SharePoint Server 2016 および 2019 での MinRole サーバーの展開の計画

適用対象: no-img-132013 yes-img-162016 yes-img-192019 no-img-seサブスクリプションエディション no-img-sopMicrosoft 365のSharePoint

SharePoint Server 2016 および 2019 のサーバーの役割

SharePoint Server 2016 および 2019 では、3 つのカテゴリーから 8 つの事前定義済みサーバーの役割を選択できます。これらの役割とその説明については、次の表をご覧ください。

専用の役割: 専用の役割は、パフォーマンスとスケーラビリティのために最適化され、一般的に大規模ファームで使用されます。共有の役割を持つ中規模ファームにも使用できます。

サーバーの役割
説明
メモ
フロントエンド
ユーザー要求を処理するサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、フロントエンド サーバーに属しています。これらのサーバーは、高パフォーマンスを実現するように最適化されています。
アプリケーション サーバーとフロントエンド サーバーの役割は、類似するサービスのセットをホストします。ただし、それぞれの役割は異なる目的を果たします。フロントエンドの役割は、パフォーマンスを重視して、ローカル サーバー上のユーザー要求に対して適切なサービス インスタンスを実行することにより、ユーザー トラフィックを処理するように最適化されています。通常、フロントエンドの役割が、以前のバージョンのアプリケーション サーバーの役割でホストされたサービス インスタンスを実行します。
アプリケーション
検索クロール要求などのバックエンド要求を処理するサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、アプリケーション サーバーに属しています。これらのサーバーは、高いスループットを得られように最適化されています。
SharePoint Server 2016 で使用される "アプリケーション サーバー" という用語の意味は、以前のバージョンで使用されていた場合と意味が異なります。以前のバージョンの SharePoint では、アプリケーション サーバーは一般的に、ユーザー要求の処理中にフロントエンド サーバーが呼び出す、サービス アプリケーション エンドポイントをホストしていました。SharePoint Server 2016 および 2019 では、アプリケーション サーバーの役割は、タイマー ジョブなどのバックグラウンド タスクを実行し、検索クロール要求の対象である場合があります。
分散キャッシュ
分散キャッシュに必要なサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、分散キャッシュ サーバーに属します。
分散キャッシュは、他のサービスではサポートされている高可用性をサポートしていません。SharePoint のファームでは、負荷を分散させるために複数の分散キャッシュ サーバーを使用できますが、各分散キャッシュ サーバーにキャッシュされたデータは他の分散キャッシュ サーバーにはレプリケートされません。分散キャッシュ サーバーが予期せず停止した場合、そのサーバーにキャッシュされたデータは失われます。
検索
検索に必要なサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、検索サーバーに属しています。
サーバーに検索の役割が割り当てられた後に、検索トポロジの管理でサーバーを構成する必要があります。検索トポロジについて詳しくは、「SharePoint Server で検索トポロジを管理する」をご覧ください。

共有の役割: 共有の役割は、専用の役割を組み合わせることにより、ファーム内の少数のサーバー用に最適化されています。専用の役割を持つ中規模ファームにも使用できます。共有の役割は、より多くのサービスを実行しているため、より可用性の高いシステム リソースが必要になる可能性があります。

サーバーの役割
説明
メモ
分散キャッシュを使用するフロントエンド
同じサーバー上のフロントエンドと分散キャッシュの役割を結合した共有の役割です。サーバーが、共有サーバーの役割をホストするためのシステム要件を満たしていることを確認してください。
この共有の役割は、SharePoint Server 2016 (Feature Pack 1) の 11 月のパブリック更新プログラムで導入されました。
検索を使用するアプリケーション
同じサーバー上のアプリケーションと検索の役割を結合した共有の役割です。サーバーが、共有サーバーの役割をホストするためのシステム要件を満たしていることを確認してください。
この共有の役割は、SharePoint Server 2016 (Feature Pack 1) の 11 月のパブリック更新プログラムで導入されました。

特殊な役割: 特殊なケース シナリオでは、テスト、開発、MinRole に統合されていないサービスです。

サーバーの役割
説明
メモ
単一サーバー ファーム
単一のサーバー ファームに必要なサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、単一のサーバー ファームの役割を実行するサーバーに属しています。開発、テスト、限定された実稼働タスクで、この役割を使用します。
単一のサーバー ファームの役割は、SharePoint Server の以前のリリースで使用可能だったスタンドアロン インストール モードに置き換わるものです。スタンドアロンのインストールとは異なり、Microsoft SQL Server は、SharePoint 管理者が別個にインストールして準備する必要があります。また、SharePoint 管理者は、SharePoint ファームのサービスと Web アプリケーションを手動で構成するか、ファーム構成ウィザードを実行して構成する必要もあります。単一のサーバー ファームの役割を持つ SharePoint ファームは、ファームに複数の SharePoint Server を持つことはできません。
Custom
MinRole を使用して管理するのではなく、自分で管理するサービス アプリケーション、サービス、コンポーネントは、カスタム サーバーに属しています。
このサーバーの役割は一般的に、MinRole に統合されていないサービスの実行に使用します。ファーム管理者は、カスタム サーバーの役割に割り当てられているサーバー上で実行するサービス インスタンスを完全に制御できます。MinRole は、この役割に割り当てられているサーバーを管理しません。

