Microsoft Teams 向け Viva コネクション デスクトップを追加する

Microsoft Viva コネクションは、4 つの Viva モジュールの 1 つで、最新の従業員エクスペリエンスへのゲートウェイです。 デスクトップ版 Viva コネクションは、以前はHome サイト アプリとして知られていましたが、インテリジェントな SharePoint イントラネットのパワーと Microsoft Teams のチャットやコラボレーション ツールを組み合わせたものです。 Viva コネクションでは、チームのアプリ バーで、組織全体に関連するコンテンツ、サイト、ニュースを検出、検索することができます。 また、Viva コネクションでは、組織のブランドや ID を Teams に直接組み込むことができます。

Viva・コネクションを使用する利点

Teams での SharePoint ホーム サイトのイメージ

  1. 特定のリソースを強調表示: Viva コネクションでは、会社で作成した グローバル ナビゲーション リンクと、Microsoft Graph を使用したサイトやニュースなどのカスタマイズされたコンテンツを使用しています。 グローバル ナビゲーションは、SharePoint で構成されており、Teams アプリ バーのアイコンを選択してアクセスできます。

  2. Teams でイントラネットのリソースをナビゲート: コンテキストを失うことなく、Teams のすべての最新の SharePoint サイト、ページ、およびニュースにナビゲートします。 すべてのファイルは、Teams のファイル プレビュー ウィンドウで開きます。

  3. Teams でイントラネットのコンテンツを検索する: ホームページでは、Teams の検索バーで検索して SharePoint のイントラネット コンテンツを検索することができます。 検索結果は、ブラウザーの SharePoint サイトに表示されます。

    Teams でホームサイトを検索した場合のイメージ

  4. コンテンツを簡単に共有: SharePoint サイトのヘッダーにある機能は、表示されたコンテンツの種類に応じて、ユーザーの共同作業を支援するツールを動的に表示します。 Teams チャットで SharePoint ページへのリンクを共有するなどの作業がより簡単になりました。

重要

  • PowerShell で Teams デスクトップ アプリケーション用の Viva コネクションを作成するには、SharePoint の管理者アクセス許可 (もしくはそれ以上) が必要です。また、Teams 管理センターでアプリを適用するには、Teams の管理者アクセス許可 (もしくはそれ以上) が必要です。

  • デスクトップ版 Viva コネクションは、Teams のモバイル アプリではまだサポートされていません。

  • Teams で表示できるのは、最新の SharePoint サイトとページのみです。他のすべてのコンテンツは、ブラウザーで開くことができます。

  • 一部の機能は、Microsoft Teams で表示される SharePoint ページでは使用できません。たとえば、いいね! やページにコメントするなどのソーシャル ジェスチャや、Outlook カレンダーにイベントを自動的に追加する機能などです。 .

  • SharePoint リソースを Viva コネクションの Microsoft Teams アプリ バーに表示するには、SharePoint アプリ バーのグローバル ナビゲーションを有効にする必要があります。

  • グローバル ナビゲーション メニューのリンクは、特定のグループに特定のコンテンツが表示されるように、対象ユーザーを設定することができます。 SharePoint グローバル ナビゲーション メニューの対象ユーザーの設定は、Teams のグローバル ナビゲーションにも引き継がれます。

  • SharePoint サイトに適用された検索のカスタマイズは、ホームサイト上にある Teams の検索結果にも適用されます。 SharePoint 既定のサイト ヘッダーはすべて Viva コネクション デスクトップと互換性があります。 ただし、SharePoint サイトを変更してサイト ヘッダーを削除したり、大幅に変更したりした場合は、これらのコンテキスト アクションがユーザーに利用できない場合があります。

  • Viva コネクションは、最初は Home サイト アプリとして発表されました。

  • モバイル版 Viva コネクションは、2021 年夏に利用可能になる予定で、全体的な設定と展開のエクスペリエンスが強化されます。

  • Microsoft ダウンロード センターのデスクトップ版 Viva コネクション PowerShell スクリプトは、2021 年 3 月 31 日に利用可能になります。

  • Microsoft ダウンロード センターデスクトップ版 Viva コネクション PowerShell スクリプトは、現在利用可能です。

アプリ パッケージを作成して Teams にアップロードする方法をご覧ください

Viva コネクションの配布準備

Viva コネクションの最初のバージョンは、PowerShell を通じて事前準備することができ、その後、Teams 管理センターにアプリとしてアップロードされます。 デスクトップ PowerShell スクリプト用の Viva コネクションをダウンロードします。 Viva コネクションの将来のバージョンは、Teams 管理センターから自動的に利用できるようになります。 以下の要件および推奨事項を確認して、現在または近い将来、組織が Viva コネクションに対応できるように準備してください。

