クライアント アプリケーションで Office ドキュメントを開こうとすると、"Web ページを表示できません" というエラー メッセージ

問題

以下のシナリオについて検討します。

シナリオ 1

  • 2007 Microsoft Office がコンピューターにインストールされている。

  • 同じコンピュータに、Microsoft Lync 2013 や Microsoft Word 2013 などの Microsoft Office 2013 アプリケーションもインストールされている。

このシナリオでは、2007 Office クライアント アプリケーションを使用して Microsoft SharePoint Online からドキュメントを開こうとすると、次のエラー メッセージが表示される。

ページを表示できません。

最も考えられる原因: この Web ページ上の一部のコンテンツまたはファイルには、インストールされていないプログラムが必要です。

シナリオ 2

  • コンピューターに Microsoft Office 2010 がインストールされている。

  • 同じコンピューターに、Lync 2013 や Word 2013 などの Office 2013 アプリケーションもインストールされている。

このシナリオでは、Office 2010 クライアント アプリケーションを使用して SharePoint Online からドキュメントを開こうとすると、シナリオ 1 で説明されているのと同じエラー メッセージが表示されます。

ソリューション

シナリオ 1

この問題を回避するには、影響を受けるコンピュータまたはコンピュータの Office 2013 インストールから Microsoft SharePoint Foundation サポート プログラム コンポーネントを削除します。 これを行うには、「個々の Office プログラムとコンポーネントのインストールまたは削除」の「個々の Office プログラムとコンポーネントのインストール または削除」のセクションに従います。

これらの手順を完了したら、2007 Office を修復します。 インストールを修復する方法の詳細については、次の記事番号をクリックして、個々の 2007 Office 機能をインストールする方法、またはインストールされている 2007 Office プログラムを修復する方法を参照してください。

注意

次の手順に従う場合は、Office ツール内の Microsoft SharePoint Foundation サポート コンポーネントを 使用不可に設定します。 このソリューションは、影響を受けるコンピューターに SharePoint Designer 2013 がインストールされているシナリオには適用されません。

シナリオ 2

この問題を解決するには、影響を受けるコンピュータに Microsoft Office 2010 (KB2687455) 用の Service Pack 2 をインストールします。 Microsoft Office 2010 用 Service Pack 2 (KB2687455) の詳細については、Service Pack 2 for Microsoft Office 2010 (KB2687455) 32-Bit Edition を参照してください。

詳細

この問題は、Office 2010 または 2007 Office が Office 2013 と同じコンピュータにインストールされている場合に発生します。

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。