SharePoint 2013 へのアップグレードの前に環境をクリーンアップする

適用対象: yes-img-13  2013 no-img-16 2016  no-img-19 2019  no-img-se Subscription Edition  no-img-sop SharePoint in Microsoft 365

SharePoint 2010 製品から SharePoint 2013へのアップグレードを開始する前に、環境が正常な状態で機能していることと、アップグレードする必要のないコンテンツをクリーンアップしたことを確認する必要があります。また、アップグレードを実行した後で意図する構造になるように、コンテンツを削除または再編成することもできます。

クリーンアップする項目

これらの項目の多くは、Stsadm コマンドライン ツールまたは PowerShell コマンドレットを使用して削除または修復できます。

重要

Stsadm コマンドライン ツールを使用するには、ローカル コンピューターの Administrators グループのメンバーである必要があります。 > SharePoint 管理シェル で PowerShell コマンドレットを使用するには、次のメンバーシップが必要です。 > SQL Server インスタンスに対する securityadmin 固定サーバー ロール。 > 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。 > PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。

まったく、またはあまり使用されないサイト コレクションおよびサブ Web を削除する

残しておく必要のないコンテンツをアップグレードする必要はありません。長い間使用されず、これから先も必要のないコンテンツは、バックアップしてから削除し、記憶域と管理リソースを解放することで、アップグレードのパフォーマンスを上げ、アップグレードのリスクを減らします。必ずサイトの状態に関してサイトの所有者または組織の連絡先に問い合わせ、サイトが必要ないことを確認してから削除します (たとえば、緊急時の手順など、コンプライアンスに必要なサイトは、頻繁に更新されていなくても削除しません)。

サイト コレクションとサブ Web の削除方法に関する詳細については、次の記事を参照してください。

大きなリスト (データの量が多いリスト) を確認する

既定では、大きなリストのクエリ調整は SharePoint 2010 製品 ではオンになっています。 この動作は SharePoint 2013 でも変更されていません。 リストが非常に大きい場合、ユーザーが制限または調整しきい値を超えるビューを使用したりクエリを実行したりすると、そのようなビューまたはクエリは許可されません。 Office 2007 リリースのサーバー製品 からコンテンツのアップグレードを行う場合は、環境内に大きいリストがあるかどうかを確認し、サイト所有者またはリスト所有者に問題に対処してもらいます。 たとえば、フィルター処理されたビューを使用してインデックス付きの列を作成する、項目をフォルダーに整理する、大きなビューのページに項目の制限を設定する、外部リストを使用する、などの方法があります。 大規模なリスト調整の詳細と大規模なリストの問題に対処する方法については、「多数のアイテムを含むリストとライブラリを管理する」 を参照してください

幅の広いリスト (列の数が多すぎるリスト) の余分な列を削除する、または幅の広いリストを削除する

幅の広いリストとは、コンテンツ データベースで列の数が単一の行のスパンに収まらないリストです。アップグレード中、データベースの基礎となるストレージはスパースなテーブル構造に変更されるため、幅が非常に広いリストがあるとアップグレードに失敗する場合があります。アップグレードを行う前に、PowerShell で Test-SPContentDatabase コマンドを使用してコンテンツ データベース内の幅の広いリストを検索して、余分な列を削除するか、または幅の広いリストを削除します。

リスト内の最大列サイズの詳細については、「列の制限」を参照してください。

異なるデータベースへのサイト コレクションの移動を検討する

データベース内に 5,000 以上のサイト コレクションがある場合、複数のデータベースに分割することを検討してください。SharePoint 2010 製品の既定では、9,000 のサイト コレクションで警告が表示され、ハード リミットは 15,000 です。SharePoint 2013では、2,000 のサイト コレクションで警告が表示され、リミットは 5,000 に変更されました。アップグレード中のエラーまたはアップグレード後のサイトのエラーを回避するために、いくつかのサイト コレクションを別のデータベースに移動することお勧めします。複数のコンテンツ データベースがある場合は、複数のデータベースを並行してアップグレードすることによって、アップグレード プロセスを高速化できます。

サイト コレクションの制限の詳細については、「コンテンツ データベースの制限」を参照してください。新しいデータベースへのサイト コレクションの移動方法の詳細については、「SharePoint Server のデータベース間でサイト コレクションを移動する」を参照してください。

関係のないバージョンのドキュメントを削除する

ドキュメントのバージョンが多いと、アップグレードのパフォーマンスが大幅に低下します。複数のバージョンを残しておく必要がない場合は、ユーザーに手動で削除してもらうか、オブジェクト モデルを使用して検索し、削除できます。必要のないバージョンをプログラムで削除する方法の詳細については、MSDN の「Versions Web サービス」を参照してください。