Teams アプリ バーのグローバル ナビゲーション アイコンのイメージ

Viva コネクションの要件:

  • SharePoint でグローバル ナビゲーションが有効化 - SharePoint リソースが Teams に表示されるように、SharePoint アプリ バーでグローバル ナビゲーションを有効にしてカスタマイズすることをお勧めします。

Viva コネクションの推奨事項:

デスクトップ版 Viva コネクションのセットアップに関するステップ バイ ステップ手順

以下の手順で、SharePoint PowerShell を使用して Viva コネクション デスクトップを有効にします。

  1. SharePoint ホーム サイトを設定する: SharePoint ホーム サイト を設定し、そのサイトを Teams のユーザーの既定のランディング エクスペリエンスとして使用することを強くお勧めします。

  2. グローバル ナビゲーションの有効化とナビゲーション リンクのカスタマイズ: SharePoint アプリ バーでのグローバル ナビゲーションの設定とカスタマイズ。 適切なコンテンツを適切なタイミングで表示するために、ホーム サイトのナビゲーションとグローバル ナビゲーションを設定するさまざまな方法をご紹介します。

  3. PowerShell で Viva コネクション アプリ パッケージを作成する: SharePoint 管理者は、Microsoft ダウンロード センターから PowerShell スクリプトをダウンロードして実行し、Viva コネクション デスクトップ パッケージを作成する必要があります。 このスクリプトを実行する前に、SharePoint 管理シェルツールの最新バージョンを使用していることを確認してください。

    重要

    • デスクトップ PowerShell スクリプト用の Viva コネクションは、現在使用可能です。
    • SharePoint PowerShell を使用するには、SharePoint 管理者の資格情報が必要です。
    • Viva コネクション デスクトップ パッケージを作成する SharePoint 管理者は、SharePoint のホーム サイトに対するサイト所有者以上のアクセス許可 (もしくはそれ以上) が必要です。
    • テナントが以前のバージョンの PowerShell を使用している場合は、以前のバージョンをアンインストールして、最新のバージョンに置き換えてください。
    • アイコンは PNG ファイルである必要があります。
  4. テナントとサイトの情報を提供してパッケージを作成: デスクトップ PowerShell スクリプト用 Viva コネクションをダウンロードし、次の情報を提供します。

    PowerShell で新しいパッケージを作成する場合は、以下のフィールドに入力する必要があります

    • テナントのホーム サイトのURL: "https://" で始まるテナントのホーム サイトの URL を入力します。 このサイトは、Viva コネクションの既定のランディング エクスペリエンスとなります。

    • 要求に応じて以下の内容を入力します。

      • 名前: Viva コネクション デスクトップ パッケージの名前 (Teams アプリ バーに表示されます)。

      • アプリの短い説明 (80 文字): Teams アプリ カタログに表示される、アプリの短い説明です。

      • アプリの長い説明 (4000 文字): Teams アプリ カタログに表示される、アプリの長い説明です。

      • プライバシー・ポリシー: 組織内のカスタム Teams アプリのプライバシーポリシー (https:// で始まる必要があります)。 個別のプライバシー ポリシーを設定していない場合は、Enter キーを押すと、Microsoft 既定の SharePoint プライバシー ポリシーがスクリプトに使用されます。

      • 使用条件: 組織内のカスタム Teams アプリの使用条件 (https:// で始まる必要があります)。 個別の使用条件を設定していない場合は、Enter キーを押すと、Microsoft 既定の SharePoint 使用条件がスクリプトに使用されます。

      • 会社名: 組織名は、Teams アプリ カタログのアプリ ページの "作成者 "セクションに表示されます。

      • 会社の Web サイト: これは、Teams アプリ カタログのアプリ ページの "作成者" セクションにある会社のアプリ名にリンクされます (https:// で始まる必要があります)。

      • アイコン: 2 つの PNG アイコンを用意する必要があります。これらのアイコンは、Teams アプリ カタログ向けの 192X192 ピクセルのカラー アイコンと Teams アプリ バー向けの 32X32 ピクセルのモノクロ アイコンで、Teams で Viva コネクション デスクトップ アプリを表現するために使用されます。 Teams アイコンのガイドラインに関する詳細情報

