SPD ワークフローが開始フォームからグループに電子メールを送信できない

症状

顧客が SharePoint Designer ワークフローを開発し、開始フォームを設定して Person または Group 型のパラメーターを収集します。 開始フォームから収集されたユーザーまたはグループのパラメーターについては、「To」の「電子メールを送信する」アクションがワークフローの手順に含まれています。

ワークフローを実行します。すべての手順を実行した後、ワークフローの状態は [完了] を表示しますが、電子メールは送信されず、ワークフロー履歴にはエラー "強制警告: ユーザーまたはグループが有効な電子メールアドレスを持っていません。" が表示されます。

原因

ワークフローアクション-電子メールを送信すると、開始フォームによって収集される個人またはグループフィールドの参照が解決される場合があります。これは、"フィールドの戻り値" が "ログイン名" または "ログイン名 (セミコロン区切り)" の場合のみです。

解像度

ワークフローのアクションを構成する-SharePoint Designer でワークフローキャンバスに電子メールを送信する-データソースが開始フォームのユーザーまたはグループの場合は、複数のグループを許可するかどうかに応じて、"Return field as" を "Login Name" または "ログイン名 (セミコロン区切り)" に設定します。

詳細

再現手順:

  1. SPD 2010 リストワークフローを作成します。 
  2. 次の設定を使用して、開始フォームパラメーターの値を作成します。
    1. 情報の種類: 個人またはグループ
    2. Collect from パラメーターの中: Association
    3. フィールドの表示: アカウント
    4. [ユーザーとグループ] の選択を許可する
  3. 1つのアクティビティを使用してワークフローを構成します。ユーザーに電子メールを送信します。
    1. 開始フォームパラメーターに電子メールを送信するようにを構成する (上記)
    2. [ユーザーまたはグループの参照] ダイアログボックスで、[返却フィールド] (たとえば、電子メールアドレス、セミコロン区切り) のいずれかのオプションを選択します。
  4. ワークフローを発行し、リストに関連付けます。関連付けの際に、値として SharePoint グループを使用します。
  5. ワークフローを開始し、開始フォームで SharePoint グループを選択します。
  6. ワークフロー履歴のエラーには、"強制警告: ユーザーまたはグループに有効な電子メールアドレスがありません。" というエラーが表示されます。 ワークフローの状態が完了している場合でも、

さらにサポートが必要な場合 SharePoint コミュニティに移動します。