使用されていないテンプレート、機能、Web パーツを削除する

最初に、テンプレート、機能、または Web パーツを使用しているサイトがないことを確認します。 Stsadm -o EnumAllWebs 操作を - includefeatures パラメーターおよび - includewebparts パラメーターと共に使用して、環境内にあるこのようなカスタマイズを識別できます。この操作は、環境内で使用されている Web パーツ、機能、イベント ハンドラー、セットアップ ファイルを識別します。 EnumAllWebs コマンドは、使用されているファイルとそのファイルを使用するサイトも識別します。 EnumAllWebs コマンドは、2011 年 2 月の累積的な更新プログラムによって、サイト コレクション レベルおよび Web レベルの機能の両方を返すように変更されました。この累積的な更新プログラムとその詳細情報を入手するには、「 SharePoint Foundation 2010 の累積的な更新プログラム パッケージ (SharePoint Foundation サーバー パッケージ) の説明: 2011 年 3 月 3 日」を参照してください。

機能はサイト コレクションのアップグレード中に削除できます。単純な機能は、テンプレートで廃止することによって削除することもできます。より複雑な機能を削除するには、機能のアップグレードを使用することもできます。詳細については、MSDN の「フィーチャーをアップグレードする」および「機能アップグレードの概要」を参照してください。

環境内のカスタマイズを識別する方法の詳細については、「Use a trial upgrade to SharePoint 2013 to find potential issues」を参照してください。カスタマイズが使用されていない場合は削除します。このようなカスタマイズを管理する方法の詳細については、MSDN の「フィーチャーとテンプレート」および「ソリューションおよび Web パーツ パッケージ」を参照してください。

PowerPoint ブロードキャスト サイトを削除する

これらのサイトやサイト テンプレートは、SharePoint 2013では使用できません。Office Online Serverが SharePoint 2013の環境とは別個にインストールされるからです。これらのテンプレートを基盤とするサイトは、SharePoint 2013では動作しません。このようなサイトは、アップグレード前に削除してください。

これらのサイトを検出するには、PowerShell の Get-SPSite コマンドを次のオプションと共に実行します。

Get-SPSite | Where-Object{$_.RootWeb.Template -eq "PowerPointBroadcast#0"}

これにより、そのテンプレートを使用するすべてのサイトが返されます。

PowerShell の Get-SPSiteRemove-SPSite の各コマンドを次のオプションと共に実行してこれらのサイトを削除することもできます。

Get-SPSite | Where-Object{$_.RootWeb.Template -eq "PowerPointBroadcast#0"} | Remove-SPSite

削除する前に、これらのサイトをバックアップしてください。詳細については、「Get-SPSite」および「Remove-SPSite」を参照してください。

FAST 検索センター サイトを削除する

FAST 検索センター サイトを 2013 体験版にアップグレードすることはできません。アップグレード後、 既存の FAST 検索センター サイトは 2010 モードで引き続き動作します。新機能を利用する場合は、2013 モードで新しいエンタープライズ検索センター サイトを作成する必要があります。

SharePoint 2010 製品のビジュアル アップグレードを完了する

Office 2007 リリースのサーバー製品から SharePoint 2010 製品へのアップグレード中、サイト所有者にビジュアル アップグレードの使用を許可して、アップグレードされた環境で以前のサイトのエクスペリエンスを残したままにすることができます。SharePoint 2013にアップグレードすると、SharePoint 2010 製品にある以前のエクスペリエンスが残されているすべてのサイトは、自動的に 2010 のエクスペリエンスにアップグレードされます。新しいエクスペリエンスに切り替える前に、サイトの問題に対処して確認する機会が必要な場合は、ご使用の SharePoint 2010 製品環境で新しいエクスペリエンスにアップグレードし、確認してから SharePoint 2013にアップグレードしてください。SharePoint 2013へアップグレードする前にビジュアル アップグレードを完了することをお勧めします。アップグレード前にビジュアル アップグレードを完了すると、次のようなメリットがあります。

  • Office 2007 リリースのサーバー製品のコンポーネントをまだ使用できるうちに問題に対処できます。

  • サイトの確認と問題の解決にユーザーを関与させることができます。

  • 必要に応じて以前のエクスペリエンスに戻すことができます。SharePoint 2013 のエクスペリエンスでは戻すことができません。

  • アップグレード プロセスでのエラーの発生を回避します。アップグレード中に発生する操作は少なければ少ないほどよい結果が得られます。多くのプロセスが関与すると、エラーのトラブルシューティングはより困難です。実際には新しいエクスペリエンスへの変更がエラーの原因であるにもかかわらず、アップグレードによって問題が引き起こされたように見えてしまう可能性もあります。サイト インターフェイスの表示方法に問題がある場合、サイトに存在する古い問題がビジュアル アップグレードによって引き起こされたのか、SharePoint 2013 の 2010 モードによる問題か、新しい CSS ファイルの問題であるのか、どのように見分ければよいのでしょうか。

