SharePoint ファームを復元した後、User Profile service アプリケーションが正常に機能しない

元の KB 番号:   2752610

現象

SharePoint Server 2013 のサーバーの全体管理 web サイトを使用して、Microsoft SharePoint ファームをバックアップし、別の SharePoint サーバーに復元することを前提としています。 復元プロセスが完了すると、User Profile service アプリケーションが正しく機能しなくなります。

また、User Profile service アプリケーションのプロパティに、次のエラーメッセージが表示されます。

予期しないエラーが発生しました

原因

これは、サーバーの全体管理 web サイトを使用して SharePoint ファームを復元するときに発生する既知の問題です。

回避策

この問題を回避するには、現在の User Profile service アプリケーションプロキシを削除してから、新しいプロキシを作成します。 これを行うには、次の PowerShell コマンドを実行します。

  • $proxy = Get-SPServiceApplicationProxy | where {$_.typename -eq "User profile service application Proxy"}
    
    Remove-SPServiceApplicationProxy -Identity $proxy -confirmfalse
    

    このコマンドは、現在の user profile service アプリケーションプロキシを削除します。

  • $upa = Get-SPServiceApplication | where {$_.name -eq "<name here>"}  
    
    New-SPProfileServiceApplicationProxy -Name<ProxyName> -Uri $upa.uri.absoluteURI
    

    このコマンドは、新しい user profile service アプリケーションプロキシを作成します。

注意

新しい User Profile service アプリケーションプロキシを作成した後でも、復元したユーザープロファイルアプリケーションに関連付けられている個人用サイトの URL が元のサーバーを指している可能性があります。 これにより、個人用サイトのページを参照しようとしたときに問題が発生することがあります。 この問題を解決するには、新しいサーバー名を反映するように、個人用サイトのホストの場所のフィールドの値を変更します。 これを行うには、次の手順を実行します。

  1. Farm Administrators グループのメンバーであるか、User Profile service アプリケーションのサービスアプリケーション管理者であることを確認してください。
  2. サーバーの全体管理 web サイトで、[アプリケーション構成の管理] の下の [サービスアプリケーションの管理] を選択します。
  3. [サービスアプリケーションの管理] ページで、サービスアプリケーションのリストから [ User Profile Service アプリケーション ] を選択します。
  4. リボンで [ 管理] を選択します。
  5. [プロファイルサービスの管理] ページで、[個人用サイトの設定] の [個人用サイトのセットアップ] を選択します。
  6. [個人用サイトの設定] ページで、 [個人用サイトのホストの場所 ] フィールドの値を変更して、新しいサーバーの場所を反映します。

詳細

SharePoint Server 2013 プレビューで User Profile service アプリケーションを復元する方法の詳細については、「 Restore User Profile service applications In Sharepoint server」を参照してください。