SharePoint 2013 へのアップグレード戦略を決定する

適用対象: yes-img-13  2013 no-img-16 2016  no-img-19 2019  no-img-se Subscription Edition  no-img-sop SharePoint in Microsoft 365

環境を SharePoint 2013にアップグレードする際には、ユーザーが感じるダウンタイムをできる限り短くする必要があります。さらに、アップグレード中に解決する必要がある特殊なケースが発生する場合もあります。この記事では、ダウンタイムを最小限に抑え、そのような特殊なケースに対処する方法について説明します。

この記事に加えて、「Review supported editions and products for upgrading to SharePoint 2013」にも必ず目を通し、アップグレードが適切に実施できる状況を正確に把握してください。

アップグレード中のダウンタイムを最小限にする方法

次の表は、アップグレード中にユーザーが自分のコンテンツにアクセスできなくなる時間を減らし、アップグレード パフォーマンスの改善を図るための手法をまとめたものです。

  • 読み取り専用データベース: 読み取り専用データベースを使用すると、アップグレード プロセスの間もコンテンツへの読み取り専用アクセスを続行できます。この方法では、他のファームでアップグレードが進行している間は元のファームのデータベースを読み取り専用に設定します。これにより、ユーザーが感じるダウンタイムが短縮されます。また、アップグレード中に問題が発生した場合は、読み取り専用ファームを読み取り/書き込み可能に戻してユーザーがアクセスできるようにし、その間に計画を修正してアップグレードを再試行できます。

  • 並列データベース アップグレード: 同時に複数のデータベースに接続してアップグレードを行うことでアップグレード プロセス全体の速度を上げることができます。並列アップグレードの最大数はハードウェアに依存します。これにより、環境全体のアップグレードが高速化されます。ただし、進行状況とサーバーを監視して適切なパフォーマンスが得られていることを確認する必要があります。データベースが大きい場合、単独のアップグレードよりも遅くなる可能性があります。

    アップグレードのパフォーマンスの詳細については、「Plan for performance during upgrade to SharePoint 2013」および「Use a trial upgrade to SharePoint 2013 to find potential issues」を参照してください。

このような手法を使用する方法は、「Upgrade content databases from SharePoint 2010 to SharePoint 2013」に記載されています。

特殊なケース

アップグレードを実行するときに、別の要件や達成するべき他の目標がある場合があります。以下の表に、特殊なケースと、それぞれのケースでアップグレードを実行する方法を示します。

ケース アップグレード方法
フォームベースの認証を使用している環境をアップグレードする場合
フォームベースの認証を使用しているときは、アップグレードのための追加的な手順が必要です。詳細については、「Configure forms-based authentication for a claims-based web application in SharePoint Server」を参照してください。
非常に大規模なデータベースをアップグレードする場合
一般的に、非常に大規模なデータベースは、特に多数のドキュメント バージョンやサイズの大きなドキュメント バージョンが含まれている場合、小規模なデータベースよりもアップグレードに時間がかかります。しかし、データが複雑であることはアップグレードにかかる時間には関係しても、データベース自体のサイズとは無関係です。アップグレード プロセスがタイムアウトした場合、通常は、接続に問題があります。実際の環境でのアップグレードにかかる時間の詳細については、「SharePoint 2013 へのアップグレード中のパフォーマンスを計画する」を参照してください。
Office 2007 リリースのサーバー製品からアップグレードする場合
データベース接続アップグレードによる方法で、まず SharePoint 2010 製品 にアップグレードし、次に SharePoint 2013 にアップグレードします。
SharePoint Foundation 2010 から SharePoint 2013 にアップグレードする場合
SharePoint Foundation 2010 のコンテンツ データベースを SharePoint 2013 に接続してアップグレードします。
言語を変更する場合
1 つのサイトのみで言語を変更するか、環境全体で言語を変更するかに応じて、2 つの方法があります。
特定のサイトの多言語ユーザー インターフェイス (MUI) 言語を変更するには、同じ言語でアップグレードを実行してから、新しい言語パックをインストールし、その言語に変更します。
> [!CAUTION]> ローカライズされたサイト定義に基づいてサイトをアップグレードするには、適切な言語パックをインストールする必要があります。新しい言語パックがない場合、サイトは利用できなくなります。このようなサイトについては、新しい言語パックのリリースを待ってからアップグレードを実行してください。 環境のインストール言語を変更するには、新しい言語で新しい環境をセットアップしてから、データベースを接続し、新しい言語でアップグレードしてください。

関連項目

その他のリソース

Plan for performance during upgrade to SharePoint 2013

Review supported editions and products for upgrading to SharePoint 2013

Use a trial upgrade to SharePoint 2013 to find potential issues

Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013