注意

ファーム トポロジで共有の役割を使用するには、SharePoint Server 2016 (Feature Pack 1) の 11 月のパブリック更新プログラムがインストールされている必要があります。 >

MinRole トポロジ

SharePoint ファームには 3 つの種類があります。

  • コンテンツ ファーム:これらのファームは、サイトとサービス アプリケーションをホストし、必要に応じて、他のファームからのサービス アプリケーションを使用できます。

  • サービス ファーム:これらのファームは、他のファームで使用するサービス アプリケーションをホストします。 サービス アプリケーションの例は次のとおりです。管理されたメタデータ、検索、ユーザー プロファイル。

  • 検索ファーム:これらのファームは、他のファームで使用する検索サービス アプリケーションのホストにのみ使用します。

SharePoint ファームの各種類が正常に機能するためには、それぞれ異なる MinRole サーバーの役割が必要です。ファームの種類ごとに必要なサーバーの役割の一覧については、次の表をご覧ください。

Server Role
Required for Content Farm?
Required for Services Farm?
Required for Search Farm?
フロントエンド
はい
いいえ
いいえ
アプリケーション
はい
はい
いいえ
分散キャッシュ
はい
はい
いいえ
検索
はい (検索をホストしている場合)
はい (検索をホストしている場合)
はい

注意

共有の役割は、ファーム内のサーバーの数を減らすため、同等の専用の役割の代わりに使用できます。たとえば、コンテンツ ファームの要件を満たすため、別個の "フロントエンド" の役割と "分散キャッシュ" の役割の代わりに "分散キャッシュを使用するフロントエンド" の役割を使用することができます。 > 専用の役割、共有の役割、カスタム サーバーの役割は、同じファーム内で同時に使用できます。複数の MinRole 管理サーバーの役割についてカスタム サーバーの役割を代わりに使用する場合、カスタムの役割に割り当てられているサーバーが、該当する種類のファームで必要なサービス インスタンスを使用して適切に構成されていることを確認する必要があります。 > SQL Server は SharePoint と同じサーバーまたは別のサーバーで実行できますが、パフォーマンスを向上するには、別のサーバーで SQL Server を実行することをお勧めします。

推奨される MinRole コンテンツ ファーム トポロジの一覧については、次の表をご覧ください。

コンテンツ ファーム トポロジ
ファーム内のサーバーの合計数
説明
単一サーバー ファーム
1
すべての役割を持つ 1 つのサーバー:
評価、開発、テスト。
負荷が非常に小さく、単純な実稼働ワークロード。
小規模な非高可用性の MinRole ファーム
2
2 つの共有の役割を持つ 2 つのサーバー:
分散キャッシュサーバーを使用する 1 つのフロントエンド
検索サーバーを使用する 1 つのアプリケーション
小規模な高可用性 (HA) の MinRole ファーム
4
2 つの共有の役割を持つ 4 つのサーバー:
分散キャッシュ サーバーを使用する 2 つのフロントエンド
検索サーバーを使用する 2 つのアプリケーション
中規模な非高可用性の MinRole ファーム
4
4 つの専用の役割を持つ 4 つのサーバー:
1 つのフロントエンド サーバー
1 つの分散キャッシュ サーバー
1 つのアプリケーション サーバー
1 つの検索サーバー
中規模な高可用性 (HA) の MinRole ファーム (検索に最適化)
6
専用の役割と共有の役割を持つ 6 つのサーバー:
分散キャッシュ サーバーを使用する 2 つのフロントエンド
2 つのアプリケーション サーバー
2 つの検索サーバー
中規模な高可用性 (HA) の MinRole ファーム (ユーザーに最適化)
6
専用の役割と共有の役割を持つ 6 つのサーバー:
2 つのフロントエンド サーバー
2 つの分散キャッシュ サーバー
検索サーバーを使用する 2 つのアプリケーション
大規模な高可用性 (HA) の MinRole ファーム
8
4 つの専用の役割を持つ 8 つのサーバー:
2 つのフロントエンド サーバー
2 つの分散キャッシュ サーバー
2 つのアプリケーション サーバー
2 つの検索サーバー

MinRole ファームの展開

サーバーの展開

MinRole を使用して新しいファームを作成するか、既存のファームにサーバーを参加させるには、次の方法を使用します。

  • SharePoint 製品構成ウィザード (PSConfigUI.exe)

  • PSConfig.exe コマンド ライン ツール

  • Microsoft PowerShell コマンドレット

MinRole 機能には、PSConfig.exe と PowerShell に関する 2 つの新しいコマンド ライン パラメーターが導入されています。 LocalServerRole パラメーターは、新しいファームを作成する際、またはサーバーを既存のファームに参加させる際にローカル サーバーの役割を指定します。 LocalServerRole パラメーターには、以下の値を指定できます。

