PowerPivot を使用してデータのスケジュールされた更新を実行すると、"Excel Services への呼び出しに失敗しました" というエラーが表示される

この記事は、 Zakir Haveliwala、シニアサポートエスカレーションエンジニアによって作成されました。

現象

PowerPivot for Microsoft SharePoint 2013 を使用して、データソースへの Power Query 接続があるブックでデータのスケジュールされた更新を実行すると、"Excel Services への呼び出しが失敗しました" というエラーが発生することがあります。

原因

Power Query 接続のデータ更新は、オンプレミスの SharePoint Server 2013 ではサポートされていません。 そのため、ブラウザーでのデータ更新とスケジュールされたデータ更新の両方で、ブックに Power Query を使用して作成されたデータ接続がある場合は、エラーが表示されます。

回避策

この問題を回避するには、Power Query を使用しないデータソースに接続します。 これを行うには、PowerPivot を使用してデータ接続を作成し、それに接続します。

ブックに現在 Power Query データ接続があるかどうかを確認するには、「データ接続のプロパティの定義」にアクセスして、Excel の接続文字列を表示し > Connections > Properties > Definitionます。 プロバイダーの場合は、Power Query を使用してデータ接続が行われたことを示します。

Excel 2016 では、 & 変換を取得 するか、 データを取得 する機能を使用して接続を作成できます。 これは、たとえば、複数のソースのデータを結合する場合などに、 1 つ のプロバイダーを使用する場合があります。

[接続のプロパティ] ダイアログボックス

詳細情報

Power Query 接続のデータ更新は、Power BI for Office 365 (SharePoint Online) でサポートされています。 詳細については、「 Power Query のスケジュールされたデータ更新」を参照してください。

Power Query 接続のための対話式ブラウザーの更新およびスケジュールされたデータ更新は、SharePoint 2016 用の PowerPivot でサポートされています。 次の製品の最小要件があります。

  • 累積的な更新プログラム 1 (CU1) を使用した SQL Server 2016 PowerPivot Analysis Services
  • PowerPivot for SharePoint 2016 アドイン
  • Office Online Server 2016 年11月リリース
  • SharePoint Server 2016 のリリースツー出荷 (RTM) バージョン

注意

対話的なデータ更新は、Windows 認証では機能しません。 更新に使用するために、Secure Store ID を構成する必要があります。

Power Query 接続から読み込んだデータは、データモデルに追加する必要があります。 そうしないと、この更新プロセスで PowerPivot が必要になり、データモデルを含むブックのみが PowerPivot によって処理されるため、更新が失敗します。