ユーザーが Share Point Online の共有フォルダーにアクセスできない

問題

SharePoint Online では、サイト コレクション内のフォルダーをユーザーと共有します。

[アクティブ化 ] を 選択すると、SharePoint Online サイト コレクションの制限付き アクセスのユーザー アクセス許可ロックダウン モードが有効になります。

注意

この機能を以前に有効にしているか、使用している他の機能 (発行サイトなど) に対してこの機能が必要な場合 があります

ユーザーが共有フォルダー、共有フォルダー内にあるファイル、フォルダーを参照すると、そのユーザーは次のいずれかのメッセージを受信します。

Access Denied
        
You need permission to access this site.

回避策

この問題を回避するには、状況に適した方法を使用してください。

  • 個々のファイルを共有するが、フォルダは共有しない。 詳細については 、SharePoint のファイルまたはフォルダーを参照してください

  • サイトに 制限付きアクセス ユーザーのアクセス許可のロックダウン モードが必要ない場合は、このサイト コレクション機能を無効にします。 これを行うには、次の手順を実行します。

    1. サイト コレクション管理者として、画面右上にあるギア アイコンを選択します。
    2. [サイト の設定] を選択します
    3. [サイト コレクションの管理者 > サイト コレクションの機能] で制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モードを見つけ、[非アクティブ化] ボタンを選択します。

    注意

    適切に機能するためには、発行など、その他の機能によりこの機能が必要になることがあります。

詳細情報

親フォルダーやサイトにアクセスできるユーザーとフォルダーを共有している場合、SharePoint は親アイテムへの制限付きアクセス権をユーザーに割り当てています。 具体的には SharePoint がフォルダーにアクセスするためのアクセス許可をユーザーに付与します。その許可を付与するために、親フォルダーやその他のアイテムにアクセスするための追加の権限を取得する必要がなければならないことになります。 ただし、制限付 きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード が有効にされると、ユーザーはそのフォルダーにアクセスできなければならなっていません。 これは、必要な制限付きアクセス許可が他のアイテムに対して正しく機能しなくなったためです。

"制限付きアクセス" アクセス許可について

制限 アクセス許可レベルを 使用すると、ユーザーやグループは、他のコンテンツを確認することなく、特定のコンテンツにアクセスできます。 このアクセス許可を付与して、他のライブラリ アイテムを開いたり編集したりする権限を持たないユーザーと、リストまたはライブラリ内の 1 つのアイテムを共有できます。 この状況では、SharePoint は親リストへの制限付きアクセスを自動的に許可します。 これにより、共有した特定の項目をユーザーに表示できます。

制限付きアクセスのユーザーのアクセス許可ロックダウン モード が含まれるサイト コレクション機能の詳細については、「サイト コレクション 機能を有効または無効にする」を参照してください

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。