  • WebFrontEnd (フロントエンド サーバーの役割)

  • Application (アプリケーション サーバーの役割)

  • DistributedCache (分散キャッシュ サーバーの役割)

  • Search (検索サーバーの役割)

  • WebFrontEndWithDistributedCache (分散キャッシュ サーバーの役割を持つフロントエンド)

  • ApplicationWithSearch (検索サーバーの役割を持つアプリケーション)

  • Custom (カスタム サーバーの役割)

  • SingleServerFarm (単一サーバー ファーム サーバーの役割)

ServerRoleOptional パラメーターは、ファームの作成時やファームへのサーバーの追加時に、サーバーの役割を指定する必要がないようにファームを構成します。新しいサーバー ファームを作成する際に使用できます。サーバーの役割を指定しないと、既定値でサーバーはカスタムの役割になります。

好きな順序で、ファーム内のサーバーを展開できます。ファーム内の最初のサーバーでは任意のサーバーの役割を使用できます。

SharePoint 製品構成ウィザード

SharePoint 製品構成ウィザードを使用して、新しいファームを作成するか、サーバーを既存のファームに参加させると、このウィザードに新しいフォームが表示されます。このフォームには各サーバーの役割についての説明が表示されるので、その説明を活用してこのサーバーの役割を選択できます。このファーム内で使用できない役割については、そのサーバーの役割のオプション ボタンは無効になります。

SharePoint Server 2016 で共有の役割を使用して PSConfig ダイアログを表示する

SharePoint Server 2019 で共有の役割を使用して PSConfig ダイアログを表示する

SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトの展開

既定では、ファーム内の最初のサーバーが SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをホストします。既定では、その他のサーバーは全体管理 Web サイトをホストしません。ファーム内の個別のサーバーで全体管理を開始または停止するには、そのサーバーの役割にかかわらず以下のいずれかの方法で行うことができます。

  • SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトの [サーバーのサービス] ページ。

  • PowerShell コマンドレットの New-SPCentralAdministration および Remove-SPCentralAdministration

  • psconfig.exe -cmd adminvs コマンド。

  • SharePoint 製品構成ウィザード のユーザー インターフェイス。

サーバーの全体管理の状態は、サーバーが MinRole に準拠していると見なされるかどうかには影響しません。

サービスの展開

サポートされている最小の MinRole ファーム トポロジに到達するまで、MinRole ファームでサービス アプリケーションを作成しないでください。たとえば、専用サーバーの役割を使用してコンテンツ ファームを展開する場合、次のサーバーの役割の 1 つ以上が展開されるまで、サービス アプリケーションを作成しようとしないでください。

  • フロントエンド

  • アプリケーション

  • 分散キャッシュ

  • 検索 (検索サービス アプリケーションをホストしている場合)

注: このガイダンスは、カスタム サーバーの役割を使用するファームには適用されません。

検索のクロールに関する手動構成

ファーム管理者は最適なパフォーマンスのために、フロントエンド サーバーの役割ではなく、アプリケーション サーバーの役割を使用して、または検索サーバーの役割を持つアプリケーションを使用して、Web アプリケーションをクロールする検索を構成する必要があります。これを行うには、検索クロール要求をアプリケーションや検索サーバーを使用するアプリケーションに転送するように、ロード バランサーまたは SharePoint 要求マネージャーを構成します。

単一サーバー ファームを複数サーバー ファームに変換する

単一サーバー ファームを複数サーバー ファームに変換できます。そのためには、役割変換機能を使用します。サーバーの役割を変更する方法について詳しくは、「SharePoint Serever 2016 および 2019 での MinRole を使用した役割の変換」を参照してください。

MinRole をオプトアウトする

SharePoint Server 2016 および 2019 は、カスタム サーバーの役割を持つ以前の SharePoint リリースの下位互換性動作をサポートしています。SharePoint ファーム管理者は、カスタムの役割に割り当てられた個々のサーバー上のサービス インスタンスを直接管理できます。MinRole は、カスタムの役割に割り当てられたサーバーを管理しません。ファーム内の 0 個、いくつか、またはすべてのサーバーをカスタムの役割に割り当てることができます。

既存の展開スクリプトがあり、MinRole をサポートするように変更しない場合は、PSConfig.exe コマンドライン ツールか PowerShell を使用して新しい SharePoint ファームを作成する際に、 ServerRoleOptional パラメーターを指定できます。このパラメーターは、サーバーの役割を指定する必要がないようにファームを構成します。サーバーの役割を指定しないと、既定値でサーバーはカスタムの役割になります。

関連項目

概念

SharePoint Server 2016 ゼロ ダウンタイムの修正プログラムの適用手順

SharePoint Server 2016 および SharePoint Server 2019 パブリック プレビューでの MinRole サーバーの役割の概要

MinRole と SharePoint サーバーの 2016 と 2019 に関連付けられているサービスの説明

その他のリソース

SharePoint Server 2016 および 2019 での MinRole サーバー ファームの管理