以前のエクスペリエンスを使用しているサイトを調べるには、SharePoint 2010 製品環境で Get-SPSite PowerShell コマンドを使用します。

PowerShell を使用して SharePoint 2010 製品環境で以前のエクスペリエンスを使用しているサイトを調べてアップグレードするには

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint 2013のコマンドレットを使用する権限を付与できます。

    注意

    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。

  1. [ スタート] メニューで [ すべてのプログラム] をクリックします。

  2. [Microsoft SharePoint 2010 製品] をクリックします。

  3.       **[SharePoint 2010 管理シェル]** をクリックします。
    
  4. エクスペリエンスが以前のままのすべてのサイト コレクションと、以前のままのサブ Web があるすべてのサイト コレクションを返すには、PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。

Get-SPSite | ForEach-Object{$_.GetVisualReport()}
  1. それらのサイトを新しいエクスペリエンスにアップグレードするには、PowerShell コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。
Get-SPSite | ForEach-Object{$_.VisualUpgradeWebs()}

詳細については、「Get-SPSite」と「ビジュアル アップグレードを管理する (SharePoint Server 2010)」を参照してください。

データの問題を修復する

アップグレードする前に、データベースおよびサイト コンテンツのすべての問題を修復してください。特に、次のアイテムを確認します。

  • データベースに破損したデータがあるかどうかを調べる

    データベースをクリーンアップして、孤立したサイトまたは壊れたリストなどの他の破損データを削除します。サイトまたはサブサイトをデータベースから削除した場合は、最適化を実行することを検討します。詳細については、以下を参照してください。

  • データベースに重複または孤立したサイト コレクションがあるかどうかを調べる

    サイト コレクションが 1 つのコンテンツ データベース内にのみ存在することを確認します。サイト コレクションが新しいデータベースに移動される、データベースのコピーがファームに接続される、またはサイト コレクションのプロビジョニング時にエラーが発生すると、サイト コレクションは重複または孤立した参照を以前のコンテンツ データベース内に置き去りにする場合があります。あるサイト コレクションが複数のコンテンツ データベースによって参照されている、またはコンテンツ データベースにサイト コレクションの複数のインスタンスがある場合、データベース接続アップグレードを使用してアップグレードを実行すると、問題が発生することがあります。複製のサイト コレクションを先にアップグレードすると、ご使用の構成データベースのサイトマップで、現行のサイトではなく、複製のサイトが指定されてしまう場合があります。

    アップグレードする前に、 Enumallwebs 操作を stsadm コマンドライン ツールで実行し、どのサイトがどのコンテンツ データベースにあるのかを調べて、結果を比較します。また、結果の各サイト コレクションを分析し、サイト マップで欠落しているかどうかを調べます。欠落しているサイトは、孤立したサイトであることを示します。詳細については、「 Enumallwebs : Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)」を参照してください。重複または孤立したサイトが見つかった場合は、 Remove-SPSite コマンドレットを PowerShell で使用して、データベースから重複または孤立したサイトを削除します。

    詳細については、「Remove-SPSite」を参照してください。

  • バリエーションを調べる

    公開環境では、修正する必要のあるバリエーションがあるかどうかを調べます。詳細については、「Variationsfixuptool: Stsadm 操作」を参照してください。

構造の変更方法

サイト コレクションの移動やデータベースの割り当て方法の変更など、環境の構造を変更する場合は、次の方法を使用できます。

  • Move-SPSite データベース間でサイト コレクションを移動するには、こちらを使用します。データベースが巨大で多数のサイト コレクションがある場合は、サイトを移動してアップグレードをより効率的に行うことができます。また、すべてのコラボレーション サイトを 1 つのデータベースに移動し、すべての個人用サイトを別のデータベースに移動すれば、そのような異なるサイトのセットを簡単に管理できます。この操作は、複数のサイト コレクションが含まれている大きなデータベースの分割に使用することもできます。アップグレードの効率性も向上します。

    詳細については、「Move-SPSite」を参照してください。

  • Export-SPWeb と Import-SPWeb ファーム内またはファーム間でサブ Web またはサイト コレクションを移動するには、この方法を使用します。詳細については、「 Export-SPWeb」および「Import-SPWeb」を参照してください。

関連項目

その他のリソース

Use a trial upgrade to SharePoint 2013 to find potential issues

SharePoint 2010 から SharePoint 2013 へのアップグレードのベスト プラクティス