Office 365 SharePoint Online のパフォーマンスのトラブルシューティングツール

はじめに

Office 365 SharePoint Online クライアントパフォーマンス診断パッケージは、SharePoint Online クライアントのパフォーマンスの問題のトラブルシューティングに使用できる情報を収集します。 この診断パッケージでは、これらのパフォーマンスの問題を再現する際に、HTTP (S) トラフィックの Fiddler トレースをキャプチャすることもできます。

この診断パッケージは、ファイルが圧縮された後、最大2ギガバイト (GB) のトレースファイルをアップロードします。

詳細

必要なアクセス許可

診断パッケージのルールでは、入力する SharePoint Online の URL の SharePoint Online サイトコレクション管理者である必要があります。

資格情報を入力する

この記事では、Office 365 で SharePoint Online に接続しようとしているコンピューターから収集される可能性のある情報について説明します。

Fiddler またはネットワークトレース出力

次のデータは、Microsoft Support Diagnostics ツールによって実行されるネットワークキャプチャ診断によって収集されることがあります。

通常、ファイルは大規模なので、診断の完了には数分かかる場合があります。 この診断を実行すると、収集したトレースが自動的に圧縮され、Microsoft サポートにアップロードされます。 最大 2 GB の合計サイズをアップロードできます。

圧縮後に結果ファイルが 2 GB より大きい場合、一部のファイルはアップロードされず、システムに残ります。 この場合は、サポート担当者に連絡して、残りの収集情報をアップロードする別の方法を要求する必要があります。

説明 Filename
Fiddler トレース {' _Fiddler
Nmcap 出力からのネットワークキャプチャ情報 {ComputerName} _netcap。{ComputerName} __NMcap_Trace_DisplayNet} __NMcap_Trace_DisplayNet

Fiddler 出力

Fiddler トレース出力については、次の Microsoft サポート技術情報の記事「 fiddler tracing FOR HTTP (S)」を参照してください。

サイトのパフォーマンスルール

前提条件

このパッケージをインストールするには、Windows PowerShell 2.0 がコンピューターにインストールされている必要があります。 詳細については、Microsoft サポート技術情報の次の記事、 Windows Management Framework (Windows PowerShell 2.0、WinRM 2.0、および BITS 4.0)を参照してください。

Office 365 SharePoint Online 診断パッケージでは、次のチェックが実行されます。

ルール ID タイトル リファレンス
4C7B890F-F367-4719-B5D2-85AB4200B144 受信ウィンドウ自動チューニングレベルが無効かどうかを確認します Office 365 のネットワーク接続がプロキシによって制限されていないことを確認する
8D1F2D6E-07FF-462C-9EBE-02E44CCAE5A5 クライアントとサーバーの間のラウンドトリップ時間が300ミリ秒を超えていないかどうかを確認します。 Office 365 へのネットワークラウンドトリップ時間を測定する方法
1750D57E-FD44-4A83-8FCF-56B7DB0124BB ダウンロードが最小限になる戦略が無効かどうかを確認します。 ダウンロード最小化戦略の概要
AB374115-9DCE-4977-BE87-22DD321E6737 SharePoint Online 発行サイトの構造ナビゲーションがオンになっているかどうかを確認します。 SharePoint での管理ナビゲーション

References

Microsoft サポートの診断パッケージを実行できるオペレーティングシステムの詳細については、 Microsoft 自動トラブルシューティングサービスとサポート診断プラットフォームに関する情報を参照してください。

さらにサポートが必要な場合 Microsoft コミュニティに移動します。