SharePoint Online サービスのプロセススケジュールの一時的な変更

要約

2020年3月24日に Microsoft は、M365 メッセージセンター (MC207439) に、SharePoint Online と OneDrive の一部のオンラインサービスに対して行われる一時的な時間ベースの調整に関するアナウンスを投稿しました。

詳細情報

これらの従来の状況では、リモート作業シナリオでこれらのサービスに依存しているユーザーにとって、SharePoint Online と OneDrive の重要なサービスを引き続き利用できるようにするための手順を行っています。 これを行うには、夜間および週末の勤務時間中に一部のサービスを一時的に処理します。

注意

これらの一時的な機能調整は、地域の営業時間中に行われることがあります。

コンテンツ移行、データ損失防止 (DLP)、バックアップソリューション

多くの SharePoint Online および OneDrive のお客様は、次のようなビジネスクリティカルなアプリケーションをバックグラウンドで実行されているサービスに対して実行します。

  • コンテンツの移行
  • データ損失防止 (DLP)
  • サービスをスキャンするアプリ
  • バックアップソリューション

高可用性を維持するための目標を達成するために、一部の操作を地域の夕方と週末の時間に移行しています。

移行、DLP、およびバックアップのソリューションは、地域の平日の就業時間内に限られたスループットを達成できます。 地域の夕方および週末の時間に、サービスはバックグラウンドアプリからの要求の大規模を処理します。

次のドキュメントは、最大スループットを得るためのベストプラクティスガイダンスを提供します。

ファイル管理

新しいメディア (画像やビデオなど) を管理するバックグラウンドプロセスの一部は、夜間および週末の時間に処理されることがあります。 変更されたプロセスは次のとおりです。

  • ビデオの解像度。 再生ビデオのビデオ解像度が低下する場合があります。

  • 大きいサムネイルを表示します。 オンデマンドで OneDrive ファイルを使用する場合、[大きいサムネイルを使用してアイテムを表示する] を選択すると、代わりに汎用アイコンが表示されます。

    注意

    この変更の影響を受けるのは、写真ファイルのサムネイル (jpeg、jpg、png など) です。 この制限の影響を受けるサムネイルの種類は次のとおりです。

    • ビデオファイルと PDF ファイル: pdf、avi、mp4、mov、.mpg など
    • ジェネレーターがあるドキュメントファイル: .docx、txt、html など
    • サムネイルジェネレーターが存在しないために完全にブロックされる可能性がある新しい拡張機能: reg | bak | iso | nupkg など。
    • ジェネレーターが存在しないために既にブロックされているファイルの種類: lnk | .xlsx | xls | url | exe | "+" rar | rdp | apprefms | msi | web サイト

現時点では、この回避策はありません。 今後も、このアプローチに関するフィードバックをお待ちしています。

関連情報

この記事は、状況に応じてさらに更新を提供します。

さらにヘルプが必要ですか? Microsoft コミュニティを参照してください。