    注意

    Microsoft は、このスクリプトの実行中にお客様から提供されたいかなる情報にもアクセスすることはできません。

  5. Teams 管理センターで Viva コネクション デスクトップ パッケージをアップロード: 詳細情報の入力に成功すると、Teams アプリのマニフェスト (.zip ファイル) が作成され、デバイスに保存されます。 テナントの Teams 管理者は、このアプリ マニフェストを [Teams 管理センター]、[アプリの管理] にアップロードする必要があります。

    Teams 管理センターでカスタム アプリをアップロードする方法をご紹介します。

  6. ユーザー向けに既定でアプリを管理してピン留め: Viva コネクション デスクトップ パッケージが Teams 管理センターに正常にアップロードされると、他のアプリと同様に管理できるようになります。 ユーザーのアクセス許可の構成を行うことで、このアプリを適切なユーザーが使用することができます。 許可されたユーザーは、Teams アプリ カタログでこのアプリを検出することができます。

    このアプリを既定でピン留めしておくことを 強くお勧めします。そうすることで、テナントのユーザーは、Teams アプリ カタログでアプリを見つけなくても、会社のイントラネットのリソースに簡単にアクセスできるようになります。 Teams アプリの設定ポリシーを使用して、このアプリを Teams アプリ バーにデフォルトでピン留めし、このポリシーをユーザーのバッチに適用します

次に、Viva コネクションのエンド ユーザーをオンボードします。

エンドユーザーがViva コネクションの使用方法を理解し、職場のコミュニケーションおよびコラボレーションを改善することをサポートします。

よく寄せられる質問

Q: どのサイトも Teams 既定のランディング・エクスペリエンスとしてピン留めすることができますか?

A: 最新の SharePoint コミュニケーション サイトは、Viva コネクションを介して Teams でピン留めすることができます。 ただし、SharePoint のホーム サイトを指定し、それを Teams 既定のランディング エクスペリエンスとして固定することを 強くお勧めします

Q: 従来の SharePoint サイトを Teams でピン留めすることはできますか?

A: Microsoft Teamsでは、従来の SharePoint サイトはサポートされていません。

Q: Teams でグローバル ナビゲーションを表示するには、Viva コネクションが必要ですか?

A: はい、グローバル ナビゲーションメニューのリンクはテナントのホーム サイトに保存されており、Teams の Viva コネクションでナビゲーション パネルを表示するために必要です。 SharePoint アプリ バーでグローバル ナビゲーションを有効にして設定する方法をご紹介します。

Q: Viva コネクションを設定する前にグローバル・ナビゲーション・リンクを設定しなかった場合はどうなりますか?

A: ユーザーは、Teams のグローバル ナビゲーション アイコンを選択することで、フォローしているサイトやお勧めのニュースにアクセスすることはできますが、イントラネットのナビゲーション アイテムに直接アクセスすることはできません。

Q: Viva コネクションを使用することと、Microsoft Teams で SharePoint ページをタブとして追加することの違いは何ですか?

A: Viva コネクションでは、組織のブランド化されたエントリー ポイントをイントラネットにピン留めすることができ、ナビゲーション、メガメニュー、テナント全体の検索をサポートすることで、没入感のあるエクスペリエンスを作り出すことができます。 また、Viva コネクションでは、SharePoint アプリにあるような、組織が厳選したリソース、フォローしているサイト、ニュースなどに素早くアクセスできます。 SharePoint ページを Teams チャネルのタブとしてピン留めすることで、コンテンツを直接 Teams コラボレーション ワークスペースに持ち込む方法がありますが、これらのページにはナビゲーションや検索の要素はありません。

Q: この機能は 2020 年秋にホーム サイト アプリとして発表されたものと同じ機能ですか?

A: Viva コネクションは、最初は Home サイト アプリとして発表されましたが、今後は Viva コネクションと呼ばれます。

Q: モバイル版 Viva コネクションはいつ使用可能になりますか?

A: 春にリリースした Viva コネクションのデスクトップ エクスペリエンスに続き、iOS および Android 版 Teams 向けネイティブ モバイル エクスペリエンス、デスクトップとモバイル アプリを組み合わせた IT 構成および展開エクスペリエンス全体の強化、さらにデスクトップ用の新しいダッシュボードおよび Webパーツのフィードを追加した更新を展開しています。

その他のリソース

組織のホーム サイトをセットアップする

SharePoint アプリ バーでグローバル ナビゲーションを有効にして設定する

SharePoint Online 管理シェルの概要

Microsoft Viva トピックの詳細

Viva Connections の詳細情報