完全な再委任用に構成されたドメインを使用して SharePoint Online サイトにアクセスできない

問題

完全な再委任用に構成されたドメインを使用して SharePoint Online サイトにアクセスしようとても、SharePoint Online サイトにアクセスできません。

ソリューション

完全なドメインの再委任には、ネーム サーバー (NS) リソース レコードが Office 365 を指すドメインが含まれます。 この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. NS リソース レコードが Office 365 を指していることを確認します。 これを行うには、NSlookup ツールを使用します。 NSlookup の詳細については、「 NSlookup.exe の使用」を参照してください。

    NS リソースレコードは、次の 2 つを指す必要があります。

    ns1.bdm.microsoftonline.com ns2.bdm.microsoftonline.com ns3.bdm.microsoftonline.com ns4.bdm.microsoftonline.com

  2. ドメインが最近、ドメイン全体の再委任用に構成された場合は、72 時間待ちます。 SharePoint Online ドメインが Office 365 ポータル ドメイン管理ページから構成されていることを確認します。 SharePoint Online サイトには、 ** SharePoint Web サイトのアドレスは**に指定されているアドレスを使用してアクセスする必要があります。 SharePoint Web サイトのアドレスがドメインに設定されていない場合は、[アドレスの変更]をクリックします。 この値を変更する場合は、24 時間待ちます。 その後、アドレスに付け加え付けた「www」を使用してアクセスできます。 たとえば、ドメインが* contoso.com の場合、SharePoint Onlineサイトに http://www. contoso*.com としてアクセスできます。

  3. ドメインの www CNAME レコードに対して DNS の参照を実行します。 レコードは次のようになります。

    www CNAME <domain>.sharepoint.com

    • Host/alias: www
    • Target/Destination: domain.sharepoint.com

    この例では、 ドメイン は検証済みドメイン (*contoso.com *など)です。

  4. NS レコードと www CNAME レコードが正しい場合は、通常の SharePoint Online アクセスのトラブルシューティングを実行します。

詳細情報

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。