OData データフィード接続を使用した SharePoint リストからの PowerPivot のスケジュールされたデータ更新 (SharePoint 2013 用の PowerPivot 2012 SP1)

この記事は、 Zakir Haveliwala、シニアサポートエスカレーションエンジニアによって作成されました。

SharePoint リストに接続されている PowerPivot ブックの PowerPivot for SharePoint のスケジュールされたデータ更新をセットアップするには、データフィードとしてエクスポートを使用して作成された atomsvc ファイルを使用しないでください。問題を引き起こす可能性があるためです。

SharePoint リストに接続している PowerPivot ブックに対して PowerPivot for SharePoint のスケジュールされたデータ更新をセットアップするもう1つの方法は、SharePoint リストデータサービスへの直接接続を確立することです。 これを行うには、次の手順に従います。

  1. 新しい Secure Store Service ターゲットアプリケーション ID を作成する

    • この型をグループにします。

    • ドメインユーザーという名前のドメイングループを、ID のメンバーグループに追加します。

    • ID の資格情報をドメインアカウントおよびパスワードに設定して、更新元の SharePoint リストにアクセスする権限を持っていることを確認します。

      secure store ターゲットアプリケーションの資格情報を設定する

  2. [サーバーの全体管理] で、[PowerPivot サービスアプリケーションの設定] を編集し、以前に作成した Secure Store Service ターゲットアプリケーション ID を使用するように PowerPivot 無人データ更新アカウントを設定します。

    actions

    自動データ更新アカウント

  3. Excel 2013 を使用して新しいブックを作成し、上部の [PowerPivot アドイン] タブをクリックして、一番左側にある [管理] をクリックします。

    powerpivot アドイン

  4. [データサービスの > から OData データフィード] を選択します。

    Odata データフィードからの選択

  5. データフィードの URL を入力http://YourSPservername/_vti_bin/listdata.svcし、[次へ] をクリックしてサービスに接続し、表示されるアイテムを表示します。

    テーブルのインポートウィザード

  6. SharePoint リストを選択して [完了] をクリックし、[閉じる] をクリックします。

    テーブルのインポートウィザードからビューを選択する

  7. 必要な方法でブックを設定します。 その後、ブックを PowerPivot ギャラリーにアップロードして、データ更新をスケジュールすることができます。

    Successfullly のインポート