン エクスペリエンスのナビゲーションを計画する」のガイダンスに従って、ナビゲーションを適切に決定できます。No matter which framework you are using, you can use the guidance in Plan navigation in the modern experience to help make good decisions for navigation. 

ブランディングBranding

クラシックの SharePoint エクスペリエンスには、さまざまな既定のテーマとサイト デザインがあります。これには組織のブランドに合うように多くのカスタマイズ作業が必要になる場合があります。In the classic SharePoint experience, there are a set of default themes and site designs that can require a considerable amount of customization to get them to match your organization’s brand. また、このテーマやデザインは応答性が悪く、デバイスが異なるとエクスペリエンスが安定しません。Also, they aren’t very responsive, making the experience on different devices inconsistent. ほぼすべてのサイトのブランディングでは、カスタム マスター ページや、代わりの CSS 構成を使用しなければなりません。Most site branding requires the use of custom master pages or alternate CSS configurations. SharePoint には、更新されたサイトの既定のテーマおよびサイト デザイン (またはテンプレート) のセットが含まれ、これらはどのようなデバイスでも応答性に優れ、きれいに表示されます。SharePoint Online includes an updated set of default site themes and site designs (or templates) that are responsive and look great on any device. サイトのテーマを使用すると、サイトのロゴや配色をブランドに合わせてカスタマイズできます。With site themes, you can customize your site’s logo and colors to match your brand. サイト デザインには、サイトに合ったレイアウトや他の機能が用意されています。Site designs provide specific layouts and other functionality for your site. その他のブランディングは、カスタム テーマやサイト デザインを使用して行うことができ、SharePoint の更新時に不具合を心配する必要はありません。Additional branding can be achieved using custom themes or site designs without worrying about something breaking when SharePoint Online is updated. モダン エクスペリエンスでの SharePoint サイトのブランディング」を読むと、モダン ブランディング オプションについて知ることができます。Read Branding SharePoint sites in the modern experience to learn more about modern branding options.

発行Publishing

組織で発行サイトや発行可能なサイトを実装した場合、魅力的かつパフォーマンスの優れたページを作成し、多数のユーザーとつながることが非常に重要であるとわかっています。If you’ve implemented publishing sites or publishing-enabled sites in your organization, you know how important it is to create attractive and performant pages to distribute communication to a large number of people. モダン エクスペリエンスでは、コミュニケーション サイトにより、モバイルに対応した見栄えが良く、動的でパフォーマンスの優れたサイトやページを作成しやすくなります。In the modern experience, Communication sites make it easy to create beautiful, dynamic, and performant sites and pages that are mobile-ready. 移動計画を考えているクラシックの発行、アイデアなどは、モダン エクスペリエンスとの違いがあります。There are differences from classic publishing, though, and things you’ll want to think about planning your move to the modern experience. 発行サイトからコミュニケーション サイトへの移動」で詳細を確認してください。Learn more in Moving from Publishing sites to Communication sites.

検索はすべてのサイトにおいて重要な部分であり、ユーザーが探しているものをすぐに簡単に見つけられるようにします。Search is an important part of any site – you want people to be able to find what they are looking for quickly and easily. SharePoint には、クラシック検索エクスペリエンスとモダン検索エクスペリエンスの両方があり、SharePoint での Microsoft 検索は最新のエクスペリエンスです。SharePoint Online has both a classic and a modern search experience, where Microsoft search in SharePoint is the modern experience. 最も顕著な違いは、Microsoft 検索ボックスが SharePoint の上部のヘッダー バーに配置されていることです。The most visible difference is that the Microsoft search box is placed at the top of SharePoint, in the header bar. もう 1 つの違いは、Microsoft 検索は個人に合わせたものであることです。Another difference is that Microsoft search is personal. 同じ語句を検索する場合でも、他のユーザーに表示される結果とは異なる結果が表示されることです。The results you see are different from what other people see, even when you search for the same words. 検索ボックスに入力する前に Office 365 での以前のアクティビティとトレンド コンテンツに基づいて結果が表示され、入力すると結果が更新されます。You'll see results before you start typing in the search box, based on your previous activity and trending content in Office 365, and the results update as you type. ユーザーの Microsoft 検索エクスペリエンスの詳細については、「Microsoft 検索で必要なものを見つける」を参照してください。Learn more about the Microsoft search experience for users in Find what you need with Microsoft search. 特にカスタマイズに関しては、他にも違いがあります。There are other differences, especially around customization. どの検索エクスペリエンスをいつ使用するか」を読んで、組織で使用するエクスペリエンスを決定してください。Read When to use which search experience to decide which experience your organization should use.

共有とアクセス許可Sharing and permissions

SharePoint は引き続き、SharePoint グループと Azure Active Directory が管理するセキュリティ グループの両方を提供します。SharePoint Online continues to provide both SharePoint groups as well as security groups maintained by Azure Active Directory. Office 365 では、SharePoint の 3 つ目のグループ化オプション Office 365 グループも用意されています。Office 365 also provides a third grouping option for SharePoint, Office 365 Groups. Office 365 グループはセキュリティ グループに似ていますが、この他にも多くの利点があります。Office 365 Groups are similar to security groups, although Office 365 Groups include many additional benefits. Office 365 グループでは、グループ メールのアドレスに加えて、グループ予定表、ノートブック、Planner、SharePoint チーム サイトなどのツールも用意されています。Office 365 groups are provided a group email address as well as additional tools such as a group calendar, notebook, Planner, and a SharePoint Team site. Office 365 グループに割り当てられたユーザーは、全てのメンバーが等しくアクセス権を有するセキュリティ グループとは対照的に、グループ所有者、もしくはグループ メンバーとして分類されることがあります。Users assigned to an Office 365 Group may also be classified as either a group owner or a group member, in comparison to security groups where all group members have equal access under the group. モダン エクスペリエンスのアクセス許可や共有における相違点、利点、ベスト プラクティスについては、「SharePoint モダン エクスペリエンスでの共有とアクセス許可」で確認してください。Learn about the differences, benefits, and best practices for permissions and sharing in the modern experience in Sharing and permissions in the SharePoint modern experience.