PowerPivot を使用してデータ更新のスケジュールを設定しようとすると、ブックのスケジュールを有効にできません。

この記事は、 Zakir Haveliwala、シニアサポートエスカレーションエンジニアによって作成されました。

症状

Microsoft SharePoint 2016 で PowerPivot ブックのデータ更新のスケジュールを設定しようとすると、次のいずれかのエラーが表示されることがあります。

  • 申し訳ございません。問題が発生しました。
  • 外部データソースのないブックに対してスケジュールを有効にすることはできません。

SharePoint 統合ログサービス (ULS) のログに、次のエラーが表示される場合があります。

UserProfileDBCache_WCFLogging:: ProfileDBCacheServiceClient のスロー例外: アクセスが拒否されました。

この問題は、SharePoint (PowerPivot アプリケーションプール) で PowerPivot System サービスを実行しているアカウントが、User Profile Service アプリケーションに対するアクセス許可を持っていない場合に発生します。

解像度

この問題を解決するには、次の手順を使用して必要なアクセス許可を追加します。

  1. SharePoint サーバーの全体管理で、 [アプリケーション > 構成の管理] [サービスアプリケーションの管理] の順に移動し、[ User Profile service アプリケーション] を選択します。 [管理者] をクリックします。

    [サービスアプリケーションの管理] ページ

  2. PowerPivot system サービスアカウントを追加し、[フルコントロール] チェックボックスをオンにして、[ OK] をクリックします。

    user profile service アプリケーションの管理者ページ

  3. [権限] を選択します。

    [user profile service アプリケーションのアクセス許可] ページ

  4. PowerPivot System サービスアカウントを追加し、[フルコントロール] チェックボックスをオンにして、[ OK] をクリックします。

    user profile service アプリケーションページの接続権限

  5. このサービスを実行しているすべての SharePoint サーバーで PowerPivot System サービスを再起動します。