オンプレミスの SharePoint に関する情報2019

昨年、Ignite では、Microsoft Office 2019 が2018の秋に出荷されることを発表しました。 プレビューは2018の第2四半期に提供されます。 これには、アプリ (Microsoft Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Skype for Business) とサーバー (Microsoft Exchange、SharePoint、Skype for business) が含まれます。

Microsoft Office 2019 は、10年間の固定ライフサイクルポリシー用語の例外として、2年間の拡張サポートによる5年間の主流サポートを提供します。 この7年の用語は、Microsoft Office 2016 のサポート期間と一致します。

追加情報

Microsoft Office 2019 は次の場合にサポートされます。

  • サポートされているすべての Windows 10 半期チャネル
  • Windows 10 Enterprise の長期サービスチャネル (LTSC) 2018
  • Windows Server の次の LTSC リリース

Microsoft Office 2019 クライアントアプリは、クイック実行インストールテクノロジのみを使用してリリースされます。 Microsoft Office 2019 クライアントの展開方法として MSI は提供されません。 引き続き MSI for Microsoft Office Server 製品が提供されます。

詳細については、こちらを参照してください。

このページに記載された情報には、「Microsoft ポリシーの免責事項および変更に関する通知 (英語)」が適用されます。 このサイトに定期的にアクセスして、変更がないか確認してください。

さらにサポートが必要な場合 SharePoint コミュニティに移動します。